【新越谷第2】ベーシックトレーニングについて

こんにちは。
ウェルビー新越谷駅前第2センター川崎です。

今日はベーシックトレーニング(軽作業の訓練)の検定日でした。
前日までに検定申し込みを受け付けて、それぞれの種目(プラグタップ組み立て分解作業、ゼムクリップの仕分け作業、カード仕分け・帳票作業、電卓計算作業、カード作成作業)でそれぞれのレベルの検定となりました。皆さま日頃から熱心に訓練に励んでおられましたので、すべての方の合格を願っておりましたが期待通り全ての方が合格となりました(素晴らしい!)。今後はそれぞれ次のレベルの検定を目指して訓練に臨まれることとなります。次回の検定申し込みをお待ちしております。
気になる方は随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は電話かメールにてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

 

お問い合わせ先
ウェルビー新越谷駅前第2センター
Tel:048-990-5533(センター直通)
または0120-655-773(フリーダイヤル)
Mail:info@welbe.co.jp

【チャレンジ小倉】体力づくり

今回は体力づくりについてご紹介します。
チャレンジの体力づくりでは、就労移行と自立訓練と合同で行ったりもします。
では、どの様な内容かといいますと・・・
椅子に座ってのゆったりとしたストレッチもあれば、ダンスや、なかなかハードな筋トレまで色々な体力づくりを行っています。
一人ひとり、体力にも差がありますので、実際に参加してみて、疲れた時は休んだり、途中まで参加して、あとは見学される方もいらっしゃいます。

先日は、ゆったりとしたストレッチから、腹筋を鍛える筋トレ(痩せるらしいです。)
そして、今流行りのBTSのダンス(簡単なところだけです)にも挑戦してみました。
初めて見るダンスだったので、私も皆さんもついていけず利用者さんの一人が「わからないけど、とにかく体を動かせばいい」と(^^♪
ということで、皆で動画を見ながら体を動かしました。
次回は、ダンスの振りの練習から始めたいと思います。
休憩をはさみながら45分程度体を動かしました。
皆さん、お疲れのご様子でしたが、「疲れたけど、楽しかった」「いい汗かいて、気持ちよかった。」とどの様な内容でも、楽しく体力づくりに参加して頂いています。
最初のうちは、筋トレなどで、筋肉痛もあったりしますが、いつのまにか鍛えられ(笑)筋肉痛も少なくなってきます。
皆さんも、体験の際には是非体力づくりにもチャレンジしてみて下さい。
お待ちしています♪

【新越谷第2】暑さ対策について

こんにちは。
ウェルビー新越谷駅前第2センターです。

暑くなってきましたね。
暑いのが苦手な方も多いと思います。
よくこの時期になると「暑いのと寒いのどっちが苦手?」という話題になります。
私はどちらかというと暑いのが苦手です。しかし苦手なりに対策はしています。
暑いのが苦手な方は実践していることも多いと思いますが、私がしている対策をお伝えしたいと思います。

対策①朝の時間を有効活用する。
⇒比較的涼しい朝に、活動をするよう心掛けています。朝活動ができるとその日一日が充実している気分になります。
対策②汗拭きシートを使用する。
⇒肌がベトベトしていると、何となく気分が下がってしまうので、汗拭きシートを使用しリフレッシュしています。
対策③涼しい部屋で過ごす。
⇒冷房のある部屋で過ごすのが一番ですよね。ウェルビー新越谷駅前第2センターでは暑さ対策もばっちりです。気持ちよく過ごせるセンターで、スキルアップも進みます。
この機会に一度見学に来てみませんか?

少しでも興味が沸いた!という方はお問い合わせ下さい。

現在ご利用中の方々は、越谷市・草加市・八潮市・川口市・三郷市・吉川市・さいたま市(緑区)から通われています。
随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は電話かメールにてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております

お問い合わせ先
ウェルビー新越谷駅前第2センター
TEL:048-990-5533(センター直通)
または0120-655-773(フリーダイヤル)
Email: info@welbe.co.jp

【秋葉原】特別カリキュラム「新規飲食店メニュー作り」のご報告

こんにちは。
ウェルビー秋葉原駅前センターです。

本日は、6月12日に実施した特別カリキュラム「新規飲食店メニュー作り」のご報告をしたいと思います。
新しく飲食店を開店することを想定して、お店のメニューをPowerPointや手書きで作成していただきました!
短い時間ではありましたが、皆さま、お店の名前、ジャンル、コンセプト等も考えてくださいました。

「ダイエット」をテーマに、ヘルシーなメニューを沢山(!)考案された方もいれば、

秋葉原駅前センター写真4

 

ごはんメニュー一つひとつに、魅力溢れる一言を添えている方も。

秋葉原駅前センター写真4

 

食欲をそそられるハンバーガーショップのメニューに、

秋葉原駅前センター写真2

 

手書きでお洒落なカフェメニューを作り、素敵なイラストを描いて下さった方もいました!

