【札幌】ベーシックトレーニングのご紹介

皆様、こんにちは。ウェルビー札幌センターの小川です。

本日は札幌センターで行っているベーシックトレーニングのご紹介をしたいと思います!

ベーシックトレーニングは簡単に言えば軽作業訓練のことで、札幌センターでは電卓、仕分け帳票整理、ピッキング、プラグ組み立て、カード作成の5種目を用意しています!この訓練を通して手先を使った作業や集中力、基本的な作業能力等を培うことができます!
様々な種目がある訓練ですがその中でも本日は電卓についてご紹介させていただきます!
電卓では事務職全般の数字を取り扱う作業を想定しています!電卓の使用スキルはもちろん、一定時間集中力を継続させて作業することが大切となります!
下の写真は電卓をしている様子です!

札幌センター写真① (1)

訓練の内容について詳しく知りたいという方は見学や体験もございますのでご連絡を頂ければと思います!
ウェルビー札幌センターでは見学や体験の希望も受け付けています!
支援員一同心よりお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!

【問い合わせ先】
ウェルビー札幌センター
電話番号:011-213-1981/FAX番号:011-213-1982
E-mail:info@welbe.co.jp

【松本】イベント『第5回折り紙教室』を開催

みなさん、こんにちは

季節は寒さもありながら、春まで間近となりました。
未だ乾燥しやすく、体調も崩しやすい季節ですので、みなさん、お体ご自愛のもとお過ごしください。

さて、2月11日木曜日、ウェルビー松本駅前センターでは、
イベント『第5回折り紙教室』を開催いたしました。
前回に続き、今回のイベントでも、利用者様が講師を務めて頂きました。2月という事で、来たる春をイメージした色とりどりの折り紙作品の作成を行いました。今回も簡単なモノから、ハイレベルなモノまで、動画や資料を用意して頂き、個別にも丁寧にレクチャーを行って頂きました。

松本駅前センター画像1

春といえば、ひな祭り。お雛様やひし餅、ぼんぼり等、色鮮やかなになるテーマが満載ですね

松本駅前センター画像2

松本駅前センター画像3

そして、2月という事もあって、バレンタインデイのクッキーやチョコレートの折り紙にも挑戦!

松本駅前センター画像4

ご利用者様のアイデアで、ひし餅の色合いを変えて、『ティラミス』にしてみました。
クッキーも添えると、雰囲気も相まって、とても美味しそうですね‼
そして、前回の折り紙イベントでも、掲載しましたが、折り紙を作り、楽しむと同時に、講師役、参加者共に『教える』、『教わる』、『理解し作業する』、『集中力の持続』、『作品の精度をあげる』といったように、『仕事の基礎訓練』にも繋がります。また、折り紙は『空間認知能力』を養う事が出来ます。『空間認知能力』は、仕事では、例えばホテル、介護施設等でベッドシーツを正しく敷く、レストランのナプキンを折る、平面的な地図から情報を読み取り、立体的な街中で方角を認知する。といった場面で活躍します。イベント自体も『企画』として立ち上げる際に、時間割や手順の作成を行う事で、就労後も活かせる経験の一つになりますね利用者の皆さんもコツを掴み、どんどん作品群が出来上がっていきました。

2時間のイベントを経て出来上がった作品の一部がこちら!

松本駅前センター画像7

春らしく、とてもかわいらしいですね!キュンっ‼とします。

こちらは、センター内にも展示してありますので、よろしかったら見に来てください。
ウェルビー松本駅前センターには、松本市をはじめ、安曇野市、塩尻市、長野市、諏訪市、岡谷市などからご利用・見学・体験者様がお越しになっており、グループワークやPC訓練、軽作業訓練、企業実践、ビジネスマナーやウォーキング、リフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催しております。『就職に向けて集中力をつけたい』『一般企業への就職に向けてスキルを磨きたい』『人とのコミュニケーションが苦手』『生活リズムを改善したい』等のお手伝いをさせて頂きます。ぜひ一度、見学・体験にいらしてみませんか。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。そして、このブログを見て下さった皆様に、良い一日を

