【西川口第2】ウェルビー西川口第2センター移転のお知らせ

こんにちは。
ウェルビー西川口第2センターです。

 ■ウェルビー西川口第2センター移転のお知らせ■

移転日: 2022年2月1日(火) ※10:00-12:00開所しています。
 移転先:〒332-0021
 埼玉県川口市西川口1ー6-3 西川口ビル5階B号室
 JR京浜東北線「西川口駅」(西口)徒歩1分
 ※ジョブセンター川口併設
  連絡先:048-287-9647 (変更なし)
ウェルビー西川口第2センター地図②

 

※2022年1月31日(月)は移転準備のため12:00より閉所となります。

新センターで実施となる2月のカリキュラムはコチラ。

ウェルビー西川口第2センター月間カリキュラム表2022.2

【2月特別カリキュラム】
■2/5(土)『自分と相手の感じ方の違い』
■2/11(金)『スタッフ紹介~十人十色ゲーム~』
■2/12(土)『一人暮らしシミュレーション』
■2/19(土)『職業適性を知る~自己理解を深める~』
■2/26(土)『営業企画部主催イベント』

2/26(土)には現在オフィスワークシミュレーションで営業企画部の利用者様が企画しているイベントを実施します!体や頭を使いワイワイとコミュニケーションが取れる内容になっているので、今から開催が楽しみです。
イベントの様子は新センターの様子と合わせてお伝えします!

平日のカリキュラムだけでなく、土曜日や祝日のカリキュラムも充実していますので、体験や見学のご連絡お待ちしております。
ぜひ、お気軽にお問合せください。

【お問合せ先】
ウェルビー西川口第2センター
TEL: 048-287-9647
開所時間: 9:00~18:00(日除く)

 

安心してカリキュラムに参加いただけるように、消毒、換気、利用者様同士や職員との距離を保つなどの感染対策を行っております。

みなさまのご連絡お待ちしております!
以上、ウェルビー西川口第2センターでした

【草加】ITコンテンツ課によるスタッフ紹介(鳴島さん)

みなさんこんにちは。ウェルビー草加駅前センターITコンテンツ課です。
ウェルビーには私たちの訓練をサポートする『スタッフさん』がいらっしゃいます。1年超の時を経てスタッフ紹介の第二弾を行います!

前回は久田さんを紹介しました。今回は鳴島さんにスポットライトを当ててみたいと思います!前回同様、トモノスケが質問形式でお話を伺いました!

原文のまま載せています。

ウェルビー草加駅前センター

絵:トモノスケ

Q1.まず、ご年齢は?
鳴「45歳です」
ト「うちの父さんより若い(笑)」

Q2.ウェルビーの前はどんな場所で働いていましたか?
鳴「一番最初がマクドナルド、その後がピザーラ。その後はトラック運転手。その後はフリーターでイタリアンレストランのバーテン、カフェのアルバイトをやって、カフェのアルバイトから社員になって店長を続けた後、出向となりウェディングをやっているレストランのマネージャーを経てウェルビーに入社しました」
ト「前職は飲食店を長くやっていたのですね」

Q3.このお仕事を始めてどれくらいになりますか? また、始めたきっかけは?
鳴「約3年半前に入社し、入社以来草加駅前センター勤務です。
元々飲食店で働いていたけど、将来的なことを考えて転職。飲食店では食事の提供のみでなく、サプライズで結婚式や誕生日のお祝いをすることがあり、人に喜んでもらう仕事にやりがいを感じていました。人を喜ばせる仕事にどんなものがあるか考えた時に、障害をお持ちの方が働きやすい環境づくりや就職のサポートをしたいと思いました」
ト「なるほど」