秋葉原駅前センター写真3

 

参加された皆様からは「PowerPointの練習になった」「メニュー考案は難しかったけど楽しかった」「夢中になって作業してしまった」といった声があがりました。
仕事にも必要な「創意工夫する力」を培っていただく機会になったのではないかと思います。

ウェルビー秋葉原駅前センターでは、毎週土曜日の午前中に様々な特別カリキュラムを企画しています。
ご興味のある方は、是非お気軽にお問い合わせください!

ウェルビー秋葉原駅前センターでは、新型コロナウイルス感染予防のため、検温・マスク着用・手洗い消毒の徹底、飛沫防止パーテーションの設置、センター内のアルコール消毒、定期的な換気、ダチョウ抗体配合スプレーを使用した抗菌・除菌の対策を実施しております。

ウェルビー秋葉原駅前センターは、千代田区だけではなく、中央区、江戸川区、台東区、葛飾区、荒川区、足立区、北区、練馬区等、区外にお住まいの方も
ご利用されています。
また、埼玉県・千葉県・茨城県等、東京都以外にお住まいの方も、ご利用されています!

 

・「うつ病」「発達障害」「統合失調症」等の診断を受けたけれど、
障害者雇用で働くにはどうすればいいのだろう
・働きたいけれど、何からすればよいか分からない
・障害者枠で就職活動をしているけれど、上手くいかない
・就職に向けた生活習慣・スキルを身に付けたい

 

そのようなお悩みやご希望がある方は、
ぜひ一度、センターに見学にお越しくださいませ。
スタッフ一同、皆さまからのお問合せを心よりお待ちしております!

≪問い合わせ先≫
ウェルビー秋葉原駅前センター
電話番号:03-5835-1223
FAX番号:03-5835-1224
メールアドレス:akiba@welbe.co.jp

【熊本水前寺】「企業実践」イベント部について

こんにちは、ウェルビー熊本水前寺センター広報部です!!

今年は空梅雨でしょうか、夏を思わせる暑い日が続いております。皆さんはいかがお過ごしでしょうか。
今回は6月19日(土)に行われたイベント「続クイズ スタッフさんに聞いてみた」について報告いたします。
ウェルビー熊本水前寺センターでは、毎週金曜日に「企業実践」というカリキュラムがあります。
そこではスタッフが上司役で利用者の方々へ指示を出すことで、“報連相”の習慣や会社で働くイメージを掴み、働く力を身につけていきます。
その「企業実践」の中の部署であるイベント部に関する記事です。

さて、先日行われたイベントの内容といたしましては、ウェルビー熊本水前寺センターにて勤務されているスタッフさんにあらかじめインタビューを行い、それに基づきクイズを作成し、参加者の皆さんで答えを当てるというものでした。今回は8名のスタッフさんのうち、前回紹介できなかった4名のスタッフさんに関する問題が出題されました。
クイズの内容といたしましては、「好きな食べ物」や「幼少時代のあだ名」などについて選択肢から選ぶものや、ヒントをもとに答えを導き出すものなどがあり、他にも「道端でひったくりにあった時なんと叫ぶ」や「初めて買ったCD」などユニークな質問もありました。

参加された方の感想としましては、
スタッフさんの意外な一面を知ることが出来た。
質問と質問の間にクスッと笑えるような所もあり、飽きることなく楽しむことが出来た。
面談等でスタッフさんとお話しする際のきっかけにしたい。
などの意見をいただきました。

さらにイベント部の方々にご協力いただき、アンケートで感想を伺っております。
Q1. 今回のイベントを開催するに至った理由は何ですか?
A. ・前回のイベントでご紹介できなかったスタッフさんがおられたからです。。
・一人一人に焦点を当てていきたいとのことから二回に分けての開催となりました。

Q2. 前回と同じ内容のイベントでしたが、改善した点等あればお聞かせください。
A. ・時間の配分を変えてアイスブレイクを省くなどしました。
・前回と内容が同じである分リハーサルなど入念に行いました。
・新しい質問を付け加えたり、イラストを付け加えるなどして選択肢・補足などに変化を加えました。

