【西川口第2】12月月間カリキュラムのご紹介

こんにちは。
ウェルビー西川口第2センターです。

さっそくですが、お知らせがあります。
ウェルビー西川口第2センターの週間カリキュラム一部変更になりました。

ウェルビー西川口第2センター週間カリキュラム表2021.12

 

変更箇所:火曜日、木曜日

ウェルビー西川口第2センター変更箇所

 

PC訓練ではビジネス文書などよりしっかりとPCスキルが学べる内容に変更になります。
また、ウォーキング/リフレッシュでは心も体も健康になるための時間として散歩だけでなく、色々な企画も検討中です!
ちなみに現在、西川口第2センターでは『ボッチャ大会』が流行中です。そちらの様子は次の機会にお伝えしたいと思います!

そして、12月のカリキュラムはこちら。

ウェルビー西川口第2センター月間カリキュラム表2021.12

 

【12月の特別カリキュラム】
・12/4(土)『定着支援とは』
・12/11(土)『高崎センター合同イベント~リモートディスカッション』
・12/18(土)『視点を変える』
・12/25(土)『クリスマス会』
・12/29(水)『大掃除』

就職後も安心して働ける定着支援をはじめ、他センターとの合同イベントや和気あいあいと楽しめるクリスマス会など12月は特にバリエーション豊かな特別カリキュラムになっています。
なお、年末年始の休業は12/30(木)~1/3(月)となります。

体験や見学のご連絡も随時お待ちしております。
ウェルビー西川口第2センター048-287-9647までお気軽にお問い合わせ下さい。

*安心してカリキュラムに参加いただけるように、消毒、換気、利用者様同士や職員との距離を保つなどの感染対策を行っております。

みなさまのご連絡お待ちしております!
以上、ウェルビー西川口第2センターでした。

【京都四条烏丸第2】12月のプログラムのご案内

こんにちは!ウェルビー京都四条烏丸第2センターです!
朝の布団が心地よ過ぎて、ついつい起きるのが遅くなってしまう季節になってきたのではないでしょうか。そんな誘惑に負けず、ウェルビー京都四条烏丸第2センターでは皆さん、就職に向けて毎日の訓練に励んでおられます。

さて!今回は12月のプログラムのご案内です!

ウェルビー京都四条烏丸第2センター

土曜日のイベントは就職活動に役立つ知識など色々用意しております。

実際のプログラムを受けて、ウェルビーのことを知ってみませんか?日曜日に関しては現時点では開所予定はございませんが、お問い合わせいただきましたら対応させていただきます。

是非お越しください!

体験や見学のお申し込みは、
1.お電話でのお申し込み
下記の電話番号にお電話ください。
TEL:075-741-6073
2.メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「京都四条烏丸第2センター 見学・体験申し込み」
●氏名(ふりがな)
●見学・体験希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL:info@welbe.co.jp
3.フォームからのお申し込み
資料請求はこちら
見学申込はこちら
また、見学・体験・相談会も併せてご検討ください!
新しい第一歩をウェルビー京都四条烏丸第2センターではじめてみませんか?
皆様のお問い合わせ、お待ちしております!

【岡山】個別課題(H様手記)

12,637 VS 13,787
実はコレ、私とH様の1日の歩数なんです。
ウェルビーでは、軽作業、パソコン訓練、コミュニケーションカリキュラム、ビジネス講座や就活講座の他、個別課題という時間が有ります。
個別課題は、今、その方に必要な訓練を担当支援員と相談して取り入れる時間で、企業研究(ホームページなどで情報収集)、応募書類作成、ウェルビー内の発表会に向けての資料作成、資格の勉強、読書など、人によって内容は異なります。
所謂 「オーダーメイド」 でしょうか?W
最近、H様は「ウォーキング」を個別課題の一部に取り入れて、奮闘中です。
就業後を見込んでの体力作りにもなりますし、この季節「紅葉」がとってもキレイで、気分転換にもなりますよね♪
今は気候も歩きやすい時期ですし。
H様とウォーキング目標歩数を決めた際、負けじと私も歩いてみることにしました。
最初は8,000歩くらいで競っていたのですが、エキサイティングした結果が冒頭の数字です。
今では17,428歩の記録を叩き出したH様の手記を、楽しい写真と共にお伝えしましょう。

