【町田駅前】町田2センターによるイベント実施報告です!

町田には2つのセンターがあるのはご存じでしょうか?

町田駅前センターと発達に特化している町田市役所前センターです。

両センター合同で実施したイベントは【模擬面接】です!!
就職活動を行う上で避けては通れないものが・・・面接です。
今回は新型コロナウイルスの急増で注目を集めているWeb面接と通常の対面面接を行いました。
自身の知らない場所や知らない職員との面接練習は緊張したとの声があがりました。
また、Web面接と対面面接での注意ポイントの違いでは、Web面接では視線や目線相槌のタイミングがわからない、マスクで表情がわからない等の新たな気づきがありとても有意義な時間になりました!

新型コロナウイルスが猛威を振るう中ですが、今後もWeb面接等のイベントを定期的に実施予定です!
少しでも興味のある方は、お気軽にお問合せ下さい。

※新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮う社会情勢の為、見学・体験の際は、検温・マスクの着用をお願いしています。
緊急事態宣言の延長に伴い、分散通所を行っています。

 

☆★ウェルビー町田駅前センター★☆
〒194-0022
東京都町田市森野1-33-11 町田森野ビル102
TEL:042-850-9830   FAX:042-850-9839

↓お問い合わせメールアドレス↓
info@welbe.co.jp

【京都四条烏丸第2】ウェルビーCM動画のご紹介

こんにちは、ウェルビー京都四条烏丸第2センターです。

ツツジの季節も終わりを迎え、そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうですね。

突然ですが、皆様はもうご存じでしょうか?

このたびウェルビー株式会社では、元AKB48の前田敦子さんが出演するCM動画を公開いたしました。

以下のURLからご覧いただけます。
https://www.welbe.co.jp/movie/

さて、ウェルビー京都四条烏丸第2センターは5月で開所2ヶ月を迎えました。
当センターでは徹底した感染予防対策を行なっています。

・入室時の検温
・手指消毒、手洗いの実施
・マスク着用のお願い
・アクリルパーテーションの設置

ゴールデンウィークのイベントも無事に終えることができました。
私は「ビジネス文書作成第2弾!」を担当しました。スタッフがExcelで作ったオリジナルの課題を配布し、利用者様に同じものを作成していただきました。
どこにも載っていないオリジナルの課題なので、応用力が試されたと思います。

見学や体験のご希望がございましたらお気軽にご連絡ください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

【浦安】GWイベント開催しました!

皆様こんにちは。
ウェルビー浦安駅前センターです。

本日はGWに開催されたイベントのご紹介をしたいと思います。
☆5/3(祝) 「GOgo!Welbe~ニコニコフェスタ~」
カリキュラム『企業実践 企画課』内で利用者様がプログラム内容を考え、就職し、働く上で必要とされるチームワークを第一に進めながら司会進行からゲームルール考案・説明(もちろん参加も!)全て自分達で行いました。

=プログラム=
13:00~イベントスタート
① 超自分クイズ
② ペットボトルボーリング
③ お絵描きゲーム
④ カードゲーム
~15:00 終わりの挨拶

浦安駅前センター企業実践イベント_LI

 

それぞれ念入りなリハーサルや確認作業を行った成果もあり時間を押す事もなくスムーズに進行ができていました。

何よりも参加者皆さんが楽しんでいた姿がとても印象的で終了後には「またやりたい!」「まだクイズあったのに~」など名残惜しい言葉も挙がっていたので、是非また機会があれば第二回を開催したいと思います!

次週からは利用者様のブログが始まります☆
お楽しみに~。

見学・体験ご予約/ご質問
ウェルビー浦安駅前センター
047-314-5083
※コロナ対策を徹底しています
※zoomを使ったオンラインの見学も行っております
千葉県浦安市当代島1-1-11 フォーレストビル4階
E-MAIL info@welbe.co.jp
URLhttps://www.welbe.co.jp/

【札幌】グループワークのご紹介

皆様、こんにちは!ウェルビー札幌センターの小川です!
本日は札幌センターが5/10(月)に行ったグループワークをご紹介します!

