【福山】センターの日常

こんにちは!ウェルビー福山センターです!
 
 
もう師走も半ばですね。温暖な中国地方も、今日は雪がちらついています!福山センターも開所より早半年。年末に近づいてもなお、利用者様、体験者様共にまだまだ新しい方に来ていただいております!
6月の開所時には、利用者様も片手で数えられるほどで、この広いセンターが一層広く思えるほどさみしく感じられましたが、今や連日下の写真のように広いセンターが狭く感じるほどに盛況を呈しています!
福山センター①-1
 
どんどん人が増えてくるので、お弁当係の私(誰?)も、発注と管理の計画がどんどん崩れていくので嬉しくも大変な(?)思いをしております(笑)。
休憩中はセンター中から利用者様同士の楽しそうな話し声が各所から聞こえてきて、もともと馴染めなかった方も少しずつお話をされるようになりました。
「ウェルビーに行くのは楽しい!」
と、ご家庭でおっしゃるようになった利用者様も多いようです。皆様、就労に向けて確実に一歩ずつ前進していらっしゃいますね!
 
ウェルビー福山センターでは、就労に向けた様々なカリキュラムや楽しめるリフレッシュカリキュラムを実施しています。
興味を持たれた方は、ぜひ見学・体験にいらしてください。
お待ちしています。
 
 
体験や見学のお申し込みは、
 
1.お電話でのお申し込み
下記の電話番号にお電話ください。
TEL: 084-999-8950
2.メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「福山センター 見学・体験申し込み」
●氏名(ふりがな)
●見学・体験希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL: fukuyama@welbe.co.jp
●福山センターのHPはこちらから

【仙台広瀬通】企業実習報告 (利用者様執筆)

皆様、こんにちは(*´▽`*)
ウェルビー仙台広瀬通センターです。
 
仙台はすっかり冷え込み、冬の足音が近づいてきて、おでんや鍋料理のおいしい季節になってきました。皆様冬の味覚楽しんでいるでしょうか?
冬に近づくにつれ、体調管理が難しくなってきますが皆様の健康を切に願っています!
 
今回は10月26日(水)から12月9日まで開始された、某カー用品メーカーでの企業実習について報告したいと思いますm(__)m
 
10月26日に企業で実習体験をさせていただきました。私が伺った企業では様々な障害を持った方が10名ほど障害者雇用で働いており、それぞれの適性に合った作業をしていました。そのため存分に力を発揮し自信を持ち、且つ楽しそうに作業をされていました。
実習の内容は、倉庫内で保管しているお客様からお預かりしたタイヤを移動させる(ピッキング)作業でした。積み重なっているタイヤの中から目的のタイヤを探し出して取り出すのですが、一番下の方にあると1度タイヤを下して積み直さないといけないのでなかなか大変でした。
仙台広瀬通ブログ写真①
→タイヤの積み下ろしの様子
最終的に積み下ろしたタイヤを転がしたり、両手に抱えて運び、パレットに積んでいきます。積み下ろすときもそうですが、タイヤの運搬時にもお客様のタイヤ(ホイール)を傷つけないように注意をする必要があるので少し疲れたりもしました。パレットに積む際も、タイヤにそれぞれ大きさがあるので1つのパレットに何セット積むのか等も自分で考え企業の担当者の方に教えていただきながら作業をしました。
 
仙台広瀬通ブログ写真②
→パレットへの積み込み作業の様子
その後、ハンドフォークリフトでパレットを運搬し、運送する前の形までの準備をしました。ハンドフォークを使ったことはありましたが、小回りが利くのでちょっとハンドルを切るだけでもすごく曲がって操作するのに苦戦する人もいました。でも、最後はみんなスムーズに操作することが出来ていました。
 
ブログ写真③
→運送前の形の様子
実習中は時折、みんなから笑顔が見え、和気あいあいと実習に取り組むことができました。休憩中も、実習先の方々、他の事業所の皆様とあいさつや、談笑して和やかに過ごすことができました。お昼のお弁当もとても美味しかったです( *´艸`)
最初は自信がなく、緊張で不安もありましたが、終わってみると疲れはあるもののとても充実した企業実習だったと思います。
報告は以上です(`・ω・´)ゞ
 
