【千葉駅前第2】電話応対訓練の紹介と利用者様の声 ―前編―

【千葉】電話応対訓練

皆さま、こんにちは。ウェルビー千葉駅前第2センターです!

8月も中旬に入り、連日のように猛暑日が続いていますが、皆さまは、いかがお過ごしでしょうか!今回は、先月に紹介いたしましたインタビュー企画の第2弾ということで、電話応対訓練カリキュラムに参加されている皆様に、アンケート形式で電話応対訓練についてインタビューさせていただきました。
本日は、その中からいくつかの利用者様からの声をブログ読者の皆さまにお届けしたいと思います!また、今回は、利用者様から予想を超えるたくさんのご意見を頂きましたので、2回に分けて皆さまにお届けしようと思います!今回は、その前編です♪

Q1. なぜ電話応対プログラムに参加しようと思ったのですか。参加のきっかけを教えてください!

 「電話応対に苦手意識があったからです。今まで仕事で、電話の取り次ぎの業務があり、電話を取るのにためらってしまたり、聞きとれずに間違えて聞いてしまったりしたため、メモの取り方や話し方を知りたくて参加しようと思いました。」

「電話応対を基礎から学びなおしたいと思ったからです。」

「事務職を希望しており、就職前に練習しておきたかったからです。」

Q2. 電話応対訓練に参加していて難しいと感じることを教えてください。 

「電話口の相手の話す内容を素早くメモに取ることや正しい日本語を使った会話が難しいと感じます。」

「同時に別の事務作業をすることが難しいです。」

「相手の要件を簡潔にメモにまとめることがなかなかできません。」

「相手に分かりやすく話すこと、敬語やクッション言葉用いて話すことが難しいです。」

Q3. 電話応対訓練でのご自身の課題を教えてください。 

「相手の話や対応に合わせて柔軟に話すこと。」

「(緊張すると早口になってしまうため、)落ち着いて話すこと。」

「明るく話すこと。」「言葉遣いや所作。」「素早くメモを取ること。」

「言葉が詰まってしまうので、すらすらと話せるようになること。」

 

いかがでしたでしょう。今回は、電話応対訓練への参加のきっかけや電話応対の難しさ・課題についての声をご紹介しましたが、次回9月のインタビュー企画では、後編ということで、電話応対訓練の魅力や訓練を通じて利用者の皆さんができるようになったことなどをお届けしたいと思います!お楽しみに♪そして、千葉駅前第2センターの皆さん、いつも快くインタビューにご協力いただき、本当にありがとうございます^^

【千葉】コラム

 

ブログ読者の皆さま、いつもブログ記事を読んでいただきありがとうございます。記事をご覧いただき、もし就労移行支援って何だろう、ウェルビーってどんな雰囲気なんだろう?と少しでも興味をお持ちいただけましたらお気軽にご連絡ください。見学や体験など随時お待ちしております!

 

 

 

 

 

ウェルビー千葉駅前第2センター詳細
千葉県千葉市中央区弁天1-1-5 中村ビル3階
各線「千葉」駅(北口) 徒歩2分
ウェルビー千葉駅前センター・千葉駅前第2センター地図
詳しくは千葉駅前第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、千葉駅前第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【本厚木第2】合同特別プログラム(企画広報課)

こんにちは!ウェルビー本厚木駅前第2センターです。

先日、本厚木駅前センターと合同で特別イベントを開催しました‼
本厚木駅前センターと本厚木第2センターの利用者さんたちで〈ゲームを通して交流を深めよう〉という目的のもと実施されたプログラムです。両センターの企画課の方々が話し合いを重ね、試行錯誤してイベントで行うプログラムを考えました。

【本厚木】企画課イベント

 

 ☆4Wゲーム 

【本厚木第2】4Wゲーム

Wゲームとは…『いつ』、『何処で』、『誰が』、『何をした』、を4人チームに分かれて一人ずつ自由に考えて紙に書いてもらい、シャッフルして組み合わせ、発表するというゲームです。

今回のイベントで出来た文章の一部を紹介します。

『今』 『水の星で』 『前田さんが』 『爆発をした』
『午前2時』 『部屋で』 『白雪姫が』 『午後ティーをのむ』
『99年7月』 『モナコで』 『スパイダーマンが』 『シャワーを浴びた』

 

意味不明な文章ができ、発表されるたびにセンター内が笑いに包まれていました(^◇^)

 

