【松山】3月のカリキュラムについてのご案内

こんにちは、ウェルビー松山センターです。

寒暖差が激しい時期ですが、皆さん体調は崩されていませんか?
感染対策に加えて、寒さ対策もしっかりして、くれぐれもお身体には
お気をつけくださいね。

さて、今回は3月のカリキュラムについてのご案内です。

松山センターカリキュラム

 

先月から実施している、岡山センター・広島センターとの合同カリキュラムも
引き続き実施予定です。3月は松山センターが主体となって実施します!
詳細は決まり次第、またお伝えしますね♩

その他にもパソコン訓練やSST・グループワーク・グループディスカッションなどの
対人訓練、ビジネスマナー、就活プログラムなど、就職に必要なスキルを身に付ける
ために様々な訓練を提供しています。
カリキュラム表に関しましては資料送付の際にも送らせて頂いております!

それぞれどんな内容なの?具体的に身に付くスキルは?など、
気になることがありましたら、その疑問にもお答えいたします。

また、見学や体験利用も随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

【戸塚】2月後半のプログラムのご案内

こんにちは!就労移行支援事業所 ウェルビー戸塚駅前センターです。

2/23(火・祝) 「就労GYM ~面接ロープレ 自己PR編~」

就活の鬼? の職員F&Sデュオによる、「就労GYM」。
(某アーティストデュオにあやかった名前です。職員は2人ともこのデュオのファンです)
今回は、面接場面で応募者を悩ませるであろう、「自己PR」のロープレを行っていきます。
自己紹介とはどう違う?
どう話せば面接官に印象付けられるか?
を、お伝えしていきます。

2/27(土) 「自己理解ワーク“価値観ババ抜きゲーム”」
誰にでもある、自分の「譲れない」価値観。
でも、人生においては、それさえも捨てなくてはならない瞬間があるかもしれない。
そんな時、あなたはどうするか?
…そんな、スリリングな瞬間を、ゲームを通じて体験し、「なぜその選択をしたのか」を振り返る自己理解ワークです。

この特別プログラムは、
「就労移行ってどんなことするんだろう…」
「障害を持つ方の就活ってどんなの?」
と思ったそこのあなたも、体験頂くことができます!
ぜひ、お気軽にご連絡ください♪

就職したいけど上手くいかない…
働くのに対して不安がある…
働きたいけどどうしらたいいか分からない…
漠然とした不安があるが、誰に相談したら良いのかわからない…
など、お悩みをお話にきていただくだけでも大丈夫です!
お気軽にご相談下さい。

また、地域は横浜市在住の方に限らず鎌倉市や逗子市など近郊の市からのお問い合わせも多数いただいております。
戸塚駅は近隣の地域からのアクセスも抜群です。

スタッフ一同、ご連絡を心よりお待ちしております!

<ウェルビー戸塚駅前センターで取り組んでいる新型コロナウィルス対策>
①来所時の検温
②マスク着用の徹底
③小まめな消毒、換気
④ソーシャルディスタンスの実施

これらの対策を実施したうえで、戸塚駅前センターでは魅力的な講座を多数準備しております。

【本厚木】2021年1月18日開催!体力づくり※特別編※報告

皆様こんにちは!ウェルビー本厚木駅前センターです!
いつもブログを読んでいただき、ありがとうございます。

皆様、こんにちは。本厚木駅前センターの利用者Yです。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
2021年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、1月18日に「体力づくり※特別編※」を行いました。
題して「タイムオブ伝統文化」です。
内容は、「愛川町の「三増の獅子舞」」(みませのししまい)と「日本舞踊」についてです。
他のご利用者様にご紹介する内容になっています。
講師は「三増の獅子舞」の保存会に所属する利用者Kと「日本舞踊」をしている僕Yが担当しました。
その内容をご紹介したいと思います。

(まずは、三増の獅子舞の講義の様子です。みなさん真剣に聞いていますね。)