Q3. イベントを終えてみての感想をお聞かせください。
A. 最期の方が時間的に押してしまって最後は巻きになってしまったこと。前回と同じイベントだったこともあってか参加者の反応が薄かったものの、メンバー同士で色々工夫したりサポートし合うなどして続き物ではありましたが楽しんでいただけたようなので良かったです。

Q4. 今後のイベントはどのようなものを考えていますか?
A. ・アンケートを参考にまた違うものを考えています。
・他の部署の作品を使ったイベント等をできればいいなと思ってます。

など多くの回答を頂きました。

今回のイベントは、スタッフさんの意外な一面を見ることが出来、スタッフさんを身近に感じられたイベントだったと思います。イベント部の皆様お疲れ様でした!!
通所を始めたばかりの方体験で来られている方で、「日頃のカリキュラムに参加するには少し不安があるな…」「楽しくコミュニケーションの能力を高めたい!」と感じている方はぜひ、土曜日のイベントに気軽に参加して、センターの雰囲気に慣れるきっかけにして頂ければと思います。
ウェルビー熊本水前寺センターでは就労に向けてのカリキュラムに加え、様々なイベントを実施しております。
少しでも興味を持った方がいらっしゃいましたら、お気軽に体験、ご連絡ください。
ウェルビー熊本水前寺センター広報部一同お待ちしております!!

ウェルビー熊本水前寺センター 熊本水前寺〒862-0950
熊本県熊本市中央区水前寺1-17-32 石本ビル2階
TEL 096-273-8280
FAX 096-273-8281
E-MAIL info@welbe.co.jp
URL   https://www.welbe.co.jp/熊本市交通局「新水前寺」駅停留所 徒歩3分

JR豊肥本線「新水前寺」駅 徒歩4分

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

【松本】『夏の風物詩の雑学』について

みなさんこんにちは
あっという間に6月は末、遅めの梅雨が明ければ夏到来となります。
みなさん、スタミナを十分につけ、夏バテ、熱中症等を起こさないようにしてください。
今回は、ウェルビー松本駅前センターから『夏の風物詩の雑学』をおおくりします。

松本駅前センター画像1

さて、みなさん『夏の果物』と言えば何を思い浮かべるでしょうか。
バナナ?ライチ?パイナップル?マンゴー?桃?いえいえ、きっとこれですよね?

松本駅前センター画像2

そう、西瓜(スイカ)厳密には、スイカは分類上では野菜です。しかし、ご存知のようにスイカは、果物として利用をされることが多く、農林水産省の定めで単なる「野菜」ではなく果実的野菜として扱われています。
曖昧な表現ですが、スイカは野菜でもあり果物でもあります。ちなみに、

松本駅前センター画像3

いちごも果実的野菜。野菜の定義は「草本性食用植物」とされています。
簡単に言うと「やわらかい茎の植物」果物の定義は「木本性食用植物」とされています。
簡単に言うと「木に実が成る植物」さて、話は戻ってスイカですが、熱中症の予防には水分の補給が非常に重要です。スイカを食べれば、水を飲むよりも失われた水分に加えミネラルも採ることができます。そしてスイカの糖分は果糖とブドウ糖。夏バテで、食欲がない時の栄養補給に最適であることからスイカは、まさに『自然のスポーツドリンク』なんですねそんなスイカの醍醐味のひとつと言えば、

そう、『スイカ割り』目隠しをされ、棒を持たされぐるぐる廻され、周りの人の声をヒントにスイカを叩き割るあれです。

夏最大の風物詩と言っても過言では無いでしょう。
しかし、このスイカ割りに、公式ルールがあるって知ってましたか?
実は、1991年にスイカ割りには公式ルールが設定されているのです。
このルールは、農業協同組合(JA)の日本すいか割り協会(Japan Suika-Wari Association:JSWA)が設定したものです。
以下、公式ルール概要
競技者とスイカとの距離は、9m15cmとする。
スイカ割りに使用する棒は、直径が5cm以内で、長さ1m20cm以内とする。
目隠し用手ぬぐいは、JSWA 公認のものを使用する。
目隠し度合いの確認のため
一万円札を競技者の前に落としてみる。
使用するスイカは国産である事。
そしてよく熟れたものである事。
制限時間は3分とし、スイカ割りを成功させた競技者が複数名の場合は、スイカの割れ具合の美しさによって審判が勝敗を判定する。
最も得点が高い割れ方は均等にスイカを2つに割った場合である。
割れた具合が不均等だった場合は減点法によって採点を行う。

目隠し度合いの確認のため・・・
一万円札を競技者の前に落としてみる・・・
これ、熱すぎませんか?絶対、楽しいと思います。
公式ルールでは、『競技者』ですからね、もはやスイカ割りは遊びじゃない競技、スポーツなのです。

