【宇都宮第2】ウェルビー宇都宮第2センターで〇〇なこと

こんにちは、ウェルビー宇都宮第2センターです。
10月に入り涼しくなったかと思えば暑くなったりと栃木では気まぐれな気候が続いています。

先週に引き続き、企業実践<広報課>のブログ紹介です!
テーマは「ウェルビー宇都宮第2センターで〇〇なこと」です。
第2回目はウェルビーを利用されて3ヵ月ほど、
30代男性で精神障害をお持ちの、釣りが好きなHさんです。

~私の○○な事は、『心境』の変化です~

まず、ウェルビーに入所した経緯を簡単に説明させていただきます。
前職をうつ病で退職して、病院とカウンセリングに通いながら約1年間就職活動をしておりました。
ですがうまくいかず、悶々とした日々を過ごしていました。その時の『心境』としては、まだ自分が病気であることに対して、悔しさと「なんで私が?」という気持ちが一杯で、本当の意味で病気を受け入れることができませんでした。

そんな時インターネットのサイトで、ウェルビーに出逢いました。
その時体験利用の説明をしてくださった方の「まだまだこれからだよ!!(^O^)/」の一言で入所を決めました。

元々、自分の気持ちを相手に伝えることが上手ではない私は、ウェルビーのカリキュラムの中にある、グループディスカッション・グループワーク・企業実践にとても興味を持ちました。
中でも企業実践は、実際の会社を想定して行われるので話下手の私にはピッタリでした。
そこで企画課に配属になり、ストラックアウトのボードと球を段ボールで作成するという課題に取り組みました。
話し合い、作成、テスト、ブログ作成までみんなで協力して意見を出し合い、最後までやり遂げることができました。

その時の『心境』としては、自分の意見を主張しても否定される事がないので、
自由に発言をしても受け入れてもらえる事がなにより自信につながり、
どのカリキュラムでも積極的に発言することができるようになってきました(*^^)v

今の『心境』としては、ウェルビーに毎日通所するのが楽しく感じられており、
あの頃の「病気を受け入れられない自分」はおらず、病気と向き合って行動できていると思います。

今後の目標としては、数あるカリキュラムの中で自分に合ったものを見つけ、就職活動に役立てていきたいと思っております。

~いかがでしたでしょうか?~
今回の〇〇は「心境」でした。障がいを受け入れることが出来ないながらも、ウェルビーを通じて新たな心境を持つことが出来たのではないでしょうか。企業実践では1人1人が主役となり、意見を交わすことができる機会となっております。Hさんも意見を聞き入れてもらえたことで、発言に自信を持つことが出来ていますね。
それでは、また次回のブログをお楽しみにして頂ければと思います!

~障がいと向き合いたい、他人に気持ちを上手く伝えられるようになりたい、など興味を持たれた方はぜひお気軽にお問い合わせ下さい~
「ちなみに、近隣に宇都宮センターもあります。ぜひ覗いてみて下さい。」
宇都宮第2センターのホームページはこちら。」

【宇都宮第2】ウェルビー宇都宮第2センターで○○なこと

こんにちは、ウェルビー宇都宮第2センターです。

今回の企業実践<広報課>は、ブログを作成しUPします。
テーマは「ウェルビー宇都宮第2センターで〇〇なこと」です。
今回の4人のメンバーですが、全員がブログを作成するのは初めて!!
第1回目20代男性で精神障害をお持ちの、パソコンが得意なSさん
です。

~それでは以下ブログ内容です~

ウェルビー宇都宮第2センターで○○なこと

は現在、ウェルビー宇都宮第2センターで就労移行支援を受けています。
そんな私の第2センターで○○なことは成長です。
以前の私は、全くの機械音痴でした。どれぐらい機械音痴かと言えばPCのofficeの
使い方はおろか、タイピングもままならない、PCの電源が入ったままUSBを引き抜くという程
でしたので、どれだけ機械音痴だったかがお分かりいただけるかと思います。
また、ウェルビーに通所する以前は前職のストレスによって昼夜逆転など生活習慣も
破綻していました。
んなある日、私の両親がとある病院からウェルビーのパンフレットを持ち帰ってきたのが、私とウェルビーの出会いの始まりでした。
両親がパンフレットを持ち帰ってから数日後に私は、両親と共にウェルビーの見学へと赴きました。その後、三日間の体験を通して、私の「ウェルビーに通いたい!」という思いが強まっていきました。
ェルビーのPC訓練等のカリキュラムを通して、知ること・成長することの楽しみや喜びを知った私は、Word・Excel・PowerPoint等のofficeの参考書で勉強を始め、
少しずつ知識を広げていくことから始めていきました。
そんな私が現在では個人的に、音声ファイル・動画ファイルの編集を行えるようになり、最近はPython(パイソン)等のプログラミング言語の勉強もしております。
その過程として、自分で調べる力も身につけることができました。