本厚木駅前センターIMG_0793
本厚木駅前センターIMG_0793

(次に、日本舞踊の様子です。)

本厚木駅前センターIMG_0795

(講義する前に「舞踊実践」を行いました。優雅に舞っています。)

本厚木駅前センターIMG_0796
(日本舞踊の講義の様子です。)

 

講義を参加された、ご利用者様に感想を聞いてみました。

・三増の獅子舞について、こんな身近に伝統文化があったんだ。
・獅子舞にも呼び名がついていて、舞っている人は大変だなと思った。
・日本舞踊の「舞踊実践」が優雅に踊れていて、すごいと思いました。
・ただ踊るのを見ている訳ではなく、終盤でみんなで踊るのが楽しかった。
・いろんな伝統文化を知って良かったと思います。
等、色んな感想を頂きました。

続いて講義を終えた、僕Yと利用者Kの感想です。

Y「日本舞踊の中でも、種類はたくさんありますね。手の先から足の先まで神経を集中して、踊らせて頂きました。流派も多数存在しており、踊り方も流派によって舞が違います。僕が見せたのは、祖母が踊った時の踊りです。
他の利用者さんに見せられて、良かったと思います。ありがとうございました」

K「今回の発表を通じて利用者さんの皆様に三増の獅子舞を知ってもらえたのは、三増の獅子舞保存会のメンバーとしてとても誇らしく思っております。
三増の獅子舞についてのスライドを作成し、発表するのは今回が初めてでしたがまた機会がありましたら、今回の発表で得た反省や質問などを活かし、より良い内容のスライドをまた発表したいを考えています。
現在はコロナの影響もあり、三増の獅子舞を直接見に来て頂くことは出来ませんが、今回の発表で少しでも多くの人の記憶に三増の獅子舞の事が残り、「見に行ってもいいかな?」なんて思っていただけたらとても幸いです」

ここまで、ご覧いただき、ありがとうございました。
これからもセンターの様子をどんどん発信していきますので、次回のブログもお楽しみに!

【松山】就労移行支援事業所について

こんにちは、ウェルビー松山センターです。

暖かい日が続いていたと思ったら急に雪が降りましたね!
2~3日寒くなるとの事ですので体調にはお気をつけください。

本日は「就労移行支援事業所って?」というテーマでブログを書きたいと思います。

ご利用を検討されている方やご家族、医療機関などからもこの質問をいただく事があります。「就労移行」という言葉をあまり耳にすることが無いと思いますし、普段馴染が無いと思いますので、「就労移行」を分かりやすく説明できればと思います。

先ず、言葉の意味ですが
「就労」→仕事にとりかかること。仕事をすること。
「移行」→状態が移っていくこと。ある状態から次の状態へ移ること。
だそうです。

「就労移行」とは、今の状態から仕事にとりかかるために状態を移していく事。
仕事を長くし続けることを前提に、状態を整えていく事です。

ウェルビーでは、仕事をするための様々な訓練をしながら、仕事をする状態を整えていくための訓練施設となっています。
仕事をしていくためには、いろいろなスキルが必要ですが、ウェルビーでは
・対人スキル
・パソコンスキル
・生活リズム
・ストレスマネジメント
・作業スキル

などのスキルを上達させるために幅広く訓練を行っています。

また、訓練だけでなく生活リズムや不安の軽減、ストレスマネジメントなど担当職員と面談をしながら気持ちの整理をしたり、様々な方向性から仕事について考え、長く続けていただけるような支援を行っています。

「就労移行」とは、仕事をしていくための準備。と言い換えることが出来ますので、就職を希望されている方に対して準備を整えていくための支援事業所となります。

現在、お仕事をしていく上での悩みや不安のある方は、是非、説明や見学をしに来てみてください!
お一人お一人に合った仕事に仕方や就労への移行の仕方をご説明できればと思います。

【八王子】3月の土曜日特別カリキュラムをご案内

こんにちは!ウェルビー八王子駅前センターです。
お昼は暖かい日も増えてきてだんだん春が近づいてきましたね。
もう少しの寒い冬を乗り越えましょう!