この日のグループワークは「無言の話し合い」というテーマでした!
このテーマでは言葉を発さずに5~6人のグループ内で旅行の計画を立てます!
旅行の予定を決めるうえで「いつ」、「どこに」、「どのように行くか」、「何が必要か」を決める必要があります。
言葉を発することができないため「身振りや手振り」を使って自分の意見を伝えます!

このテーマでは以下のポイントを意識することが大切となります!

〇伝える人が意識するポイント
・大きく丁寧な身振りや手振り
・相手の立場になってどう伝えたらわかりやすいか考える
・正確に伝わっているかどうか確認する〇聞く人が意識するポイント
・話している人の方を向く
・相槌や頷きなど、ちゃんと聞いていますよという意思表示をする
・伝わったかどうかリアクションをする

 

以上のことを意識するとより正確に理解することができます!

相槌や身振り手振りなどの「非言語コミュニケーション」だけでもたくさんの情報を伝えられることを学ぶことができました!
「非言語コミュニケーション」は軽視してしまいがちですが、これからはより大切にしていきたいですね!

ウェルビー札幌センターではコロナ予防対策もしっかりと行っています。
・入室時の検温と手の消毒
・マスク着用のお願い
・常時の加湿
・パーテーションの設置
などの対策を行っています。

見学や体験の希望も受け付けています!
支援員一同心よりお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!【問い合わせ先】
ウェルビー札幌センター
電話番号:011-213-1981/FAX番号:011-213-1982
E-mail:info@welbe.co.jp

 

【宇都宮】 障害があっても働きたい! 土曜リフレッシュ~創作漢字知ってますか?~

こんにちは!ウェルビー宇都宮センターです。
先日土曜リフレッシュで「創作漢字」をみんなで考えました!
創作漢字、ご存じですか?
「創作漢字コンテスト」というものもあるそうです。

宇都宮センターでは3グループでそれぞれ3文字漢字を創作してもらいました。

宇都宮センター写真0508

どんな意味の漢字だか、皆さんお分かりになりますか?

・かきごおり
・エレベーター
・あまびえ

・・・などなどの漢字ができました!!

ウェルビーでは対人コミュニケーションの練習もしています。
初対面の人との交流が苦手・・・
集団の場が不安になる・・・
人との意見交換はちょっと・・・

という方もいらっしゃいます。

環境や雰囲気に慣れて徐々に参加される方もいます。
随時、無料の見学・体験を受付けておりますのでお気軽にお問合せ下さい!!
オンライン見学も開催中です!

ウェルビー宇都宮センター
028-614-3323

【溝の口】「利用者企画 グループディスカッション」GW特別プログラム

こんにちは!ウェルビー溝の口駅前センター企業実践 企画課です。
障害者の就職を支援するウェルビー溝の口駅前センターでは、5月3日(月)に、利用者が実行委員となり、ルールを設けた上で、「グループディスカッション」を実施いたしました。今回は、3月に利用者同士で“ディスカッションで話し合いたいテーマについて”を話し合った内容をもとに、グループディスカッション行いました。

<グループディスカッションとは>
グループディスカッションは、与えられたテーマに沿って、グループで話し合い結論を出すワーク。
定刻になると担当者からテーマや制限時間、ルールなどが伝えられ、自己紹介などをした後に意見を出し合い、グループとしての意見をまとめて発表します。テーマの例は、「同僚とのコミュニケーションについて」「あなたが採用担当なら、どんな採用方法を取り、どんな人物を採用したいか」等を基に話し合いを行います。

<グループディスカッションとグループワークの違いとは>
グループディスカッションは議論の内容が主な評価対象となるのに対して、グループワークは最終的なアウトプットが主な評価対象となります。 つまりグループディスカッションとグループワークの最大の違いは、グループディスカッションは「議論そのもの」が目的で、グループワークは「議論の結果」が目的である点です。