また、週五日の安定した通所を実現するために全体的な生活習慣も改善し、現在では23時頃には就寝して4時頃に起床するといった、とても健康的な生活へと改善されていきました。
これらの変化・成長はウェルビーと出逢わなければ、起こり得ないことでした。
私は、今後も様々な知識を深め、理想的な職場に就職したいと考えております。

~いかがでしたでしょうか?
今回の〇〇は「成長」でした。ご本人がウェルビーに通ってからの成長について伺えたかと思います。
パソコンの知識に関してほぼ0(ゼロ)だった方が、今では色々な人から頼られる存在となっています。また、生活習慣が改善されたことは日常生活においても、とても良かったのではないでしょうか。
ブログ初めてながらメンバーで相談して、より良い文章にしようと工夫ができた第1回目でした。

それでは、また来週のブログをお楽しみにして頂ければと思います。

~このようにPCに詳しくなりたい、生活習慣を改善したい、など興味を持たれた方はぜひお気軽にお問い合わせ下さい!~
ちなみに、近隣に宇都宮センターもあります。ぜひ覗いてみて下さい。
宇都宮第2センターのホームページはこちら。

【宇都宮第2】レクリエーション「ウェルビンピック」のご報告

こんにちは、ウェルビー宇都宮第2センターです。
立秋とは名ばかりで厳しい暑さが続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
しばらく暑さが続くようですので、体調を崩さぬようお元気でお過ごしください(*^^*)

さて今回は、

7/22(木)・7/23(金)の2日間、オリンピックにちなんだレクリエーションウェルビンピックを開催しました。
1日目(頭脳編)…五輪・海の日に関連したクイズ大会
2日目(運動編)…ストラックアウト・フリスビー・卓球
今回のブログでは、準備話やクイズ大会優勝者インタビューなどウェルビンピックについての話題をお送りします。皆様どうか最後までお付き合いください。

〈ストラックアウト準備話〉
作成時、今回に限らず何度も使えるように、設置方法に関する手引書を作成したり、的を固定するためのセロハンテープをどう張るのか分かりやすいように制作した道具に記載したりと色々工夫しながら準備を進めました。

【宇都宮第2】ウェルビンピック①

 

〈クイズ大会優勝者インタビュー〉
一般常識で、魚へんの漢字や世界の国旗を当てるクイズや、オリンピック・パラリンピックのスポーツのルールを当てるクイズ大会でした。高得点を獲得することができ、本当に嬉しかったです。自信を持てなかった自分でもコツコツ努力をすれば、いい結果が出せるんだと、とても自信を付けることが出来たイベントでした。これも一緒に通所してくれる仲間、一生懸命私たちをサポートしてくれている職員の方々のお陰です。

 

〈ストラックアウトについて〉
1チーム3人、1人4個のボールを1~9番の的に向かって、椅子に座りボールを下投げで投げ、より多く的が倒れた方が勝ちというルールでした。ルールをしっかり設定したお陰で、皆さんに混乱などもありませんでした。ボールの大きさによって威力が変わり、倒れる枚数が変わったりして、皆さんその変化を楽しんでいました。

【宇都宮第2】ウェルビンピック②

 

〈フリスビーについて〉
10点、30点、50点、100点の順で小さな的を設置し、段ボールで作成したフリスビーを1チーム3人、1人5枚投げて合計点を競いました。中には、50点と100点を同時に当てる方もいて、皆さん大いに盛り上がり、楽しんでいました。

【宇都宮第2】ウェルビンピック③

 

〈卓球について〉
まず、くじを引いてミニラケット、プラケース、テッシュ箱、段ボールから使用するラケットを選び、1チーム3人中2人を選んで、途中でメンバーを入れ替えながら、ダブルス形式で試合をしました。10点先取で勝敗を決めるルールでした。ミニラケットを使用する人が有利かと思いきや、一番小さく最も打ちにくかったので、当たった人は工夫しながら競技を行っていました。皆さん白熱した試合を行い、ゲームを楽しみました。

【宇都宮第2】ウェルビンピック④

 

皆さん、最後までお付き合い頂きありがとうございました。利用者一同、オリンピック気分を味わい、楽しいひと時を過ごせました。このようなレクリエーションがあるのもウェルビーの魅力の1つです。今後もこのような企画をご紹介出来たら良いと思っています。最後に一言!頑張れ日本代表!