Q4.好きな食べ物は何ですか?
鳴「ぱっと出てくるのはいちご大福」
ト「これからの季節にいいですね」
鳴「レジとかの横にあるととってしまうことが結構あるね」
Q5.それじゃあ、逆に苦手な食べ物は何ですか?
鳴「辛いものがだめ」
ト「じゃあ蒙古タンメンとか…」
鳴「全然ダメ。おいしいカレー屋さんがあると友人に誘われて、辛くないよと言われたけどすごい辛くてその後たばこすら吸えなくなるくらい具合が悪くなった。だから辛いのが得意な人の辛くないという言葉が信用できない。(笑)」
ト「蒙古タンメンとか辛くないってよく言われますね(笑)」
鳴「あれはもう見た目がこの赤さって辛さだよなっていう話(笑)」

Q6.ご趣味はなんですか?
鳴「スニーカー集めとライブに行くこと」
ト「最近はどんなライブに行きましたか? でも最近はコロナでやってないか…」
鳴「コロナ禍だけど最近は結構いっぱいライブがある。最近行ったライブは『JAPAN JAM』。他の会場より感染対策をちゃんとやってくれてた」
ト「ありがとうございます。ちなみにスニーカーは最近どんなものを買いましたか?」
鳴「最近よく買うスニーカーはエアジョーダンかナイキ系。一時期はアディダスばっかり買っていた」
ト「最高額は?」
鳴「30,000円いかないくらい」
ト「おぉ~(笑)」

Q7.休日はどのように過ごしていますか?
鳴「家でNETFLIX観てるか、ディズニープラス観てるかな」
ト「ディズニープラスとか最近CMでみかけますね」
鳴「MARVELの映画が好きなんですよ。アベンジャーズとか何回もリピートして観たりしてる」

Q8.今一番欲しいものは何ですか?
鳴「新しい眼鏡。だいぶ使い古したから」
ト「何年くらい使っていますか?」
鳴「7~8年。似たようなものを探すとまだ使えるからいいやとなってしまう」

Q9.座右の銘を教えてください。
鳴「えぇ~…ん~…『縁の下の力持ち』かな~」
ト「いい言葉ですね」

Q10.この仕事をしていて嬉しかったり、やりがいを感じたりする瞬間を挙げてください。
鳴「ぱっとでてくるのは利用者様の就職が決まった瞬間。後は利用者様が得意なことに気づくなどの変化の手伝いが出来た瞬間。周りの支援機関など利用者様以外にも自分たちウェルビーの仕事が評価された時ですね」
ト「やはり就職が決まる瞬間が最高ですよね、自分も早く就職できるように努力します!」

Q11.最後に「いちご大福の蒙古タンメン味が出たら買いますか?」
鳴「えー…うーん…何でそれを売ろうと思ったんですかと言いたいです。売れると思ったんですかって」
ト「いろんなところで似たようなことやってますからね」
鳴「自分で試そうとは思えないけど怖いもの見たさで買って久田さんに試してもらいます(笑)」

凛とした姿がかっこいい、センターでもお兄さんのような存在の鳴島さんでした!

「ウェルビーってどんなところ?」「就職したいけどよくわからない」…といった皆さんの、見学や体験利用に関しても随時受付しておりますので、お気軽に各センターまでお問い合わせください。
スタッフ一同心よりお待ちいたしております!

【渋谷】ウェルビー利用者1日のスケジュール

ウェルビー渋谷センター利用者1日のスケジュール
こんにちは。ウェルビー渋谷センター利用者です。今回は私の1日の行動を終日通所、半日通所の日に分けてご紹介します。(あくまで沢山いる利用者の1人のスケジュールですので、皆が同じ行動をしている訳ではありません。)
このブログを通して、見学や体験を検討されている方に実際の利用者の1日を知っていただければ幸いです。

はじめに・・・
私は半日通所から始めて、現在は段階的に終日通所の日を増やしています。担当職員が利用者1人1人と相談して決めているので、詳しくはセンターまでお問い合わせください。
ウェルビー渋谷センター①

まずは終日通所の日です。早起きが苦手な私はぎりぎりまで寝ています。就職に向けて1番伸びしろがあるところです。通所は公共交通機関を使い、自宅からセンターまで約40分かかります。プログラム自体は10時からですが、余裕をもって少し前に着くようにしています。昼食にセンターのお弁当(希望者のみ)を食べます。帰宅後の自由時間はネットサーフィンをしたり、お出かけする日があれば資格試験の勉強をする日もあります。体調と相談しながら自由気ままに過ごしています。就寝時間はなるべく深夜12時をすぎないようにしています。
ウェルビー渋谷センター②

