【松戸】ボイス・トレーニング講座について

こんにちは。 ウェルビー松戸センターです。

7月に入り、だいぶ夏らしい天気も増えてきました。日中は暑くても、夜になるとまだ涼しい日もあるので体が暑さと涼しさのダブルパンチで調子を整えるのが難しいこともあると思われます。どうぞご自愛くださいませ。

 

コメント 2020-07-08 171407さて、先日、ウェルビー松戸センターではボイス・トレーニング講座を行いました。題して「面接のためのボイス・トレーニング~良い声と姿勢で面接を考える~」です。講師は当センターの職員で長年、エンターテイメント業界で「声」や「音」に関する仕事に携わっていたスタッフが講師を務めました。

 

昨今の情勢を鑑みて、多くの企業が対面の面接ではなくWebによる面接を実施するケースが増えてきました。「対面での面接は緊張してしまう」という方にとっては朗報と思いきや、実際にWeb面接を体験した方からは「Web面接は難しい」との声が多く聞かれています。特に対面ではない分、声量良く受け答えができないと、「聞き取りづらい」ことがその人に対する印象を左右しかねません。

 

当日はまず正しい発声のための姿勢や声の出し方についてのレクチャーを行いました。その後、滑舌が良くなるようにプロの声優やナレーターが実際にされている早口言葉を行う等、活気あふれる特別講座となりました。今後もWeb面接は続くと思われますので、定期的に本講座を実施し、皆様の就職活動に役立てていただければと考えております。

 

【新潟】イベント【何問解けるか?ウェルビー脳トレ大会】の紹介

こんにちは。ウェルビー新潟センター 営業広報部です。

今回は6/13(土)に企画部主催で開催されたイベント【何問解けるか?ウェルビー脳トレ大会】の紹介です。

新潟01

 

主催してくれた企画部の三名の声を頂いたので一緒に載せたいと思います。

 

企画部 Aさん

毎月のイベント企画のひとつとして「何問解けるか? ウェルビー脳トレ大会」を開催しました。タイトルからわかるかと思いますが、それぞれの参加者が知識と知恵を競うチーム戦の「脳トレ」クイズ大会です。

当日は企画部の5人の出題者から合わせて数十問、全100点の問題が出され、それぞれの解答チームはときに平易、ときに難解、ときに意地悪な問題の数々に頭を悩ませていたようです。…ちょっと意地悪すぎたかな?

クイズの内容はさまざまでしたが、事後、収集したアンケートを拝見したかぎり、たくさんの好評をいただけたようです。出題者のわたしもとても楽しめました。次回は今回で出た問題点を改善し、より面白く、よりスピーディで、なおかつよりエキサイティングな内容にしたいと思います!

 

企画部 Yさん

今回は企画部に配属後、初めてのイベント企画でしたので、企画の段階のときにどう進めたらよいのか分からず苦労しました。今までは他の人に注目されることが苦手で、人前に立って発表すること、他の人をまとめる事に苦手意識を感じていたのですが、今回企画者側で問題を出題することでその練習になりましたので就職後のそのような場面を想定してよい経験になったと思います。

開催後のアンケートでは「楽しかった」などの意見が多かったので、参加者の皆さんには楽しんで頂けたかと思います。今後も企画部の活動の中で企業で働く力をつけていきたいです。

 

企画部 Hさん

【何問解けるか?ウェルビー脳トレ大会】は準備段階のクイズ問題作成の過程で、簡単な問題と難しい問題の両方を考えるのが大変でした。

イベント当日は司会進行しながら最後に問題出題も担当したので、チームの皆さんと協力して楽しみながら考えて解答を導き出せました。今回のイベントは3つのチームに分かれてみなさんに参加していただきましたが、それぞれ楽しみながらクイズに参加されていた様子でした。

告知や司会など担当することが多く大変でしたが、経験できてよかったです。

 

 

…などなど企画部側は問題作成で悩み、楽しみ、また同時に司会進行と多岐に渡る企画運営に苦労したようです。

結果として100点満点中で優勝チームは71点。難解問題が多かったことが窺えますね…。

後日行ったアンケートの内容にも「楽しかった」という意見が多く、企画側も参加者側も楽しめたイベントだったようです。

『次回は今回で出た問題点を改善し、より面白く、よりスピーディで、なおかつよりエキサイティングな内容にしたいと思います』という出題者Aさん。どんな難解問題を作るのか楽しみですね!

