【松戸】「定着支援セミナー ~4年目見えてきた強みと課題~」についてのご報告

みなさん、こんにちは。
ウェルビー松戸センターです。

お正月休みもあっという間、すっかりいつもの日常ですね。
今年も皆様にとって健やかな一年となりますよう心よりお祈りしております。

まだまだ出口の見えないコロナ禍ですが、松戸センターでは2021年、12名の方が企業様より内定をいただくという、嬉しいニュースもありました(^^)

さて今回のブログでは、昨年12月16日(木)に当センターで開催したイベント
「定着支援セミナー ~4年目見えてきた強みと課題~」についてご報告させていただきます。

まず「定着支援」というワードについて、聞き慣れない方が多いかと思いますので、簡単に説明させていただくと、、、
☆定着支援とは、就職後、環境が変わったことで仕事面・生活面での困りごとが出てくるケースが少なくありません。そういった時に働きやすい環境作りを支援する福祉サービスのことで、2018年4月にスタートしました。

今回のセミナーでは、日頃からお世話になっている関係支援機関の皆様にお越しいただき、実際に利用者様が就職をされた現場ではどのようなことが起こっているのか共有させていただくため、報告会という形でイベントを開催いたしました。

イベントの内容については次の通りです。
・データで振り返る松戸センターの定着支援
・事例のご紹介
・もっと知りたい定着支援
・情報交換会 

ご参加の皆様には、勉強会も含めて定期的に支援機関で集まる機会をつくってほしいとのお声や、顔の見える関係性こそネットワークであるというお声をいただきました。

松戸センターでは、このように地域の皆様とチーム支援の強化を図りながら支援をしております。今後も地域の皆様とのつながりを大切に、チーム一丸となって、皆様のサポートをしていきたいと思っております(^^)本年もどうぞよろしくお願いいたします。
ウェルビー松戸駅前センター①

いかがでしたでしょうか?
また、松戸センターではこの他にも毎月様々なイベントや特別プログラムを実施しております。

もしご興味がありましたらご気軽にお問い合わせの上、見学にいらしてくださいね。

<体験や見学のお申し込み>
お電話・メール・問い合わせフォームにて受け付けております。
<お電話>
ウェルビー松戸センター 047-703-3636
<メール>
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
・件名:「松戸センター 見学・体験申し込み」
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項等あれば
MAIL:info@welbe.co.jp
<専用フォーム>
資料請求はこちら
見学申し込みはこちら

ウェルビー松戸センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

【松戸】グループディスカッションのご紹介②

みなさん、こんにちは。
ウェルビー松戸センターです。

いよいよ12月となりましたが、日中は心地良い秋晴れの日が続いておりますね。そんな日には、6階にある松戸センターから、なんと「富士山」が見えるんですよ(^^)

さて、前回のブログでは、松戸センター火曜日のプログラム、グループディスカッションAのご紹介でしたが、今回もその続きとしましてグループディスカッションBのご紹介をさせていただきます。

現在、松戸センターにはグループディスカッション2つABがあり、
Aは、利用者様で出し合ったお題について楽しくディスカッションをするもの。
Bは、職員が考えたお題について、書記、発表者、タイムキーパーと役職を決めて行う、本格的なディスカッションになります。

さて、先日おこなわれたグループディスカッションB。
テーマ「松戸市を今以上に活性化させるために必要なこと」でした。
また、全体目標として、「問題点を見直すのか、それとも良いところを伸ばすのか方向性を決めてから話し合うこと」としました。
4グループ中、「問題点を見直す」としたのが1グループ、残り3グループが「良いところを伸ばす」という方向性を決めて、いざ話し合いスタート。

松戸市が地元という方が多く、積極的に意見が飛び交っていました。

そして、話し合った内容について各グループからの発表です。
まず、

「良いところを伸ばす」という方向性のもと、話し合ったグループから出た意見が次の通りです。

・松戸の名産品をのばす → 梨、ねぎ、レモン もっとブランド力を付けて売り出す。
・松戸出身の著名人を応援する → 山崎直子氏、伊坂幸太郎氏
・江戸川クリーンキャンペーン → 河川敷をキレイにして花畑にする、
「矢切の渡し」の船をの豪華にする。
土手でのマラソンやサイクリングを活性化させる。
・松戸の団地の建て替え → バリアフリー化、エレベーターの設置でより快適な団地へ。
・歴史的な建物が残っている → 古い建物をリノベーション、建物の保存と活用をする。
・マツキヨ、マブチモーターといった大きな企業に投資してもらう。
・千葉ロッテを千葉限定ではなく松戸からも売り出す。
・「とみ田」以外にも松戸発のラーメン店を売り出す。

