【新横浜】GWイベント「激打王(新横浜)2019」のご報告

こんにちは!ウェルビー新横浜駅前センターです。

新横浜駅前センターでは、4月29日から5月3日までの5日間に、日頃のタイピングやデータ入力などのパソコン訓練の成果を発揮する恒例のイベント「激打王(新横浜)2019」を開催しました。延べ参加人数は、100人を超えました。そのイベント内容について報告いたします。

 

 1.種目と内容 

・タイピング(ミカタイプ):60秒間に指定した文字を入力して速度と正確性を競います。
・数値入力:10分間に指定した数値(5桁と11桁)を入力して、処理枚数と正確性を競います。
・データ入力:15分間にアンケート用紙に書かれた内容を写して、処理枚数と正確性を競います。

 

 2.表彰 

1位から3位までのかたには、表彰状と副賞を渡して、その成績を称えました。

 

 3.総評 

今年の上位入賞のかたは、ウェルビーの利用開始から半年以内の方でした。ウェルビーでの訓練の成果というよりも、ウェルビー利用以前のパソコンの実力であると思いました。4位以下のかたは、日頃のパソコン訓練をしている方の名前が並びました。

 

 4.参加者(利用者様)の感想

 日頃の成果を緊張した環境で行い、自分の実力がわかったことが良かったです。パソコンの訓練成果もあるが、もともとのパソコンの経験・実力はすごいと思いました。実際の仕事においても、スピードと正確性が求められるので、良い機会になりました。
MOSExcel2013やMOSWord2013の資格を持っていますが、資格とは別の面であると思いました。今まで、ダラダラとパソコン訓練をしていましたが、これからは、速度と正確性を意識して、パソコン訓練に取り組んでみようと思いました。
今回、改めて、パソコン訓練の時間を大切に有意義に使いたいと思います。

激打王写真

 

新横浜駅前センターでは、多彩なオリジナルプログラムをご用意しておりますので、
「プログラムに興味がある」「見学してみたい」と、ご興味をお持ちいただけましたら、
お気軽にお問い合わせください。

新横浜駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問も受け付けております。

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

【新横浜】企業実践企画課イベントのご報告 (4月20日)

こんにちは!ウェルビー新横浜駅前センターです。
4月20日(土)にカリキュラム企業実践 企画課によるイベントを開催致しました。

今回は、チームワークが必要なゲームを通して利用者様の親睦を深めるために、「ジェスチャーゲーム」「絵しりとり」「魚釣りゲーム」と、盛りだくさんな内容のイベントを行いました。

☆「ジェスチャーゲーム」…お題に沿って、4人で協力してジェスチャーを行い、相手チームに答えを当てていただきました。

お題で出たもの⇒野球、ラグビー、病院、西遊記、さるかに合戦

☆「絵しりとり」…紙に絵を描いて、しりとりを行いました。

☆「魚釣りゲーム」…クリップとクイズ問題を付けた紙製の魚が泳いでいます。釣り糸に餌(磁石)をつけた紙製の釣り竿で釣ります。釣り上げたらクイズの問題にチャレンジすることができます。

魚釣りゲーム

 

クイズは難易度別に初級・中級・上級、ジャンル別に前半は、なぞなぞ・一発芸、後半はマン
ガ&アニメ・雑学に分かれて出題されました。雑学の答えの発表の後には、企画課の方がト
リビアを話してくださいました。初級は1点、中級は2点、上級は3点で、チームで点数
を競い合いました。

ここで、実際に出題されたクイズを一部ご紹介致します。

問題(なぞなぞ上級):赤いお酢を売っている都市は?
答え:ベニス
⇒「赤い」を「紅(べに)」に言い換えると、紅酢(ベニス)になります

問題(一発芸上級):ビートたけしさんの真似をする
チーム全員で、ビートたけしさんのギャグを披露しました。女性陣は少し恥ずかしそうでし
たが、非常に盛り上がりました。

問題(マンガ&アニメ初級):ドラえもんは未来から来た。○か×か?
正解:○

問題(雑学中級):大根役者は、英語で何というでしょう?一つ選んでください。
①キャロット役者
②ハム役者
③チーズ役者
答え:②ハム役者
トリビア⇒下手な役者ほど、ハムレットの役者を演じたがるところからだそうです。

 