 

今後もブログで新潟センター企画部のイベント内容を紹介していきたいと思います。

 

ウェルビー新潟センター 営業広報部 M.O

【北千住】アンゲーム実施報告

こんにちは!ウェルビー北千住駅前センター広報課のノヤマです。

よろしくお願いします。

今回は5/9に開催した土曜イベント『アンゲーム』についての紹介を

させて頂きたいと思います。

北千住03

・勝ち負けやゴールはありません

・コミュニケーションを深める楽しさを味わうゲームです

北千住02

*アメリカで30年以上も愛されている自己表現ゲーム

最近、流行っているボードゲームの仲間です♪

 

ルール

  1. 山札の一番上からカードを引き質問内容に答えていきます
  2. カードを引いた人は書いてある内容を読み上げてから、

その質問に答えます

  1. この時他のプレイヤーは、おしゃべりはできません

 

アンゲームの効果

・プレイヤーそれぞれが集中して相手の話を聞き取る力を上達させます

・周りが発言の邪魔をしないようにして、ありのままの自分を正直に

出せるための安全な場所をつくります

・他人を理解する力と他人を受け入れる寛容な心を培います

 

自分で話す練習にもなりますし、相手が傾聴で自分の話を聞いてくれるので

嬉しい気持ちになります。

皆さんも人に自分の話を聞いてもらえると嬉しいですよね。

 

 

ここからは、参加者AさんBさんにインタビュー!!!

北千住04

北千住05

北千住06

私は今回の土曜イベントには参加していないのですが、『アンゲーム』のことを調べたり

参加した人から聞いているうちに、私も興味が湧いてきました。

私は人前で話すことが苦手でしたが、このゲームでなら自然に

自分の思っていることを話せる気がします。

機会があれば皆さんも是非、遊んでみてください。

 

以上、ブログを担当しました広報課のノヤマでした。

 

【新大阪】 「食中毒」 のことについて

こんにちは。ウェルビー新大阪センターです。

世間ではコロナウイルスで大騒ぎとなっていますが、夏に近づき気温が上昇していく今日この頃。

気を付けなければならないことがあります。

 

そこで問題です!

 

【問題】気温が上昇するこの時期、何に気を付けなければいけないでしょう?

 

【ヒント】食品が傷みやすくなることで起こります。(これが全ての原因ではありませんが)

※答えは下にスクロールしていくと出てきます。

【答え】 食中毒

 

ということで今回は

 

「ウィルスに負けるな!手洗いチェックしよう!」

というテーマでイベントを行い、前半は講義形式で 「食中毒」 のことを学んで頂きました。

後半は手洗いチェックを、実践しながら学んで頂きました。

新大阪01

【方法】

①蛍光剤が含まれた特殊なジェルを手にまんべんなく塗布します。

②石鹸で “いつも通り” 洗います。
新大阪02

③ペーパータオルで水分を落とした状態で上の写真のようにブラックラ イトを照射します。

④洗い残しがあると、ボヤ~っと粉が吹いたように光ります。

 

下の写真は上の写真を拡大したところです。

新大阪03

上の写真ではわかりにくかったですが、拡大してみると、

矢印部分に洗い残しがあることがわかります。(意外と広範囲に残っていますね)

 

希望される方のみということで行ったので、される方は数人かなぁ?と思っていたのですが、

なんと!全員体験されました!

 

自己流で洗い終わってみると・・・

 

普段通りに手洗いされた方も、時間をかけて念入りに洗った方もおっしゃることは同じで

「え~~~~~!?こんなに残ってる~!!」

と絶叫されていました。( ̄ー ̄)ニヤリ

 

その後、正しい手洗い方法をお伝えして、リベンジ!