 ☆キャップタワー 

【本厚木第2】キャップタワー

キャップタワーとは…決められた範囲内でペットボトルのキャップを積み重ねていき、その高さを競うゲームです。
これだけなら簡単かもしれませんが、右上の写真のように二人一組で人差し指で挟んでキャップを積まなければいけないというルールがあります。
力加減や連携が難しく、少しの行き違いで落ちてしまうので、二人のコンビネーションが大事なゲームです。

 

 イラストしりとり 

ルールは簡単で、チームに分かれて絵でしりとりをします。
絵が描けたら次の人にペンを渡していき、制限時間内で多くつなげたチームが優勝です。
このゲームのポイントは「書いた本人にしか何を描いたかわからない」ことです

たとえば…

この絵は何に見えますか?

【本厚木第2】この絵は・・・

答えは…

イヌ!(…のつもりで描きました)

描いた本人は「イヌ」だと思っていても、見る側が「ネコ」と解釈してしまうと、次のしりとりの頭文字は「ヌ」ではなく「コ」になってしまいますね。

このように、絵だけで伝えようとすると、描いた人と見る人で解釈違いが起きる事があり、しりとりの行方があらぬ方向へ行ってしまいます。
こういったイレギュラーが起こるのもこのゲームの面白いところです。

 

さて、今回のイベントで行ったイラストしりとりの結果を見てみましょう。

黄色チームの結果
【本厚木第2】黄色チームのイラストしりとり

黄色チームは順調に続きました。
左から【いちご】→【ごま】→【まーぼーどうふ】→【ぶどう】→ 【うーろんちゃ】です。
全体的に分かりやすく。次の人も推測しやすい絵が続いています。
麻婆豆腐は絵心を感じさせますね。
5個つながっているので5ポイントです。

緑色チームの結果
【本厚木第2】緑色チームのイラストしりとり

一方の緑チームは波乱の展開。
答え合わせでは【はんばーがー】→【かれーらいす】→【すきやき(?)】とつながっていることが分かりました。
しかし、おそらく3個目と4個目の間で解釈違いが起こったと考えられます。
4個目の絵はどう見ても…

【キンキンに冷えたソフトクリーム】

なんと!つながりました!文句無しの4ポイントです!   …これはアリなのだろうか(-ω-;)

 

以上でイベントは終了です。

今回の企画は面識はあったもののほぼ初対面の利用者さん同士が同じ課として1つのものを完成させるという初の試みでした。意見の食い違いなど色々ありましたが最終的には皆に楽しんでいただいたという事で大成功でした!仕事に活かせる経験ができたという方もいて本当に行って良かったです。

ウェルビーではこうした利用者さん主導のイベントを定期的に行っております。
今回はセンター同士の交流を深めるレクリエーションを目的としたイベントでしたが、今後の合同イベントでは就職に関する座談会など就職へ向けたものも行っていこうと考えております。

最後までご覧いただきありがとうございました!(@^^)/

 

ウェルビー本厚木駅前第2センター詳細
神奈川県厚木市中町3-13-8 アイリス・ヴェール141ビル 7階
小田急線「本厚木」駅(北口) 徒歩5分
電話:046-204-6585
ウェルビー本厚木駅前センター・本厚木駅前第2センター地図
詳しくは本厚木駅前第2センターをご覧ください。
イベントやこれまでの活動などは本厚木駅前第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【溝の口】利用者様作成「ウェルビー通信」のご紹介

ウェルビー溝の口駅前センターでは、実際の会社で働くことを想定したカリキュラムである企業実践を金曜日の午前中に行っています。

今回ご紹介するウェルビー通信はその企業実践内で営業課に配属された利用者様4名が7月8月の2ヶ月間で作成したものになります。

内容やデザインを1から考え、作成後にウェルビーの他センターへ「ウェルビー通信」とアンケートを送付し、各センターから届いたアンケートを読んで、振り返るまでを利用者様主体で実施しました。

0912発注【溝の口】「ウェルビー通信」

こちらが実際に作成した「ウェルビー通信」の目次です。

作成した利用者様だけでなく、ウェルビー溝の口駅前センターに通う利用者様みなさんが
「家や通院先、デイケア等に持って行ってみんなに見せたい!」
と思う素敵な「ウェルビー通信」を完成させることが出来ました。