 

ウェルビー仙台広瀬通センターはやるときはやる、抜くときは抜く等、アットホームに楽しく過ごしております。ご興味・ご関心のある方は下記までご連絡ください♪
随時見学・体験を受け付けております。私たちと楽しく、真面目に過ごしてみませんか?
ウェルビー仙台広瀬通センター
電話番号:022-302-6903   FAX番号:022-302-6904
メールアドレス:sendaihirose@welbe.co.jp

【荻窪】利用者様によるOB・OG交流会レポート

こんにちは。ウェルビー荻窪駅前センターの職員です。
 
今回はオフィスワークシミュレーションというカリキュラムの中で「企画課」に配属された利用者様2名にウェルビー荻窪駅前センターを卒業された方の体験談などをお話しいただくOB・OG交流会のイベント運営を通して、感じたことや学んだことを感想文として作成していただきました。
 

まず、お一人目は今回の企画課に参加したことで、話を聞く態度を示す事、発言の重要性を学ばれた方の感想文です。それではご確認ください。
 
 

『OB・OG交流会を今、振り返ってみて』

こんにちは、ウェルビー荻窪駅前センター(以下、センター)に現在通所している利用者です。寒い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
 
さて、センターでは先日、『OB・OG交流会』を開催しました。
 
OB・OG交流会とは、センターに現在通所している方々がセンターを卒業して働かれている方々をお招きして、主に働かれている職場環境や就職活動での体験などの話を聞き、これからの就職活動の参考にするために開催されるイベントです。
 
 
このOB・OG交流会の準備についての話し合いが始められたのはイベントの企画自体も未経験だった私が、ここのセンターに通所を開始してからまだ3カ月ほどしか経っていなかった頃でした。そのため、私はイベントの準備についての話し合いの時にはとても緊張していました。
 
始めの頃の私は他のメンバーの話について行くのがやっとの状態で、話し合いが終わるたびに「もっとあの場面で、どうしてあの事を言っておかなかったのだろうか?」とか「もっと他に何か出来る事があったのではないのだろうか?」などいろいろと考えてしまいました。
 
しかし、何回か話し合いに参加するうちに段々と状況をつかむ事ができるようになり、また段々と話の流れの全体が見えてくるようになり、少しずつ発言回数も増えて行きました。またずっと言えなかった事などタイミングを見計らって言えるようになるなどの成長も少しは見られたのではないのかなと思います。
 
私は実際に話し合いに参加した一員として大切だなと感じた事が2つありました。1つ目は他のメンバーに対していつでも話を聴く態度を示す事、2つ目は現時点で話し合いの中で何が決まっていて、何が決まっていないかを把握して、さらにそれらの事を常に意識する必要があるという事でした。
私はOB・OG交流会の3カ月の準備期間に細かい失敗をたくさんしたと思っています。しかし、この2つの大切な事を学べたのはとても良かったと思っています。
 
当日のOB・OG交流会には、総勢12名のOB・OGの方々がいらっしゃいました。最初静かだった部屋がOB・OGの方々が来訪するにつれてどんどんと賑やかになっていき、私はその雰囲気に圧倒されてしまいました。しかしOB・OGの方々はとても気さくな方々ばかりで、私はイベントの間メモを取りながら楽しんで話を聴く事ができました。
 
私はOB・OG交流会は準備に参加したメンバーがお互いに協力し合ったおかげで、無事に終える事ができたと思っています。また、後日の振り返りの際には細かい期日を職員に相談する必要がある事や、本番の受付の案内の管理の方法を考えておくなどの具体的な改善点を洗い出せたと感じています。
最後に私はこのOB・OG交流会の経験を今後の日々の訓練や就職活動全般に活かしていこうと思っています。読んでくださってありがとうございました。
 
 
~職員からの声~
全体像が想像できない中で新しいことに挑戦すること自体、不安があったかと思います。
その中で自身の出来ることを模索し、他者の意見に耳を傾け、理解しようと努力されていた印象です。
また、今回の経験を通して、訓練時に相談・報告のスキルを向上されたと感じます。
 