2度目に正しい方法で手洗いをした後は、皆さん洗い残しがほとんどなくなっていました。

 

終わっての感想をうかがうと、

「手洗いを甘く見ていた。」

「きちんと手洗いをしなくてはと思った。」

「手洗いには自信があったが、正しい方法でしようと思った。」

 

など有意義な時間となったようです。

 

食中毒だけでなく、インフルエンザウイルス・ノロウイルス・新型コロナウイルスにも手洗いは有効です。

みなさんも、“とりあえず”手洗いするのではなく、正しい方法で手洗いを行いましょう!

 

土曜日イベントに参加することで普段はあまりお話ししない方が、知らないうちにコミュニケーションを取っていることが見られます。

 

知らない人の輪に入りにくいな…と二の足を踏まれている方こそ是非!見学・体験にお越しください。

 

また、ご本人が「行くのは嫌だ!」とおっしゃっているご家族へ

 

ご家族の中で悩んでいてもなかなか進みません。

「ウェルビーってこんなところだったよ」と、

ご本人に雰囲気を伝える為、相談の為でも結構です。

 

是非一度ご見学にお越しください!

 

職員一同お待ちしております!

【航空公園】パソコンお助け講座に関して紹介

こんにちは。ウェルビー航空公園駅前センターの萩原です。

今回は、6月27日(土)に行われたパソコンお助け講座に関して紹介致します

 

毎月恒例のパソコン講座に関して

今回はExcelやWordではなく

インターネットやウイルスの危険性から

いかに自分のパソコンを守るのかをテーマに

講座を進めていきました。

 

利用者様の声として

「マルウェア(ウイルス)の危険性が分かって良かった」

「ウイルス対策ソフトの選び方を学べてとても参考になった」

「インターネットの歴史がこんなに古くからあるとは知らなかった」といった

声が挙がりました。

 

今後も定期的にインターネットやウイルス対策に関しての

講座を行う予定です。

 

7月は関数を重点的に行うExcel講座を行います。

一緒に勉強してきましょう。

 

お問合せ・お申込みは下記記載のセンター電話番号までご連絡、申込書記載の上FAXでのお申込み、kokukoen@welbe.co.jp までメールでお申し込み頂けます。

 

是非、皆様のご参加をお待ちしております。

 

 

ウェルビー航空公園駅前センターでは、みなさんの“働きたい”を応援します。

 

 

現在ご利用中の方々は、所沢市・狭山市・入間市・飯能市・日高市・川越市・清瀬市・東久留米市・東村山市・西東京市・小平市・練馬区から通われています。

 

随時、個別見学やウェブ個別説明も受け付けておりますので、ご希望の方は下記まで電話かメールにてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

 

ちなみに、近隣に所沢プロぺ通りセンターがあります。

どんなところか気になる方は、こちら(リンク)

【浦安】「ディスカッション」を行いました!

こんにちは!

ウェルビー浦安駅前センターです!

 

7月に入り依然、梅雨空が続いておりますが、

体調を崩されていませんか?

 

浦安市といえば某「夢の国」を思い浮かべる方も多いと思いますが、

7月より営業が再開したという明るいニュースを聞き、

浦安駅前センターのスタッフ一同も喜んでおります。

世の中に明るいニュースが増えていくと良いですね!

 

 

さて、

6月にオープンしたばかりの浦安駅前センターですが、

少しずつ利用者様や体験者様が増え始め、

先日は 「ディスカッション」 のプログラムを行いました。

 

 

テーマは…

************************

浦安でお勧めのウォーキングスポット

************************

です。

 

毎週木曜日1コマ目に予定している「ウォーキング」のコースを

浦安市在住の利用者様たちを中心に話し合い

下記のような目的地が挙がりました。

 

◎清龍神社

◎旧宇田川家住宅、旧大塚家住宅などの古い街並み

◎浦安市郷土博物館

◎堀江ドックなかよし公園

◎浦安中央公民館(避難場所の確認も兼ねて)

◎図書館

 

 

浦安在住の利用者様は

清龍神社とその近くの古い街並みが

雰囲気があっておススメとのことです!