また、「問題点を見直す」という方向性のもと、話し合ったグループから出た意見は次の通りです。

・新京成線沿いはバス路線が不足しているため、コミュニティバスを導入する。
・高校は普通科が多いため、農業科があってもいい。(特産品のネギや梨について学ぶ)
・松戸駅が暗いためもっと明るい雰囲気を出した方がよい。
・映画館やボーリング場などの娯楽施設が欲しい。
・半蔵門線の計画を実行してほしい(地下鉄を松戸につなげる)。
・イメージを一つに絞って売り出す。
・治安をよくしてほしい。
・子供が安心して遊べる施設を作る。
・キャラクターを作って松戸の宣伝に使う。

最後に、話し合いを終えて「まとめ」として出た意見です。

・梨やラーメンなど名産品があるにもかかわらず、ブランド力で負けていると思うので、もっと推していきたい。
・松戸市はプラスにしろマイナスにしろこれといったものがないので、イメージを一つに絞ってそれを宣伝していく。

グループディスカッションBは固いテーマが多いので、前回ご紹介したAに比べると、意見が出にくいこともありますが、今回のテーマはみなさんに馴染みのある「松戸市」についてだったので、長年住み続けているからこその率直なご意見、厳しい中にも愛のあるご意見がたくさん飛び交いました。そんな中でもまわりの方の意見にしっかりと耳を傾けて聞いていらっしゃる姿がありました。

さて、二回にわたり、グループディスカッションについてお送りしてきましたが、座学で学ぶだけではなく、意見を交わしあうことで自身の気付きが多くあります。コミュニケーション力UPのためだけではなく、自己理解にも大きく役に立つプログラムだと思いますで、お気軽に参加していただけたらと思います。はじめは見学のみで、意見を発信するのはもう少し慣れてから、ということも可能ですのでご安心くださいね。

いかがでしたでしょうか?
松戸センターでは毎月様々なイベントや特別プログラムを実施しております。
もしご興味がありましたらご気軽にお問い合わせの上、見学にいらしてください。

<体験や見学のお申し込み>
お電話・メール・問い合わせフォームにて受け付けております。
<お電話>
ウェルビー松戸センター 047-703-3636
<メール>
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
・件名:「松戸センター 見学・体験申し込み」
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項等あれば
MAIL:info@welbe.co.jp
<専用フォーム>
資料請求はこちら
見学申し込みはこちら

ウェルビー松戸センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

【松戸】グループディスカッションのご紹介

一段と寒くなり、冬が間近になってきたと感じます。皆さんお元気でお過ごしでしょうか?
寒くなってきたら皆さんは何が食べたくなりますか?私は鍋焼きうどんが食べたくなります!心も体も暖かくなりますよ!(^_^)

今回の企画部のブログはウェルビー松戸センター火曜日のプログラム。グループディスカッションAの紹介です。

現在、松戸センターではグループディスカッション2つABがあります。
Aは皆で出し合ったお題について楽しくディスカッションをするという内容となっております。
Bは職員さんから出たお題に沿って、書記、発表者、タイムキーパーと役職を決めて行う、本格的なディスカッションです。
今回は3班に分かれてそれぞれ3つのお題についてディスカッションをしたのでご紹介します!