次に午前のみウェルビーで訓練する日です。こちらも10時からプログラムが始まりますが、余裕をもって9:40頃にセンターに到着するようにしています。終日通所同様お昼にセンターのお弁当を食べたら、感染症対策の1つとしてなるべく「密」にならないよう12:30までにウェルビーを出て帰宅します。私の障害の特徴として、朝から活動する日は少しエネルギーレベルが低めなので、就寝時間もいつもより早めにしています。
ウェルビー渋谷センター③

最後は午後のみウェルビーで訓練する日です。この日は比較的朝ゆっくりできるので、目が覚めてもついベッドの上でごろごろしてしまいます。このゴロゴロする癖も就活ステージに行く前までに治したいと思っています。遅めの朝食兼昼食を家で取った後に通所します。他の選択肢として、事前連絡していればセンターのお弁当を食べることもできますが、めんどくさがり屋な性格が反映して私は家で食べています。午後のみ通所で事前連絡した方は、12:30以降に入室してからお弁当を食べることができます。

人生のうち1日にこれだけ自由時間が取れる機会はないので、資格試験の勉強や趣味等なるべく沢山のものに挑戦し、自分の中で得意・不得意を知る時間としています。体調に合わせながら興味があることに手をつけることにより、自分の障害特性や周囲に求める合理的配慮の内容も分かってくることがありました。

以上がウェルビー利用者の1日のスケジュールでした。大勢いる利用者のうちの1人なので、他の方と似ている行動のところも似ていないところもありますが、参考になれば幸いです。お読みいただきありがとうございました。

ウェルビー渋谷センターでは随時見学・体験を受け付けておりますので、少しでもご興味をもたれましたら、お気軽にお問い合わせください。

【蒲田】「オフィスワークシミュレーション」のご紹介

障がい者の働きたいをサポートする“就労移行支援事業所ウェルビー蒲田センター”のブログにお越しくださり、ありがとうございます。職員の藤木と申します。
今回はウェルビーが利用者様に提供しているカリキュラムの中から、「オフィスワークシミュレーション」についてご紹介させていただきます。

このカリキュラムでは蒲田センターの中に、一般的な会社に共通してある組織、例えば総務課や庶務課、そして営業課といった部署をつくります。そして、各部署に利用者様に所属してもらい、模擬の業務を通じて、“知っている”知識・スキルを使って仕事に取組み、職場で通用するレベルに引き上げ、“できる”という自信につなげていきます。
そうした活動の中から、今回は広報課(昨年9月~12月)の活動内容をお伝えさせていただきます。

今回の取り組みテーマは「初めて蒲田センターを訪れる方の為に最寄り駅からの案内図を作成する」でした。
メンバーの利用者様は、“自分が初めて蒲田センターを訪れた時の気持ち”を思い起こし、その時感じた不安感を少しでも取り除くことができる案内図とはどんなものだろうと、議論を深めて行きました。
そして行きついたことが「『温かさ、誠実さ、安心感』を伝えられる案内図を目指そう!」ということになりました。
その上でメンバーは最寄り駅から蒲田センターまでの複数のルートを実際に歩き、
「この道は近いけれど、曲がることが多く、混乱してしまうのでは?」
「この道は歩道が広いから安心して歩けるね。」
などの会話を重ねてルートを確定していきました。

次は実際の案内図作りに入ります。
曲がり角で迷うことがないよう、文字や記号・写真でどのように表現をすればよいか、ここでも議論を重ねて、試行錯誤の上、創意工夫ある案内図を作成することが出来ました。

こうして出来上がった案内図は、皆様から蒲田センターに資料請求いただいた際にお送りする資料の中に、同封させていただいております。メンバーが考えた工夫の数々をご覧いただければと思います。

【今回メンバーが作成した最寄り駅からの案内図】
ウェルビー蒲田センター①
ウェルビー蒲田センター
●資料請求はこちら
●見学申し込みはこちら
ウェルビー蒲田センター②

【姫路】トライアル雇用内定者から見たウェルビーの魅力

今回、ウェルビーをご利用中の方に、利用した感想をいただきましたので、ご紹介させていただきます!

