【三鷹】三鷹市の観光名所のご紹介③

みなさんこんにちは、ウェルビー三鷹センターです。
金木犀の甘く爽やかな香りが漂いはじめました。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
三鷹センターでは引き続きコロナウィルス対策と致しまして、
①ご利用者様と職員ともにマスクを着用とし、通所時に体温と味覚嗅覚の確認をしております。
②手洗いとアルコール消毒を徹底し、またカリキュラムの際に使用したパソコンは毎回 アルコール消毒をしております。
③カリキュラム中はご利用者様お一人お一人席をパーテーションで区切り、扉や窓を開け室内の換気をしております。

今回も企業実践広報課がブログを担当させていただきます。

前回に引き続き、今回のブログでは「三鷹市の観光名所」を紹介させていただきます。

今回のブログで紹介する名所は「太宰治文学サロン」です。

三鷹は第二次世界大戦前から戦後にかけて名作を次々に発表した文豪・太宰治が暮らした街として知られています。三鷹市内には十数箇所もの太宰ゆかりの場所があり、「太宰治文学サロン」はその中心となる施設で、老若男女を問わない多くの太宰ファンが訪れています。
写真、地図、資料、パネル、愛用した品々等の資料展示のほか関連書籍を手にカウンターにゆっくり座り太宰ファン同士で交流できるコーナーも設置されています。
マップ、絵葉書、一筆箋、Tシャツ、鉛筆、しおり、オリジナルグッズ等のお土産が館内で販売されています。
ガイドボランティアの方が10:30〜16:30の間は滞在されており、とても親切に太宰治のことや展示物についてガイドしてくれます。あまり詳しくない方は上記時間帯に行くことをおすすめします。
太宰治は三鷹でどんな生活を送っていたのでしょうか…。太宰ゆかりの場所を巡ってその人生を知っていくのも楽しいかもしれませんね。

いかがでしたでしょうか?
3回に分けて「三鷹市の観光名所」を紹介してまいりました。
三鷹市は都心にも近く、落ち着いた街です。
そんな三鷹市にはたくさんのゆったり観光できる名所があると今回調べて分かりました。
普段の忙しい生活に疲れてしまったとき、三鷹の観光名所を訪れて癒されてみるのもいいかもしれませんね。
今回も企業実践広報課が担当するブログを最後までお読みいただきありがとうございました。次回のブログも現在作成中ですので、お楽しみに!!
以上になります。

三鷹センターでは、随時見学・体験を受け付けております。
現在、三鷹センターご利用中の方々は、
三鷹市・小金井市・武蔵野市・小平市・西東京市・国分寺市・練馬区・立川市・調布市から通われています。皆様のお越しをお待ちしております。

お申込み方法は…

1.電話でのお申込み
下記の電話番号にお電話ください。
ウェルビー三鷹センター TEL:0422‐40‐4800

2.メールでのお申込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「三鷹センター見学申し込み」
●氏名(ふりがな)
●参加希望日
●電話番号
●質問事項

MAIL:info@welbe.co.jp

3.フォームからのお申込み
資料請求はこちら
見学申し込みはこちら

ご興味のある方は、ぜひお気軽にお問合せ下さい!!
「ちなみに、近隣に荻窪駅前センターがあります。
ご興味ある方は、こちら

【所沢プロぺ】特別プログラム「ダメな例から学ぶ志望動機講座」開催報告

こんにちは、ウェルビー所沢プロペ通りセンターです。
日増しに寒さが身にしみるようになってきていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今回は、特別プログラム「ダメな例から学ぶ志望動機講座」についてのご報告を行います。

皆さん、例えばこのようなお悩みはございませんか??