【宇都宮第2】就活プログラムについてご紹介

こんにちは、ウェルビー宇都宮第2センターです。
じめじめした日が続いていますが皆様どうお過ごしでしょうか?
梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。暑さで体調を崩さぬようお元気でお過ごしください(*^^*)
今クールの企業実践広報課では、利用者様に各カリキュラムへの思いを綴って頂きブログアップしていきます!メンバーで何度も話し合い作り上げた文章になっておりますので最後まで読んで頂けると幸いです。
第3回目は30代男性で、身体障害をお持ちの方です。
それでは、以下が文章です。
今回は、就活プログラムについてご紹介します。
【就活プログラムとは】
働くことの意味を理解し、就職活動を不安なく行えるようにすること、履歴書の書き方や自己分析の方法を知り、職業適性、アピールポイントを把握して就職までの道のりをえがくカリキュラムです。

このカリキュラムの目的は、大きく分けると次の3つがあります。
1. 就職活動に関わる仕組みを知る
2. 応募書類の作成
3. 応募書類作成に必要な自己分析の方法について知る

私が就活プログラムを通して学んだことは…
「自己分析」と「職務経歴書作成」が特に印象に残っています。
 自己分析は、職歴を振り返って希望の就労先をイメージすることです。自身の障害特性や対処法、長所や短所について分かりやすく応募先の企業に伝えることにより、スムーズに意思疎通ができるようになり、お互いのメリットになります。
職務経歴書は、今まで書いたことがなかったので、そのようなものがあることも初めて知りました。さらに、文書そのものの書式や体裁についても初めて触れるものだったので慎重に作成しました。

就活プログラムのカリキュラムのなかで、『就活サポートノート』というものを使用し、就活までの流れを分かりやすく学ぶことができています。
実際に体験すると実感が湧くと思いますので、体験・見学にいらしてください。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

【宇都宮第2】カリキュラムについて

こんにちは、ウェルビー宇都宮第2センターです。
じめじめした日が続いていますが皆様どうお過ごしでしょうか?
梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。暑さで体調を崩さぬようお元気でお過ごしください(*^^*)
今クールの企業実践広報課では、利用者様に各カリキュラムへの思いを綴って頂きブログアップしていきます!メンバーで何度も話し合い作り上げた文章になっておりますので最後まで読んで頂けると幸いです。
第2回目は20代女性で、精神障害をお持ちの方です。
それでは、以下が文章です。
今回のブログは、ウェルビーの数あるプログラムの中から、PCプログラムについて説明していきます。とても実践的で為になるプログラムです。最後までお付き合いお願いします。
【PCプログラム】とは・・・
各自のPCスキルに合わせて、ビジネスに必要なPC操作の技術を訓練し、身に付ける為のプログラム。

〈PCプロブラムの主な種類〉
・タイピング
・アンケート入力
・顧客伝票修正    など、多くのプログラムがあります。

今回はPCプログラムの中の1つ顧客伝票修正について解説していきたいと思います。

〈顧客伝票修正の作業の流れ〉
1, 記録シートに、目標の枚数(顧客伝票の修正枚数)、正解率を入力します。
2, やってみようパソコンデータ入力のソフトを使って、伝票修正を行います。
(15分、45分、60分のコースがあり、自分のレベルに合った時間を選びます)
3,画面の左側に出る正しい情報を右側の顧客伝票と見比べ、間違っている所を直します。
(メールアドレス、電話番号、氏名などの入力ミスを見つけて直していく)
4, 直しが終わったら、画面のチェックボタンを押します。全て修正が終わると次に進んでください、と表示されます。まだ間違いがある場合は、間違っている項目が赤く表示されるので、間違いを見つけて修正してください。
5,終了すると、顧客伝票の修正枚数、正解率が表示されます。記録シートに記録し自分の作業レベルを把握しましょう。