まずは1班です。1班では『記憶に残る思い出の番組』『好きなボードゲーム・カードゲーム』『最近読んで面白かった本』の3つについてディスカッションしました。
まずは、『記憶に残る思い出の番組』
出た意見⇒8時だよ!全員集合、戦国鍋テレビ、Dr.スランプアラレちゃん、など
世代によって全然違う意見が出てとても興味深かった。バラエティー系の番組が多かったです。
次は『好きなボードゲーム・カードゲーム』
出た意見⇒修造かるた、人生ゲーム、将棋、遊戯王、UNO、など
カードゲームや定番ボードゲームが多かった。修造かるたの話題で盛り上がった。
修造かるたはウェルビー松戸センターにありますので遊ぶ機会もあるかもしれません。
3つめは『最近読んで面白かった本』
出た意見⇒「薬屋のひとりごと」「断る力」「ロクでなしの魔術講師と禁忌教典(アカシックレコード)」など
読んだことのない本もたくさん出ました。皆さんが気になる本もあるかも!

次に2班です。『秋のおすすめ名所』『生まれ変わったら何になりたい?』『夏にやり残したこと』の3つです。
『秋のおすすめ名所』出た意見⇒香嵐渓(こうらんけい)、京都大原、地下鉄の銀座駅、旭山動物園
紅葉の名所だけでなく、秋に行って楽しい場所の意見も出たところが良かったのではないでしょうか?
『生まれ変わったら何になりたい?』出た意見⇒イルカ、パンダ、鳥、インド人
動物が多い中、インド人という意見がピンポイントで面白かったです。職員Aさんはクラゲになりたいらしいです!職員Tさんからは犬という意見が出ました
『夏にやり残したこと』出た意見⇒旅行、チェス、花火、よなよな
チェスではクイーンズギャンビットというドラマの話題で盛り上がりました。よなよなは新宿にあるビールのお店のことです!

次に3班です。『好きな本のジャンル』『コロナが落ち着いたら何がしたい?』『衣替えをいつするのか?』の3つです。
『好きな本のジャンル』出た意見⇒歴史書、理工書、ざまぁ系、教育書
それぞれ意見が出たが、歴史書は江戸末期からの書籍だそうで興味深かった。
理工書では「難しい本を読んでいるんですね!」という声も上がった。
『コロナが落ち着いたら何がしたい?』出た意見⇒ライブに行きたい、温泉に行きたい、旅行に行きたい、など。
仲間で話をしていると、外出したい!と思いました。
『衣替えをいつするのか?』出た意見⇒冬服から春服への衣替えは3月、夏服は5月から冬服は11月。
夏服は12月までという意見もあり、人によって衣替えの季節はバラバラだったので驚きを隠せませんでした。

ウェルビー松戸センター

グループディスカッションA身近な話題が多く共感できるディスカッションです。
このプログラムを振り返ってみると、グループで話すのが苦手な人でも参加しやすいな~と感じました!話をする事でコミュニケーション能力や雑談能力が上がるので是非皆さんも参加してみてくださいね(≧▽≦)

いかがでしたでしょうか?
松戸センターでは毎月様々なイベントや特別プログラムを実施しております。
もしご興味がありましたらご気軽にお問い合わせの上、見学にいらしてください。

<体験や見学のお申し込み>
お電話・メール・問い合わせフォームにて受け付けております。
<お電話>
ウェルビー松戸センター 047-703-3636
<メール>
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
・件名:「松戸センター 見学・体験申し込み」
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項等あれば
MAIL:info@welbe.co.jp
<専用フォーム>
資料請求はこちら
見学申込はこちら

ウェルビー松戸センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

【松戸】企画部アンケート「ウェルビーに通ってみて」

肌寒い日が続いていますね。アウターの必要性をひしひしと感じる日々です。
みなさん風邪などには気をつけてすごしましょうね。

さて、今回は企画部のブログになります。
前回に引き続き企画部主催のアンケートになります。
今回のテーマは「ウェルビーに通ってみて」です。
こちらは卒業生の方にアンケートを書いて頂いたものになります。
これから就活に挑む方、今就活中で悩んでいる方に是非読んでもらいたい内容となっております。

1.ウェルビーの就職活動でがんばった点
・ 様々なプログラムやカリキュラムに積極的に参加した。
・ 自分の弱点と向き合い。改善するための行動をした。
・ 求人が無い。選考がキャンセルになった。など、苦しい事があったが、本番に向けて今できる事を行った。(例:就活プログラム)
・ 色々な方からのアドバイスを大切にして、出来る様になるまで繰り返し練習した。