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

松本駅前センターロゴとQRコード

https://www.welbe.co.jp/center/nagano/matsumoto.html
ウェルビー松本駅前センター ブログアドレスQRコード

◆就労移行支援とは
障がい・難病をお持ちで、『就職しても長く続ける事ができない』、『学校を卒業予定だが進路が決まっていない』、『就職への見通しがたっていない』等。就職を希望している障がい・難病等がある方に対して、一般企業で働くために必要な知識・能力、生活リズムを身につけるトレーニングや、面接訓練、その人に合った仕事探し等のサポートを行う訓練施設です。施設内での支援だけでなく、ハローワーク、通院、面接の同行等の支援も行っています。

◆就職後もあなたをサポート
ウェルビーでは、晴れて就職され働きだしてからもサポートを継続し『定着支援』を行っています。入社後の慣れない環境での困りごと、仕事の悩み、人間関係についての相談、面談などを行っています。定着支援では、ウェルビーや職場の支援等も受けながら課題を解決し、自立していくことを目指します。

◆ご利用について
就労移行支援をご利用できる方は、一般企業へ就職を考えている以下のような方です。
・18歳~65歳未満で身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方
・18歳~65歳未満で医師の診断書、自立支援医療のご利用のある方
※うつ状態、引きこもりが続いている、その他お悩みがある場合でもご相談ください。
心身の状態、ご都合に合わせて、週に数日、短時間からでもご利用できます。

◆ご利用料について
就労移行支援のご利用料(自己負担月額)は、前年の世帯所得で決定されます。
世帯所得とはご本人様、又はご本人様と配偶者(奥様・旦那様)の合計であり、
ご両親様の収入は含まれません。ウェルビーでは、9割の方が無料で利用されています。

詳しくは、ウェルビー松本駅前センターまでお問い合わせください。
〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

【新大阪】ラミネートフィルムを使った下敷き作り

こんにちは。利用者のTです。

令和3年1月30日(土)、ウェルビー新大阪センターにて、今回はラミネートフィルムを使った下敷き作りに挑戦しました。これからの就職活動や就職してからも使用できるメモ帳用の下敷きを作るということで、「一生懸命 信じて 進め!」という今年のキャッチフレーズ通り、利用者さんの一人一人が試行錯誤を繰り返しながらストイックに取り組んでおられました。
作成の様子です!下敷きの作り方も一緒に!

① まず、パソコン等を活用して絵を作ってみてーの

新大阪センターimage2

② 次にシールタイプのラミネートフィルムに絵を貼って~!

新大阪センターimage3

③ そしてしっかり固定出来たら、今度は水に浸してゴシゴシして~!

新大阪センターimage5新大阪センターimage6

④ 最後に、下敷きに空気と水を抜きながら貼り付ければ~

新大阪センターimage8

これで下敷きの完成です。

これから就職していく上でのマストアイテムとして利用していきたいと思います。絵も利用者さんによって十人十色で、好きなアニメキャラクターなど多様性に富んでいて非常に有意義な時間でした。

このように土日・祝日のイベントでは、就職・定着に関するイベントのほかにも、制作物やゲーム大会など楽しんで取り組むイベントも多数行っております。

また、コロナ対策として、空気清浄機の活用や消毒等を徹底しておりますので、少しでも興味あるカリキュラムがありましたら、ぜひお越しください!
見学・体験は随時行っておりますので、お気軽にご相談・ご連絡ください。

【福岡天神北】利用前⇒就職までの一連の流れ

こんにちは。ウェルビー福岡天神北センターです。

寒暖差が大きく、体調を崩しやすい気候となっておりますが、皆さん風邪等ひかれていませんか。

今回のブログは2月からの就職が決まった利用者様
センター利用に至った経緯から就職までの道のりをまとめていただきました。

構成からデザインまで全て利用者様が考えたものとなっており、利用前⇒就職までの一連の流れを前編・後編にわたってお届けいたします。
次回もお楽しみに☆

1月ブログ+前編-2

 

 

【荻窪】特別プログラム「印象の良い姿勢の作り方」振返り紹介

こんにちは! 荻窪駅前センターです。

今回は、特別プログラム振返り紹介です!