 

 

「ウォーキング」の様子につきましては

またブログで紹介したいと思います。

 

 

ウェルビー浦安駅前センターでは

見学や体験を随時募集中です。

気軽にお問合せ下さいね!

 

【桜木町】SST「自己会話」とは

こんにちは。

障害者就労移行支援事業所ウェルビー桜木町駅前センターです。

 

ウェルビーでは、全社的に、SST(社会生活技能訓練)というプログラムを実施しています。

日常生活や職場で起こる特定の場面を2人1組の劇形式で練習し、対応力を上げていくというものです。

これを繰り返し、複数の場面での対応力が上がれば、ソーシャルスキルが上がり、職場定着しやすくなります。

 

7月第一週の今日は「会社への遅刻や欠席の連絡の仕方」という場面の練習を行いました。

 

多くの方が、練習の場面では落ち着いて的確な受け答えをすることができます。

 

ところが実際に職場に連絡を入れようとすると、慌てて早口になってしまったり、電話する勇気がなくて何となく連絡しそびれてしまい、逆に職場から電話がかかってきて、めちゃくちゃ怒られてしまったりする・・・なんて事態が発生したりします。

 

こういう事態をどうすれば、少なくすることができるのでしょうか?

 

「自己会話」が鍵になってきます。

自己会話というのは、その名前の通り、自分との会話、心の中で自分に話しかけている言葉のことです。

 

例えば、

(遅刻の電話をしなきゃいけないけど、面倒くさいな)

(怒られるだろうな)

(うまく言えなかったらどうしよう)

と言った言葉です。

 

このような言葉を自分の中で繰り返し言っていると、どうしても落ち着いて行動することが難しくなってしまいます。

 

そこで、ストレス状況が来る前に、ストレス状況が訪れた時にどういう自己会話をするか台詞を決めてしまうのです。

 

(大丈夫、大丈夫)

(落ち着こう)

(うまく話せなくても大した問題じゃない)

(ゆっくり話すようにしよう)

 

などと決めておくのです。

 

こうすれば、ちょうどスポーツ選手のコーチのように、目の前の問題にどう対処したらいいか、自分で自分に指示を出して、自分の行動をコントロールできるようになります。

 

ウェルビー桜木町駅前センターでは、精神保健福祉士、公認心理師、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントなど資格を持った専門職もおり、就職と職場定着のために必要な様々なスキルを習得できるようプログラムをご用意しております。

 

見学、体験を随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。(045-680-1178

【桜木町】ストレスに負けない生活術

こんにちは。障害者就労移行支援事業所ウェルビー桜木町駅前センターです。

 

6/26(土)、認知行動療法に基づいた「ストレスに負けない生活術」という講座を実施しました。

 

そのエッセンスを少しだけ紹介しますと…

 

ストレスを受けたとき、私たちは、

 

ストレス刺激(出来事)→反応(結果)

 

という図式を立てがちですが、認知行動療法ではストレス刺激を受けてから反応が起きるまでもう少し細かいシステムがあると考えます。

 

すなわち、

 

ストレス刺激(出来事)→認知(捉え方)→感情→行動→結果

 

という図式です。

 

出来事が起きてから、新たな結果を生むまでに

認知・感情・行動の三段階があり、その各々で修正が可能である。つまり、異なる結果を生み出す可能性があると言うことになります。

 

具体的に言うと、

ストレス刺激:就職活動で二次面接不通過だった

という出来事があったとして、

 

Aさんは次のように考えたとします。

認知:私はダメな人間だ

感情:悲しみ 70%、絶望 90%

行動:しばらく採用試験は受けないことにする

 

また、Bさんは、次のように考えました。

認知:今回の面接では落ちてしまった

感情:残念 50%、あきらめ 30%

行動:別の会社を受けてみることにする

 