他センターの利用者様や職員に書いていただいたアンケートでも、
「読んでいて楽しかった」「利用者の生の声が聞けて良かった」
「書いた人の思いが伝わってきた」などたくさん意見をいただけました。
アンケートにご協力いただいたみなさんありがとうございました。
この「ウェルビー通信」はウェルビー溝の口駅前センターにいらした方であれば、どなたでも閲覧頂けます。
カリキュラムだけでなく、こういった作成物も見どころです!
ぜひ一度、ウェルビー溝の口駅前センターへお越しください。
職員一同お待ちしております。

 

ウェルビー溝の口駅前センター詳細
神奈川県川崎市高津区下作延2-9-9 MSビル402号室
電話:044-870-1147 FAX:044-870-1148
東急電鉄・田園都市線 溝の口駅 徒歩3分
JR・南武線 武蔵溝ノ口駅 徒歩3分
溝の口駅前センター地図
詳しくは
溝の口駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、溝の口駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

【南浦和】センター広報誌「ウェルビー通信 vol.1」のご報告~

皆さん、こんにちは。ウェルビー南浦和センター広報部です。
暦の上では秋ですが、まだまだ夏の余韻が残っています。
皆さんも体調管理にはくれぐれもお気をつけてください(+o+)

さて、今回南浦和センター広報部で、広報誌「ウェルビー通信」初刊行いたしました(^^)/

【南浦和】ウェルビー通信表紙2

第一号の内容は南浦和センターのカリキュラムを紹介!です。
カリキュラムの幾つかを、利用者さんの意見・感想を添えて紹介しています。
加えて、裏表紙にはスタッフさんの和やかなコメントを記載しています!
内容に関しても是非見ていただきたいので、見学・体験時にご覧ください!!

このたび「ウェルビー通信」を作成するにあたって、気づいた点がありましたのでいくつか挙げます

● 利用者さんのカリキュラムアンケートがとても多く寄せられてうれしかった。
● 作業の前半、紙面記事の相談や確認などがうまくできなかった。
● 作業の後半は、スムーズな工程を組めていた。
● 苦労もあったけど、「終わりよければすべてよし!」

 

今回の反省を踏まえ、広報部はさらなる飛躍を遂げ、活動を行っていこうと思います。
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。

 

当センターにご興味がございましたら、見学や体験を随時受け付けております。
ご希望の方は下記まで、電話かメールにてお問い合わせください。
お問い合わせ、心よりお待ちしております。

 

 

 

 

ウェルビー南浦和センター詳細
埼玉県さいたま市南区文蔵2-4-7 朝日生命南浦和ビル2階
電話:048-711-7892 FAX:048-711-7893
JR「南浦和」駅(西口) 徒歩7分
ウェルビー南浦和センター地図
詳しくは南浦和センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、南浦和センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【岡山】卒業生の声

皆さまこんにちは。
ウェルビー岡山駅前センターです。

以前のブログからあっという間に日にちが経ってしまいました。
現在ウェルビー岡山駅前センターでは企業実践というカリキュラムの中で
広報課ブログ係を立ち上げましたので今後はもう少し定期的にブログを更新していきたいと思っています!

9月から新しい場所に旅立っていかれたご利用者さんから嬉しい声が届きました。

Hさんが飛び込みのご見学者としてウェルビー岡山駅前センターの扉を開いたのはとても寒い12月のことでした。
たまたま面談室が使用中だったため急遽椅子を持ってきてそこに腰かけて頂いた途端、ポロポロと涙を流されて今までのつらい思いを堰を切ったように話始められました。
こんなに温かく迎えてもらえたのは初めてですと最後は笑顔で帰られました。

 

卒業生の声

【ウェルビー岡山駅前センターに通所するきっかけ】
私は、64歳の女性です。1年前ぐらいから「発達障害」と言う文字が脳裏に浮かびあらゆる病院や支援センターを転々としました。
そんな中、インターネットの検索でウェルビー岡山センターを知りました。
ウェルビー岡山センターに通所している時に病院で発達障害心理検査を受けた所、生まれつきの発達障害と自閉症スペクトラムとアスペルガー症候群とわかりました。
状況としては、人間関係が難しくコミュニケーションが取れない。また、聴覚過敏もあり単独行動が多く身体障害でペースメーカが入っている事もあり、最初はウェルビー内でも孤立してるような気持でいました。