 

荻窪駅前センター画像01

働くことと姿勢って関係あるの?と思う方もいらっしゃるかと思います。ですが、とても大切です!!
今回の特別カリキュラムでは、良い姿勢が保てることでの効果や自分の姿勢のタイプを知って頂きました。

荻窪駅前センター画像02

荻窪駅前センター画像03

また、実際に姿勢を良くするための行動のアドバイスや調整法を利用者様と一緒に行いました。

荻窪駅前センター画像05 荻窪駅前センター画像04

 

参加された利用者様からは、姿勢の重要性を改めて知ることができた。調整法を行い、身体がスッキリしてリフレッシュできたというお声がありました。

長く働き続けるためには、作業スキルやビジネスマナーの習得もとても重要です!

それに加えて、自身で健康管理法やストレス解消法を身に付け、体調を大きく崩さず、
安定した勤怠を保つことも大切になります。
荻窪駅前センターの特別カリキュラムでは、今回のような講座も行っております。
体験でもご参加できますので、是非ウェルビー荻窪駅前センターに足を運んで頂ければと思います!!

実際にどのような場所なのか、雰囲気なのか、具体的な訓練内容が知りたいなど
ございましたら、お気軽にお問い合わせください!

皆様のお越しをスタッフ一同お待ちしております!

以上

荻窪駅前センターは荻窪駅から徒歩3分!
杉並区・中野区・新宿区にお住まいの方々が多く通われています。
さらに、練馬区等からも当センターにはバスで乗り換えなしで来ることができ、非常にアクセスしやすいです。

見学はいつでもお受けしておりますので、下記のいずれかでお申込みください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

1. 電話でのお申し込み
下記の電話番号にお電話ください。

TEL: 03-6915-1421

 

2. メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。

●件名:「荻窪駅前センター 見学申し込み」
●氏名(ふりがな)
●参加希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL:info@welbe.co.jp

 

3. フォームからのお申し込み
資料請求はこちら
見学申込はこちら

 

ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします!
ちなみに、近隣に三鷹センターがあります。ご興味ある方は、こちら

【千葉】JST講座【引継ぎについて】のご報告

今回は千葉駅前センターで開催されたJST講座【引継ぎについて】についてご報告させていただきます。

◎JSTとは?
JST(Job related Skills Training)とは、日本語では「職場における対人技能トレーニング」と言います。
職場環境を円滑に送るには、上司や同僚とのコミュニケーションが、大切な要素の一つになります。
JSTを学ぶことにより自分の気持ちや考えを、職場の同僚に伝えられるような能力を身につけることが出来ます。

◎なぜ引き継ぎについて学ぶのか?
社会人にとって「仕事の引継ぎ」は大事な業務の一つとなります。引継ぎについて学ぶことにより実際の職場で引継ぎの場面に遭遇した時に対応することが出来ます。

◎カリキュラム中の様子

千葉駅前センター画像01
このように利用者同士で意見を出し合って、カリキュラムを進める場面もあります。座学だけではなく話し合いの機会がある事で色々な意見を聞く事が出来ます。
引継ぎをする際に気を付けるポイントを3つ紹介したいと思います。

 

 

 

◎引き継ぐときのポイント

1、後で確認できる資料を作る
口頭で説明するだけではわからないことが出てくると思います。その時に後で確認できる資料を作る事で仕事を引き継いだあと、
困ったときに見直すことが出来ます。

2、相手に伝わりやすいように言葉を選ぶ
業務を説明する際に、自分が知っている情報を相手が知っているという考えで話すと内容が伝わらない可能性があります。相手に伝わりやすい言葉を選んで使うことで引継ぎをスムーズに行うことが出来ます。

3、困ったときにどうすればよいか、準備しておく
引継ぎを行った後、後任者が困ってしまう場面があると思います。その時に対応出来る様、マニュアルを用意したり、誰に相談するのか明確にしておくと困ったときに対応する事が出来ます。

◎参加者の声
アンケートを実施し、参加者の方に感想を聞きました。

Q1 JST【引継ぎについて】に参加してみていかがでしたか?
・ロールプレイが実践的で分かりやすかった。
・仕事について考えさせられた。
・情報を相手に正しく伝えることと、正しい情報を聞きとることの両方がないと、正確な引継ぎは難しいなと感じた。
・引継ぎはあまりやったことがなくピンと来なかったが話を聞いてこんな感じなんだとイメージすることが出来た。