<企画課の方の感想>
Aさん 無事に終了して良かったです。
Bさん 何とか形になり、ほっとしています。
Cさん マンガ・アニメの問題は、もっと難しくても良かったと思いました。
Dさん 準備が大変でしたが、皆様に楽しんでいただけてよかったです。
課の方と利用者様の協力もあって形になったので、嬉しかったです。

魚釣りゲームは今までやったことが無かったゲームでしたので、新鮮に感じた方が多かったようです。アイデアが素晴らしかったですね!
今回の企画課によるイベントも、利用者様が楽しく時間を過ごすことができました。

 

新横浜駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問、定着支援事業の利用の受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

【新横浜・新横浜第2】OB・OG会開催報告(4月19日)

こんにちは!ウェルビー新横浜駅前センター・新横浜第2センターです。

2月4月19日(金)18:30~20:00に、ウェルビー新横浜第2センターにて、新横浜駅前センターと新横浜第2センター合同のOBOG会を開催し、7人の卒業生にお集まりいただきました。

今回のOBOG会は、就労定着支援事業開始後の8回目のOBOG会となり、職員を含めた座談会として、GW10連休中の過ごし方と体調を崩さないための対策について話し合いをしました。
本日集まったOBOGの共通したことは、「10連休であっても生活リズムを崩さないように何をして過ごすか」ということでした。

その一部を紹介いたします。

 

男性Aさん(10連休)
家にいると退屈してしまうので出かける予定です。富士スピードウェイに自動車レース観戦に行きます。銀座から六本木まで歩くこともあり、動くことが大切です。

女性Bさん(出勤あり)
4/28~5/6まで、手帳を見ながら予定を話してくださいました。都内や横浜中華街でスポーツやグルメ、ショッピングをするそうです。

女性Cさん(10連休)
自宅の部屋の衣替えをしたり、趣味の料理を頑張ります。自宅にいると落ち込むので、福祉パスを利用できる範囲で出かけたい。自身の体調が良いのがわかるので期待している。

男性Dさん(出勤あり)
体調を崩していたが、4月から職場復帰した。連休中は仕事をしつつ体調を崩さないようにしたい。4月からスポーツジムを利用しているので継続します。気が向いたら近隣に出かけます。

女性Eさん(10連休)
規則正しい生活(起床、睡眠、食事)を心がけて、連休明けに休みボケをしないようにしたい。
業務の関連する資格取得のために勉強を続けています。

女性Fさん(10連休)
4泊5日間のクルージングに出かける。食事はビュッフェスタイルであるが適性な食事量に心がけて観光三昧をしたい。職場ではイヤなこともあったが、ポジティブ思考で過ごすことができた。

男性Gさん(10連休)
4月1日に入社し、仕事を覚えることで精一杯の日々です。生活リズムを崩さないように規則正しく過ごしたい。東京湾での釣りや家族孝行を考えている。英語の資格取得に向けて勉強をしたい。

 

GWが10連休になる会社に勤めているかたが多いようですね。自宅にいると落ち込むこともありますね。リフレッシュの意味でも外出することを心がけ、そして生活リズムを崩さないことが大切だと思います。遊び過ぎて疲れを溜めないように注意してください。

 

ウェルビーでは、定期的に就労定着支援(企業訪問やOBOG会開催)をすることにより、利用者様が就職した後の不安や悩みなどの解決を行い、就職された企業にて長く仕事が続けられることを望んでいます。

新横浜駅前センター・新横浜第2センター合同でのOBOG会は、2019年1月より新横浜第2センターにて開催していますので、是非、お越しください。
次回開催日は、5月24日(土)18時半~19時半を予定しています。不明点は、当センターにお問い合わせください。

新横浜駅前センター・新横浜第2センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問、定着支援事業の利用の受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

ウェルビー新横浜第2センター
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-12-3 新横浜成田ビル3階
電話:045-565-9421 FAX:045-565-9422
JR横浜線「新横浜」駅(北口) 徒歩6分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩5分
新横浜第2センター

センター情報の詳細は新横浜第2センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナーの様子などは、新横浜第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

【新横浜】株式会社スタートライン様の就活セミナーのご報告

こんにちは!ウェルビー新横浜駅前センターです。

4月16日(火)に、株式会社スタートライン 山内様、白子様をお招きして、
就活セミナー「働くための心構え~サテライトオフィス紹介~」を開催致しました。
ウェルビー新横浜駅前センターの利用者様21名と、外部向けイベントとしてセミナーにお申込みいただいた5名の方に来ていただきました。