次に感想を紹介するお二人目は、元々他者とのコミュニケーションの際に自発的に発言することや自分から積極的に行動することに苦手意識を感じていた方の感想文です。それではご確認ください。
 
 

『企画課(9月~11月)感想』

今期の企画課では、OB・OG交流会の企画を行いました。
OB・OG交流会の感想として、業務量が多く感じ時間に余裕がなく途中不備が発生し、かなり苦戦しました。しかし、参加者が多い中でイベントをできたこと、アンケートで好評が多かったことなど、達成感がありました。
 
以前に企画課に参加したこともあるのですが、その際と比べて今回はイベント以外でも書記や議事録といった係を受け持つことが多かったです。任された係や担当を達成できたことや無欠席で企画課に参加できたことは良かったと思います。
 
しかし、全体を通して職員の方から見た私の印象として、あまり作業に積極的ではなく、業務への熱量が少なかったように感じたそうです。自分では、態度や言葉遣い等、他の課に属していたときと変えていたつもりはなかったので、内心、苦手な業務だった為、そういった気持ちが伝わっていたのだと思いました。正直なところ、大きなイベントをやり遂げた達成感もあったのですが、苦手な業務を続けていくストレスを感じたのも事実です。
 
また、積極性や自己発信、業務の目的の把握といった自分の苦手とする業務やこれまであまり意識してこなかったことが求められたことも苦手意識を感じた要因の一つだと思います。
そういった苦手な業務を取り組んでいたことや、業務に苦手意識をもって取り組んでいたことが態度や業務の成果に表れていたことが、職員からの評価の原因であったように思います。
 
今回の企画課を通して、苦手な業務であっても、自分の得意な業務や楽しいと感じる作業を探すことで、モチベーションを高め、態度を改善していきたいと感じました。
ただ、気を付けていても、苦手な作業に取り組むことでストレスを感じることが多く、また、この業務が好きな方や得意な方と比べ、どうあっても仕事の結果や態度に差が出てしまうと感じた為、上長からの評価は低くなりやすく、余計、ストレスをため込みやすくなるという悪循環に陥っていたように感じます。
そのため、苦手な業務に無理をして取り組むことは、雇用主と従業員双方にとってマイナスになるとも感じています。
今後、就職活動の際には自分の得意とすること、苦手とすることをしっかりと分析し、自分に合った業務を選ぶことを強く意識していきたいと感じました。
 
 

~職員からの声~
企画課に参加すること自体に苦手意識を感じていた印象ではありましたが、他のメンバーとの関わりの中で出来る限りコミュニケーションを取ろうと考えて行動し、今の自分に出来ることを模索しながら訓練に参加されていたご様子です。
今回の企画課に参加することで、自身の苦手なことを知り、自分に合った業務を考えるきかっけになったこと、また達成感を得たことで、ご本人の自信に繋がっていくと思います。
今後もウェルビー荻窪駅前センターでは様々な企画を考えています。今後も、定期的にイベントレポートを掲載いたします!
 
 

ウェルビー荻窪駅前センターでは、皆さんの“働きたい”を応援します。
資料だけではウェルビーのイメージがつかない部分もあるかと思います。
ぜひ一度センターを見学してみませんか?
見学は随時受け入れておりますので、ぜひ一度当センターにいらしていただきたいと思います。
お困りごとや相談ごとがあれば見学時やメール、電話等でもお聞きし少しでもお役に立てればと考えております。
随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は下記まで電話(03-6915-1421)かメール(ogikubo@welbe.co.jp)にてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

【池袋】特別プログラム「ちぎり絵を作ろう!」開催報告

こんにちは。ウェルビー池袋センターです。
朝がだいぶ寒くなり、布団から出たくない今日この頃です。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

今回は、特別プログラム「ちぎり絵を作ろう!」を開催しました。まずはみんなで「何を作ろうかな~♪」「これにしよう!」と考えながら作品を決めていきました。「ちぎりちぎり♪」「ぺたぺた♪」