Q2 実際に職場について、このカリキュラムの内容で意識したいことはありますか?
・引継ぎの内容を確認している最中にメモを取る。
・意識したことが無かったので参考にしたいです。
・情報の共有にあたり、相手にきちんと伝わるような引継ぎをしたいと考えている。
・自分が実際に引継ぎを行ったりするときに、今回のカリキュラムで学んだ「相手への伝え方」「どうすればわかりやすく伝えられるか」等を意識していきたいです。
・実際に仕事に就いたときに資料を作るなど相手に分かりやすく引継ぎをするように心がけたい。

以上、先月実施したJST講座【引継ぎについて】について紹介させていただきましたが、ウェルビー千葉駅前センターでは、この他にも様々なカリキュラム・イベントをご用意して皆様のお越しをお待ちしておりますので、お気軽にご見学・体験にいらしてください。

 

ブログをご覧の皆さまへ

就労に向けて「動く一歩」を支援の手で支え「働く歩み」に
繋げていけるように頑張ります。皆様の勇気ある決断を応援させてください。
千葉駅前センターでは、いつでも、お問い合わせをお待ちしています!
見学も随時受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください!!
コロナ対策にしっかり取り組み皆様が安心して、来て頂けるように今後も努めて参ります‼

 

【草加】「アサーショントレーニング」について

こんにちは。
ウェルビー草加駅東口センターの2月のブログは「アサーショントレーニング」についてです。

アサーショントレーニングとは直訳すると「主張」・「断言」・「断定」という意味です。
また「自己主張」と訳されることもあります。

訓練の目的

 

「一人ひとりの自己表現を大切にすること」
「自分の考え、欲求、気持ちなどを率直に、正直に、その場の状況にあった適切な方法で述べる事」「自分と他人を尊重する自己表現」

草加駅前センター画像01

では実際にトレーニングを行ったシチュエーションの一つをご紹介します。

日常生活編

昼休み、ファミリーレストランに行きました。
そこでハンバーグセットを注文しましたがステーキセットが出てきました。  
あなたならどうしますか?

A:店員を呼びつけ怒鳴って文句を言う
B:店員に間違えを伝える
C:黙って我慢して食べる

上記のような選択肢で自分ならどう対処するか考え、その意見をグループの人に理由なども添えて伝えます。
このような状況でどう対応すべきか話し合いますが、多数決や一人の意見だけを押し通すのはNGです。

グループの人が納得するような答えと理由を話し合うことが大切です。

さて、次はSST(ソーシャルスキルトレーニング)について書かせていただきます。
SSTは、どんな場面でどんな振る舞いをすればいいのかということを、職員と利用者様が実際にロールプレイングしたりして学ぶプログラムです。

今までに行った内容は、下記の通りです。

ゴーサイン・ノーゴーサイン
ゴーサインは合図する意味、ノーゴーサインは合図しないという意味です。
ノーゴーサインについては自分が話したくないときに話しかけられた場合などにノーゴーサインを出し、相手に今は話しかけられたくないという合図を出します。
目を合わせない、無視するなどもノーゴーサインです。

 

質問する
質問の内容を整理し、質問するタイミングを見計らって断りの声をかけます。
最後にお礼をいいます。

 

欠席・遅刻・早退の連絡をする
前もってわかる場合の欠席は事前に上司に伝えます。
欠席の連絡をする際は、内容を手短にまとめて伝えます。
欠席・遅刻・早退する際はお詫びの言葉を言います。
遅刻の連絡をする際は遅刻をすると分かった時点で連絡をします。

 

謝る
早めに謝ります。
丁寧な言葉遣いや態度で謝ります。
謝りの言葉を伝えた後に挽回するための言葉、またはやる気をみせる言葉を添えます。

 

相談する
相談相手の都合を伺います。
相談したい内容を要点をまとめて伝えます。
自分はどうしたいのか伝えます。
最後に相談を受けてくれた人にお礼を言います。

 

SSTでは実際に仕事をする上で大切になっていくことを学べます。
1回では身につきませんが、何回も繰り返し行っていくうちに身についていきます。

【黒崎】コロナ対策について

◎ウェルビー黒崎駅前センターより、
関係機関の皆さまへお知らせです◎

ウェルビーでは、コロナ対策としまして、ご利用者様の通所時間の分割により密を避け、アルコール消毒や検温、パーテーション設置などで、感染予防に努めております。

黒崎駅前センター画像01

黒崎駅前センター画像02

 

ご利用者様も、午前と午後に通所時間を分け、密を避けて
訓練を行っていただいております。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
随時、Zoomなどのオンラインでもご見学・ご説明などを受け付けております。どうぞお気軽にご連絡ください♪
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

【藤沢】「お正月に食べたもの」アンケート

ウェルビー藤沢センター広報課です!

