【三鷹】特別カリキュラム【書初め&発表会】のプログラム風景をご紹介

みなさんこんにちは、ウェルビー三鷹センターです。
寒い季節が続いていますが、みなさんいかいがお過ごしでしょうか

コロナウィルス感染に伴う緊急事態宣言にて、日々の対策、対応の重要性を感じております。三鷹センターでは引き続きコロナウィルス対策と致しまして、

① 通所を午前と午後に分け、密集をさけ、1回のカリキュラムを受ける利用者様の人数を10名程度とし人数制限をして対応をしております。
② ご利用者様と職員ともにマスクを着用とし、通所時に体温と味覚嗅覚の確認をしております。
③ 手洗いとアルコール消毒を徹底し、またカリキュラムの際に使用したパソコンは毎回 アルコール消毒をしております。
④ カリキュラムを受ける際は、席の間隔を1つ空け、カリキュラム中も扉を開け室内の換気をしております。

今回は、1月11日(月・祝)の特別カリキュラム【書初め&発表会】のプログラム風景をご紹介します。

1月11日(月・祝)
【書初め&発表会~今年の抱負を書こう~】のご報告
皆様は、なぜ書き初めを行うのかご存知でしょうか。書初めには主に2つの意味があります。
① 一年間の抱負や目標を定める。 ②字の上達を祈願する。
特に現在は前者、抱負・目標を書くことで実現への意思を強めたり、行動を改めようという場合が主となっているようです。

三鷹センター20210111_113904 三鷹センター20210111_102543

「小学校以来の書初めで緊張する」「何を書いたら分からない」などの声がある中、今年の目標や抱負を書かれた方、絵を描かれた方、みなさん墨と筆を使い思い思いの字や絵を書いていました。
書初め終了後には、書いていただいた目標や抱負など発表していただきました。
参加された皆様お疲れ様でした。
今回は参加ができなかった方も、来年はぜひ参加してみてください。

以上となります。

三鷹センターでは、随時見学・体験を受け付けております。
皆様のお越しをお待ちしております。
現在、三鷹センターご利用中の方々は、
三鷹市・小金井市・武蔵野市・小平市・西東京市・国分寺市・練馬区・立川市・調布市から通われています。
随時見学・体験を受け付けております。皆様のお越しをお待ちしております。

お申込み方法は…

1. 電話でのお申込み
下記の電話番号にお電話ください。
ウェルビー三鷹センター TEL:0422‐40‐4800

2. メールでのお申込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「三鷹センター見学申し込み」
●氏名(ふりがな)
●参加希望日
●電話番号
●質問事項

MAIL:info@welbe.co.jp

3. フォームからのお申込み
資料請求はこちら
見学申し込みはこちら

ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい!!

【秋葉原】広報誌Green第5号発行のお知らせ

こんにちは。

ウェルビー秋葉原駅前センターです。
日に日に寒さが増していますね。

本日は、ウェルビー秋葉原駅前センターで定期的に発行している
広報誌Green第5号の内容を紹介させていただきます。

なんと今回は、ご利用者様に編集長になっていただき、素敵な広報誌に仕上げていただきました!

今回の内容は、
ベーシックトレーニングについて
スタッフのコラム
企業実践「施設運営課」への突撃インタビュー

の3本立てです!

特におすすめポイントは、企業実践「施設運営課」への突撃インタビューです!
編集長が施設運営課所属のスタッフ・ご利用者様にインタビューし、様々な意見を引き出して下さったおかげで、読み応え抜群の内容に仕上がっています。

詳細は、ぜひ以下でご確認ください。

【Green_vol.5】2020年1月号_ブログ掲載用編集版_ページ_1 【Green_vol.5】2020年1月号_ブログ掲載用編集版_ページ_2

見学・体験のお申し込みも、受け付けております。
広報誌をご覧になって、興味を持たれた方は、
ぜひお気軽にセンターまでお問合せください。

どうぞよろしくお願いいたします。

【藤沢】「クリスマスイベントの特別企画開催」の模様

ウェルビー藤沢センター広報課です!