2.自分なりの面接のコツはありますか?
・ 面接を楽しむ⇒面接を「採用試験」では無く「自分に合うか見極める場所」「色々な話を聞ける場所」と思う。
・ 事前準備をしっかりしておく⇒想定問答の作成と修正。模擬面接を繰り返し行った。
・ 自分の意見(考え)をはっきり伝える。
NG1. 相手からの質問に対し返事をしない。
NG2. 誤魔化す。嘘を伝えるのは失礼だと思ったので、一つ一つの質問に対してその場で自分の考えをはっきり伝えた。
・ 感じた事やフィードバックを大切にする⇒改善した方が良い点がわかるので、次回の面接の対策の参考にした。

3.ウェルビーに通って自分が変わったところ
・ 周りの方(グループ)と協力して物事に取り組めるようになった。
・ 新しい事や苦手だったことにも積極的にチャレンジし、出来る事が大幅に増えた。
※電話対応、PC、グループでの作業(企画の立案から進行など)、突発的事項に対する対応など……。
・ 相手の立場や意見を尊重したコミュニケーションが出来るようになった。
・ 自分自身を向き合う事で、長所や短所を知ることができたので、上手く行かない時の対処法を身に付けられた。
・ 困った時はお互い様と思えるようになったので、人を頼ることが出来るようになった。

4.今就活を頑張っている人に伝えたい事
・ 動き続けていればどうにかなる。苦しくても「夢」や「自分のやりたい事」を諦めない事が、就職活動を成功させるために一番重要だと思います。
・ 上手くいかない時は、色々な人(スタッフや利用者、友人や家族)に現状を話してみることが解決に向けての最短ルートだと思います。

私は自分が予想していなかった所から道が開けて就職が決まりました!

いかがでしたでしょうか?
こちらのアンケートを参考にして就活に役立ててほしいなぁと思います。
皆さんにも自分なりの就活があると思いますが、自分のペースで就活を頑張りましょうね!

松戸センターでは毎月様々なイベントや特別プログラムを実施しております。
もしご興味がありましたらご気軽にお問い合わせの上、見学にいらしてください。

<体験や見学のお申し込み>
お電話・メール・問い合わせフォームにて受け付けております。
<お電話>
ウェルビー松戸センター 047-703-3636
<メール>
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
・件名:「松戸センター 見学・体験申し込み」
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項等あれば
MAIL:info@welbe.co.jp
<専用フォーム>
資料請求はこちら
見学申込はこちら

ウェルビー松戸センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

【松戸】企画部アンケート「好きなアーティストについて」

紅葉の季節も近づいてきましたね。皆さんは紅葉狩りなどに行かれる予定はありますか?
松戸市だと【戸定が丘歴史公園】の紅葉が有名のようです。松戸にお立ち寄りの際は是非参考にして頂けたらと思います。

企画部3回目のブログになります。
今回は松戸センターの利用者と職員に「好きなアーティスト」について企画部主催でアンケートを取りました。
皆さんの知っている曲もあるといいですね(*^^*)
まずは私たちが皆さんのアンケートからピックアップしたアーティストへの熱い思いを紹介します。

◆アーティストへの熱い思い
【EXILE】 結成当時からのファンで推しもいるので大好きです!
【B´z】 頂点を走り続けて、新しいことへのチャレンジ精神で一心不乱に活動を続ける姿勢がかっこいい!
【サザンオールスターズ】 oh!クラウディア、可愛いミーナ。最高!夏といえばサザン!
【安室奈美恵】 青春!
【幽閉サテライト】 とにかくマニアックなところ。一番好きな曲は『チルノのパーフェクトさんすう教室』

全てご紹介できないのが残念ですが、熱い思いは伝わりましたか?

次に他の意見をジャンルごとにまとめてみました!