サテライトオフィスとは、本社とは離れたところに構えるオフィスのことで、都心への通勤の負担を無くして、障がいのある方の負担や不安を軽減できる職場環境です。

株式会社スタートラインのサテライトオフィスのご紹介をしてくださいました。

様々な障害特性にも対応できるようなバリアフリー環境が整っており、高い専門性を兼ね備えたスタッフがサポートすることで、障がいのある方が安心して就業できる体制を築いています。全国にサテライトオフィスが8ヶ所あり、約90社が職場ブースを持っており、450名程度の方が働いているそうです。
業務内容としては、PCを使ったオフィスワークが中心で、人事、総務関連のお仕事が多いです。株式会社スタートラインのスタッフが、業務の切り出しやマニュアルの作成、業務のレクチャー等のサポートをしています。

企業が求める人材像と働くうえで必要になることについて、企業が求めているスキル採用に結びつく4つのキーワードの紹介がありました。

 

「企業が求めているスキル」
①PC面…Excel,Wordの基本操作ができる
②作業面…正確性を保ち、納期を守れる
③コミュニケーション面…報連相ができる、周囲と協調して作業を行える
④パーソナル面…安定した勤怠

「採用に結びつく4つのキーワード」
①障がい受容…対処方法を理解し、配慮事項を明確に伝えられる
②SOSの発信…周囲に対し、自発的に相談できる
③セルフマネジメント…ストレス・疲労に対しての対処法を身に付けている
④ソーシャルサポート…企業以外で相談できる人(家族、主治医等)がいる

 

応募書類作成時のポイントについては、「私の障がいについて」を、履歴書とは別資料として作成し、自分のことを企業側に知ってもらうことが大切だとのことです。
働くうえで一番必要なことは、会社で働く目的を明確にして、モチベーションを保つことだと言われました。

質問コーナーでは、外部の方や利用者様からの質問に対して、実際に山内様、白子様にお答えいただきましたので、ご紹介致します。

Q1 職場外で相談できる相手がいることが大切だとのお話がありましたが、誰に相談することが1番多いのですか?
A1 ご家族の方が1番多いですが、就労移行支援事業所や、相談支援事業所のスタッフに相談される方も多いです。

Q2 企業と障害のある方の間に、株式会社スタートラインが入ってサポートをすることで、安心して働ける環境になっているのですか?
A2 サテライトオフィスでは、スタートラインのスタッフが本社の担当の方と連携しながらフォローをしますので、安心して働くことができます。

Q3 横浜オフィスでは、4社からの求人を出しているとのことでしたが、オープニングスタッフとしての募集なのですか?
A3 4社とも、オープニングスタッフではありません。すでに開設されている会社です。

 

参加された利用者様は、真剣に山内様、白子様のお話を聞いていました。今回のセミナーでは、就職活動において大切なことを学ぶことができるセミナーでした。

 

新横浜駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問、定着支援事業の利用の受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

【新横浜】丸全昭和運輸株式会社様の企業セミナーのご報告

こんにちは!ウェルビー新横浜駅前センターです。

3月13日(水)に、丸全昭和運輸株式会社 相模原営業所 松崎様をお招きして、 企業セミナーを開催致しました。

企業セミナー(丸全昭和)

まず最初に、会社紹介をしてくださいました。
丸全昭和運輸株式会社様は、リニアモーターカーの移設作業、サーカスの公演機材輸送、横浜フリエススポーツクラブ様の用具輸送等、大掛かりな輸送を請け負っているとのお話を伺いました。
その後、障害者雇用についてのお話があり、利用者様から質問させていただきました。
ここで、実際に松崎様にお答えいただいた質問を一部ご紹介致します。

 

Q 障がいのある方は、どんなお仕事をしているのですか?
A パソコンでの入力作業や、10名1グループでの検品の仕事を行っていただいています。体調が悪い時に、他の職員がカバーできるような体制を整えています。働く日数と時間は、本人と話し合って決めています。人手不足なので、とても助かっています。毎日会社に来て働けることは、素晴らしい成果ですね。

 

Q 仕事上、英語は必要になりますか?
A 海外の取引先とのやりとりは、主に電話で行っています。韓国と中国の取引先が相手でも、英語でコミュニケーションをとっています。仕事をする上で英語力はあったほうが良いですが、人間性の方が大切だと思います。

 