【ウェルビーで学んだ事】
今までは色々なことを一人で頑張り過ぎていました。
ウェルビー岡山センターに通所して、いつも言われていたことは「一人で抱え込まないこと」「一人で頑張り過ぎないこと」でした。
スタッフ全員が真正面から自分に対して向き合って声掛けをして下さることで少しずつ考えて行動出来るようになりました。今まで自分は最低でいなくてもよい存在だと卑下して生きて来ましたが、ウェルビーにいる時は生きてる実感も持てるようになり笑顔が戻ったと人にも言われることが多くなり、自分は一人ではないということを学びました。
スタッフの方も自分のことのように一緒に悩んで下さり様々な課題を一つ一つ解決していきました。

【ウェルビー岡山センターを利用するか悩んでいる方へ】
自分一人で悩まず、小さなことでも話すと気が楽になります。時には、泣く事も必要です。感情が豊かになり前向きになれます。
ウェルビーの職員に自分の存在を分かってもらい辛いこと、楽しいこと、嬉しいことを共有することが大切です。どんな事でも最後まで向き合い利用者さんの身になり忙しい時でも手を止めて聞いて下さり緊張感を解きほぐして下さいます。真心を持って誠心誠意接してもらえること、障害者の方の気持ちを理解しようと摸索しながら最後までフォローして支えて下さることです。
40代~60代の方で人生諦めている人はいませんか?「私の悩み病気理解してくれる人はいないだろう」と思い悩んでいる人、ウェルビー岡山駅前センターの扉を開けて見てください。応援しています!

 

このような思いで卒業して下さったと知った時、この仕事に就いて皆さんに
寄り添っていけることを本当にありがたく感じます。
Hさんは最後の日に職員全員に手紙を下さり、それはわたしの大切な宝物に
なりました。

Hさん、またいつでもお元気なお顔を見せにいらして下さいね。
日に日に表情が明るくなっていくHさんと過ごせた数か月は
わたしにとっても成長の毎日でしたよ。
ありがとうございました!

ウェルビー岡山駅前センターではいつでも見学、体験を
承っております。
お気軽にお電話下さいね。
職員一同お待ちしております。

 

 

 

ウェルビー岡山駅前センター詳細
岡山県岡山市北区本町6-36 第一セントラルビル3階
電話:086-201-4004 FAX:086-201-4005
JR各線 岡山駅 徒歩4分
岡山電気軌道線 岡山駅前駅 徒歩2分
ウェルビー岡山駅前センター地図
詳しくは岡山駅前センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、岡山駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

【仙台】センターの最近の様子について

こんにちは!
仙台駅前センターです。

今回は8月の仙台駅前センターの様子についてご報告させていただければと思います!
実は、最近資料のお問い合わせをいただいた方にこんなものをお渡ししております。

【仙台】ウェルビー通信

 

ウェルビー通信と言いまして、初めての方にも仙台駅前センターの状況がわかるように作成しました。
来月号も作成していく予定ですので、センターの様子を知りたい方や仙台駅前センターの就職者数やイベントについて知りたい方はぜひお問い合わせください!

9月のウェルビー通信にも載せたように、8月は就職者が4名出ました!!
今月も既に2名ほど就職者が出ております。

OB・OG会等も徐々に開催していき、その内容もウェルビー通信に盛り込んでいきたいと考えております!

仕事の悩み等の相談もお受けしております。
お気軽にお問い合わせください!

 

 

 

ウェルビー仙台駅前センター詳細
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-1-8 パルシティ仙台3階
JR・仙台市営地下鉄各線「仙台」駅(東口) 徒歩5分
ウェルビー仙台駅前センター
詳しくは仙台駅前センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、仙台駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【渋谷】ビジネス講座「メール・FAXのルールについて」

こんにちはウェルビー渋谷センター広報課利用者です。

ウェルビー渋谷センターでは木曜日の2コマ目にビジネス講座を行っております。

今回のビジネス講座のテーマはメール・FAXのルールについてでした。

表紙

メール・FAXは普段から使っている人も多いのではないのでしょうか?
メール・FAXには使用時の注意点があります。以下に注意点をいくつか抜粋します。

注意点

まずメールの注意点では送りすぎない。重要な用件の時は電話連絡を入れる。必ず返信するということです。

書き方

メールの書き方についても学びました。

①件名については見ただけでも内容が分かるように工夫すること
②構成ついて 宛名・挨拶・名乗り・要旨・本文・結びの挨拶・署名を書くこと

これを守ることが大事だということです。

またメールにはメリットとデメリットがあります。

メリットは下記の通りです。

①相手が特定の場所にいなくても送信できる。
②受信したメールは必要な時に見ることができる。
③データを添付して送信できる。
④同時にたくさんの人に送信することが出来る。
⑤郵便などより、はるかに速い。
⑥重要な内容を保存・整理が出来る。