私は、自閉症スペクトラム障害で療育手帳B2を持っています。
私は、公立の高校を中途退学し通信制高校を卒業後、進学した専門学校も途中で辞めました。中途半端な自分に嫌気がさしていた時に、両親からウェルビーの事を教えてもらい、見学や体験に行き利用を決めました。
私は、コミュニケーションが苦手で、人よりも相手の話を理解するのに時間がかかります。自分に自信がないので、考えもネガティブで通所するのに抵抗があり、
ウェルビーを利用し始めた頃は、遅刻や休むことが多くありました。スタッフは、私がどうすれば通所できるかを一緒に考えてくれたり、相談に乗ってくれました。ウェルビーを利用していくうちに、自分の中で変化があることに気が付きました。
より強く「ウェルビーを継続していきたい」と思うようになり、自分自身を中途半端だと思うことはなくなりました。
今、振り返るとウェルビーを辞めずに続けていくことで、低かった自己肯定感が、少しずつ高くなっていました。
最初は、自分に向いている仕事が全く分かりませんでしたが、職場実習などを経験して、企業から実習の評価をしていただき、どんな仕事内容や環境が自分に向いているかをスタッフと一緒に考えたりしました。実習で学んだ事を訓練にも活かしていきました。
そうしていくうちに、実習で自分が働きたいと思う会社に出逢うことが出来ました!
パソコンや電話応対、軽作業等、ウェルビ―で訓練した能力を活かせる求人のトライアル雇用で働けることになったので、今はトライアル雇用先で必要な能力を更に向上できるように、タイピングやExcelなどの強化をしながら入社日に向けて準備をしています。
雇ってもらったからには、会社に貢献できるように努力を怠らず、これからも雇用継続してもらえるように頑張りたいと思います!

今回コメントをいただいた方は、既にトライアル雇用で働き始めておられますが、ウェルビーの訓練で学んだ事を活かしながら仕事に慣れてきていると伺っています。
これまでの経験等からご自分に自信が持てない方や、どんな仕事が向いているのかが分からないという方は多くいらっしゃいます。このブログを読んでくださっているあなたも、まだ気付いておられない能力を秘めていらっしゃるのではないでしょうか。ウェルビーでは、訓練を進めていく中でご自分への理解を深めて、自信をつけていけるよう支援させていただいております。
ご興味を持たれた方は、ぜひお問合せください。ご連絡お待ちしております。

【松山】『長く働き続けること』のご紹介

こんにちは、ウェルビー松山センターです。
今回は『長く働き続けること』について紹介します。
就職したいと思うと求人票をつい探してしまうものですが、ウェルビーは就職をゴールだと思っていません。
もし就職だけが目標であれば応募書類の作成や模擬面接、応募を繰り返すのみとなりますが、ウェルビーは「対人訓練」や「ビジネスマナー」「オフィスワークシミュレーション」など様々な訓練を行っています。

それはご利用者様が『よりよく長く働き続けること』を目標とし、就職後もその職場で定着していけることを目標としているためです。
就職しても、1か月や短期間と辞めるとなるとしんどくなりますよね?松山センターは2018年に開所したセンターですが、ほとんどの方が長く働くことを実現し、1年以上働き続けている方は84.6%(2021年10月のデータ)という結果がでています。
ウェルビーに通い始めてすぐは週に3日、半日利用だった方が週5日終日利用できるようになったり、悩みを一人で抱え込んでしまう課題があった方が自発的に相談できるようになったりしています。就職へ向けた訓練を行う事で心身ともに準備をすることができ、その結果長く働き続けることに結びついています。

ウェルビーに来られる方の悩みや課題は人それぞれ違います。そのため長く働くために必要な訓練を職員と一緒に考え、個別で支援計画を立てています。
他にもどんなカリキュラムや訓練を行っているか、一度見てみませんか?