Q 面接では、応募者のどこを見ていますか?
A その方の人間性と、働きたい気持ちを見ています。また、自分のできることを企業に伝えることが大事です。配慮してほしいところは面接の時にお話してください。清潔感のある服装で面接に臨みましょう。

 

参加された利用者様は、目を輝かせて真剣に松崎様のお話を聞いていました。
今回の企業セミナーは、運輸業の裏側も知ることができ、とても貴重な時間を過ごせました。

新横浜駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問、定着支援事業の利用の受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

【新横浜】日通ハートフル株式会社様での企業見学会のご報告 (3月12日)

こんにちは!障害福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー新横浜駅前センターです。
企業見学会に参加された利用者様に、その様子を紹介して頂きます。

3月12日、日通ハートフル株式会社様の企業見学会に利用者5名が参加しました。

 

メール仕分け室
最初に、メール仕分け室へ案内されました。仕分けの流れや行動予定表について、奥村社長自ら説明して頂きました。
その中で、仕事は時間との戦いだと伺い、ウェルビーの訓練であるグループワークでは時間制限があるので、実感を伴った理解が出来ました。
また、先輩社員から、自身の弱みを周りの人に示していくことにより職場で信用を築いたという体験談も聞けました。
更に、社員の方が作成された絵入りの仕事のパンフレットを頂きました。
<メール仕分け室>

 

名刺作成業務
写真は、あらかじめご用意頂いていたシートから我々の名刺を切り出しているところです。訓練期間中に自分の名刺を作れるとは思わなかったので、受取った時はとても嬉しかったです!

最後に、スキャニング業務の体験もさせていただきました。
<名刺作成業務>

 

会社説明と質疑応答
奥村社長が、行う業務の目的や社内での位置付けを説明して下さいました。質疑応答の時間も設けていただき、業務を行い易く風通しのよい環境だと思いました。
お客様は社員の言動をよく見ているので、その基本である整理整頓を行うために4S整理・整頓・清潔・清掃)はとても大事、とのお話には今までの経験から共感しました。

 
<昼食>
皆で昼食をとりました!奥村社長が気さくに話しかけて下さり、楽しい食事になりました。
<昼食>

 

奥村社長をはじめ、業務中だった社員の皆様、
有難うございました!

 

 

見学会を通して、「仕事上では “確認すること”が大事である」と伺い、実感を持って業務を体験出来ました。
これは私の課題ですが、考えや要望をどの様に人に伝えるか判断しかねる時があります。経験を積み、状況に適した振る舞いが出来るようになりたいです。
会社案内や働く上で大事な事の説明、業務の説明や体験に、楽しい昼食と、とても充実した時間を過ごせました。

見学会で学んだ事や自分の課題を念頭に、今後も、就職に向け、ウェルビー新横浜駅前センターの訓練に取組んでいきたいと思います。

 

新横浜駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問、定着支援事業の利用の受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

【新横浜】企画課イベントのご報告 (2月23日)

こんにちは!障害福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー新横浜駅前センターです。
2月23日(土)にカリキュラム企業実践 企画課によるイベントを開催しましたので、その様子をお届けします。

今回は、参加者のみなさんに頭を使ってもらう虫食い小説ゲーム新聞パズル、童心に帰ってストレス発散をしてもらうためのスライム作り体験という盛りだくさんの内容でした!

「虫食い小説ゲーム」…チームに分かれて小説の舞台や登場人物を考えます。出来上がった文章をつなげてみると面白い文章の出来上がり!皆さんリラックスして楽しまれていました。

虫食い小説ゲーム

 

「新聞パズル」…チームで協力して、バラバラになった新聞紙をつなぎ合わせます。そしてどんな記事が載っていたのか、分かりやすく発表してもらいました。新聞紙が両面印刷なので、つなぎ合わせるのがなかなか大変ですね。普段あまり新聞を読まない方も、熱心に読み入っていました。

新聞パズル

 

「スライム作り体験」…水、洗濯のり、ホウ砂水を混ぜると簡単にスライムが作れます。今回はラメやスパンコールも入れたキラキラスライムを作って楽しみました。参加されたみなさんも、スライムの感触を楽しんでいました!

スライム作り① スライム作り②

 

最後に、この企画を担当した3人に感想を聞いてみました。

リーダーAさん
初めて企画課リーダーを務めました。一人では企画を完成させることが出来なかったと思います。他のメンバーや、今日参加してくれた皆さんの協力が大きかったと思っています。今回、リーダーとして企画を成功出来た事は自信になりましたし、今後の糧にもなると感じました!とてもいい経験になりました!