<カリキュラムの流れ>
1. アイスブレイク
2. テーマや時間、ルールなどを職員より伝えられる
3. 自己紹介をする
4. 役割(司会、書記、発表、タイムキーパー等)を決める
5. それぞれの意見を出し合ったり、共同作業を行ったり、ディスカッション行うグループとしての意見をまとめる(成果物があるなら、成果物の制作)
6. 発表する

<アイスブレイクとは>
アイスブレイクとは、参加者の不安や緊張を氷にたとえ、その「硬い氷をこわす、溶かす」という意味を持っています。参加者を和ませてコミュニケーションをとりやすい雰囲気を作り、そこに集まった目的の達成に積極的に関わってもらえるようにするために、ミニゲームを行うことです。

<グループディスカッション中の注意点>
①誹謗中傷や人の意見の否定、意見の発表を遮る行為はせず最後まで話を聞くこと

②いやなとき、わからないときはパスができます

③政治や宗教に関わる話は控える

④お手洗い等で席を外す場合は、グループのメンバーやカリキュラム担当職員に一言断りを入れてから離席すること

⑤個人情報を外部に持ち出さないようにすること

<活動実施報告>
4月より企画、準備を進めてきた企画課主催のイベントが、先日5月3日(月)に開催されました。
当日のディスカッションのテーマは「就職活動時のネガティブにどのように向き合うか」として話し合いを行いました。
当日までの企画課の活動の様子、当日の様子についてレポートします。
イベント開催までの準備として、企画立案・概要の決定・出題するクイズと心理テスト作り、スクリーンに映し出すクイズのパワーポイント作成・司会の台本作り・リハーサルなど、盛りだくさんの内容を2時間×5回=10時間で完成させました。
始めから全員のチームワークが良く、楽しみながら計画と作業が進んだことで、全員が自分の出来る事を全て出し切ってイベントの準備をしました。当日参加された方は、アイスブレイクでは和気あいあいと楽しんでいて、ディスカッションでは就職活動に備えて様々な意見を聞くことが出来て参考になりました等の意見をいただきました。

溝の口駅前センター画像①

 

<企画課の感想>
「緊張しましたが、参加された方に楽しんで頂けるように司会を進行することが出来て良かったです。」
「イベント運営する中で改善点を見つける事が出来ました。今回の経験を活かして次回のイベントをよりよい企画にしたいです。」
「参加された皆様が和気あいあいと楽しむ姿をみて、こちらも楽しく運営することが出来ました!」
などの感想をいただきました。

現在、感染症予防対策として職員・ご利用者様共に、毎日の検温、出勤・昼食時の手洗い消毒、飲食時以外のマスク着用、飛沫防止パーティションの設置、空気清浄機の設置、センター内の換気を行い、予防対策に努めております。
詳細はウェルビーホームページをご確認ください。

溝の口駅前センターでは、ご見学での訓練内容や就職までの道のりの説明、生活リズムの安定、職業適性の確認のための体験利用など、ご相談を随時受け付けております。
お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

【尼崎】GWのイベントの様子を紹介

こんにちは!ウェルビー尼崎センターです。
コロナの影響でGWはなかなかお出かけもできない連休だったとは思いますが
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

ウェルビーでは土曜日や祝日にイベントというカリキュラムを積極的に行っています。皆で決めた映画鑑賞会や、クラフトや物作りなどほっこりできるイベントから、ウォーキングや卓球大会とアグレッシブなイベントまで、普段では体験できないような取り組みを行っています。

今回は企業実践の「広報課」の取り組みとして、GWのイベントの様子を紹介させていただきたいと思います。
是非ご一読ください!