3月の土曜日特別カリキュラムをご案内いたします!

八王子駅前センターカリキュラム表

 

カリキュラムにご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!

【松戸第2】“就労支援”の一部をご紹介

こんにちは!ウェルビー松戸第2センターのNです。

梅の花があちらこちらで咲き始め、春の気配を感じ始める季節になりました。
厳しい社会情勢は続いていますが、就職を目指す皆さんにとってもうれしい春がはやくやって来るように、職員ともどもサポートを続けています。

さて、今回は松戸第2センターで行っている“就労支援”の一部をご紹介したいと思います。
私たちウェルビーでは、就職に向けた支援の一環でハローワークとの連携に力を入れています。
ハローワークの相談支援窓口では、一般的な求人相談はもちろんのこと、予約をとって「精神障害者雇用トータルサポーター」にじっくり相談することもできます。
実際、松戸第2センターでも、就職活動中のご利用者様の半数以上が、専任のトータルサポーターの協力のもと就職活動を行っています。私たち支援員も相談に同行し、トータルサポーターの方と情報共有しながら就職活動を進めていくので、より強力な味方をつけて就職活動にのぞめるメリットがあります。
ちなみに“精神障害者雇用”となっていますが、発達障害をお持ちの方も相談可能です!

求人探しでは、ハローワークだけでなく、ウェルビーリンクや一般の求人サイトも活用して幅広く情報は得られますが、精神保健福祉士や臨床心理士の資格を持った専任のトータルサポーターが、無料で相談にのってくれ、就職を後押ししてくれるのは本当に心強いと思います!

ハローワークで受けられるサービスは、お住まいの地域それぞれに特色があります。ぜひお住まいのハローワークをフル活用して、就職に向けて弾みをつけていってください♪

松戸第2センターIMG_0135

松戸第2センター面談室の様子

就職したいけど今の自分に出来るかな?

就労移行支援事業所ってどんなサポートしてくれるのかな?
就労経験がない、ブランクが長くて不安  などなど

就職に対する悩みや不安がありましたらいつでもご連絡下さい。
ウェルビー松戸第2センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

いつでも見学・体験を受け付けておりますので、ご興味ある方は是非ウェルビー松戸第2センターまでご連絡下さい。

【航空公園】特別プログラム~バレンタインスペシャル~

ウェルビー航空公園駅前センターです。
いよいよ寒さ本番が到来する季節となりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

先日、特別プログラムに『バレンタインスペシャル』を行いました。
以下、参加いただいた利用者Sさんより、感想含め文章作成していただきました。ありがとうございます(^^)/

*************************************************************
2月の一大イベントと言えば、バレンタイン
ということで、11日(建国記念の日)の特別プログラムは「バレンタインスペシャル」と題して、バレンタインにまつわるあれこれ、クイズや心理テスト、ゲームなどを行いました。

まずは『聖バレンタインデー』の由来から始まり(諸説ありなので、歴史好きな方など、ぜひ調べてみてくださいね!)、日本での始まりのきっかけ、世界ではどのようなイベントなのか、などの3択クイズ。
意外と皆さん初めて知ることも多いようでした。

心理テストは「恋愛編」「才能編」
ものすごく当たっている人もいれば、自分では気づかない(?)一面がでてきた人もいたかもしれませんね。

また恋愛タイプ判定という、テストのようなものを行いました。

航空公園駅前センター写真

4つの大きなグループの各項目に答えて、一番当てはまるものが多かったグループ、自分がどの恋愛タイプの動物なのかに例えるものです。
動物占いみたいと言ったら想像しやすいかもしれません。機会があったらお試しを!