・志望動機書いた事がないから書けるか不安だ
・何を書いたらいいか解らない
・なぜ添削でやり直しになるか解らない

今回のイベントでは、ダメな志望動機を利用者様が添削する事で、客観的な分析を行う事を目的としています。普段作成する事はあるが、他者の志望動機を見る機会は少ないと思い開催致しました。

例題を1題載せますので、①どこがダメか②なぜダメか考えてみましょう!!
〇ホテル業志望動機例
「貴社を志望した理由は、以前から接客業に興味があったからです。幼い頃から人と会話をすることが好きな私は、誰とでもすぐに打ち解けることができます。」
答えは後ほど記入します。

普段のカリキュラムでは深堀しにくい内容などを特別イベントで実施しています。
今後も定期的に開催を予定していますので、少しでもご興味がありましたら、体験やオンライン見学等、携帯やパソコンからオンラインで受講可能ですので、お気軽にご連絡いただけると嬉しい限りです。

先程の問題の解説です。
「貴社を志望した理由は、
以前から接客業に興味があったからです。
(→職種の理由で会社の志望ではない。)
幼い頃から人と会話をすることが好きな私は、誰とでもすぐに打ち解けることができます。
(→打ち解ける事が仕事にどう活かせる?)」

よろしくお願いいたします。

ウェルビー所沢プロペ通りセンターでは、みなさんの“働きたい”を応援します。
ぜひ一度センターを見学してみませんか?
オンラインでの見学説明も積極的に受け付けております!!!
ご希望の方は所沢プロペ通りセンターにお気軽にお問い合わせください。
皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

また、所沢プロペ通りセンターがある所沢駅の1駅となりの航空公園駅にも、
ウェルビー航空公園駅前センターがあります。
どんなところか気になる方は、こちら

当センターには、所沢市はもちろん、飯能市、日高市、狭山市、入間市、新座市、東村山市、清瀬市、小平市、西東京市、練馬区などの地域から通所されている方々がいらっしゃいます。
本川越、南大塚方面からのアクセスもとてもいいです。
また、センターによって雰囲気も異なりますので、ぜひ2センターをご見学の上、ご自身に合うセンターを選んでいただけたらと思います。

資料請求ご希望の方はこちらから

見学をご希望の方はこちらから

【西船橋】西船橋オリジナルポストカードの紹介

ウェルビー西船橋駅前センター1
こんにちは!ウェルビー西船橋駅前センターの利用者Yです!

おいしい新米が出回る季節になりましたが、私は一人暮らしの自炊生活で、ご飯を炊くことはこだわりがあり、新米がほどよく炊けたときは食も進んで少し嬉しい気持ちになります。

さて今回は、利用者Mさん(以下「Mさん」)の訓練についてご紹介したいと思います。

Mさんは、当センターに見学に来られた方に渡すため、メッセージや週間カリキュラム表が書かれたポストカードを訓練の一環として制作されました。Mさんは手先を使った作業をする仕事をしたいという希望があり、スタッフの方がその点をふまえて今回のポストカード制作を依頼されたとのことです。ポストカードは3枚制作済みで、見学に来られた方に見学記念として既に2枚プレゼントされたとのことです。

下の写真がMさんが実際に作成したポストカードです!
ウェルビー西船橋駅前センター
今回のポストカード制作についてMさんに話を聞くことが出来ました。
ウェルビー西船橋駅前センター2

私(利用者Y)は最近こうしてブログを書かせてもらっていますが、文章を書くのは好きなのでブログ作成も苦にはならず、良い経験をさせてもらっています。苦手なことを克服する訓練も必要ですが、苦手なことばかりだとモチベーションも上がりにくいので、利用者の適性に応じて、得意分野や好きなことを訓練として行わせてもらえるのはありがたいです。

本日は、以上になります。また、来月のブログも担当しますでお楽しみに!