さあ、みなさん
スイカを買ったらJSWA 公認の手ぬぐいも買って公式ルールにのっとったスイカ割りで汗を搔いたら、天然のスポーツドリンク、スイカを存分に味わいましょう。
それでは、このブログを見て下さった皆様に、良い一日を

ウェルビー松本駅前センターには、松本市をはじめ、安曇野市、塩尻市、長野市、諏訪市、岡谷市などからご利用・見学・体験者様がお越しになっており、グループワークやPC訓練、軽作業訓練、企業実践、ビジネスマナーやウォーキング、リフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催しております。『就職に向けて集中力をつけたい』『一般企業への就職に向けてスキルを磨きたい』『人とのコミュニケーションが苦手』『生活リズムを改善したい』等のお手伝いをさせて頂きます。一度、見学・体験にいらしてみませんか。ご相談でも構いません。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。※オンライン見学説明会もご用意しております。

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

松本駅前センター画像4

https://www.welbe.co.jp/center/nagano/matsumoto.html
ウェルビー松本駅前センター ブログアドレスQRコード

◆就労移行支援とは
障がい・難病をお持ちで、『就職しても長く続ける事ができない』、『学校を卒業予定だが進路が決まっていない』、『就職への見通しがたっていない』等。就職を希望している障がい・難病等がある方に対して、一般企業で働くために必要な知識・能力、生活リズムを身につけるトレーニングや、面接訓練、その人に合った仕事探し等のサポートを行う訓練施設です。施設内での支援だけでなく、ハローワーク、通院、面接の同行等の支援も行っています。

◆就職後もあなたをサポート
ウェルビーでは、晴れて就職され働きだしてからもサポートを継続し『定着支援』を行っています。入社後の慣れない環境での困りごと、仕事の悩み、人間関係についての相談、面談などを行っています。定着支援では、ウェルビーや職場の支援等も受けながら課題を解決し、自立していくことを目指します。

◆ご利用について
就労移行支援をご利用できる方は、一般企業へ就職を考えている以下のような方です。
・18歳~65歳未満で身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方
・18歳~65歳未満で医師の診断書、自立支援医療のご利用のある方
うつ状態、引きこもりが続いている、その他お悩みがある場合でもご相談ください。
心身の状態、ご都合に合わせて、週に数日、短時間からでもご利用できます。

◆ご利用料について
就労移行支援のご利用料(自己負担月額)は、前年の世帯所得で決定されます。
世帯所得とはご本人様、又はご本人様と配偶者(奥様・旦那様)の合計であり、
ご両親様の収入は含まれません。ウェルビーでは、9割の方が無料で利用されています。

◆駐車券提供
ウェルビー松本駅前センターでは、アルピコプラザ駐車場をご利用された見学・体験・利用者様に駐車券を発行しております。ご利用の際は、スタッフまで駐車券をご提示下さい。

詳しくは、ウェルビー松本駅前センターまでお問い合わせください。
〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

【博多】高校にて見学・体験会行いました

こんにちは。
ウェルビー博多センターです。
今回は、高校で見学・体験会を行いましたので報告させていただきます。
内容としては、
・ウェルビーとは何をするところ?
・働くスキルとは?
・実際のカリキュラムはどんなことをするの?
についてお話させて頂きました。
スタッフも高校生を前に話をするのは緊張します。
わかりやすく伝えるためにはどうしたらよいかとてもドキドキです。

博多センター画像01

いろいろな説明を行った後は、カリキュラムの体験会です。
ベーシックトレーニングと事務補助プログラムで行われている内容の一部を体験して頂きました。

みなさん一生懸命作業されています。
このような作業を通して、どのようにしたら仕事が効率よくすすめられるか、自分に向いている職業はどのようなものだろうと考察していきます。
最初は表情の硬かった生徒さんも、「おもしろかった~」「タイムが縮められなかった」等各々の感想を表情良く話されているのがとても印象的でした。
ウェルビーではこのように学校の方にも見学や体験会を行っています。(往訪も来訪もOKです)
就労移行がどのような場所か興味のある方、どのような訓練か興味のある方がいらっしゃればぜひお気軽に連絡を頂ければと思います。

【札幌】就活プログラムのご紹介

皆様、こんにちは!ウェルビー札幌センターの小川です!
本日は就活プログラムの紹介をします!

就活プログラムは就職活動に関する講座形式のプログラムとなっていまして、自分の適職を探すための自己理解就職活動に関する知識を身につけていただきます!