最後はトランプをランダムにくばり、持っている数字を指名された人が、自身のバレンタインに関するエピソードなどをお話しする『ドキドキトランプゲーム』☆ほっこりしたり、あまずっぱい思い出など、いろんな話を聞かせていただきました。

今年は日曜日がバレンタイン当日ですが、ご自身へのご褒美でもよし、友チョコでもよし、義理でも欲しいとねだるもよし(笑)、それぞれ幸せなバレンタインをお過ごしください。

*************************************************************

ウェルビー航空公園駅前センターでは、みなさんの“働きたい”を応援します。
ぜひ一度センターを見学してみませんか?

現在ご利用中の方々は、所沢市・狭山市・入間市・飯能市・日高市・川越市・清瀬市・東久留米市・東村山市・西東京市・小平市・練馬区から通われています。

また、西武線本川越からも上りで18分!

随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は下記まで電話かメールにてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

ちなみに、近隣に所沢プロぺ通りセンターがあります。
どんなところか気になる方は、こちら

【岡山】M様の手記と2月23日体験会のお知らせ

その日は突然やってきました。
その日とは?そうです。「採用」のご連絡です。

1月21日に開催された「障害がある人の就職面接会」に向けて、前日まで履歴書作成に取り組まれたM様。
「間に合いそうに有りません、どうしましょう?」「大丈夫です!M様なら出来ます。」こんなやりとりが繰り広げられていました。
そして面接会の翌日、見事「採用」の連絡を頂いたM様の手記を、ご紹介しましょう。

ライン2   ★就職者の声 M様★   ライン2

私は、強迫性障害と感覚過敏の症状があります。最初にウェルビーを知ったきっかけは、病院からの紹介でした。就労を考えていたため、約1年前からウェルビーに通い始めました。通所開始当初は、緊張と不安で、戸惑うことも多かったのですが、支援員の方々も利用者の方々も皆さん優しく、親切、丁寧だったので、徐々に慣れていくことができました。

ブランク期間が長いこともあり、通所開始は週2日とお願いしました。1年後には就職していたい、という目標を掲げ、最終的には週5日のフルタイム勤務ができるように、担当支援員の方と相談をしながら、徐々に通所日数、通所時間を増やしていきました。

通所開始当初は、グループディスカッション、グループワーク、企業実践などのコミュニケーションが必要なカリキュラムに参加することに対して、消極的でいました。しかし、通所していくうちに、少しずつ楽しんで参加できるようになりました。特に、リフレッシュの時間に、他の利用者の方々とゲームをしながら、コミュニケーションをとっていたことが大きいと思います。今現在は、同じグループになった方々が、積極的かどうか瞬時に判断して、自分が何をするべきか考えながら参加できるようになりました。

通所から就職までは、目標通り約1年で、企業見学は3社しました。また、面接練習をしっかりしました。練習をする度に、新たな課題が見つかり、とにかく練習を重ねることが大事だと、心の底から感じました。

就職することに対して、正直今は、喜びよりも不安の方が大きいです。しかし、今まで経験してきたことは必ずどこかで活かせると思っているので、自分らしく頑張っていきたいです。

この1年間、サポートしてくださった支援員の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。心が折れかけたこともありましたが、ここまでくることができたのは、どんな時も優しく支えてくださった支援員の皆様のおかげです。

もし、就労を考えていても何から始めればいいか分からず悩んでいる方がいるのであれば、まずはウェルビーを見学することから始めてみてはいかがでしょうか。必ずウェルビーに通所してよかったと思える日々を過ごせることでしょう。