ウェルビー西船橋駅前センター3

【松本】避難訓練を行いました

皆さん、こんにちは!
今回は、10月4日(月)、1コマ目に行った

避難(消防)訓練

についてお話をしようと思います。私自身もウェルビーの避難(消防)訓練への参加は初めてでした。

今回は、職員席奥のスチーマーから出火したという想定で行いました。

職員の横山さんの「火事だ~」の一声から始まり、消火器を使って消化を試みるも失敗。
初期消火失敗」の発声があり、職員の林さんの冷静な指示の下、外へと皆が一列となり避難しました。

まあ、火事に限らず災害というものはいつ何時発生するのか誰にも予測することは出来ません。日頃からの意識や訓練が大切なのでしょう。しか~し、実際に、その現場に直面した場合、冷静沈着に行動できるかと言ったら…。出来ないかもですね。

その後の消防団員の方からの、我々の避難行動に対するコメントを頂きました。手痛い一言がありました。それは~、
初期消火失敗‼の掛け声の前後の行動に、緊迫感が少ない。良い意味では落ち着いて行動しているだが、緊迫感は必要。ということでした。

注意点といては、
① 火は酸素があると燃え上がるので戸や窓は閉めるが基本
② 火災の大きさを見て、避難誘導者の立ち位置は考える。
③ 歩行困難者の方や、付き添い介護が必要な方がいる場合、付き添いの方を含め、火災発生後直ちに避難した方が良いです。

松本駅前センター
もう一つ、消火器の使用方法についてお話を頂きました。
① 消火器の設置場所を日頃から皆で把握しておく事
② 火災が発生したら黄色のピンは抜かず、消火器を火災現場へ2本は持っていく
③ 消火器を使用する前に必ず自身の逃げ道を確保しておく
④ 消火器は火災発生場所から5~6メートルの範囲内で、黄色のピンを抜いてからノズルを火元に向け、レバーを引いて使用する。あと、南東隅の避難口前に設置してある“ORIRO”の使い方もレクチャー下さいました。器具を避難口にあるポールに着け、避難する方に襷状の避難具をわきの下に通す形で避難者に着け、もう一方のロープを人がしっかり持ってゆっくり降ろしていく。です。
ウェルビー松本駅前校は3階にあり、火災の発生状況によっては”ORIRO”での避難は時間もかかるので現実的か否かは判断に迷いますね。

これから年末を迎えます。空気も乾燥が増し、火災が発生した場合、大火事になる危険も増す時期となります。皆さんもくれぐれも火の取り扱いには、日頃から注意してください。

 

尚、煙草を吸われる方、寝タバコや煙草の火の不始末は直ぐに火事に直結します。特に注意してください。‼(私自身も注意します。煙草も価格が上がったので止めるには良い機会? トホホ…)

ウェルビー松本駅前センターでは、年2回の防災訓練を実施しています。実際の災害・火事の際に、安全・慎重に行動できるように訓練をしています。

ウェルビー松本駅前センターには、松本市をはじめ、安曇野市、塩尻市、長野市、諏訪市、岡谷市などからご利用・見学・体験者様がお越しになっており、グループワークやPC訓練、軽作業訓練、企業実践、ビジネスマナーやウォーキング、リフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催しております。『就職に向けて集中力をつけたい』『一般企業への就職に向けてスキルを磨きたい』『人とのコミュニケーションが苦手』『生活リズムを改善したい』等のお手伝いをさせて頂きます。一度、見学・体験にいらしてみませんか。ご相談でも構いません。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。※オンライン見学説明会もご用意しております。

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

松本駅前センターQR

https://www.welbe.co.jp/center/nagano/matsumoto.html
ウェルビー松本駅前センター ブログアドレスQRコード

◆就労移行支援とは
障がい・難病をお持ちで、『就職しても長く続ける事ができない』、『学校を卒業予定だが進路が決まっていない』、『就職への見通しがたっていない』等。就職を希望している障がい・難病等がある方に対して、一般企業で働くために必要な知識・能力、生活リズムを身につけるトレーニングや、面接訓練、その人に合った仕事探し等のサポートを行う訓練施設です。施設内での支援だけでなく、ハローワーク、通院、面接の同行等の支援も行っています。