完成した作品がこちらです。
池袋センター

来年の干支「うさぎ」にちなんだもの、風景や好きな物などが勢ぞろい。みなさん一生懸命に作成して素晴らしい作品ができました。

池袋センターの土曜日はお楽しみイベントをたくさん行なっております。ぜひ体験でこられる方も参加して下さいね♪

それでは、また次回のブログでお会いしましょう!
ウェルビー池袋センターには、豊島区をはじめ、練馬区、板橋区、北区、文京区、新宿区、中野区、東久留米市、西東京市、小平市、清瀬市、東村山市、朝霞市、川越市、戸田市、新座市、所沢市、坂戸市などの方々が利用・見学・体験されています。
西武池袋線、東武東上線、丸ノ内線は池袋駅始発ですので、帰りはゆっくり座って帰ることができます。
ウェルビー池袋センターではみなさまひとりひとりのペースに合わせた就職支援をしております。
一度、見学・体験にいらしてみませんか。
もちろん、ご相談だけでも構いません。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

【福山】利用者様がブログを作成してくださいました! (カリキュラムの紹介!!)

今回は利用者様がウェルビー福山センターのブログを作ってくださいました✨
どんな内容なのか楽しみですね~!
 
 


【福山】カリキュラムの紹介!!

 
最近だんだんと寒くなり着る服も厚着になるこの頃ですが、皆様はいかがお過ごしですか?
寒さで体調を崩しやすい時期になりましたが、できるところから体調管理を心がけていきましょう。
 
ウェルビー福山センターでは、毎週土曜日は特別カリキュラムが行われています。平日とは違い、スタッフ一人一人が考えて準備をしたカリキュラムがあります。その中の一つを紹介します。11月26日の午後に行われた自己分析(入門編)です。
福山センター1
 
 
基本のケアの一つとして、睡眠を妨げる原因の対処としてハーブティにはちみつを入れて飲む、寝る前のストレッチ(呼吸法)YouTubeを見る、
ヒーリングミュージックを聞く等の意見がでました。
福山センター2
 
① 基本のケア(睡眠・食事・楽しみと息抜きの予定をたてる)
② 心の健康を支える5本の柱(①つながる、②動く、③気付く、④学ぶ、⑤与える)
③ 自分の価値観を知る―人生の行動指針、生活の中で実践し決断する。
 
 
私が毎日思っていることの一つです「小さな幸せと平和な日々が続きますように」と思います。
 
皆様いかがだったでしょうか?見学はいつでも歓迎ですのでいつでもおこし下さい。
 


 
素敵な内容でしたね!
今後も利用者様から見たウェルビー福山センターについてお伝えしていこうと思います✨
 
 
ウェルビー福山センターでは随時見学や相談を受け付けております。
ぜひご気軽にご連絡ください!!

 

体験や見学のお申し込み方法↓↓
1.お電話でのお申し込み
下記の電話番号にお電話ください。
TEL: 084-999-8950

2.メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「福山センター 見学・体験申し込み」
●氏名(ふりがな)
●見学・体験希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL: fukuyama@welbe.co.jp

●福山センターのHPはこちらから

【鹿児島中央】カリキュラムご紹介

皆さん、こんにちは!
ウェルビー鹿児島中央センター、広報課です☺

先日、休みの日に霧島市に紅葉狩りに行ってきました。
ウェルビー鹿児島中央センターブログ写真1
秋らしい木枯しがふき、日をまたぐごとに肌寒さが増していますが、こうした自然の優しい刺激は癒されますね。

一説によると、乱れがちな自律神経を整える効果があるとか。

鹿児島市近郊ではいちき串木野市の冠岳が見頃だそうです。この機会に是非、山を愛でてみてはいかがでしょうか♪

今回は当センターのカリキュラム【ビジネスコミュニケーション】をご紹介します。

ウェルビー鹿児島中央センターブログ写真2

ウェルビーでは一週間に数回、利用者間でグループディスカッションの時間を設けて、話力を養います。特に【ビジネスコミュニケーション】では実際のビジネスを想定した場面を再現します。

今回のお題は『SST(休憩の取り方)』について。職場で休憩を取るタイミングや、休憩時の雑談方法のロールプレイを行いました。

ウェルビー鹿児島中央センターブログ写真3

はじめに座学があるので、はじめての方も安心ですよ!