Bさん
企画課は初めてではないので、落ち着いて取り組めたと思います。今回は、リーダーのAさんがとても頑張ってくれたので、Aさんの力が大きかったと思います。Aさん、お疲れさまでした!

Cさん
企画課ではいつも、次のイベントの内容についてもめるのですが、今回は色々な案が出たので良かったと思います。イベントの目的は「利用者間の交流」ですが、今回興味のあったスライム作りで自分も一緒に楽しめたのは良かったです。

新横浜駅前センターでは、参加型イベントの他にも様々なカリキュラムを行っています。
随時、見学を受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
皆さまのお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

 

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

【新横浜】企画課イベント【メイクアップ講座】のご報告 (2月16日)

こんにちは!障害福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー新横浜駅前センターです。

2月16日(土)に、カリキュラム企業実践企画課【メイクアップ講座】を開催しました。

【新横浜】メイクアップキット1

前職で美容部員の経験のある利用者様が、パワーポイントを使い、職場で映える化粧について、また、男性用の眉毛の整え方とヒゲの正しい剃り方スキンケアについて教えてくださいました。実演の時間では、利用者様をモデルにして、実際にメイクアップを行いました。

ここで、実際に女性の利用者様に行ったメイクアップの手順をご紹介致します。

①シートマスクを顔に60秒つける
②取り外したシートマスクをコットンのように使い、顔全体と首まわりになじませる
③下地を顔全体にのばす
④ジェルクリームタイプのファンデーションを、額、頬、顎、首、目元、部分に点置きしてからブラシでのばす
⑤眉毛はブラシで整えてから、パウダータイプのアイブロウを使用する
⑥アイシャドウをつける
⑦アイライナーを引く
⑧チークをつける
⑨リップをつける

 

「モデルになった利用者様の感想」

・周囲の方に変わったと言われました。家に帰ったら、母にびっくりされました。(20代女性)
・眉をカットしていただきましたが、自分でメイクができるようになりたいと思いました。(30代女性)
・眉をそろえることが必要だと分かりました。(20代男性)
・普段、眉のお手入れをしていないが、眉を整えることで優しい雰囲気になりました。(30代男性)

「美容部員をされた利用者様の感想」

・メイクアップの実演を見ていた利用者様が良い反応をしていたので、実演した甲斐がありました。
・モデルをされた利用者様が、メイクアップ後に笑顔になられていた表情が見られて嬉しかったです。

【新横浜】保湿パック1

 

メイクアップ講座に参加された皆様は、真剣にお話に聞き入っていました。時間の都合上、全員にお化粧をすることはできませんでしたが、自分にもやってほしかったとの声が多かったです。また、面接で印象を良くするメイクアップの方法を学ぶ良い機会となりました。

新横浜駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問、定着支援事業の利用の受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【新横浜・新横浜第2】OB・OG会開催報告(2月15日)

こんにちは!ウェルビー新横浜駅前センターです。

2月15日(金)18:30~20:00に、ウェルビー新横浜第2センターにて、新横浜駅前センターと新横浜第2センター合同のOBOG会を開催し、7人の卒業生にお集まりいただきました。

今回のOBOG会は、就労定着支援事業開始後の5回目のOBOG会となり、職員を含めた座談会として、給料の使い道についてについて話し合いをしました。
本日集まったOBOGの共通したことは、勤務時間が10~17時(実働6時間)であることから、就労条件(仕事量、就労リズム)が整えば、勤務時間を増やしたいと考えている方もいるようです。
その一部を紹介いたします。

 

男性(1年6ケ月勤務)
自動車のローン支払い(ローン支払い残り1年)、自動車保険や生命保険の支払いに充てている。
趣味として、DeAGOSTINI「週刊スター・ウォーズR2-D2」の定期購入をしています。

女性(10ケ月勤務)
主として生計(家賃・食費)に充てている。たまに、洋服を購入しています。貯金が貯まったら投資信託を始めたいです。

女性(1年8ケ月勤務)
主として生計(家賃・食費・通信料金)、ペットの餌、ネット通販(Amazon)で、本やゲームなどの衝動買いをしてしまうことがあります。

女性(2年8ヶ月)
親と同居しており給料の中から生活費として親に渡しています。ネット通販(メルカリ)で、買い物をすることが好きです。ランチは500円以内にするようにしています。