このように、出来事に対する捉え方で、行動の仕方は随分変わってきます。

 

元々の人格特性も影響してきますが、AさんがBさんのような捉え方に認知を修正していくことは可能です。

 

ただ、ここで注意したいのは、認知行動療法では、単に楽観的な思考を持つべきだと言っている訳ではないということです。

 

今までの思考も持ちながら、より建設的で現実的な考え方も持ち、「考え方の幅を広げていく」という表現のほうが妥当かもしれません。

 

ウェルビー桜木町駅前センターでは、精神保健福祉士、公認心理師、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントなど資格を持った専門職もおり、就職と職場定着のために必要な様々なスキルを習得できるようプログラムをご用意しております。

 

見学、体験を随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。(045-680-1178

 

【四日市】ペーパータワーに挑戦しました。

こんにちは。

今年の七夕も織姫と彦星が会えなさそうですね。。。このお二人も今年ばかりはソーシャルディスタンスで距離を保っているかリモートで会えることを切に願っている四日市センターよりお送りします。

 

先日、プログラムでペーパータワーに挑戦しました。

高く積み上げる目標に向かって組織の中で一人一人が自分ができる作業を《見つける》・《他者に発信》・《協力する》課題を見事に成し遂げることが出来ました。

 

3回積み上げる作業を実施した結果

1回目105cm 2回目 147cm ラスト189cm!!!

『3人寄れば文殊の知恵』の言葉通り、みなさんがアイディアを出し合った結果+84cmとなりました。

 

完成したタワーはなかなか崩すのが惜しく、みなさんが帰宅される直前まで薄っぺらい紙で出来たタワーは威風堂々とそして重々しくそびえたっていました。

 

ウェルビーのグループワークは難しい作業ではありません。誰でも気軽に参加できる内容となっております。集団の中で自分はどんなポジションが向いているのかを試すチャンスです。

新しい自分を発見できたり、チームワークでしか味わえない達成感を是非ウェルビーで体感してみてください☆【ウェブ掲載】四日市センター(2020.07.01)

【松本】『就活プログラム 応募前の準備』 と『リフレッシュタイム』について

みなさんこんにちは

早くも7月を迎え、強い日差しに緑が深まる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか

いよいよ夏到来となりますが、体調管理、体力作りを行いながら、お体ご自愛下さい。

それでは、ウェルビー松本駅前センターから6月のセンター内の様子をお届けします。

 

6月25日㈭、ウェルビー松本駅前センターでは、

『就活プログラム 応募前の準備』

『リフレッシュタイム』を行いました。

就活プログラムでは、『就職活動を行う準備』として、身だしなみのチェック、身だしなみの意味するところ、良い印象をあたえる身だしなみのポイント等を行いました。『人は見た目じゃない』というような言葉もありますが、『清潔感』『機能性』『職場や仕事との調和』という意味では非常に大切なモノと言えます。

そして、身だしなみとは、単に着衣の乱れを直す・髪の手入れをするという事をいうのではありません。

誰にでも好感をもって受け入れられるように、身の回りを整えると言う事であり、会社でいう身だしなみは、

『自分本位ではなく、相手を意識したもの』でもあるのです。

松本01

『そうなんだぁ~じゃあ、会社に入ったら気を付けようかな。』

ではなく、入社前の面接等でも、同様に身だしなみには気を付けなければなりません。いざというときの為に、普段から出来る身の回りの整えを確認していきたいものですね。

松本02

そして、午後は、リフレッシュとして『トランプ 七ならべ』を行いました。

ウェルビーでは訓練だけでなく交流や息抜きを兼ねてリフレッシュの時間も用意しています。

大きな笑い声が飛び交い、和気あいあいとした雰囲気の中、白熱したバトルが繰り広げられました。

松本駅前センターでは、これからも皆さんと一緒に、訓練や企業実践、ウォーキングやリフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催出来たらと思います。

ぜひ一度、見学・体験にいらしてみませんか。皆さんのご来訪を心よりお待ちしております。

 

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階

電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238

最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩2分