「就職に不安がある」
「職場でのコミュニケーションが苦手」
「長く働き続けられるかな」

そういった悩みを一緒に解決していきましょう!!

見学や体験も随時、受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。
スタッフ一同、心よりお待ちしております!!

【本厚木駅前】11/24開催 「発表会」報告

こんにちは、ウェルビー本厚木駅前センタープレゼン課チームでございます。
本日は、先日11月24日(木)に行った発表会についてご報告いたします。

私たちは、オフィスワークシミュレーションというカリキュラムの一環で、去る11月17日(木)、海老名市発達障がい児者家族会「そのまんま」様主催のイベントにて、当センターを紹介するプレゼンをするため、チーム一同一生懸命準備に取り組んで参りました。しかし、残念ながらイベントが中止になってしまい、メンバー内で、ぜひ多くの方に見てもらいたいという思いから、センター内で発表することになった次第でございます。

ウェルビー本厚木駅前_写真①
ウェルビー本厚木駅前_写真②
「ウェルビー本厚木駅前センター紹介」
ウェルビー本厚木駅前_写真③
センターの場所や駅からの行き方などについて説明しています。
画像はセンター内の設備を説明している様子です。
「カリキュラム紹介」
ウェルビー本厚木駅前_写真④
数あるカリキュラムの中でベーシックトレーニング(軽作業訓練)の説明をしている様子です。
「オフィスワークシミュレーション」
ウェルビー本厚木駅前_写真⑤
利用者様を対象としたアンケートの結果を発表している様子です。
ウェルビー本厚木駅前_写真⑥
発表で使用したスライドです。
総務課について説明しています。
ウェルビー本厚木駅前_写真⑦

以上が発表での様子となります。
以下、プレゼン課メンバーの感想コメントになります。
※名前はニックネームにさせて頂いております。

メンバー感想コメント
・2か月チームと一緒にスライド資料を作ってそこで色々なことを学んだなと思いました。
チームのみんなと相談したり意見を言ったり深く携わってよかったなと思いました。
ニックネーム:TKG

・この2か月間、発表に向けてスライドを作成したことで、ウェルビーや協力したメンバーのことを深く知ることができました。
この経験を今後の就労や人生に活かしていきたいと思います。
ニックネーム:るる

・チームで一つの目標に向かって取り組んでいく事に対して、配属当初は不安と戸惑いが大きく体調を崩してしまう場面もありましたが、それ以上に私自身の成長に繋がるものが数多く得られた2ヶ月間でした。
ニックネーム:すみっコ

・2ヶ月お疲れさまでした。プレゼン課が始まってから2週間の間、就職活動でプレゼン課の作業に入れなかったのですが、僕は(資料作成での)ウェルビーの紹介の担当でした。プレゼン資料作りやテーマを何にするかなど、作成した資料は自分なりに良く出来たと思います。アニメーションや画像を工夫して作りました。
ニックネーム:M・A

今回、イベント自体が中止にはなってしまいましたが、2カ月の間、プレゼンの作り方が分からないメンバーにソフトの使い方を共有しあったり、どうやってウェルビーの強みをアピールしていくか、アイディアをたくさん出し合ったりして、皆様に満足して頂けるプレゼンを目指していきました。
また、利用者の皆様および職員の皆様にアンケートを実施し、24日当日はアンケートの集計結果をお伝えさせていただくことができ、やって良かったと思える発表にもなりました。またこういう機会があればぜひチャレンジしたいと思います。
ニックネーム:アル・ティンニーン

チームとしての連携・協調性が求められる配属先で各自が役割をしっかりと果たし、新しく得られた事や自身の成長に繋がった2ヶ月となりました。

【藤沢第2】11月度のイベントブログ

本日、11月22日ウェルビー藤沢第2センターでは、オフィスワークシミュレーション企画広報課による「10分でどこまでいけるかチャレンジ/カードゲーム大会」のイベントが開催されました。

アイスブレイクでは「山手線ゲーム」を行いました。
企画課メンバーも混ざり、全員で輪をつくって楽しく頭の体操ができました!