ウェルビー岡山駅前センター1

ウェルビー岡山駅前センターに通っているHと申します。
近頃寝付きが良くないので、職員の方と話し合い一日一万歩、歩くことを目標に、個別課題の時間にウォーキングをしています。
今回はそのウォーキングの中で見つけたモノを、写真と共に紹介したいと思います。

ウェルビー岡山駅前センター3

 

小判君神社
近くの商店街に行ったときに見つけたモノです。
地元のスポーツを応援しています。
なにかギミックがあるみたいでしたが、撮影した時は修理中でした。

 

 

 

ウェルビー岡山駅前センター4

 

岡山市役所のポスト
岡山城が上に乗っています。
市役所と岡山城の位置は結構離れていますが、岡山城は岡山を表すシンボルの一つですよね。

 

 

 

ウェルビー岡山駅前センター5

 

後楽園のスワンボート
普通のスワンもいますが、桃のボートが岡山感を演出してくれています。

 

 

 

ウェルビー岡山駅前センター6

 

後楽園のポスト
上にタンチョウが2羽、乗っています。
お正月に後楽園でタンチョウを公開していると、ニュースで見るのですが、生で見たことはないです。

 

 

 

ウェルビー岡山駅前センター7

 

桃太郎大通りの看板
一年戦争時代のシャアの兜飾りに見えました。
背景が赤なのもいい感じです。
当たらなければどうということはない。

 

岡山駅前商店街には桃伝のマンホールがあります♪
表町商店街にも、もう1種あるとか。


 

【京都四条烏丸第2】土曜イベント「エクセルで遊ぼう!」開催報告

こんにちは。ウェルビー京都四条烏丸第2センターです。
11月も中旬に差し掛かりますます寒くなってきましたね。朝夕など寒暖差が激しいので、皆さまくれぐれも体調にはお気をつけください!
さて今回は10月30日に行った土曜イベントは「エクセルで遊ぼう!」がテーマでした。
ご利用者様以外にも「是非やってみたい!」と言って頂けた体験者様も、ご参加頂きました。
皆様、エクセルにどのようなイメージをもっていますか?
イメージ的には、仕事で使用するもの、主婦の方だと家計簿や出納帳(すいとうちょう)などに使用する方もいると思います。中々遊びに使うイメージはないですよね。
実は最近エクセルを使って絵画を描いている方が話題になったのですがご存じですか?
エクセルの機能の挿入で、図形や線などの差込機能や色彩の調整などを使い、絵を描いていくと言うものです。風景画ですごいものになると2万点以上もの図形などの差込み、色彩を調整して描かれています。そうやって描かれた風景画は写真と見分けがつかないほど鮮明に描かれています。
今回は風景画ではなく、お子様に大人気のキャラクター2種類(初級、中級)の絵をエクセルで描く事にチャレンジして頂きました。エクセル自体を使った事が無い人もいる中で試行錯誤しながらのチャレンジでしたが、なんと全員が初級のキャラクターを描く事ができました。半数以上の方は中級も描かれていました。
エクセルのさまざまな機能を、遊びを通じて学べたと大変好評いただきました。

ウェルビー京都四条烏丸第2センターでは土曜日イベントとして、就職後も役立つプログラムを提供しております!
平日・土曜日・祝日も体験利用を行っておりますので、ご興味がある方はお電話またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください!※ウェルビー京都四条烏丸第2センターでは、今後もより安全な環境を皆様に提供するために、毎日の検温や手指消毒の徹底、センター内の換気、テーブルに衝立の設置などを実施し、感染防止の対策を行っております。