2月になると閏年(うるう年)かどうか確認しちゃいますよね。残念ながら去年が閏年だったので次は2024年だそうです。約4年に1回の周期ですね。

今回は、「お正月に食べたもの」です!利用者の方々にアンケートを取りました。
では、結果をご覧ください。

 

〈1位〉おせち 29票
おせちの他に(伊達巻、黒豆、煮しめ、里芋、煮物、蓮根、栗きんとん、カズノコ、かまぼこ、たづくり、イクラ、蟹、松前漬け)と沢山のおせち料理があったのですが、種類が多いため全ておせちにまとめました。 

〈2位〉お雑煮 10票
2位はお雑煮です。お正月の食べ物といえばという料理ですね。ご家庭によって、中に入っている具材も違ってくるでしょう。

 

〈3位〉和菓子 5票
3位は和菓子ですね。アンケートには『ねりきり』や『大福』といったものもあったので、こちらも和菓子の票として数えました。

 

〈4位〉刺身 4票
4位は刺身です。こちらは、ブリ、エビ、ヒラマサ等の様々な刺身を食べられたそうです。

 

〈5位〉おしるこ・お寿司 各3票
5位はお汁粉とお寿司です。どちらも同じ票数でした。

珍解答
・ピザ
・ポテトチップス
・マルソウダのからあげ
・相模ハム多くの回答がおせちかおせち料理を挙げていた中で、
この四つは異彩を放っておりました。
ちなみに、マルソウダというのは魚のようです。

 

私のところは親戚が多く、皆でしゃぶしゃぶを食べた年もあったので肉料理がほとんどなかったのは驚きました。
そして今年の正月は例年より大変だと予想しておりましたが、ほとんどの方が今年もおせちを食べているようです。やはり、こういう伝統は守っていきたいですね。
最後まで読んでいただきありがとうございました!

<センターの感染対策について>
当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。
個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

【戸塚】2月20日プログラム内容

皆様こんにちは!戸塚駅前センターです。

先週は暖かかったと思えば、今週は寒さが戻ってきてしまいました。皆さま体調は崩されていませんか?新型コロナウイルス感染症もまだまだ油断できない日々が続きますが、だからこそ日々の体調管理に一層気を付けていきたいですね。

戸塚駅前センターでは【消毒・換気・検温・分散通所】など感染症対策をしっかりと行っておりますので、安心してお越しいただければと思います。見学や体験のご相談も随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください!

さて、本日は2月20日に開催予定の「敬語できる問(もん)!」のプログラム内容についてご紹介したいと思います。

敬語と言えば丁寧語・尊敬語・謙譲語の3種類がありますが、使い分けが難しく感じる場面が多いのではないでしょうか。二重敬語に気を付けたり、立場や場面によって使い分けが必要ですが、実際に正しく使えていますか?世間一般では多用している敬語が実は間違っている…なんてことも!?

今回の「敬語できる問(もん)!」では、敬語の正しい使い方を確認するだけでなく、実際に敬語を使う場面を想定してロールプレイングをし、実践を通して正しい敬語を身に付けていただきたいと思います。
ご興味ある方はプログラム体験もできますので、お気軽にお問い合わせください!皆さまのご参加お待ちしております!

戸塚駅前センターでは精神(うつ、統合失調症など)・発達(ADHD、ASDなど)・知的・身体・難病など様々な障がいをお持ちの方が通われており、それぞれの特性を活かし、皆で協力しながら就労に向けて訓練されています。

地域は横浜市在住の方に限らず鎌倉市や逗子市、横須賀市など近郊の市からのお問い合わせも多数いただいております。近隣の地域からのアクセスも抜群の戸塚駅前センターに、是非一度お越しください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。