そして1コマ目は「10分でどこまで行けるかチャレンジ」行いました。
お題は2つ、「しりとりをどこまでつなげられるか」と「ペーパータワーをどこまで高く作れるか」を行いました。皆さんたのしんでいただけましたか?

最後に2コマ目は「カードゲーム大会」を行いました。
カードゲーム大会では「ニムト」・「ハゲタカのえじき」・「ワードバスケット」の3つのゲームをローテーションして遊びました。
ウェルビー藤沢第2センター画像1
こちらは実際に使われたカード(以前の企画課の人たちの手作り)
イベントに参加された利用者の皆様ありがとうございます。来月のイベントの参加もお待ちしております!

ウェルビー藤沢第2センターでは、このようなレクリエーションイベントを1カ月間に1回ほど、定期的に開催しております。ウェルビーに興味がありましたら、イベントにご参加いただき、どんな雰囲気のセンターか覗いてみませんか?体験も大歓迎です!

当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。
個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。
見学・資料請求のお申込みはこちら▼
★お電話でのお申込み
TEL:0466-52-4611
★メールでのお申込み
必要事項をご記入のうえ、下記のアドレスにお申込み下さい。
・件名:藤沢第2センター 見学・体験申し込み
・氏名(ふりがな)
・見学・体験希望日
・電話番号
・質問事項
MAIL:info@welbe.co.jp
★フォームからのお申込み
資料請求はこちら
見学申し込みはこちら

【京都四条烏丸第2】イベント開催報告

こんにちは!ウェルビー京都四条烏丸第2センターです。

冬の訪れを感じさせるこの頃ですがいかがお過ごしでしょうか?
さて、ウェルビー京都四条烏丸第2センターのブログでは普段、イベント報告に関してスタッフが更新しておりますが、本日は利用者様より更新させていただきます。
というのも11月19日に行った土曜イベントOWS・企画課のイベントとして行ったからです。
タイトルはずばり「冬じたく お楽しみ会」です!
ウェルビー京都四条烏丸第2_スライド1
ウェルビー京都四条烏丸第2_スライド2 ウェルビー京都四条烏丸第2_作品写真2

(※上記はイベントで使用したスライドと企画課メンバーの作品です。)

今年もいよいよ大詰め。冬の寒さを忘れるほどに年末年始を楽しく過ごし、来年を快く迎えられる様にという思いを込めて、今回のイベント企画を行いました!その内容は―――
「色んな国のクリスマス」では、色んな国々の多種多様なクリスマスの催しのご紹介。
「世界の名城」では、各国の壮観なお城の風景、概要をご紹介。
「おすすめゲーム」では、年末年始を皆さんが過ごすのにおすすめのゲームのご紹介。
「ウェルビーへのプレゼント」では、木工のプレゼント作成の工程のご紹介と出来上がった作品をセンターへ贈呈。
「謎解きクイズ」では、頭を悩ませる問題の数々で皆さんと白熱しました!

参加した方からは、
・「海外のお城は規模が大きく、アニメやゲームの世界のようでワクワクする。」
・「みなさん、しっかり届く声で発表出来ていました!この経験を次に活かしていって下さい!!」
・「皆さんの個性が出ていて凄いなと思いました。声の大きさも丁度いいぐらいでした。スライドを進める早さも丁度良かったです!」
・「ゲームパートのネコのイラストが可愛かった」
・「頭、ほぐされたような気がしました。正解したら、ムチャ嬉しいですね」
・「私もいつか、企画課の発表をするときが来るかもしれませんが、そのときは今日のような楽しい発表を出来るように頑張りたいと思います」
というような感想を頂き、大いに楽しんでいただけながら、これからの冬の過ごし方をお伝えする事が出来ました。