◆ジャンル:J-POP
LiSA
レミオロメン
スピッツ
JO1
milet(ミレイ)
ATSUSHI

◆ジャンル:ロック
マキシマムザホルモン
ユウテラス
MONKEY MAJIK(モンキーマジック)
銀杏BOYZ
GO!GO!7188

◆ジャンル:洋楽
Rhapsody of fire(ラプソディー・オブ・ファイア)
ボン・ジョヴィ

◆ジャンル:その他
セルゲイ・ラフマニノフ
細川たかし
BABYMETAL

いかがでしたでしょうか?
色々なジャンルがありましたがあなたはどのようなジャンルが好きでしょうか?
気になったアーティストがいたら是非聴いてみてください(≧▽≦)

企画部からの感想
知らないアーティストが多く、同じ回答がほとんどなくて、様々なジャンルの回答を頂きました!
私たちもこれを参考に知らない曲に触れてみたいと思います。

松戸センターでは毎月様々なイベントや特別プログラムを実施しております。
もしご興味がありましたらご気軽にお問い合わせの上、見学にいらしてください。

<体験や見学のお申し込み>
お電話・メール・問い合わせフォームにて受け付けております。
<お電話>
ウェルビー松戸センター 047-703-3636
<メール>
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
・件名:「松戸センター 見学・体験申し込み」
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項等あれば
MAIL:info@welbe.co.jp
<専用フォーム>
資料請求はこちら
見学申込はこちら

ウェルビー松戸センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

【松戸】特別プログラム「プレゼン大会」

こんにちは。ウェルビー松戸センターです。

10月になり涼しい日が増えてきましたね。
少し前の話になりますが、十五夜の月はとても綺麗でしたね。
皆さんはご覧になりましたか?

今回は秋分の日に行われた特別プログラム『プレゼン大会』を松戸センター企画部がご紹介します!

今回の『プレゼン大会』は参加者の好きなテーマで1人5分のプレゼンをPowerPointで作成し、行いました。
とても楽しく、興味深いプレゼンが多かったです。
そのプレゼンの紹介と発表者さんのインタビューを行いましたので、是非ご覧ください!
【発表者さんへのインタビューは①プレゼンで伝えたかった事、②作ってみた感想です。】

1.『イメージをくつがえす生き物たち』
「らしくない」植物や動物について学ぶことができました。
光合成をしない植物(ギンリョウソウ)や光合成をする動物(チドリミドリガイ)についてなど、生命の神秘や面白さに気付かされた面白いプレゼンでした。

発表者さんへのインタビュー
①生き物の固定観念を覆すことができたらいいなと思いました。
②思ったより時間がかかったけど、達成感があった!

2.『過去、現在、未来について』
こちらはなんと!企画部料理人のプレゼンです。
料理人の過去、現在、未来への展望について詳しく知ることができました。
以外な過去の趣味や未来への発想力に驚かされました。

発表者さんへのインタビュー
①自分の強みや弱みをみんなに知ってもらいたかった。
②自信はなかったが、質問を受け、やって良かったと感じた。5分は短く感じた。

3.『K-STEPのすすめ』
こちらも企画部べるこのプレゼンです。
K-STEPを毎日行っている中で伝えたいこと、実際に使っている体調管理表やセルフケアシートの紹介など、K-STEPの良さを伝える内容でした。

発表者さんへのインタビュー
①K-STEPの良さを知ってもらいたい!みんなにはじめてもらいたいという気持ち。
②あっという間に作りました。楽しかったし、達成感を感じました。

4.『DEATH STRANDINGの紹介』
デスストランディング(通称デススト)というゲームについて紹介でした。
ゾンビゲームのような要素もある、アメリカを配送しながら横断する壮大なストーリー。
とても興味深いゲームでした。

発表者さんへのインタビュー
「ゲームです!」みんなにやってもらいたいという気持ちから作りました。
②難しいながら1時間で作成したが、その中で色々な反省点や着地点が見つかった。

最後に、今回プレゼン大会を視聴して下さった方々からの声です。
・K-STEPをやってみたいと思った
・自分らしさがでているプレゼンで楽しく聞けた
・PowerPointのスキルをあげて自己PRに繋げたい
・知らない生き物を紹介してもらい、興味深かった
・センスのあるスライドのデザインだった
・普段ゲームはしないけど、やってみたいと思った

いかがでしたでしょうか?
プレゼン大会は参加することによってPowerPointの練習にもなりますし、視聴することによって新しい発見もあります。
特別プログラムは祝日や土曜日に行う事が多いです。
特別プログラムはいつものプログラムと違い、『体験型』が多く、知識の蓄積や経験に役に立っています。
まだ参加したことのない皆さん。祝日、土曜日もウェルビーに通ってみましょう!
素晴らしい体験があなたを待っていますよ!