GW連休の5月3日(月)に接客講座のイベントがありました。普段のビジネスマナーや就職活動講座のプログラムでは、敬語や基本的なマナーなど、社会人として必要とされる知識の訓練が多いのですが、今回のイベントではより現場の雰囲気にマッチしたカリキュラム内容でした。

尼崎センター01

飲食店で接客経験のある、職員の石橋さんにグラスの置き方、お客様への声のかけ方、受け答えを具体的に説明して頂きました。

コツとしては、コップやグラスを置く時に、「コトン」と音がしないように、底に小指を当てて置くという業界ならではの裏技も披露して頂き「おぉ~、なるほど」
と皆さん勉強になったようでした。

 

また、基本的な受け答えやお見送りの仕方について、利用者も参加してのロールプレイングも交えて、和気あいあいとした雰囲気でみんなが楽しみながら接客の考え方やコツを学ぶことができました。

尼崎センター02

最後には、ウェルビー卒業者の特別ゲストを交えてのクレーム対応大会も開催され、個性的な接客やクレーム対応をそれぞれ披露して頂き、おおいに盛り上がったイベントとなりました。

【新大阪】5/8(土)イベントご報告

こんにちは!

5/8(土)のイベントは「SPI対策」を行いました。

新大阪センター5.8写真

 

まず「SPIとは何?」という説明をしたのですが、これまでにSPI試験を受けたことがある利用者の方もおられました。

改めてSPIとは平たく言えば採用選考での筆記試験のことで、言語、非言語、性格検査など就職においての適性検査です。

Synthetic Personality Inventory(人物の総合的な能力評価試験)の略だそうですね。

言語は国語に相当し語句の意味や長文読解など、非言語は数学に相当し確率や損益算などの問題があります。

性格適性検査では設問によって自分がどれに当てはまるかなどを答えていきます。

それによって人との接し方や感情コントロールなどの傾向が表れるので、採用側はそれを参考に選考していくわけです。

実際に利用者の方には30分で30問の問題に答えて頂きました。時間になり答え合わせをすると、「難しい~」という声や、国語はできたけど数学ができなかった、逆に国語が、という方もおられるなど様々な反応がありました。終わってから質問をされる方もいて、皆さん熱心に取り組んでおられました。

コロナ禍でオンラインでの面接も増えていく中で、筆記試験を行う企業も少なからず

ありますので、今回の内容を参考にして頂ければと思います。

※ウェルビー新大阪センターでは、今後もより安全な環境を皆様に提供するために、毎日の検温や手指消毒の徹底、センター内の換気、テーブルに衝立の設置、加湿・空気清浄機の設置などを実施し、感染防止の対策を行っております。

【京都四条烏丸第2】特別イベント「障害を持ちながら就職~就労移行支援事業所ウェルビーの就活説明会~」実施報告

こんにちは。ウェルビー京都四条烏丸第2センターです。

5月に入り、日差しが強くなってきましたね。日焼けの気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

さて今回は、4月30日にウェルビー京都四条烏丸第2センターで実施したイベント「障害を持ちながら就職~就労移行支援事業所ウェルビーの就活説明会~」の報告をさせて頂きます。
お陰様でたくさんの関係機関の方々と当事者様にご参加いただきました。有り難うございます。

京都四条烏丸第2センター01

内容は
①就労移行支援事業所ウェルビーってどんなところ?
②事例をもとに、就職までの道のりを説明
③卒業生が勤務している企業2社による講演

でした。
卒業生が勤務している企業2社のうち1社は、なんと卒業生も一緒に来て話をしてくれました。
企業の人事担当者様には

1.定着支援があって良かったこと。
2.求める人材 入社して頂きたい人材

について話をして頂きました。少しご紹介したいと思います。

京都四条烏丸第2センター02

1.定着支援があって良かったことは、
【卒業生】
・月に1回職場に来て下さり、話をして頂く事で1ヶ月分の出来事を上手く処理でき、リフレッシュした気持ちで仕事に取り組むことが出来る。
・困ったことや問題点があった際に良きアドバイスや、職場の上司に言いづらい内容も間に入って負担を押さえてくれる。
・月に1回OB/OG会があり、他の当事者の方々の頑張りを伺うことが出来、励みになる。