◆就職後もあなたをサポート
ウェルビーでは、晴れて就職され働きだしてからもサポートを継続し『定着支援』を行っています。入社後の慣れない環境での困りごと、仕事の悩み、人間関係についての相談、面談などを行っています。定着支援では、ウェルビーや職場の支援等も受けながら課題を解決し、自立していくことを目指します。

◆ご利用について
就労移行支援をご利用できる方は、一般企業へ就職を考えている以下のような方です。
・18歳~65歳未満で身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方
・18歳~65歳未満で医師の診断書、自立支援医療のご利用のある方
うつ状態、引きこもりが続いている、その他お悩みがある場合でもご相談ください。
心身の状態、ご都合に合わせて、週に数日、短時間からでもご利用できます。

◆ご利用料について
就労移行支援のご利用料(自己負担月額)は、前年の世帯所得で決定されます。
世帯所得とはご本人様、又はご本人様と配偶者(奥様・旦那様)の合計であり、ご両親様の収入は含まれません。

詳しくは、ウェルビー松本駅前センターまでお問い合わせください。
〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

【新潟】特別カリキュラム「仕事を知ろう!〇〇編」開催しました

こんにちは!
今回は11月9日に行った『特別カリキュラム「仕事を知ろう!〇〇編」』について、ご紹介させていただきます。

業種や職種、求人票の内容を見て、「仕事の内容」をイメージすると思いますが、皆さんは「サービス業」と聞くと何が思い浮かびますか??

今回の「仕事を知ろう!〇〇編」では、より具体的に仕事の内容についてイメージしていただくために、実体験も交えながら「サービス業」についてお話させていただきました。

サービス業と聞くと「接客」が一番に浮かぶイメージだと思いますが、接客以外にも資材の補充や店舗内の清掃など様々な業務があります。

中には、自分たちでイベントを企画し、運営をする店舗もあります。

思い浮かぶイメージ以外の部分を知っていただくことで、「入社してからのギャップの軽減」や「選択肢の幅が拡がる」ことに繋がると思います。

今回のカリキュラムでは、「サービス業」と聞いて感じた初めのイメージとカリキュラムを通して感じたイメージを書いていただきました。

参加された方からは、「サービス業のイメージが変わりました」「接客する以外にも沢山仕事があって驚きました」「サービス業には興味なかったけど、少し興味が出ました」などの感想をいただきました!!

この他、センターでは様々なカリキュラムをご用意しております。
見学・体験も随時受け付けておりますので、興味のある方は是非いらしてくださいね!
もっと詳しくカリキュラムの内容について聞いてみたい、センターの雰囲気を知りたい、という方はお気軽にお問合せください。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

【問い合わせ先】
ウェルビー新潟センター
電話番号:025-256-8735
E-mail:info@welbe.co.jp

ウェルビー新潟センターではコロナ予防対策を行っています。
・入室時の検温
・マスク着用のお願い
・アルコールによる手指消毒
・30分に1回の換気
・換気設備の常時運転
・パーテーションの設置

 

【岡山第2】~就職者の声~

皆さんこんにちは。
ウェルビー岡山駅前第2センターです。

なんと!!
岡山駅前第2センターから
記念すべき1人目の就職者が出ました!
就職が決まったY様おめでとうございます。
毎日、一生懸命に訓練された成果が出てとても嬉しく思っています。

本日は、就職されたY様がどのような経緯でウェルビーを利用しはじめ、どのように訓練に参加し就職に至ったのかを実際の生の声をお伝え致します!