もしご興味がありましたらご気軽にお問い合わせの上、見学にいらしてください。

<体験や見学のお申し込み>
お電話・メール・問い合わせフォームにて受け付けております。
<お電話>
ウェルビー松戸センター 047-703-3636
<メール>
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
・件名:「松戸センター 見学・体験申し込み」
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項等あれば
MAIL:info@welbe.co.jp
<専用フォーム>
資料請求はこちら
見学申込はこちら

ウェルビー松戸センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

【松戸】利用者様の就職状況について

こんにちはウェルビー松戸センターです。

雨の日が続き、台風の影響もありましたが、ご体調はいかがでしょうか?
私はこれからの葉の色付きを楽しみに、日々過ごしております。

さて、本日はセンター利用者様の就職状況についてお伝えさせていただきます。

コロナ禍での就職活動は困難な面もありましたが、ウェルビー松戸センターでは、第2センターも合わせて、この1年間でなんと27名の方が就職されました!

就職先の職種は事務職の方が6割程ですが、他にも倉庫内作業や医療福祉関係の支援員、清掃員やIT関係職など幅広い分野で活躍されています。

ここからはとても大切なお話になるのですが、ウェルビーの支援の目的は就職をしていただく、だけではありません。就職し、長く安定して仕事を続けていただくことを最大の目標と考えています。
ちなみに2019年度にウェルビー松戸センターを卒業された方の1年間の職場定着率(就職先で就労を継続している方の割合)は、全国の障害枠の就職者58.4%に対し、91.6%です。
これは利用者様が前向きにカリキュラムに取り組んでいただいたからこそ、達成できた成果だと考えています。

ウェルビー松戸センター定着率グラフ

今後は、この度就職された方のお声を紹介していきますので、これからもぜひブログをチェックしてみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?
松戸センターでは毎月様々なイベントや特別プログラムを実施しております。
もしご興味がありましたらご気軽にお問い合わせの上、見学にいらしてください。

<体験や見学のお申し込み>
お電話・メール・問い合わせフォームにて受け付けております。
<お電話>
ウェルビー松戸センター 047-703-3636
<メール>
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
・件名:「松戸センター 見学・体験申し込み」
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項等あれば
MAIL:info@welbe.co.jp
<専用フォーム>
資料請求はこちら
見学申込はこちら

ウェルビー松戸センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

【松戸】第一弾「松戸センターに通う事になった『決め手』について」

こんにちはウェルビー松戸センターです。

9月も後半になり涼しい日も多くなりましたね。
寒暖差で体調を崩さないように気を付けて過ごしたいところです。

この度、松戸センターでは今月から企画部でもブログを書かせていただく事になりました。
第一弾は「松戸センターに通う事になった『決め手』について」です!

■企画部料理人
私は仕事を退職後、就労移行支援を探していた結果、自宅近くにあるウェルビー松戸センターを見つけました。
ウェルビーは自習形式だけでなく各種プログラムがあるのが特徴です。
そこが決め手でした。
入所した当時はパソコンのスキルUPを行い、プログラムではグループディスカッションやグループワークの訓練に取り組みました。
現在は繰り返し訓練していくうちにコミュニケーション力も身につきました。

■企画部夜桜猫
次、働きたい職種が事務職なのもあり、パソコンのスキルをUPしたいと感じていました。
色々な就労移行で体験を行なった時に困って声がかけにくい状態が多かったです。
ウェルビー松戸センターではスタッフさんにタイピングのやり方などを1から優しく教えていただき
「ここでは、しっかり1から教えてもらえる、自分のことをしっかり見てもらえる」
と思ったのが決め手でした!
現在ではタイピングも早く正確に打てるようになり、Word・Excel・PowerPointなどの基礎知識なども覚えPCスキルも格段に上がりました。
障害への理解も深まり、大変だと感じることもありましたが、今では少しずつですが、学びながら就活に励んでいます。
以上が私の決め手です。

■企画部べるこ
退院したばかりの時に、すぐに仕事が無理でも「何か活動をしたい!」と病院で相談したところ、「べるこさんにあうところがありますよ!」とウェルビーの体験予約を取ってくれたことが、私がウェルビーに通うきっかけでした。
体験ではWordの勉強をしました。今まで仕事でPCを使っていましたが、本格的に勉強したのはその時が初めてで、とても集中できたのを昨日の事のように覚えています。
ここが決め手でした!
ウェルビーで勉強した甲斐もあり今ではMOSの資格も取得済みです。
ウェルビーではPCだけではなく、色々な訓練ができます。得意不得意はあると思いますが、まずは1つ1つを楽しんで参加して体験してみてください!