ウェルビーでは18歳以上65歳未満の「精神障害」「発達障害」「知的障害」「身体障害」の方が、一般就労で長く働くことを目指して日々訓練を行っています。
見学・体験もできますので、お気軽にご連絡してください!

【淡路】お弁当のご紹介

皆さんこんにちは。利用者のSです。
寒くなってきましたが、皆さん体調は崩されていませんか?
あたたかいものを飲んで心も体もあたたまりましょう!
本日は、ウェルビーで提供されているお弁当についてご紹介いたします。

今回お弁当を紹介するにあたって、利用者にアンケートを取りました。

利用者の好きなお弁当アンケート
白身魚の葱ソース
鶏天おろしポン酢
豚肉のマヨソース
チキン南蛮
トマトソースのチーズハンバーグ
鶏のからあげ

 

どれも本当においしくてみなさん選ぶのに苦労されていました。
そしてなんと、特別メニューというのが存在します!
それがこちら!

 

秋:松茸ご飯
丑の日:うなぎ

クリスマス:ミックスグリル

 

豪華ですね~!
僕もいただきましたが、めちゃくちゃおいしかったです!

アレルギーについて
ウェルビーでは、お弁当のアレルギーを朝の朝礼の際に確認しています。
また、壁面にアレルギー表が貼ってあり安心して食べていただくことができます。
アレルギーのある方も安心して召し上がってください!

ご飯だけ、おかずだけOK
お弁当を注文する際に、スタッフに「おかずだけ」や「ごはんだけ」と言っていただければどちらか片方だけ食べることもできます。
ある利用者は、おかずだけ注文しおにぎりを持ってきて食べていました。
臨機応変に対応いたしますのでお気軽にご相談ください!

以上お弁当紹介でした。ぜひ体験にきて、ウェルビーのお弁当を食べてみてはいかがでしょうか?
皆様の来所を心よりお待ちしております。

見学・体験のご希望やその他ご不明点やその他ご相談はこちらまで☟
ウェルビー淡路駅前センター
(阪急「淡路駅」から徒歩1分です!)
⇒⇒TEL 06-6300-7075

皆さまのお越しをお待ちしております!

【松本】お薦め小説のご紹介

今回は、私のお薦めの小説をご紹介させていただきます。
今回紹介させていただく作品は、「十角館の殺人」です。本作は、綾辻行人氏のデビュー作品であり、同氏による「館シリーズ」の一作目にあたります。ミステリー小説が好きな方には、是非読んでいただきたい作品です。

まずは、本作のあらすじをご紹介したいと思います。

タイトルにもなっている「十角館」が建っている「角島」と呼ばれる孤島。この島で、十角館の設計者である中村青司の自宅が全焼し、その焼け跡から中村青司とその妻、そして使用人夫婦の他殺体が発見されるという事件が起こります。
この事件から半年後、とある大学の推理小説研究会のメンバー七名が角島を訪れ、十角館で合宿を行うことになります。
合宿三日目の朝。メンバーの一人が、寝室で他殺体となって発見されます。そして、同日の昼にはメンバーの一人が毒に倒れてしまい…
一方、本土では、推理小説研究会や事件の関係者の元に怪文書が届きます。その怪文書とは、推理小説研究会の元メンバーであり、中村青司の娘である中村千織の事故死の真相について告発したものでした。この怪文書を受け取った推理小説研究会の元メンバー・江南は、中村千織の唯一の肉親である中村紅次郎の元を訪ねます。そして、そこで出会った素人探偵・島田とともに、怪文書の謎を暴くため調査を開始するのでした。

以上が本作のあらすじとなっています。
本作はクローズド・サークルと呼ばれる作品になっています。(クローズド・サークルとは外部との連絡・往来手段が限られた、いわゆる閉鎖空間で起こる事件を取り扱った作品のことをいいます)
外部との往来手段が限られた孤島で、誰がどのように犯行を重ねていくのか。そして、犯人が推理小説研究会のメンバー達を襲う理由とは。
本作の驚きの結末は、本作が高く評価される謂れの一つでもありますので、気になった方は是非読んでいただければと思います。