〈顧客伝票修正を行っての感想〉
時間を気にしながら、作業を行い、間違いを見つけていく作業が実践的だと思いました。間違いを修正しながら自分の弱点を把握していける点も良い所だと思います。私の場合は漢字や数字の羅列より、アルファベットの羅列のほうが間違いを見逃しやすいことが分かりました。メールアドレスのチェックはチェックの回数を増やすなど、自分なりの改善策が見つけられ、とても勉強になりました。

【宇都宮第2】企業実践の総務課の電話の応対

こんにちは、ウェルビー宇都宮第2センターです。
じめじめした日が続いていますが皆様どうお過ごしでしょうか?
梅雨が明けると本格的な夏がやってきます。暑さで体調を崩さぬようお元気でお過ごしください(*^^*)
今クールの企業実践広報課では、利用者様に各カリキュラムへの思いを綴って頂きブログアップしていきます!メンバーで何度も話し合い作り上げた文章になっておりますので最後まで読んで頂けると幸いです。

第1回目は30代男性で、精神障害をお持ちの方です。
それでは、以下が文章です。

【企業実践の総務課の電話の応対】
ウェルビーのカリキュラムの1つである企業実践とは“実際の会社”を想定し、スタッフ(上司役)から与えられた業務をグループで行います。5回を1クールとし、今回のクールは広報課・企画課・総務課・庶務課の4つの課に配属されます。
今回はその中の総務課の内容をご紹介しようと思います。

皆さんは企業に入った際、一番割り当てられやすい仕事は何だと思いますか?
書類整理でしょうか?補助業務でしょうか?
色々あると思いますが、企業実践の総務課では電話対応の練習を行います。
電話応対は苦手な方が多いのではないでしょうか。
理由は慣れていないために相手の言った会社名等が聞き取りにくいという事や、何を聞かれるかわからず不安になる事等ではないかと思われます。

ではここで企業実践における総務課について詳しく説明します。
1,ロールプレイをして電話する(される)内容に慣れる。
決まった内容の台本が用意され、それに沿って電話応対をします。
それによって何を聞かれるかわからない事への不安の払拭になります。
2,他センターに電話をかける
電話をかける事への躊躇が無くなる。
3,他センターに電話をかける・他センターからの電話を受ける
電話を取る事への躊躇が無くなる。

色々な方とのやり取りにより、一度で聞き取れなかった場合のアクシデントに対応が
できるようになります。

電話をかける際初めのうちは緊張していましたが、だんだん慣れてくると、かけた電話の相手が台本と少し違う言い回しをしている事に気づくことで、相手の様子を気にしつつ対応できる余裕が出てきました。

私が実際に仕事をしていた時は電話の取次が多かったので、下記のようなメモのテンプレートを作成、印刷して使用していました。
必要事項の聞き漏れがなく効率的に作業ができて便利でした。

宇都宮センター画像1

ウェルビー総務課では、電話内容の受け答えがすぐにできる事・内容をスタッフ(上司役)へまとめて報告できる事に重点をおいて対応を考えてみました。
他カリキュラムの座学でインプットした事を、電話をかける事・受ける事を通じてアウトプットする経験が得られました。
このカリキュラムを通じて自信を持って電話の対応ができるのではないかと思います。

いかがでしょうか?
日々の様々なカリキュラムから学んだことを、企業実践総務課で発揮していますね!
また、前職での経験も踏まえた工夫によって自信を持って電話対応に臨むことが出来ています。
皆様も是非参考にしてみてください!

【宇都宮第2】就労に必要な知識などをまとめてみました!

こんにちは、ウェルビー宇都宮第2センターです。
今クールの企業実践企画課では、利用者様が考案したタイトルを元にブログを作成して頂き、アップしていきます!
3回目のブログアップは10代男性で、発達障害をお持ちの方です。
今回はご本人がウェルビーを利用してから、就労について改めて考えた内容となっております!
それでは、以下が文章です。

「就労するには何が必要?」

私は今、就労移行支援事業所ウェルビー宇都宮第2センターに通い、就労を目指しています。
その際に知った就労に必要な知識などをまとめてみました!