今回このテーマを選んだのは、松戸センターをこれから利用してくださる方に読んでもらいたいと思ったからです。
私たちの体験が参考になったら幸いです。
以上、松戸センター企画部でした!

いかがでしたでしょうか?
松戸センターでは毎月様々なイベントや特別プログラムを実施しております。
もしご興味がありましたらご気軽にお問い合わせの上、見学にいらしてください。

<体験や見学のお申し込み>
お電話・メール・問い合わせフォームにて受け付けております。
<お電話>
ウェルビー松戸センター 047-703-3636
<メール>
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
・件名:「松戸センター 見学・体験申し込み」
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項等あれば
MAIL:info@welbe.co.jp
<専用フォーム>
資料請求はこちら
見学申込はこちら

ウェルビー松戸センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

【松戸】8/21開催「特別プログラム」のご紹介

こんにちは!
ウェルビー松戸センターです。

気がつけばもう8月が終わろうとしています、、、
新型コロナの感染拡大や、天候不良もあり、旅行やアウトドアといった夏らしい過ごし方が出来ず、
思う存分リフレッシュするということが難しい日々ですが、皆さまが有意義な夏の休暇を過ごされていましたら幸いです。この先は夏の疲れが出やすい時期になりますので、どうぞご自愛くださいませ。

さて、今回は、去る8/21(土)に行われた「特別プログラム」についてご紹介させていただきます。

プログラムの内容ですが、次のようなものをおこないました!
kokonntouzai 風船バレー」 →  この名の通り、古今東西で言葉遊びをしながら、
風船バレーをおこなうものです。
J-POPカルタ<狩歌>」   →  J-POPを流し、歌詞の言葉でカルタをおこないます。

こちらの企画ですが、カリキュラム内の「企業実践」にて企画部の皆さんが企画し、プログラム当日は司会進行をおこなっていただきました。

☆ちなみに「企業実践」とは、ウェルビー独自のカリキュラムで、実際の企業にあるような複数の課に分かれ、上司役の職員の指示を受けながら業務をおこなっていくものです。現在、松戸センターには、企画部の他に庶務、総務、営業の4部門あり、日頃の訓練の成果を発揮できる、よい機会となっております。

☆企画部メンバーのSさん(20代男性)へ、お話を伺ってみました☆

・企画するにあたって、意識したことは「色々な障がいをもっている人がいる中、どうやったらみんなが安全に楽しめるだろうか」ということ。大変だったことは、「色々な場面を想定し、みんなの希望の平均をとったルールを決めること」だったそうです。
・当日の率直な感想は「みんなが楽しんでいる様子を見て、本当に楽しかった!」とのお話でした。

今回、皆さんが企画する中で意識された「誰でも簡単に、みんなで楽しめるイベントを企画する」ということは、なかなかの想像力が必要で、大変な企画運営だったと思います。
毎週の企業実践の中で、メンバー同士で話し合いを重ね、リハーサルも実施しながらしっかり検討されていました。

そして迎えた当日。

風船バレーでは、はじめはルールに戸惑う様子もありましたが、4対4のチームに分かれ、古今東西のお題(歌手名、駅名、国名、海にいる動物、陸にいる動物)に沿って、チームで協力し合い白熱したゲームが繰り広げられました!
J-POPカルタでは、みなさんが好きなJ-POPを聞きながら、(歌いながら?!)ノリノリなカルタ大会となりました!