ライン

ライン2     ★担当職員より★    ライン2

2月のとある日、M様の最終通所日の話です。
面談の中で、この3カ月、本当に慌ただしかったですねという話に及びました。
応募書類を作ったこと、面接練習をしたこと、などなど話に花が咲きます。
面接練習は回を重ねる毎に、どんどんご自身の良い面を表出されることが可能になりましたよね。
助言に素直に耳を傾けて取り組んで下さる姿が印象的でした。
よく、「自信が無い」と口にされていましたが、そんな不安も吹き飛ばせるだけの努力を拝見していました。
時には耳が痛くなる様なこともお伝えしたことが有ったかと思うのですが、いつも同じ方向を向いて取り組んで下さいました。
お帰りになった後、M様の最後の日報を拝見しました。
そこには、冬の寒さが吹き飛ぶ様な暖かいメッセージが。。。
M様、私の方こそ、担当させて頂いて本当に幸せでした。

ライン

2月23日体験会を開催致します。スマホでの参加も歓迎です。
体験会お申込みについて
・氏名、電話番号、ご来場時間、リモート参加をご希望の場合はその旨も
お伝え下さい。(下記までお願い致します)
電話:086-201-4004/FAX:086-201-4005/Mail:okayama@welbe.co.jp

岡山駅前センター202102011チラシ

 

 

【新大阪】2月に行われるイベントの告知

こんにちは利用者のKです。

気が付けばもう2月ですね。
「1月は行く」「2月は逃げる」「3月は去る」と言いますが本当にその通りだと思います。

さて、ここで2月に行われるイベントの告知です。

新大阪センターチラシ①修正

 

6日(土)は「ストロータワー」です。
沢山のストローを使いタワーを作ります。

11日(祝)は「パーソナルスペース」です。
就職した時に役立つ人との距離感について学びます。

13日(土)は「エニアグラム」です。
9つのタイプ別に分かれた性格診断で自分の傾向などを知ることが出来ます。

20日(土)は「SPI対策」です。
就職に役立つ筆記試験の練習や出題傾向について学びます。

23日(祝)は「コーピング」です。
ストレスへの対処法を知り、ストレスへの過剰な反応を減らす為の手法を学びます。

27日は「ゲーム」です。
体と頭を動かすゲームを予定しています。

以上が2月のイベント予定となります。

これらのイベントを見学・体験御希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

※当センターは感染症予防対策のためマスク、検温、消毒等を徹底しています。

【溝の口】プログラム「エニアグラム」で自分を知る

障害者の就職を支援するウェルビー溝の口駅前センターでは、自分を知る手法の一つである「エニアグラム」カリキュラムを開催しましたので、ご紹介いたします。

「エニアグラム」は、個人の特性を9つのタイプに分類し、性格の基本タイプを見出すものです。9つの性格タイプには、どれが優れており、どれが劣っている、という優劣はありません。大切なのは、自分を知り、「より良い自分」になることです。自分を知ることで適職を見つけるための一助となります。

「エニアグラム」は、診断票にて108の項目について二者択一の診断方法で選択です。今までの人生で、多くの場面で、どう感じ、どのような考え方をして、どう振る舞ってきたかを思い出して素直な気持ちで選びます。正しい、間違い、良い、悪いかの判断をするものではありません。
9つのタイプ、「改革する人、助ける人、達成する人、個性を求める人、調べる人、信頼を求める人、熱中する人、挑戦する人、平和を求める人」 に分類されます。

108の項目の集計が終わったら、自身のタイプがわかります。タイプ別に「人柄、適職性、大切にしている価値観、行動面にみられる特性、人間性を成長させるヒント」の資料をお渡しして、今後の生活、就職活動に役立てていただきたいと思います。また、参考として、9つのタイプ別の有名人を紹介したことで、納得されていました。

今回参加された人では、「信頼を求める人」というタイプの方が多い傾向がみられました。

【参加された方の声】
・診断票の入力に集中できた。
・自分を知ることができた。
・半年前に実施したときと同じタイプになった。
・ウェルビーでの訓練によりタイプに変化があった。
・これからの行動を考えるようにしていきたい。
・適職性を参考にして就活を進めていきたい。

「プログラムに興味がある」「見学してみたい」と、ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせください。
溝の口駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問をいつでも受け付けております。