まず、就労とは何か?を説明していきます。
簡潔に言えば、
「労務(賃金を得るためにする労働)」に就くか、
「業務(職業としてする仕事)」に就くかの違いです。
(国語力アップ.comから一部抜粋)
そして私は就労移行支援(障害者総合支援法を根拠とする障害者への職業訓練制度)
を利用し、就労に向けて頑張っています。

就労するにあたって、どのような仕事があるか少しだけ見てみましょう
(障害者雇用の求人を見ていきます。)

*求人1
求人区分:フルタイム(障)
就業場所:栃木県宇都宮市
仕事内容:・一般事務
・パソコン操作(メールの作成、Word、Excel)

*求人2
求人区分:パート(障)
就業場所:栃木県真岡市
仕事内容:・パッケージ及び検品作業
・農作業や除草作業
・養鶏場作業

このように、障害者雇用の求人でも様々な職種があり、自分のスキルに合った就労場所を見つける事が出来ます。
雇用形態には大きく分けて、「オープン就労」と「クローズ就労」の2つがあります。
オープン就労はあらかじめ自分の障害などを開示して就労しますが、クローズ就労では自分の障害などを開示せずに就労を行います。
自分のタイプに合った就労を目指しましょう!

就労場所を決めたら、書類作成をします。主な書類は以下の通りです。
 履歴書
 職務経歴書
 ウェルビーからの紹介状(オープン就労のみ)
 主治医からの紹介状(オープン就労のみ)
 私の障害について(オープン就労のみ)
 障害者手帳のコピー(オープン就労のみ)
履歴書と職務経歴書以外は、障害者であることを明かす「オープン就労」でのみ必要となります。
そしてスーツを着用し、ビジネスに相応しい髪形や身だしなみで面接に挑みましょう!

私もウェルビーに通所してから分かったこともあります。皆さんもこれらのことをすぐに身に付けようとせず、自分自身のペースで就労に向かっていきましょう!

いかがでしょうか、就労するために必要なことや自身に合った働き方とは何か、を改めて考える機会になったのではないかと思います。オープン就労/クローズ就労、応募に必要な書類等、ウェルビーで学んだことが盛り沢山のとても参考になる文章になっていますね。
今回のブログも企画課全員でアドバイスを伝え合い、全員で満足する内容に仕上がったようです。是非参考にしてください!

【宇都宮第2】「利用者の日常」について

こんにちは、ウェルビー宇都宮第2センターです。
先週に引き続き企業実践企画課では、利用者様が考案したタイトルを元にブログを作成して頂き、アップしていきます!!。
2回目のブログアップは20代女性で、身体障害をお持ちの方です。
今回のブログテーマは「利用者の日常」と「初めての就職」の2つのテーマが候補にあがりましたが、利用者様が最終的に選んだのは「利用者の日常」となりました!。
それでは、以下が文章です。

「利用者の日常」

私は今、ウェルビー宇都宮第2センターで就労移行支援を行っています。
今回は、そんな私の1日の流れを紹介します。
ウェルビー宇都宮第2センターには、朝9:30~10:00の間に通所します。なので私は自宅を8:00頃に出発します。車と電車とバスを利用して9:40頃に通所します。

10:00になったときにその日の日直が当日の予定やお弁当をお知らせし、ラジオ体操を利用者職員全員で行います。体操をした後、日直が「本日もよろしくお願いいたします」と挨拶をして朝礼終了した後、カリキュラムに取り組みます。

今回はいくつかのカリキュラムを紹介します。
1つ目は「PC顧客伝票修正」です。
障害者職業総合センターが出している「やってみよう!パソコンデータ入力」というアプリケーションを利用して行います。記録ファイルに今日の目標を入力した後、アプリケーションを起動して45分間行います。そのあと結果を入力し目標を達成できているかを確認します。

2つ目は「ベーシックトレーニング」(軽作業訓練)です。
この訓練では、「プラグタップ組み立て」「ゼムクリップ仕分け」などがあり、個人のレベルに合わせて難易度を調整し取り組むことが出来ます。さらに月に一度ベーシックトレーニングの検定を受け、自身のスキルを知ることが出来ます。

3つ目は「企業実践」です。
この企業実践は、全国のセンターで同時に行われており、総務課や庶務課など様々な課に参加し、より本格的な訓練を行うことが出来ます。センターの職員は課の上司役となり報告・連絡・相談の訓練も同時に行うことが出来ます。

私は、これらのカリキュラムに参加することで、自分自身の中で出来ないと思っていたことが出来るということに気付き、驚いたり感動しました。
私はこれからもカリキュラムに参加し、就職したときに後悔のないように頑張っていきます。