大変遅くなってしまいましたが、12月25日(金)に行われた特別企画
「クリスマスイベントの特別企画開催」の模様をお伝えします。

まずは、ウェルビークリスマス会の内容を詳しくお伝えします。

藤沢センター01

 

職員の方がサンタクロースの格好をされ、BGMではクリスマスソングが流れていて、クリスマスという雰囲気でした。1チーム3名ぐらいで各項目に分かれてローテーションで行いました。
1ゲームにつき行った時間は、15分ぐらいです。
普段、お話が出来ない利用者の方とも盛り上がり、気軽に参加する事が出来ました。今回のイベントを企画してくれた、企画課の皆さんお疲れ様でした。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

<センターの感染対策について>
当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。
個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

【名古屋】毎年恒例の書初めを行いました。

ウェルビー名古屋駅前センターです。

1月4日から通所が始まり、新年初日のイベントとして毎年恒例の書初めを行いました。

名古屋センター書初め
名古屋センター書初め②名古屋センター書初め③

書初めについて調べてみるとルーツは平安時代、江戸時代に庶民に広がった、幕府で要職に就くための試験科目は「書」と「そろばん(計算)」の2科目のみで、字が上手なことは大事な教養だったなど知らなかったことだらけで私にも学びがありました飾る期間についても地域によって違い、中部地方では7日と15日があるそうです。

他にも1月は免疫機能について栄養面から学んだり、心の状態を写真やイラストで切り貼りするコラージュセラピーなど毎週土曜日はスタッフが考えたオリジナルプログラムを行っています。

資料請求を頂いた方にはプログラム予定表も同封しています。ホームページの資料請求か名古屋駅前センターへの電話、どちらかでお問い合わせください。

資料ではなくセンターの見学希望も大歓迎です。
ご連絡お待ち致しております。

【札幌】グループディスカッションのご紹介

皆様、こんにちは。
ウェルビー札幌センターの小川です。

本日は1月21日(木)に行われたディスカッションについて紹介致します。

今回は「ケチャップかマヨネーズのどちらかしか生産できないとしたら」というテーマで2者択一形式のディスカッションをしました。

進め方は4名程度のグループに分かれ、グループ内でディスカッションを行います。
話し合う時には、アサーションと言って自分の意見を主張しながら相手の意見も大切にするという自分も相手も大切にするコミュニケーション方法を意識してグループでの考えを決めていきます。

どちらも人気な調味料であるため皆様とても悩まれていました!
カロリーやアレルギーに注目する人や自作することを考えて作りやすさを重視する人など注目するポイントは様々でした!
最初は意見がバラバラでもアサーションを意識しながら話し合いをしていくことでグループとしての意見を上手にまとめることができていましたね。
ちなみに今回は4グループありましたが4グループともケチャップを選んでいました!

ウェルビー札幌センターでは見学や体験の希望も受け付けています!
支援員一同心よりお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!

【問い合わせ先】
ウェルビー札幌センター
電話番号:011-213-1981/FAX番号:011-213-1982
E-mail:info@welbe.co.jp

【松戸第2】特別プログラム「パソコン教室」

こんにちは!ウェルビー松戸第2センターのMです。
まだまだ寒い日が続きますが、皆さん寒さ対策はどのようにしていますか?

私は、今ショウガにはまっていて、コーヒーや紅茶はもちろん、お味噌汁や普段の料理にもショウガを入れて体の中からポカポカにして、この冬を乗り切りたいと思っています!

さて先日、松戸第2センターでは特別プログラム「パソコン教室」を行いました。
記念すべき第一回目のプログラム内容は、「【Excel】VLOOKUP関数の使い方」です。
担当講師はセンター内で一番Excelに詳しいスタッフQさん。
「VLOOKUP関数は苦手・・・。」「そもそもVLOOKUP関数って何?」などなど、皆さんの疑問やお悩みに対して、優しく、楽しく教えてくださいましたよ!

内容は、「そもそもVLOOKUP関数って何?」という内容から、VLOOKUP関数を使うメリット、関数の構造までをじっくり学びました。

 

実際に参加された皆様からも、
「何となく知っていたけど、実際にやってみたら難しかったが、意味が分かって、ためになった。」
「難しかったが、やり方を覚えると、効率的にできそうだし、何より就活に役立ちそうで、勉強になった」
などのお声もいただき、皆さん熱心に参加されていたご様子でした。

今回参加された方も、残念ながら参加できなかった方も、第2弾も企画中ですので、ぜひ興味のある方は参加してみてくださいね!