企画課メンバーのからは3か月間、企画課としてOWSを通して、
・「スケジュールに合わせて進捗が遅れないようにするのは大変でした。」
・「メンバーと協力したり、期限を守ったりする重要性を知ることができた。」
・「2回目の企画課で、分かり易い文章のまとめ、声の出し方に注意して発表できた。チームワークも出来ていて、スムーズにイベントを終えられホッとした。」
・「初めての企画課だったが、わからないことを聞くことができて、不安を持たず進められた。助けられる事ばかりだったが、楽しかった。」
・「2回目の企画課となり、今回は経験者の立場として、また違った大変さがあった。同じ課でも異なる立場での経験を得たことを生かして、就職活動につなげていきたい。」

という感想が頂けて、今後の為の良い経験となりました。
ウェルビー京都四条烏丸第2センターでは土曜日イベントとして、就職後も役立つプログラムを提供しております!
平日・土曜日・祝日も体験利用を行っておりますので、ご興味がある方はお電話またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください!
※ウェルビー京都四条烏丸第2センターでは、今後もより安全な環境を皆様に提供するために、毎日の検温や手指消毒の徹底、センター内の換気、テーブルに衝立の設置などを実施し、感染防止の対策を行っております。

資料請求はこちら
見学申込はこちら

【新大阪】11/19開催 イベントレポート

風が冷たい季節になってまいりましたね。ウェルビー新大阪センターのです。
今回も利用者目線からの、就労移行支援での訓練模様をお伝えします。

ウェルビー新大阪センターでは、土曜日の午後は「イベント」というカリキュラム枠で、13時~16時の2コマが確保されています。

ゲーム大会や映画鑑賞会、面接ロールプレイ、スタッフによる特別講義など、イベント内容は遊び系から真面目系まで多種多様です。
オフィスワークシミュレーション※注の企画課による、利用者が主体となって開催されるイベントもあります。

※注:オフィスワークシミュレーションとは
毎週金曜日に行われるカリキュラム。実際の職場環境を想定した模擬訓練。利用者はそれぞれの訓練段階に合った課に振り分けられ、「上長」と仮定した職員スタッフから指示された業務にあたります。

というわけで今回は、11月19日(土)に開催されたイベントレポートです。

* * *

教えて先輩! ~働くって、どうですか?~

今回は、実際に就労移行支援事業を利用して障がい者枠で就労している3名の先輩方による体験談をお聞きすることができました。

豊中市障害者就労支援連絡会/とよなか障害者就業・生活支援センターによる主催です。
新大阪センターだけではなく、大阪の各センターともZOOMでつながるオンライン形式での開催となりました(ウェルビーでは引き続きコロナ対策実施中です)。

まず驚いたのが、先輩方の勤続年数です。
短い方でも3年弱長い方だと7年以上同じ職場で勤続されていました。

私自身、就職した経験はありますが、続かないのが悩みです。長くて半年程度しか続けられないため、離転職をくりかえしてきた経緯があります。
今でこそ、ウェルビーでの就労移行支援の訓練を受け、自己理解を深め、原因と対策について考えられるようになりましたが、まだ実際に就職・就労し実践したわけではありません。

今回の先輩方のお話は、就労移行支援事業所を利用するに至った経緯、現在の仕事内容と、就労移行支援の訓練で役に立ったことなど、同じく障がいを持った先輩方からしかうかがうことのできない貴重な内容でした。

経緯や仕事内容、障がい特性、自己対処、希望している障がい配慮などはひとそれぞれでしたが、お三方そろっておっしゃっていたのは、

生活リズムの安定。

そう、それが一番大事。(難しい)。

毎日朝に起きて、3食食べて、夜に寝る。当たり前のことですが、それができない人も当然います。
体力作りのために、1日1万歩歩くことを目標にしている方もいました。
実際、私自身も就寝時間に気を付けるようになってから、身体・精神ともに安定してきました。

そして一番印象に残ったのが、マイペースそうな感じの方がおっしゃった言葉です。

「働き続ければ、自然とスキルは身につく。
最初からスキルを求められるわけではない。

それよりも、休まないことが大事。
一度休むと次も休んでしまうから。

覚えられなければ、覚えられるまで何度も確認すればいい。
続けていれば、覚えられる」

胸に刻んで参りたいと存じます。