綾辻行人氏の「館シリーズ」は、「十角館の殺人」を含めて、九作品が発表されています。
「十角館の殺人」と同様、とても面白い作品ばかりなので、是非「館シリーズ」の他作品もチェックしてみて下さい。

ウェルビー松本駅前センターには、松本市をはじめ、安曇野市、塩尻市、長野市、諏訪市、岡谷市などからご利用・見学・体験者様がお越しになっており、グループワークやPC訓練、軽作業訓練、企業実践、ビジネスマナーやウォーキング、リフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催しております。『就職に向けて集中力をつけたい』『一般企業への就職に向けてス7キルを磨きたい』『人とのコミュニケーションが苦手』『生活リズムを改善したい』等のお手伝いをさせて頂きます。一度、見学・体験にいらしてみませんか。ご相談でも構いません。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。※オンライン見学説明会もご用意しております。

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

ウェルビー松本駅前センター①
https://www.welbe.co.jp/center/nagano/matsumoto.html
ウェルビー松本駅前センター ブログアドレスQRコード

◆就労移行支援とは
障がい・難病をお持ちで、『就職しても長く続ける事ができない』、『学校を卒業予定だが進路が決まっていない』、『就職への見通しがたっていない』等。就職を希望している障がい・難病等がある方に対して、一般企業で働くために必要な知識・能力、生活リズムを身につけるトレーニングや、面接訓練、その人に合った仕事探し等のサポートを行う訓練施設です。施設内での支援だけでなく、ハローワーク、通院、面接の同行等の支援も行っています。

◆就職後もあなたをサポート
ウェルビーでは、晴れて就職され働きだしてからもサポートを継続し『定着支援』を行っています。入社後の慣れない環境での困りごと、仕事の悩み、人間関係についての相談、面談などを行っています。定着支援では、ウェルビーや職場の支援等も受けながら課題を解決し、自立していくことを目指します。

◆ご利用について
就労移行支援をご利用できる方は、一般企業へ就職を考えている以下のような方です。
・18歳~65歳未満で身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方
・18歳~65歳未満で医師の診断書、自立支援医療のご利用のある方
うつ状態、引きこもりが続いている、その他お悩みがある場合でもご相談ください。
心身の状態、ご都合に合わせて、週に数日、短時間からでもご利用できます。

◆ご利用料について
就労移行支援のご利用料(自己負担月額)は、前年の世帯所得で決定されます。
世帯所得とはご本人様、又はご本人様と配偶者(奥様・旦那様)の合計であり、
ご両親様の収入は含まれません。

詳しくは、ウェルビー松本駅前センターまでお問い合わせください。
〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

【渋谷】寒さ対策のご紹介

ウェルビー渋谷センター寒さ対策
こんにちは、渋谷センター広報課所属の利用者です。
まだまだ寒さが続いていますね、就職活動をされている方々は特に体調管理に気を配らないといけないですよね。そこで今回は寒さ対策についていろいろ調べてきたのでお伝えしたいと思います。
(分かりやすくレベル別に項目を作りました)

レベル1 間もなく冬がやってくるー!
・ヒートテックなどのあたたかいインナーを活用しよう。
オススメはUNIQLOのウルトラウォームクルーネックT&レギンス
(私も愛用しています、価格もそんなに高くないです)
・タートルネックを着てマフラーもまく。
・部屋の隙間風を防ごう。
オススメは100均で帰る寒さ対策グッズ。
(窓用バブルシート、ドラフトストッパー、すきまテープドア下用、アルミロールシート)
・ホッカイロを使う。
・部屋の加湿。
(オススメは加湿器です。今は100均でも買うことが出来ます。
可愛いデザインのものが多いです。あと、風邪やインフルエンザ予防にもなります。)