男性(1年6ヶ月)
主として生計(家賃・食費・健康食品)が中心になっている。年金受給をしている両親と同居しているが、母親が入院する予定であり出費を控えています。ランチは500~600円。

男性(2年4ケ月勤務)
母親と2人暮らしをしており、食費に充てています。ランチは500円を超えています。

 

 

ウェルビーでは、定期的に就労定着支援(企業訪問やOBOG会開催)をすることにより、利用者様が就職した後の不安や悩みなどの解決を行い、就職された企業にて長く仕事が続けられることを望んでいます。

新横浜駅前センター・新横浜第2センター合同でのOBOG会は、2019年1月より新横浜第2センターにて開催していますので、是非、お越しください。
次回開催日は、3月16日(土)14時~15時半で、現在利用している方との懇談会を予定しています。不明点は、当センターにお問い合わせください。

新横浜駅前センター・新横浜第2センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問、定着支援事業の利用の受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

ウェルビー新横浜第2センター
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-12-3 新横浜成田ビル3階
電話:045-565-9421 FAX:045-565-9422
JR横浜線「新横浜」駅(北口) 徒歩6分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩5分
新横浜第2センター

センター情報の詳細は新横浜第2センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナーの様子などは、新横浜第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

【新横浜・新横浜第2】OB・OG会開催報告(1月18日)

こんにちは!ウェルビー新横浜駅前センターです。

1月18日(金)18:30~19:40に、ウェルビー新横浜第2センターにて、新横浜駅前センターと新横浜第2センター合同のOBOG会を開催し、6人の卒業生にお集まりいただきました。

今回のOBOG会は、就労定着支援事業開始後の4回目のOBOG会となり、職員を含めた座談会を行い、「現在の就労先で体調不良(嫌なことや辛いこと)の原因とその対処方法(どう乗り越えたか)」について話し合いをしました。

 

男性(1年6ケ月勤務)
今、職場ではインフルエンザが流行しています。現在の仕事は2人でしているので、会社を休める状況ではありません。インフルエンザ予防として、予防接種の他、手洗いとマスクの着用を心がけています。週に1回、5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)活動委員として、職場の巡回をしています。机上に書類を積み上げる様子はありません。

女性(10ケ月勤務)
「トイレの使用は在籍している職場のフロアを利用しなさい。」と言われることに不満があります。この会社では、社員割引を活用して取り扱いブランドの洋服を買うことができるため、トイレで商品を試着する人が多いのです。そのために、トイレが混んでしまうとのこと。本人は、なるべく、職場があるフロアのトイレを使用するように心がけているとのことでした。

女性(8ケ月勤務)
仕事で疲れてしまった時やリフレッシュしたい時は、職場のあるフロアの2階下(15階)のカフェテリアを10分程度利用しています。窓からは「浜離宮恩賜庭園」が眺められます。

女性(2年8ヶ月)
営業と人事アシスタントの仕事を担当し、責任と緊張感を持って遂行しています。たくさんの仕事をいただくのですが、自身で見積もって終業時間までに終わらない場合には、早めに「無理です。」と、アラームを出すようにしています。職場近くのお店で一人ランチしている時間は、気が休まります。

男性(1年11ヶ月)
週5日勤務ですが、休みがちになっています。上司が代わり、今の上司にはイライラが募ります。以前の上司が良かったとのこと。自身の現状を上司に言いたいが、上司も仕事で“いっぱいいっぱい”の状態が見てわかるので、上司に言うに言えないとのこと。誰に言えば良いのか。ということで定着支援にて対応しています。

 

 

ウェルビーでは、定期的に就労定着支援(企業訪問やOBOG会開催)をすることにより、利用者様が就職した後の不安や悩みなどの解決を行い、就職された企業にて長く仕事が続けられることを望んでいます。

 

新横浜駅前センター・新横浜第2センター合同でのOBOG会は、2019年1月より新横浜第2センターにて開催していますので、是非、お越しください。
開催日は、毎月第3金曜日としております。不明点は、当センターにお問い合わせください。

 

新横浜駅前センター・新横浜第2センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問、定着支援事業の利用の受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

ウェルビー新横浜第2センター
〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-12-3 新横浜成田ビル3階
電話:045-565-9421 FAX:045-565-9422
JR横浜線「新横浜」駅(北口) 徒歩6分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩5分
新横浜第2センター

センター情報の詳細は新横浜第2センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナーの様子などは、新横浜第2センターブログ一覧をご覧ください。