ちなみに、J-POPカルタのカードは、こんな感じです♪(センター職員の私物です(^^)/)

ウェルビー松戸センター

☆プログラム終了後の参加者アンケートもご紹介したいと思います。

古今東西風船バレーについては「頭を使いながら身体を動かすのは難しかった」「適度に体を動かすことが出来て、楽しめた」「お題が良かった
J-POPカルタ<狩歌>については「知っている曲が多く、皆が楽しめた」「難易度がちょうどよかった」「歌詞が聞き取りやすく楽しめた

このアンケートを読むと、企画部としてしっかり検討を重ねたものが提供できた証だと思います。本当に皆さんお疲れ様でした!
いかがでしたでしょうか?

また、松戸センターではこの他にも毎月様々なイベントや特別プログラムを実施しております。
もしご興味がありましたらご気軽にお問い合わせの上、見学にいらしてくださいね。

<体験や見学のお申し込み>
お電話・メール・問い合わせフォームにて受け付けております。

<お電話>
ウェルビー松戸センター 047-703-3636

<メール>
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
・件名:「松戸センター 見学・体験申し込み」
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項等あれば
MAIL:info@welbe.co.jp

<専用フォーム>
・資料請求はこちら
・見学申込はこちら

ウェルビー松戸センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

【松戸】「ウェルビー通信」をご紹介

こんにちは。ウェルビー松戸センターです。

ようやく梅雨が明けたと思ったら、連日の猛暑日、、、
日本の夏は、カラッとした爽快な夏というより、身体にまとわりつくような、ジト~っとした暑さで身体に堪えますが、熱中症に気を付けながらこの夏を乗り切りたいですね!

今回は、「企業実践」で企画部のみなさんが企画&作成された「ウェルビー通信」をご紹介したいと思います!

☆ちなみに企業実践とは、ウェルビー独自のカリキュラムで、実際の企業にあるような複数の課に分かれ、上司役の職員の指示を受けながら業務をおこなっていくものです。現在、松戸センターでは、企画部の他に庶務、総務、営業の4部門あります。日頃の訓練の成果を実践の場面で発揮できる、よい機会となっております。

話を戻し、今回ご紹介させていただく「ウェルビー通信」ですが、
トピックは次のようになっております(^^)/
「ウェルビー松戸センターについて」
「松戸の有名人!」
「松戸の魅力を再確認!周辺紹介!」
「みんなのおすすめ 松戸のグルメスポット!」

センターのある千葉県・松戸市について、様々な角度から知ることのできる内容です。
通所されているみなさん&職員へ、松戸市に関する項目に対してのアンケートが配布され、それを基に、2か月という期間で企画部所属の4名の利用者さんがまとめ上げて下さいました。

実際に、メンバーの方へ、作成にまつわるお話を伺ってみました☆彡

ℚ:工夫した点、こだわった点は?
A:4人で作ったが、1人が取りまとめ役を担い、フォントや色、構図の統一を図った点。

ℚ:苦労した点は?
A:スケジュール管理。特に、作業の最終段階でおこなう校正作業に意外と時間がかかった。次回おこなう人がいたら、アドバイスとして、最終チェックでは時間がかかるため、1回分多く時間を見積もっておくことが大切。

ℚ:出来栄えは何点?
A:ズバリ100点満点!!!大満足です(^^)/

お話を伺ってみて嬉しかったのが、みなさん口を揃えて「楽しかった!」と話され、作成したものを誇らしい気持ちでご紹介して下さっていることが伝わってきたことです。
ただ作成するだけではなく、読み手のことを考えたり、一緒に作成するメンバーと意見交換したり、チームで一つのものを作り上げていく過程での多くのことが、実際の就労場面で役に立つのではないかと思います。

内容はもちろんのこと、構図や字体、配色など、本当に素晴らしい冊子となっていて、実物をご覧いただけないのが残念なのですが、、、

一部となってしまいますが、みなさん、ぜひご覧ください!

いかがでしたでしょうか?
松戸センターでは毎月様々なイベントや特別プログラムを実施しております。
もしご興味がありましたらご気軽にお問い合わせの上、見学にいらしてください。

<体験や見学のお申し込み>
お電話・メール・問い合わせフォームにて受け付けております。
<お電話>
ウェルビー松戸センター 047-703-3636
<メール>
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
・件名:「松戸センター 見学・体験申し込み」
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項等あれば
MAIL:info@welbe.co.jp
<専用フォーム>
資料請求はこちら
見学申込はこちら

ウェルビー松戸センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。