 

デメリットは下記の通りです。

①コミュニケーションが簡潔になる。
②読まれているかどうか分からない。
③リアルタイムのやりとりができない。
④誤送信の可能性がある。
⑤第三者に知られてしまう可能性がある。

 

メールにもデメリットがあることが分かりました。やはり便利な分、不便な事があります。
次にFAXのルール・マナーについて紹介します。

マナー

写真の通り、誤字脱字がないか発信したら受信した側に確認するなどマナーをしっかりやることが大事です。

私自身もメール・FAXを使用したことはありますが、ここまで意識をしたことがありませんでした。これからは上記内容に気を付けたいと思います。

 

以上が木曜日にやったビジネス講座の報告です。

非常に為になる内容でした。みなさんもぜひビジネス講座を体験して頂ければと思います。

随時、見学・体験を受け付けていますので、お気軽にご連絡ください。

 

 

障害福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー渋谷センター
東京都渋谷区桜丘町4-24 桜ケ丘平井ビル1階
電話:03-6416-9680 FAX:03-6416-9681
各線「渋谷」駅 徒歩10分
ウェルビー渋谷センター地図

センター情報の詳細は渋谷センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
イベントやカリキュラムの様子などは渋谷センターブログ一覧をご覧ください。

 

【秋葉原】就職に向けて必要な準備とは

9月に入りましたが、まだまだ厳しい暑さが続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ウェルビー秋葉原駅前センターでは、利用者の皆さまも職員も、暑さに負けずに就労を目指して日々の準備を進めています。

就労に向けて必要な準備、皆さまはどのようなことを思い浮かべますか?

PCスキル?
コミュニケーションスキル?
ビジネスマナー?
簿記やMOSなどの資格?

もちろん、それも大切です。
身に付けていれば強みにもなりますね。

ですが、それよりもまず、皆さまに身に付けて頂きたいことがあります。

どのようなことかというと、
心と身体の健康管理
これは、「自分の病気や障害を理解して、体調を管理できる力」のことを指します。
定期的に通院ができたり、服薬が自分で管理できたりすることもこの中にふくまれますね。

日常生活管理・基本的な生活リズム
これは安定した睡眠サイクルを維持できることや、毎日同じ時間に同じ場所に通う力がついていることを指します。
その場に見合った服装を選択できることや、適切に敬語を使って周囲と関われることも含まれます。

社会生活能力・対人技能
これは「周囲と協力して作業ができること」や「感情のコントロールができること」を指します。
また、その場に応じた挨拶ができること職場の方から何か声をかけられたときにも適切な返事ができるなどの、基本的なコミュニケーションスキルも含まれます。

④基本的な労働習慣
ここで求められるのが、「報告・連絡・相談」ができることや、ビジネスマナーを身に付けていることです。
また、上司や先輩からの指導や助言を受け入れられることも必要になります。

⑤職業適性
「職業適性」とは、職務上求められる知識や能力を指します。
PCスキルや各種の資格はこちらに含まれます。

これらの5つの項目は就労準備性のピラミッドと呼ばれています。
聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

【秋葉原】準備性ピラミッド

 

ウェルビー秋葉原駅前センターでは、これらの①から⑤までを適切に身に付けていけるよう、様々な訓練を行っています。
毎日決まった時間に通所することで、安定して働ける体力や生活リズムを身に付けながら、自分の得意なこと、不得意なこと、障害の特性を理解していくことが、長く安定して働くための基礎的な力になります。

就労に向けて、次のステップに踏み出したいとお考えの皆さま。

ウェルビー秋葉原駅前センターで、私たちと一緒に新たな一歩を踏み出しませんか?
ウェルビー秋葉原駅前センターでは、随時センターの見学や体験利用を承っております。

どうぞお気軽にお問い合わせください。

【秋葉原】9月スケジュール

 

 

 

ウェルビー秋葉原駅前センター
東京都千代田区神田佐久間町2-15 秋葉原・加藤ビル1階
電話:03-5835-1223
JR山手線・京浜東北線・総武本線・つくばエクスプレス 秋葉原駅 昭和口より徒歩2分
東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 1番出口より徒歩1分
都営新宿線 岩本町駅 A4出口より徒歩4分
ウェルビー秋葉原駅前センター地図
詳しくは秋葉原駅前センター・スタッフ紹介をご覧ください。