いかがでしたでしょうか、
本人の思いとして、ウェルビーを知らない人にもこういった訓練があること、自分と同じような境遇の人にもウェルビーという場所があることを、知って欲しいというメッセージ込められています。
今回は文面を考える中で文章が長くなってしまったりと苦戦した点もありましたが、フォローとなった利用者様からのアドバイスもあり、最終的に短くまとめて完成させることが出来ました!!。
次週は最後の1名の発表がありますので、そちらもお伝えさせて頂きます。

【宇都宮第2】『届け!ウェル弁~オンラインLIVE~』について

こんにちは、ウェルビー宇都宮第2センターです。

目に青葉がしみる頃となりましたが、皆様どうお過ごしでしょうか?
暑い日も増えてきましたので、こまめな水分補給を意識して体調を崩さないようにしていきましょう。

さて、本日のブログは5月3日、4日、5日に3日連続で行うゴールデンウイークイベント『届け!ウェル弁~オンラインLIVE~』についてです。
グループごとに都道府県の特産物を使用したお弁当を考え、オンラインアプリケーションを使用してアピールポイントやこだわった食材等をプレゼンして頂きます。
コロナ禍だからこそ実現する、今までになかったイベントになる予定です(*^^*)
当日は宇都宮センターの利用者様と混合グループになるので様々なアイデアが飛び交うこと間違いなし!

どんなお弁当が出来上がるのか、利用者様・職員一同とっても楽しみにしております!

宇都宮第2センター弁当ポスター

このようにウェルビー宇都宮第2センターでは季節ごとのイベントも行っております。内容は就活に関するものだけでなく、ビジネスマナー、時には今回の合同イベント(プレゼン力向上カリキュラム)もあります。次回はどんな企画になるか楽しみです!

是非、ご参加ください!

「ご一緒に目標に向かって進んでいきましょう」

皆様のご参加・お問い合わせお待ちしております。
は、随時、無料の見学・体験を受付けておりますのでお気軽にお問合せ下さい!!

【宇都宮第2】「私が就労移行支援に入る前」

こんにちは、ウェルビー宇都宮第2センターです。
今クールの企業実践の企画課では、利用者様が考案したタイトルを元にブログを作成して頂き、アップしていきます!。
最初のブログアップは20代女性で、精神障害をお持ちの方です。
今回はご本人が考えて頂いた、ウェルビーに入る前の自身についての内容です!
それでは、以下が文章です。

「私が就労移行支援に入る前」

私が就労移行支援に入る前、スーパーの品出しなどをやっていました。仕事が苦手なわけではなかったのですが、上司や先輩との人間関係が上手くいかず、自分の感情の起伏も調整できなかったがために、仕事を辞めさせられてしまいました。
「自分では辞めたくなかった」という感情もあったり、「なぜここまで言われなくちゃいけないのだろう」という感情もあったり、「お世話になったのに申し訳ない」という感情もあったりとさまざまな感情が交差してしまい、自分が自分ではないような感じでした。
さらに働いている間に母が入院してしまい、仕事の上に家事もやらなくてはいけないようになり心身ともに疲弊してしまいました。
そこから約2か月間、仕事に就くことが出来なかったのですが、ハローワークの社員に「ウェルビーという就労移行支援事業所がありますよ」と伺いました。
他の事業所も見学をしに行きましたが、自分に合っていたのがウェルビーだったので、通ってみることにしました。しかし、自分が思った通りにいかず自分を責めてしまうことが多々あり、スタッフさんが悲観的に思っているのではないかと考えてしまうこともありました。
しかし、スタッフさんや他の利用者さんのおかげで自分を責め過ぎないようになり、気持ちが楽になりました。
今では自分のやりたい仕事も見つかり、分かっていなかった自分の感情なども分かるようになってきました。これからもウェルビーに通い、さらなる成長を目指し頑張っていきたいです。

いかがでしょうか、
改めて自身について振り返る機会にもなったのではないかと思います。気持ちの変化や、これからの希望も感じられる内容になっていますね。
文面を考える上で、なかなか表現方法が分からない場面もありましたが、企画課全員でアドバイスを行い、補ってくれていました。目標の時間内に文章を完成させることも出来ました!
あと2名の発表がありますので、その様子もお伝えさせて頂きます。