【府中】「就職されたA様の声」のご紹介

みなさんこんにちは、ウェルビー府中駅前センターです。

ウェルビー府中駅前センターでは、今月も3名の利用者様が就職され卒業されております。
今回は就職されたA様の声を紹介いたします。

○A様就職者の声
(精神疾患、20代、女性、事務職)

■ウェルビーに通ったきっかけ
私は前職で体調を崩し、休職ののち入院、退職しました。病状は良くなりましたが働きたい気持ちと体調の波や情緒不安定さがアンバランスな状態でした。その中で当時お世話になっていた福祉の方の勧めでウェルビーを知り、段階的に就職が目指せる点と就職の支援をしてくださる点に魅力を感じ通所することを決めました。

■ウェルビーの支援内容について
週3日半日通所から始まり徐々に時間を延ばしつつ、半年後には週5日フルで通所が出来るようになりました。私は不安を感じやすいため体調が安定するまでは月に数回早退や欠席をし、その度に罪悪感で気持ちが休まりませんでした。ですが職員の方が親身になって優しく話を聞いて下さったおかげで、通い続けることが出来ました。また担当の職員の方がついてくださるので、些細なことでも相談がしやすかったです。私の中では大きな安心材料でした。

■ウェルビーのカリキュラムについて
PC訓練ではタイピング練習やデータ入力、WordやExcelの基礎知識などを学ぶことができるのでPC業務が未経験の方にとって就活に活かせられる強みになると思います。電話応対も練習を重ねるうちに苦手意識が薄くなり、取次程度は対応ができるようになりました。様々なカリキュラムがあるので自分の得意不得意な作業を知りつつ、その日の調子に合わせてペース配分を考えたり過集中にならないように小休憩を取るなど、対策を一緒に探していただけてとても助かりました。

■ウェルビーに通って良かったこと・悪かったこと
コロナ渦もあり予定していた実習や就活が思うように進まなく不安感が強くなることもありました。もしウェルビーを利用せずひとりで活動していたら途中で挫けていたかもしれないです。そう思うと通って良かったとより実感します。

■ウェルビーの利用を検討している方へ
少しでも興味がある方、ぜひ気軽に見学に来てもらえたらと思います。ここにいる皆さんは親身になってくれます。
一人で抱え込まずに頼ってみてください。

A様、おめでとうございます。就職はゴールでなくここからがスタートとなります。ウェルビーでは今後もA様に定着支援という形でサポートを継続してまいります。A様、これからもよろしくお願いします!!
働くことにお1人で悩まれている方、漠然と不安を感じている方はウェルビーでお力になれることがあるかもしれません。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
見学、体験、資料のご請求・見学も随時受け付けております。
皆様からのご連絡をお待ちしております。