6/24(木)に行われた就活プログラムは「面接の身だしなみ」についてでした!
面接の準備は大きく分けると2つあります!
1つは「持ち物」、そしてもう1つが「身だしなみ」です!

面接は慣れないスーツを着て、馴染みのない場所に行き、親しくない人と行うことがほとんどですよね。
そんな緊張が強くなる場面で「身だしなみはこれで大丈夫かな」と不安に感じてしまうと、実力を発揮できずに失敗してしまうかもしれません。
そのためにも事前に学んでおき、準備をして、「無意識にできるようになる」ことが大切です!

1度の説明で完璧に行うことは難しいと思います!
利用者の皆様は担当スタッフと一緒にこれからも取り組んでいきましょう!

ウェルビー札幌センターではコロナ予防対策もしっかりと行っています。
・入室時の検温と手の消毒
・マスク着用のお願い
・常時の加湿
・パーテーションの設置
などの対策を行っています。

 

見学の他にも体験利用の希望も受け付けています!
支援員一同心よりお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!【問い合わせ先】
ウェルビー札幌センター
電話番号:011-213-1981/FAX番号:011-213-1982
E-mail:info@welbe.co.jp

 

【藤沢第2】5月の特別プログラム、お菓子クイズ大会&紙飛行機大会の報告

五月末に特別プログラム内で、お菓子クイズ大会と、紙ヒコーキ大会が行われました。

1@ポスター画像藤沢第2センター

 

≪お菓子クイズ大会≫

お菓子の一部の画像などを見て、お菓子の画像や、お菓子会社の名前を当てるクイズでした。
有名なお菓子から、マニアックなお菓子まで、いろいろなクイズが出題され盛り上がりました。

2@お菓子クイズ大会オープニング画像藤沢第2センター

2@お菓子クイズ大会オープニング画像

≪紙飛行機大会≫

参加者は2チームに分かれチーム毎で作戦会議を行いました。試合では自分で折った紙飛行機を、設置した輪に向かって飛ばし、的の輪を潜れば得点となるゲームでした。
こちらも一投毎に歓声が起きて盛り上がりました。

3@黄色い紙飛行機を折る写真藤沢第2センター 6@完成した紙飛行機の写真藤沢第2センター 5@黒い紙飛行機写真藤沢第2センター 4@青い紙飛行機折る写真藤沢第2センター

7@目標の緑色と黒色的の写真藤沢第2センター 8@目標の桃色と赤色線の的の写真藤沢第2センター

9@得点の写真藤沢第2センター

 

4月から結成されたチームで、企画からイベント本番までメンバーみんなで協力をし、楽しいイベントを無事に成功させることができました。

当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。
個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

【錦糸町】在宅訓練をされている方の声を紹介

こんにちは!
ウェルビー錦糸町センターです。

さて、本日は在宅訓練をされている方の声を紹介します。
この方は、4月から現在まで在宅で、PC訓練、軽作業などの訓練を行っております。
皆様の参考になれば幸いです。

★在宅訓練を行ってみて感じたこと★

皆さん、こんにちは!私はウェルビー錦糸町センターに通っている利用者です。
これから、私が在宅訓練で行っている内容や感じたことをお伝えします。

■訓練内容
・ビジネス文書
・電卓計算
・金種計算
・アンケート入力
・カード作成など

■生活リズム
・生活リズム表の記入(毎日の起床就寝時間、気持ちなど)
・訓練時間の時間管理を意識する

■在宅訓練で身についたこと、出来るようになったこと
・集中力がついたこと
・決めた時間内で訓練が出来るようになったこと。

■難しいと感じたこと
・すぐに質問ができない
・孤独感がある
・別の人がどのぐらい出来ているかわからない

■まとめ
これからは、自由にパソコンを使いこなせるようになりたいと思っています。
課題として感じたことは、集中力を維持しつつ、時間内に決めたことを最後までやり遂げたいです。
支援者がいることで、心の支えになっており訓練に取り組めています。

【お申込み方法】
①電話
03-5625-5751(ウェルビー錦糸町センター直通)
※営業時間9:00~18:00(日曜日を除く)

②FAX
03-5625-5752

③E-mail
kinshicho@welbe.co.jp

今、生活リズムが崩れていて社会に出るのが不安。
コミュニケーションが苦手で就職活動に自信がない。
仕事を長く続けられるか不安。
働かなきゃと思うけれど、何から始めれば良いかわからない、などのお悩みがありましたらぜひご相談ください。

皆様からのご連絡をスタッフ一同お待ちしております。