【企業】
・当事者の仕事に対する姿勢や今後の当事者に対する希望などを企業とウェルビーで会議を行うことが出来る。

2.求める人材 入社して頂きたい人材
・目標や趣味をもっておられる方
・指示を守れる方
・挨拶が出来る方
・チームプレイが出来る方
・報告、連絡、相談を行える方

上記の内容を詳しく事例を交えてお話頂き、参加された方々の質問にも丁寧にお答えいただきました。

最後に、「無理せず、長続きする事が大切です。少しでも楽しく仕事が出来ますよう、応援しています」というありがたいお言葉を頂きました。

ご協力いただいた企業の皆様、本当にありがとうございました。

また、機会があればこのようなイベントを開催させて頂きたいと思っているので、今回参加できなかった方も次回は参加してみてください。

ウェルビー京都四条烏丸第2センターでは、就職に向けたプログラムが充実しております!
平日・土曜日・祝日も体験利用を行っておりますので、ご興味がある方はお電話またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください!

※ウェルビー京都四条烏丸第2センターでは、今後もより安全な環境を皆様に提供するために、毎日の検温や手指消毒の徹底、センター内の換気、テーブルに衝立の設置などを実施し、感染防止の対策を行っております。

資料請求はこちら
見学申込はこちら

【新越谷】土曜スペシャルプログラムのご紹介

皆さん、こんにちは。
ウェルビー新越谷駅前センターでございます。
いつもブログ等をご覧になっていただき、ありがとうございます。

今回、ご紹介するカリキュラムは土曜スペシャルプログラムの
「ストレスフリーの基本~他人の力を上手に借りる~」
です(@ ̄□ ̄@;)!!

新越谷駅前センター_0234

今回のブログではその講座の一部内容をご紹介します。
①「日本人は相談できないのが普通」
②「相談」しても意味がないという誤り
③相談できる人を探す
④即決する前に相談する
⑤相談窓口を活用する

今回の講座を受けた方々から、次のような感想をいただきました。
・相談する人も相談を受ける人もお互いにメリットしかない事がわかった。
・相談を受ける人も相談されることが人に頼られる喜びを感じている。
・具体的に相談するメリットがわかったので日頃から自分から相談をしようと思った。

新越谷駅前センター_0233

障害福祉サービスといっても様々な種類、たとえば就労継続支援A型・B型や我々が行っている就労移行支援・就労定着支援があり、障害者福祉サービスに携わって約6年目の筆者が感じている事として、このセンターの利用者様も含めて、自分から他人に相談するという事が苦手であるということ、相談しようと思わなかったという方が8割以上いらっしゃいました。
ある調査によると、64%の人が「仕事に関して悩みを持っている」と答え、そのうち、53%が「悩みを相談できない(しない)」と答えてます。日本人として、これまで相談する機会、環境が欧米と比べて少なかった環境で育った分、相談しないことが当たり前の環境になっていますがその結果、うつ病、統合失調症、双極性障害、など様々な精神疾患を発症されてくるケースという事が残念ながら多い状況と感じています。そのようにならないように又、改善していただきたいという思いで今回のカリキュラムを開催いたしました。
このようにセンターではストレスの原因とその対処、社会人としてのルール、対人コミュニケーション、パソコン訓練などご利用者様が安心して長く働くためのカリキュラムをご用意しております。
何かご不明な点等ございましたら、まずはお気軽にご連絡し、センターに来所し、雰囲気をご覧いただけたらと思います。

現在ご利用中の方々は、越谷市・草加市・八潮市・川口市・三郷市・吉川市・松伏町・足立区から通われています。
随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は電話かメールにてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

-お問い合わせ先-
ウェルビー新越谷駅前センター
TEL:048-990-5656(センター直通)
または0120-655-733(フリーダイヤル)
Email: info@welbe.co.jp