資料請求はこちら
見学申込はこちら

【本厚木】10月イベント「在宅勤務について」報告

季節も冬に近づき、就職の視野を広げるため、ウェルビー本厚木駅前センターでは、10月のイベントとして、

在宅勤務を積極的に取り入れている企業人事ご担当者様をお招きし、「在宅勤務について」のお話を伺いました。
<人事ご担当者様からのお話(抜粋)>
・派遣クリエイターで、いろんな企業に派遣をしている。
・業務内容は、会社出勤と在宅勤務それぞれの業務がある。
・複数のチーム制で行っている。
・業務の必要頻度に応じて通勤が出来る環境も整えている。
・業務指示・質疑応答についてはチャットを活用している。(初心者でも大丈夫。スクリーンショットなど機能を利用することで、口頭よりもスムーズに指示を仰ぐことができる)
・業務は2名以上で行うこととなっており、1名の負担感を軽減している。

本厚木駅前センター

その他、採用面接を受けるためにどのような準備・心構えが必要か、人事ご担当者様・企業の本音についても教えていただける貴重な機会となりました。

センターの利用者様からは、
「在宅ワークについて理解ができた」
「今までよりもハードルが下がった」
「在宅ワークを仕事の選択肢の1つにしていいと感じた」
「人事担当者の本音が聞けて、厳しいながらも力を付ける必要性を感じ、日々の訓練に前向きになった」
などのご意見がありました。

今後もご利用者様に向け、企業と関わりを持てるような機会を提供していきます。
ご興味いただけましたら是非、お問い合せ・ご見学のほど、お待ちしております。

業務リーダー

【三鷹】三鷹市の観光名所のご紹介③

みなさんこんにちは、ウェルビー三鷹センターです。
金木犀の甘く爽やかな香りが漂いはじめました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
三鷹センターでは引き続きコロナウィルス対策と致しまして、
①ご利用者様と職員ともにマスクを着用とし、通所時に体温と味覚嗅覚の確認をしております。
②手洗いとアルコール消毒を徹底し、またカリキュラムの際に使用したパソコンは毎回 アルコール消毒をしております。
③カリキュラム中はご利用者様お一人お一人席をパーテーションで区切り、扉や窓を開け室内の換気をしております。

今回も企業実践広報課がブログを担当させていただきます。

前回に引き続き、今回のブログでは「三鷹市の観光名所」を紹介させていただきます。

今回のブログで紹介する名所は「太宰治文学サロン」です。

三鷹は第二次世界大戦前から戦後にかけて名作を次々に発表した文豪・太宰治が暮らした街として知られています。三鷹市内には十数箇所もの太宰ゆかりの場所があり、「太宰治文学サロン」はその中心となる施設で、老若男女を問わない多くの太宰ファンが訪れています。
写真、地図、資料、パネル、愛用した品々等の資料展示のほか関連書籍を手にカウンターにゆっくり座り太宰ファン同士で交流できるコーナーも設置されています。
マップ、絵葉書、一筆箋、Tシャツ、鉛筆、しおり、オリジナルグッズ等のお土産が館内で販売されています。
ガイドボランティアの方が10:30〜16:30の間は滞在されており、とても親切に太宰治のことや展示物についてガイドしてくれます。あまり詳しくない方は上記時間帯に行くことをおすすめします。
太宰治は三鷹でどんな生活を送っていたのでしょうか…。太宰ゆかりの場所を巡ってその人生を知っていくのも楽しいかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?
3回に分けて「三鷹市の観光名所」を紹介してまいりました。
三鷹市は都心にも近く、落ち着いた街です。
そんな三鷹市にはたくさんのゆったり観光できる名所があると今回調べて分かりました。
普段の忙しい生活に疲れてしまったとき、三鷹の観光名所を訪れて癒されてみるのもいいかもしれませんね。
今回も企業実践広報課が担当するブログを最後までお読みいただきありがとうございました。次回のブログも現在作成中ですので、お楽しみに!!
以上になります。

三鷹センターでは、随時見学・体験を受け付けております。
現在、三鷹センターご利用中の方々は、
三鷹市・小金井市・武蔵野市・小平市・西東京市・国分寺市・練馬区・立川市・調布市から通われています。皆様のお越しをお待ちしております。