これまでのイベントなどは、秋葉原駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【名古屋第2】グループワーク「ペーパータワー」のご紹介

こんにちは、ウェルビー名古屋駅前第2センターです。

秋めいてきたと思ったら・・・
暑さ再来!!
台風の影響でしょうか?また真夏日が続いていますね。
暑かったり涼しかったりしますが、体調を崩さないようにしたいですね。

本日は、9月のプログラムの中から、
『グループワーク  ~ペーパータワー~ 』をご紹介させていただきます。

紙だけを使い、チームでより高く積み上げていく。。。
それだけ??
なーんだ簡単じゃないか!
と思いますよね。

いやいやいや。
奥が深いのです。実は。
では、実際に、どの部分が1番難しいと思いますか?
① 紙の形を作る工程
② 紙を積み上げる工程
③ チームで作戦を練る工程

① よりも②よりも・・・!なのです。
全ては作戦がものをいう!と言っても過言ではないくらいです。
チームで、というところが、ポイントですね。
実際に、出来上がったタワーがありますので、是非ご覧ください。

DSC_0007 DSC_0005 DSC_0002

 

3チームとも、それぞれに意見や反省点が沢山出ました。
そしてもちろん、盛り上がりました!!

 

ウェルビーでは、楽しみながら、大切なことに気付き・学べるプログラムを多数ご用意しております。
様々な訓練が充実していますので、ぜひ見学や体験を、スタッフ一同お待ちしております。
通所やプログラムなどを通して、自分の得意・不得意は何か、見つけていきましょう。

 

ウェルビーでは、様々な障害をお持ちの方の就職を、支援しています。
ご自身に合った就職先を、一緒に見つけていきましょう。
お問合せ、ご相談、お待ちしております!!!

 

 

ウェルビー名古屋駅前第2センター
住所:〒453-0015 愛知県名古屋市中村区椿町10-14 坪井ビル3階
TEL:052-433-1020
アクセス:各線「名古屋」駅(太閤通南口)  徒歩6分
ウェルビー名古屋駅前第2センター地図
詳しくは名古屋駅前第2センター紹介ページをご覧ください。
これまでのイベントなどは、名古屋駅前第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【熊本水前寺】ウォーキングのご紹介

「新たなルートでウォーキング! 新鮮!」

 

皆さま、こんにちは。
ウェルビー熊本水前寺センターです。
少しだけ涼しくなってきました。

熊本水前寺センターでは、毎週月曜の午後、近くの公園などにウォーキングをし、皆で季節の変化を感じています。
春に桜が舞い散るこじんまりした公園、木陰が多くかわいい猫たちが住んでいる公園、ウォーキングコースが完備されている芝生の美しい公園、湧き水が流れ冬には多くの鴨がやってくる川沿いの公園などなど。
今回、新たなルートを通って、まだ一度も行ったことの無い公園に行きました。銀杏やトウカエデの並木道を通ります。今は力強い緑色ですが、秋には赤や黄金色に輝きます。ギンナンのまだ青い実がたくさん見えます。それぞれ雑談をしながらのんびり進みます。

その日、多くの利用者様が日報に「新鮮でした!」と感想を書かれていました。
熊本水前寺センターで一緒に季節を感じてみませんか?

【熊本水前寺】ウォーキング1
気持ちの良いベンチがあります。

 

【熊本水前寺】ウォーキング2
途中には放牛地蔵。放牛さんというお坊さんが熊本各所の道の分かれ目に立てたお地蔵さんだそうですよ。

 

【熊本水前寺】ウォーキング3
かわいい消火栓も目に留まります。

 

ウェルビー水前寺センターでは就労に関するカリキュラム以外にもウォーキングやリフレッシュカリキュラム等、様々な内容を実施しております。ご興味がある方はお気軽にご参加ください。お待ちしております。

 

 

 

ウェルビー熊本水前寺センター ※相談支援事業所併設
熊本県熊本市中央区水前寺1-17-32 石本ビル2階
電話:096-273-8280
熊本市交通局「新水前寺」駅停留所 徒歩3分
JR豊肥本線「新水前寺」駅 徒歩4分
ウェルビー熊本水前寺センター地図
詳しくは熊本水前寺センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
これまでのイベントなどは、熊本水前寺センターブログ一覧をご覧ください。