<就職者 20代男性 発達障害 訓練歴7ヶ月>
11月より軽作業を行う会社で就労開始

・ウェルビーに通ったきっかけ
最初は違う、就労支援に通っていたがそこで上手く自分の意見など言えず困って
いる時、ネットで就労移行支援を見つけ連絡を取り見学し通うことになりました。
・ウェルビーでの訓練
ウェルビーの訓練で集中力を付ける為にプラグ組み立てや折り紙など
手先を使う訓練を行って、訓練前より集中力を付ける事が出来ました。
あとビジネスマナー講座で就職してからのマナーや社会でのルールを学びました。
・就職活動について
就職活動はウェルビーに協力をしてもらい、沢山の企業への体験や実習を
しました。一社目では言われた事や注意された事など気を付け、
支援者に協力、サポートなどしてもらい二社目では言われた事、注意された事を
に気を付けて取り組む事が出来て、無事に就職が出来ました。
・最後に
ウェルビー岡山駅前第2センターに来て7か月で就職でき今回の会社でずっと働いていけるように頑張りたいと思います。

イニシャル:Y

 

Y様本当におめでとうございます。職員一同、応援しています。
ウェルビーでは就職後の定着支援もしっかりとサポートを行っています。

ウェルビー岡山駅前第2センターは、岡山市の方だけではなく、倉敷市、総社市、瀬戸内市、備前市、新見市など、市外の方もご利用いただけます。
【コロナ対策について】
ウェルビー岡山駅前第2センターでは、今後もより安全な環境を皆様に提供するため職員も含め毎日の検温や手指消毒の徹底、センター内の換気、アクリルボードの設置、V-BLOCK Airを使用した抗菌・除菌作業などを実施し感染防止の対策を行っております。

岡山駅前第2センター

【問い合わせ先】
★お電話でのお申し込み★
下記の電話番号にお電話ください。
TEL:086-201-5135

★メールでのお申し込み★
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「岡山駅前第2センター 見学・体験申し込み」
●氏名(ふりがな)
●見学・体験希望日
●電話番号
●質問事項
mail:okayama2@welbe.co.jp

【静岡】ベーシックで遊ぼう!!(特別プログラム)で製作された作品のご紹介 PART①

皆さんこんにちは。ウェルビー静岡駅前センターです。

先月のベーシックで遊ぼう!!(特別プログラム)の時間で製作された作品をご紹介いたします。
ベーシックとは軽作業訓練となります。軽作業訓練は継続する力や工夫する力などを養います。訓練の項目には、【クリップ仕分け・ピッキング】【仕分け・帳票整理】【カード作成】【電卓計算】があります。

今回は【クリップ仕分け・ピッキング】で使用するクリップを活用しました。
クリップは、色別に仕分けをしたり、伝票通りの数に袋詰めをしたりして使用しているものです。今回のプログラムではこの道具を使って、「秋」を作ってもらいました。
下記の写真は秋にちなんで、ハローウィーンや読書の秋・栗を表現されています。

普段は訓練用として使用されているものをリフレッシュとして使用したため、訓練をより身近に感じる機会となりました。

静岡駅前センターでは障害をお持ちの方が「自分らしく働く」ことが出来るように様々な観点から就職活動をサポートいたします。見学・体験は随時受付中です。お気軽にご相談ください。

【問い合わせ先】
1.お電話でのお申し込み
下記の電話番号にお電話ください。
TEL:054-266-3091

2.メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「静岡駅前センター 見学・体験申し込み」
●氏名(ふりがな)
●見学・体験希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL:info@welbe.co.jp

3.フォームからのお申し込み
資料請求はこちら
見学申込はこちら

【松戸第2】就職報告

こんにちは!ウェルビー松戸第2センターのSです。

街路樹も紅葉し、だいぶめいてきましたね!気づけば今年も残り1ヵ月半。
時の流れが年々早く感じられるのは私だけでしょうか…
残りの日々をなるべく有意義に過ごしたいと思いつつ、思うだけで今年も終わってしまいそう…皆さんはいかがでしょうか?

さて、ウェルビー松戸第2センターでは先月3名の就職者が出ました!
センターでの訓練の時間を有意義に過ごされ、努力し続けた結果だと思います。
それ以外のご利用者様も、それぞれのペースで無理なく頑張っていらっしゃいます。

コロナの感染状況が落ち着いている今、募集企業の説明会や見学会の機会も徐々に増えてきています。職種や業種も様々。それぞれ希望のお仕事に就けるようサポートさせて頂いております!