就職したいけど今の自分に出来るかな?
就労移行支援事業所ってどんなサポートしてくれるのかな?
就労経験がない、ブランクが長くて不安  などなど
就職に対する悩みや不安がありましたらいつでもご連絡下さい。

ウェルビー松戸第2センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

いつでも見学・体験を受け付けておりますので、ご興味ある方は是非ウェルビー松戸第2センターまでご連絡下さい。

【溝の口】「アンガーマネジメント ~怒りのコントロール~」特別プログラム

こんにちは。ウェルビー溝の口駅前センターです。
障害者の就職を支援するウェルビー溝の口駅前センターでは、1月16日(土)に、特別プログラム「アンガーマネジメント」を実施いたしました。今回は手法の一つ、「アンガーログ」を、参加者の皆様に実践していただきました。

アンガーマネジメントとは
「アンガー=イライラ・怒りの感情」を「マネジメント=上手に付き合う」することで、
怒りのエネルギーをポジティブな面に使っていくことを目的とした心理技術です。

<アンガーログとは>
怒りやイライラを感じたときにつける日記帳で、後々見返すことで自分の怒る頻度や、きっかけのパターンなどを客観視することができるものです。
最近怒ってしまった、あるいはイライラ・カチンときたエピソードを一つピックアップしていただき、その時の怒りの度合いを10段階評価で評価、また、その時の怒りの感じ方、相手に対して自分はどうしてほしかったのか…などを書き出していただきました。そして、続いてその怒りの状況をリフレーミング(異なる見方でとらえ直すこと)していただき、 自身の視点だけでなく、客観的な視点で、怒りの状況を整理していただきました。
アンガーログは、あくまでアンガーマネジメントの手法の1つではありますが、くり返し実践することで、いざ怒りを感じた場面においても、ご自身の怒りのパターンを把握して、感情的にならずに、冷静に状況を判断し、感情をコントロールしていくことができるでしょう。

<受講者の感想>
「怒った時をリフレーミングすることで、視点を広げられそう…。」
「自分の特徴を客観的にみることで、傾向を少し把握することができた。」
「書き出して整理することで、感情的にならないようにしていきたい…。」

などの感想をいただきました。

現在、新型コロナウイルスの感染予防対策として、職員・利用者共に毎日の検温、出勤・昼食時の手洗い消毒、マスク着用、飛沫防止パーティション設置、センター内の換気を行い、予防対策に努めております。
またカリキュラムの制限等があり、ウォーキングやコミュニケーション系カリキュラムの実施を休止していますが、利用者の方々の為になる特別プログラムを定期的に開催しております。
センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問も受け付けておりますので、お気軽にウェルビー溝の口駅前センターまでお問合わせください。

【福岡天神北】就活集中コースについてご説明

こんにちは。ウェルビー福岡天神北センターです。

寒さが一段と募ってまいりましたが、皆様お変わりございませんでしょうか。
当センターでは、企業様にもご協力いただきコロナ対策を万全に整えた上で、
企業見学に参加させていただいております。
(企業見学についての詳細は後日アップさせていただきます。)

また今回のブログでは、3月の障害者法定雇用率引き上げに伴い、短期集中で就職を目指せる就活集中コースについてご説明させていただきます。

福岡天神北センターボーダー

就活集中コースとは

ウェルビーのノウハウを活かして【早期就労】を目指す独自の就労支援です。
関係機関と連携しながら多くの障害のある方の就職支援を行う中で様々なニーズを受け、職業訓練の提供はもちろんのこと、履歴書や応募書類の添削、模擬面接の練習、就職に関する相談や支援等の【短期就活・長期就労】に重点を置き支援を行っております。

就活集中コースの対象となる方

早期就労を目指している方
18歳以上65歳未満の障害をお持ちの方
・心身の状態が安定している方

福岡天神北センター01

就活集中コースについての詳細は以下のURLよりご覧いただけます。
https://www.welbe.co.jp/service/job-hunting-course/

福岡天神北センターボーダー

実際に就活集中コースを利用し、就職された方についても近日中にご紹介致します!

ウェルビーでは、就活集中コースの他にもその方に応じた訓練や就職活動をご提案しサポートさせて頂きます。就職後の定着まで見据えた支援を行っておりますので、疑問点等あればお気軽にお問い合わせください。
皆様からのご連絡お待ちしております。

【松本】ご利用者様の『冬の折り紙作品』

みなさん、こんにちは
新年を迎え早くも月の末、尚空気は寒さを増しながらも、時に澄んで気持ちよさを感じる此の頃です。
乾燥しやすい季節は、体調も崩しやすい頃ですので、みなさん、お体ご自愛のもとお過ごしください。

さて、今回は、ウェルビー松本駅前センターで折り紙教室を主催頂いているご利用者様の『冬の折り紙作品』をおおくり致します。

折り紙の作品をご利用者様に作って頂き、写真はスタッフが撮影させて頂きました。

松本駅前センター写真01

冬をイメージした作品がとても可愛らしいですね。かすかに春も感じさせる優しい色使いです。

松本駅前センター写真02
松本駅前センター写真03

細やかに重なり合う模様が、とても素敵な作品。作り手の丁寧さが伝わってきます。

松本駅前センター写真04

そして、クリスマスリース。非常に完成度の高い作品にスタッフ圧巻しました。
製作技術だけでなく、貰い手の『わぁ!』という嬉しい声が聞こえてきそうな大作ですね。
こちらは、センター内にも展示してありますので、是非見に来てください。