お申込み方法は…

1.電話でのお申込み
下記の電話番号にお電話ください。
ウェルビー三鷹センター TEL:0422‐40‐4800

2.メールでのお申込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「三鷹センター見学申し込み」
●氏名(ふりがな)
●参加希望日
●電話番号
●質問事項

MAIL:info@welbe.co.jp

3.フォームからのお申込み
資料請求はこちら
見学申し込みはこちら

ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい!!
「ちなみに、近隣に荻窪駅前センターがあります。
ご興味ある方は、こちら

【所沢プロぺ】特別プログラム「ダメな例から学ぶ志望動機講座」開催報告

こんにちは、ウェルビー所沢プロペ通りセンターです。
日増しに寒さが身にしみるようになってきていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、特別プログラム「ダメな例から学ぶ志望動機講座」についてのご報告を行います。

皆さん、例えばこのようなお悩みはございませんか??

・志望動機書いた事がないから書けるか不安だ
・何を書いたらいいか解らない
・なぜ添削でやり直しになるか解らない

今回のイベントでは、ダメな志望動機を利用者様が添削する事で、客観的な分析を行う事を目的としています。普段作成する事はあるが、他者の志望動機を見る機会は少ないと思い開催致しました。

例題を1題載せますので、①どこがダメか②なぜダメか考えてみましょう!!
〇ホテル業志望動機例
「貴社を志望した理由は、以前から接客業に興味があったからです。幼い頃から人と会話をすることが好きな私は、誰とでもすぐに打ち解けることができます。」
答えは後ほど記入します。

普段のカリキュラムでは深堀しにくい内容などを特別イベントで実施しています。
今後も定期的に開催を予定していますので、少しでもご興味がありましたら、体験やオンライン見学等、携帯やパソコンからオンラインで受講可能ですので、お気軽にご連絡いただけると嬉しい限りです。

先程の問題の解説です。
「貴社を志望した理由は、
以前から接客業に興味があったからです。
(→職種の理由で会社の志望ではない。)
幼い頃から人と会話をすることが好きな私は、誰とでもすぐに打ち解けることができます。
(→打ち解ける事が仕事にどう活かせる?)」

よろしくお願いいたします。

ウェルビー所沢プロペ通りセンターでは、みなさんの“働きたい”を応援します。
ぜひ一度センターを見学してみませんか?
オンラインでの見学説明も積極的に受け付けております!!!
ご希望の方は所沢プロペ通りセンターにお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

また、所沢プロペ通りセンターがある所沢駅の1駅となりの航空公園駅にも、
ウェルビー航空公園駅前センターがあります。
どんなところか気になる方は、こちら

当センターには、所沢市はもちろん、飯能市、日高市、狭山市、入間市、新座市、東村山市、清瀬市、小平市、西東京市、練馬区などの地域から通所されている方々がいらっしゃいます。
本川越、南大塚方面からのアクセスもとてもいいです。
また、センターによって雰囲気も異なりますので、ぜひ2センターをご見学の上、ご自身に合うセンターを選んでいただけたらと思います。

資料請求ご希望の方はこちらから

見学をご希望の方はこちらから

【西船橋】西船橋オリジナルポストカードの紹介

ウェルビー西船橋駅前センター1
こんにちは!ウェルビー西船橋駅前センターの利用者Yです!

おいしい新米が出回る季節になりましたが、私は一人暮らしの自炊生活で、ご飯を炊くことはこだわりがあり、新米がほどよく炊けたときは食も進んで少し嬉しい気持ちになります。

さて今回は、利用者Mさん(以下「Mさん」)の訓練についてご紹介したいと思います。

Mさんは、当センターに見学に来られた方に渡すため、メッセージや週間カリキュラム表が書かれたポストカードを訓練の一環として制作されました。Mさんは手先を使った作業をする仕事をしたいという希望があり、スタッフの方がその点をふまえて今回のポストカード制作を依頼されたとのことです。ポストカードは3枚制作済みで、見学に来られた方に見学記念として既に2枚プレゼントされたとのことです。

下の写真がMさんが実際に作成したポストカードです!
ウェルビー西船橋駅前センター
今回のポストカード制作についてMさんに話を聞くことが出来ました。
ウェルビー西船橋駅前センター2

私(利用者Y)は最近こうしてブログを書かせてもらっていますが、文章を書くのは好きなのでブログ作成も苦にはならず、良い経験をさせてもらっています。苦手なことを克服する訓練も必要ですが、苦手なことばかりだとモチベーションも上がりにくいので、利用者の適性に応じて、得意分野や好きなことを訓練として行わせてもらえるのはありがたいです。

本日は、以上になります。また、来月のブログも担当しますでお楽しみに!

ウェルビー西船橋駅前センター3

【松本】避難訓練を行いました

皆さん、こんにちは!
今回は、10月4日(月)、1コマ目に行った

避難(消防)訓練

についてお話をしようと思います。私自身もウェルビーの避難(消防)訓練への参加は初めてでした。

今回は、職員席奥のスチーマーから出火したという想定で行いました。

職員の横山さんの「火事だ~」の一声から始まり、消火器を使って消化を試みるも失敗。
初期消火失敗」の発声があり、職員の林さんの冷静な指示の下、外へと皆が一列となり避難しました。

まあ、火事に限らず災害というものはいつ何時発生するのか誰にも予測することは出来ません。日頃からの意識や訓練が大切なのでしょう。しか~し、実際に、その現場に直面した場合、冷静沈着に行動できるかと言ったら…。出来ないかもですね。

その後の消防団員の方からの、我々の避難行動に対するコメントを頂きました。手痛い一言がありました。それは~、
初期消火失敗‼の掛け声の前後の行動に、緊迫感が少ない。良い意味では落ち着いて行動しているだが、緊迫感は必要。ということでした。

注意点といては、
① 火は酸素があると燃え上がるので戸や窓は閉めるが基本
② 火災の大きさを見て、避難誘導者の立ち位置は考える。
③ 歩行困難者の方や、付き添い介護が必要な方がいる場合、付き添いの方を含め、火災発生後直ちに避難した方が良いです。

松本駅前センター
もう一つ、消火器の使用方法についてお話を頂きました。
① 消火器の設置場所を日頃から皆で把握しておく事
② 火災が発生したら黄色のピンは抜かず、消火器を火災現場へ2本は持っていく
③ 消火器を使用する前に必ず自身の逃げ道を確保しておく
④ 消火器は火災発生場所から5~6メートルの範囲内で、黄色のピンを抜いてからノズルを火元に向け、レバーを引いて使用する。あと、南東隅の避難口前に設置してある“ORIRO”の使い方もレクチャー下さいました。器具を避難口にあるポールに着け、避難する方に襷状の避難具をわきの下に通す形で避難者に着け、もう一方のロープを人がしっかり持ってゆっくり降ろしていく。です。
ウェルビー松本駅前校は3階にあり、火災の発生状況によっては”ORIRO”での避難は時間もかかるので現実的か否かは判断に迷いますね。

これから年末を迎えます。空気も乾燥が増し、火災が発生した場合、大火事になる危険も増す時期となります。皆さんもくれぐれも火の取り扱いには、日頃から注意してください。

 

尚、煙草を吸われる方、寝タバコや煙草の火の不始末は直ぐに火事に直結します。特に注意してください。‼(私自身も注意します。煙草も価格が上がったので止めるには良い機会? トホホ…)

ウェルビー松本駅前センターでは、年2回の防災訓練を実施しています。実際の災害・火事の際に、安全・慎重に行動できるように訓練をしています。

ウェルビー松本駅前センターには、松本市をはじめ、安曇野市、塩尻市、長野市、諏訪市、岡谷市などからご利用・見学・体験者様がお越しになっており、グループワークやPC訓練、軽作業訓練、企業実践、ビジネスマナーやウォーキング、リフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催しております。『就職に向けて集中力をつけたい』『一般企業への就職に向けてスキルを磨きたい』『人とのコミュニケーションが苦手』『生活リズムを改善したい』等のお手伝いをさせて頂きます。一度、見学・体験にいらしてみませんか。ご相談でも構いません。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。※オンライン見学説明会もご用意しております。

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

松本駅前センターQR

https://www.welbe.co.jp/center/nagano/matsumoto.html
ウェルビー松本駅前センター ブログアドレスQRコード

◆就労移行支援とは
障がい・難病をお持ちで、『就職しても長く続ける事ができない』、『学校を卒業予定だが進路が決まっていない』、『就職への見通しがたっていない』等。就職を希望している障がい・難病等がある方に対して、一般企業で働くために必要な知識・能力、生活リズムを身につけるトレーニングや、面接訓練、その人に合った仕事探し等のサポートを行う訓練施設です。施設内での支援だけでなく、ハローワーク、通院、面接の同行等の支援も行っています。

◆就職後もあなたをサポート
ウェルビーでは、晴れて就職され働きだしてからもサポートを継続し『定着支援』を行っています。入社後の慣れない環境での困りごと、仕事の悩み、人間関係についての相談、面談などを行っています。定着支援では、ウェルビーや職場の支援等も受けながら課題を解決し、自立していくことを目指します。

◆ご利用について
就労移行支援をご利用できる方は、一般企業へ就職を考えている以下のような方です。
・18歳~65歳未満で身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方
・18歳~65歳未満で医師の診断書、自立支援医療のご利用のある方
うつ状態、引きこもりが続いている、その他お悩みがある場合でもご相談ください。
心身の状態、ご都合に合わせて、週に数日、短時間からでもご利用できます。

◆ご利用料について
就労移行支援のご利用料(自己負担月額)は、前年の世帯所得で決定されます。
世帯所得とはご本人様、又はご本人様と配偶者(奥様・旦那様)の合計であり、ご両親様の収入は含まれません。

詳しくは、ウェルビー松本駅前センターまでお問い合わせください。
〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

【新潟】特別カリキュラム「仕事を知ろう!〇〇編」開催しました

こんにちは!
今回は11月9日に行った『特別カリキュラム「仕事を知ろう!〇〇編」』について、ご紹介させていただきます。

業種や職種、求人票の内容を見て、「仕事の内容」をイメージすると思いますが、皆さんは「サービス業」と聞くと何が思い浮かびますか??

今回の「仕事を知ろう!〇〇編」では、より具体的に仕事の内容についてイメージしていただくために、実体験も交えながら「サービス業」についてお話させていただきました。

サービス業と聞くと「接客」が一番に浮かぶイメージだと思いますが、接客以外にも資材の補充や店舗内の清掃など様々な業務があります。

中には、自分たちでイベントを企画し、運営をする店舗もあります。

思い浮かぶイメージ以外の部分を知っていただくことで、「入社してからのギャップの軽減」や「選択肢の幅が拡がる」ことに繋がると思います。

今回のカリキュラムでは、「サービス業」と聞いて感じた初めのイメージとカリキュラムを通して感じたイメージを書いていただきました。

参加された方からは、「サービス業のイメージが変わりました」「接客する以外にも沢山仕事があって驚きました」「サービス業には興味なかったけど、少し興味が出ました」などの感想をいただきました!!

この他、センターでは様々なカリキュラムをご用意しております。
見学・体験も随時受け付けておりますので、興味のある方は是非いらしてくださいね!
もっと詳しくカリキュラムの内容について聞いてみたい、センターの雰囲気を知りたい、という方はお気軽にお問合せください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

【問い合わせ先】
ウェルビー新潟センター
電話番号:025-256-8735
E-mail:info@welbe.co.jp

ウェルビー新潟センターではコロナ予防対策を行っています。
・入室時の検温
・マスク着用のお願い
・アルコールによる手指消毒
・30分に1回の換気
・換気設備の常時運転
・パーテーションの設置