就職したいけど今の自分に出来るかな?
就労移行支援事業所ってどんなサポートしてくれるのかな?
就労経験がない、ブランクが長くて不安  などなど

就職に対する悩みや不安がありましたらいつでもご連絡下さい。

ウェルビー松戸第2センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

いつでも見学・体験を受け付けておりますので、ご興味ある方は是非ウェルビー松戸第2センターまでご連絡下さい。

【溝の口】パソコンスキルイベント「激打王2021(秋)」のご報告

こんにちは!ウェルビー溝の口駅前センターです。

溝の口駅前センターでは、11月13日に、タイピングやデータ入力などのパソコン訓練の日ごろの成果を発揮するイベント「激打王2021(秋)」のイベントを開催しました。そのイベント内容について報告いたします。

1.種目と内容
・タイピング:60秒間にローマ字入力にて入力できた文字入力速度と正確性を競います。
・数値入力:10分間に指定した数値(5桁と11桁)を入力して、処理枚数と正確性を競います。
・データ入力:15分間にアンケート用紙に書かれた内容を入力して、処理枚数と正確性を競います。

2.順位発表
1位から3位までのかたを発表・掲示し、その成績を称えました。

3.総評
今回の上位入賞のかたは、ウェルビーでの日頃の訓練の積み重ねにより平常心で挑んで、実力を発揮できたようです。

4.参加者(利用者様)の感想
A様:緊張した環境の中で集中できたことは良かった。練習と本番では気持ちが違った。
B様:前回と比して、スピードが早くてミスの数が増えたが、自身の成長を感じた。
C様:実際の仕事においても、スピードと正確性が求められるので、良い機会になりました。
D様:アンケート入力の枚数が落ちたが、正確性を意識したことで正答率が100%になった。
E様:普段の練習量が少なくなっていたので、良い結果が出なかったが、楽しめた。

現在、感染症予防対策として職員・ご利用者様共に、毎日の検温、出勤・昼食時の手洗い消毒、飲食時以外のマスク着用、飛沫防止パーティションの設置、空気清浄機の設置、センター内の換気を行い、予防対策に努めております。
詳細はウェルビーホームページをご確認ください。

溝の口駅前センターでは、ご見学での訓練内容や就職までの道のりの説明、生活リズムの安定、職業適性の確認のための体験利用など、ご相談を随時受け付けております。
お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

【金沢】ボッチャを楽しみました

こんにちは!ウェルビー金沢センターです。
東京オリンピック・パラリンピックが終わり、2か月がたちました。時間の流れは早く、あっという間に過ぎてしまいます(汗)
皆様は「ボッチャ」というスポーツはご存知ですか?
ボッチャとはパラリンピックがきっかけで知られた方もいると思います。
ウェルビー金沢センターでは先日ボッチャを利用されている方々と一緒に楽しみました。
全員がしたことのないスポーツということでみんなが初心者です(笑)
ルールも全員で確認し、何となくから始まりました。
一度行ってみるとすぐに理解が出来、楽しむことが出来ていました。

ウェルビー金沢センター

コミュニケーションをとることに苦手を感じている方もボッチャを通して楽しめたらと思い企画をした内容でした。
今後もいろいろな企画を立てていきたいと思っています。

ウェルビー金沢センターでは見学・体験などのお問合せを随時受付中です!
障害を企業に理解してもらいたい、病気に配慮して就職活動を進めたいなどお仕事について悩まれていることを一度相談頂ければと思いますので、どうぞお気軽にお問合せ下さいね♪
1.お電話でのお申し込み
下記の電話番号にお問合せください。
TEL:076-254-5845
2.メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「金沢センター 見学・体験申し込み」
●氏名(ふりがな)
●見学・体験希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL:info@welbe.co.jp
3.フォームからのお申し込み
資料請求はこちら
見学申込はこちら