レベル2 明日の天気は・・・・・・ゆ、雪―!?
・雪かき出来るようにスコップを用意しよう。(万が一大雪になった場合)
・融雪剤(雪を溶かしてくれる薬)
(積もった雪が凍ると滑って転倒してケガしてしまうから。ついでにスノーブーツがあると安全。)
・車のワイパーを立てておき、スタッドレスタイヤに交換。またはチェーンを準備しておく。
(スリップしないようにするため)
・灯油の買い置きもしておこう。

レベル3 めちゃくちゃ寒いし雪も積もっている・・・
・食料の買い溜め(東京は灯油の価格がめちゃくちゃ高い)
・とにかく部屋を暖める。(電気代節約のためにエコモードを利用)
・結露防止。(我が家では毎朝寒いけどカビ防止のために窓を開けて換気しています。)
・湯たんぽ、電気毛布等を使って全身を暖める。
(100均の湯たんぽ愛用していました。「着る毛布」も温かそう。)
・水道、給湯器の凍結防止
(給湯器には凍結防止機能がついています。
外に水道があると寒さで水道管が破裂する事があります。)

ちょっとした豆知識→水道管が破裂したら最初に止水栓を閉めて、破裂した箇所をタオルやテープで補修する。(実家で経験済みです。)

いかがでしたか?私は以前、寒い地域に住んでいて今でも寒さに苦労します。
皆様も苦労しているのではないかと思います。
ウェルビー渋谷センターでは随時見学・体験を受け付けておりますので、少しでもご興味をもたれましたら、お気軽にお問い合わせください。

【西船橋】就職者の声

ウェルビー西船橋駅前センター①

こんにちは!ウェルビー西船橋駅前センター利用者のYです!
寒の内とはいえ、船橋市は心地よい晴天の暖かい日も多く、個人的には過ごしやすいです。

さて、今回は、当センターの利用者Tさんの就職が決定しましたので、「就職者の声」と題してTさんの声をお届けしたいと思います。(Tさんは、50代男性、統合失調症の方になります。)

1.ウェルビーに入所したきっかけは何ですか?
サポートセンターでリハビリ後に就活するにあたり、就労支援事業所を3ヶ所見学し、その中で雰囲気・訓練や職員の方の人柄が一番良かったので決めました。

2.ウェルビーのカリキュラムについて
カリキュラムはグループワークと企業実践が役に立ちました。グループワークではコンセンサス・アサーションが役に立ちました。オフィスワークシミュレーション(旧名称 企業実践)ではPCスキルやコミュニケーション能力を伸ばすことが出来たと思います。

3.ウェルビーの支援について
就活時の応募書類作成では(スタッフの方々に)大変お世話になりました。ひとりで就活していたら気付かない文章の組み立てや言葉の使い方を教わり、大変有意義でした。面接対策では、(面接で)よく質問されるリストをいただいてそれをもとに面接台本を作り模試面接をしてもらい、(面接の)実力をつけることが出来ました。

4.ウェルビーでの活動を振り返って
最初の1年は生活リズムを作るために週3日から通い始めて、徐々に通所時間を増やして体力をつける様にしました。2年目以降は就活を中心に訓練も受けながら、楽しく仲間と過ごすことができました。ありがとうございました。

 

Tさん、無事就職決定、おめでとうございます!
Tさんは、私が入所当時に誰とも話せなかった時に最初に話しかけてくれたこともあり、以後親しくさせてもらっていたので、就職が決まったことはとても嬉しいです。Tさんは就活が長びいても諦めずに地道に頑張っていたので、そのことが今回の就職決定に繋がったのではと思います。私は今、就活中なので、Tさんを見習って、就活が上手くいかない場合でも地道に頑張っていければと思います。

ブログ読者の皆さま、いつもブログ記事を読んでいただきありがとうございます。記事をご覧いただき、もし就労移行支援って何だろう、ウェルビーってどんな雰囲気なんだろう?と少しでも興味をお持ちいただけましたらお気軽にご連絡ください。見学や体験など随時可能です!

ウェルビー西船橋駅前センター②