ウェルビー松本駅前センターには、松本市をはじめ、安曇野市、塩尻市、長野市、諏訪市、岡谷市などからご利用・見学・体験者様がお越しになっており、グループワークやPC訓練、軽作業訓練、企業実践、ビジネスマナーやウォーキング、リフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催しております。『就職に向けて集中力をつけたい』『一般企業への就職に向けてスキルを磨きたい』『人とのコミュニケーションが苦手』『生活リズムを改善したい』等のお手伝いをさせて頂きます。ぜひ一度、見学・体験にいらしてみませんか。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。
そして、このブログを見て下さった皆様に、良い一日を

______________________________________

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

松本駅前センター写真05

https://www.welbe.co.jp/center/nagano/matsumoto.html
ウェルビー松本駅前センター ブログアドレスQRコード

◆就労移行支援とは
障がい・難病をお持ちで、『就職しても長く続ける事ができない』、『学校を卒業予定だが進路が決まっていない』、『就職への見通しがたっていない』等。就職を希望している障がい・難病等がある方に対して、一般企業で働くために必要な知識・能力、生活リズムを身につけるトレーニングや、面接訓練、その人に合った仕事探し等のサポートを行う訓練施設です。施設内での支援だけでなく、ハローワーク、通院、面接の同行等の支援も行っています。

◆就職後もあなたをサポート
ウェルビーでは、晴れて就職され働きだしてからもサポートを継続し『定着支援』を行っています。入社後の慣れない環境での困りごと、仕事の悩み、人間関係についての相談、面談などを行っています。定着支援では、ウェルビーや職場の支援等も受けながら課題を解決し、自立していくことを目指します。

◆ご利用について
就労移行支援をご利用できる方は、一般企業へ就職を考えている以下のような方です。
・18歳~65歳未満で身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方
・18歳~65歳未満で医師の診断書、自立支援医療のご利用のある方
※うつ状態、引きこもりが続いている、その他お悩みがある場合でもご相談ください。
心身の状態、ご都合に合わせて、週に数日、短時間からでもご利用できます。

◆ご利用料について
就労移行支援のご利用料(自己負担月額)は、前年の世帯所得で決定されます。
世帯所得とはご本人様、又はご本人様と配偶者(奥様・旦那様)の合計であり、
ご両親様の収入は含まれません。ウェルビーでは、9割の方が無料で利用されています。

詳しくは、ウェルビー松本駅前センターまでお問い合わせください。
〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

【尼崎】土曜日イベントについてご報告

お久しぶりです。
ウェルビー尼崎センターです。

土曜日イベントに参加された利用者様にレポートを作成して頂きました。
ご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

令和3年1月16日、ウェルビー尼崎センターにて、参加者総当たり戦での卓球大会を行いました。

「扉を開ければ笑顔が待っている」という今年のキャッチフレーズ通り、朝からみんな笑顔で卓球大会を楽しみに待っている様子でした。参加者も平日とほとんど変わらない人数が集まりました。

第一戦から白熱した戦いがあり、笑いあり、涙あり、興奮ありのとても楽しい見応えある戦いが続きました。

長丁場の試合になることもあるので、次の試合に備え初めから飛ばしてスタミナを切らさないように調整されるなど卓球に対するみんなのストイックさを感じました。

休戦している方々も、笑いあり、涙あり、怒りあり(?)とみんな興奮しながら観戦していました。

参加せず観戦されていた方も、次こそはとメラメラ燃えているように見えました。

休憩時間になっても興奮冷めやらぬ状況でした。

中には次は誰と戦おうか考えている人や、本当にスマホのゲームをしながら次の戦いに備えられている方もいました。

後半戦も相変わらず白熱した戦いが続きました。いきなり笑いありの前半戦と変わらない見応えある戦いが続きました。

感想はみんな普段と違う雰囲気で本当に楽しく卓球を楽しんでいました。

これを機会に本当に卓球台を購入していただくように切に思いました(笑)。

土曜日イベント「卓球大会」レポート 利用者K様 作成

 

ウェルビー尼崎センターでは毎週土曜日に様々なイベントをご用意しております。
今回のような卓球大会や他にも楽しいイベント、就職活動に役立つ講義などなど!

見学、体験も随時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております!