【掲載情報】『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』(web版)に、代表の大田のインタビューが掲載されました

『DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー』(web版)に、「障害者がやりがいと希望の持てる社会を目指す」と題し、代表の大田のインタビューが掲載されました。

■掲載日:2019年7月18日(木曜日)>

■掲載誌:DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー(web版)

■タイトル:障害者がやりがいと希望の持てる社会を目指す

■URL:https://www.dhbr.net/articles/-/6025

 

【掲載情報】日本経済新聞の記事に、中堅上場企業を対象としたROEが高い企業として、1位に当社が取り上げられました。

日本経済新聞の記事に、中堅上場企業「NEXT1000」を対象に直近3年間平均のROEが高い企業として、1位に当社が取り上げられました。

■掲載日:2019年7月9日(火曜日)

■掲載誌:日本経済新聞

■タイトル:ROEの直近3年平均、ニーズ逃さず効率経営―1位、ウェルビー、障害者の職場定着を支援(NEXT1000)

■URL:https://www.nikkei.com/article/DGKKZO47004530V00C19A7TJP000/

 

 

【掲載情報】当社代表取締役社長大田誠が「HBS Club of Japan 2018 企業家賞」を受賞しました

Harvard Business School Club of Japan Entrepreneur of 2018(ハーバードビジネススクール日本同窓会2018年企業家賞)に、当社代表取締役社長大田誠が選出されましたので、お知らせいたします。

同賞は、「ゼロから社会に役立つ変革を生み出し」「事業として成り立ち」「永続性が見込まれるか」の概ね3つの基準から候補者が選出されます。過去の受賞者には、三木谷浩史氏(楽天株式会社 代表取締役会長兼社長、2001年受賞)、似鳥昭雄氏(株式会社ニトリ 代表取締役社長、2010年受賞)などがおります。

受賞理由は、「1人でも多くの障がい者に成長と活躍の場を創出したいという熱い思いを胸に、障がい者に幼少期から寄り添い、就職を支援し、職場への定着率を向上する仕組みを考案し、継続的成長が見込める事業体をゼロから立ち上げ、社会変革の一翼を担う企業にまで発展させたこと。」

 

当社は、これからも「全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて」を経営理念として、日々の事業活動に取り組んでまいります。

 

■URL:https://ja-jp.facebook.com/HBSCOJ

 

7月4日現在、鹿児島中央センターの開所状況について

ウェルビー鹿児島中央センターの開所状況についてお知らせいたします。

本日7月4日(木)は通常通りの営業時間で開所しております。

ご利用者の皆様方におかれまして、ご質問・お困り事等ございましたら下記連絡先までお問い合わせ下さい。

ウェルビー鹿児島中央センター
099-230-7601

※鹿児島県内に所在地のある当社就労移行支援事業所
ウェルビー鹿児島中央センター

 

 

新潟県下越沖を震源とする地震に被災された皆さまへ

新潟県下越沖を震源とする地震に被災された皆さまへ

2019年6月18日に発生した新潟県下越沖を震源とする地震により被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。
皆さま方には何卒お身体にご留意の上、一日も早く復興されますよう心よりお祈り申し上げます。
ウェルビー株式会社

 

ウェルビー新潟センターの開所状況についてお知らせいたします。

本日6月19日(水)は通常開所いたします。

ご利用者の皆様方におかれまして、ご質問・お困り事等ございましたら下記連絡先までお問い合わせ下さい。

新潟センター
025-256-8735(9時から18時)

ウェルビーフリーダイヤル
0120-655-773(9時から18時)

※北陸地方に所在地のある当社就労移行支援事業所
ウェルビー新潟センター

【ニュースリリース】子会社「ウェルビーリンク」を4月25日に設立 ~障害者雇用の総合的なコンサルティング業務等を行う~

障害のある方の働くことをサポートするウェルビー
100%子会社「ウェルビーリンク」を4月25日に設立
障害者雇用の総合的なコンサルティング業務等を行う

 

障害者の就職支援や発達の遅れがある子どもの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大田誠)は、2019年4月25日に障害者雇用の総合的なコンサルティング業務を行う100%子会社「ウェルビーリンク」を設立いたしました。企業の障害者雇用に関するさまざまな問題を解消するために、職務の選定や創出、企業向け研修、人材紹介、サテライトオフィスなどの雇用支援サービスを提供いたします。

 

1. 子会社の概要

商号
ウェルビーリンク株式会社
(英文名 Welbe Link Inc.)

所在地
東京都中央区銀座2-3-6

代表者
代表取締役社長 浜地 裕樹
(ウェルビー株式会社専務取締役 兼任)

設立年月日
2019年4月25日

資本金
500万円

発行済株式総数
1,000株

決算期
3月末

 

2.新規事業の概要

 職務選定・創出サポート
障害者雇用において業務の選定に困っている企業に対して新たな仕事を創出・提案

企業向け研修
企業の意向に合わせて必要な障害者雇用に関する研修を提案

 障害者向け個別サポート
課題発生時に企業と従業員双方にとって長期的なメリットとなるようサポート

人材紹介(有料職業紹介事業許可申請中)
企業の要望と障害のある求職者の経験と希望をヒアリングした上で、マッチングをサポート

サテライトオフィス
サテライトオフィスで企業と雇用契約を結んだ障害者が働き、その業務管理及び雇用管理をサポート

ウェルビーリンクの事業概要

 

 

 

 

■ ウェルビー株式会社 概要 ■

会社名    : ウェルビー株式会社 
本部所在地  : 東京都中央区銀座2-3-6 銀座並木通りビル7階
代表者    : 代表取締役社長 大田 誠           
設立年月日  : 2011年12月1日
電話番号   : 0120-655-773(代表)    
URL     :   https://www.welbe.co.jp/(ウェルビー)
基本理念   :
ウェルビー株式会社は世の中で支援を求めている方に対して、
 「社会福祉」を通じ「希望」を提供します。
経営理念          :
全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、
すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて

北陸第1拠点となる「ウェルビー新潟センター」を4月開所

障害者の就職支援や自立支援を行うウェルビー
北陸地方初となる「ウェルビー新潟センター」を4月開設
~放課後等デイサービスでも千葉県に初開所~

 

障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:大田誠)は、新潟県新潟市に就労移行支援事業所「ウェルビー新潟センター」を2019年4月に開設。北陸地方に初進出となります。

また、当社の学齢期(小学校・中学校・高等学校)のお子さまを支援する放課後等デイサービス事業「ハビープラス」でも、千葉県初となる「ハビープラス松戸教室」を2019年4月に同時開所いたします。

ウェルビーではお子さまから大人の方まですべての年代の障害のある方や社会的な困難を抱える方への支援を、支援機関や医療機関などと連携しながら積極的に行い、さまざまな場面でのサポートを提供してまいります。

 

ウェルビー新潟センター
新潟県新潟市中央区笹口二丁目10-1 WIN21 5階
各線「新潟」駅(南口) 徒歩8分
新越谷駅前第2

 

<関連記事>
4月に千葉県初の放課後等デイサービス「ハビープラス松戸教室」を開設

 

4月に千葉県初の放課後等デイサービス「ハビープラス松戸教室」を開設

障害者の就職支援や自立支援、障害児の発達支援を行うウェルビー
放課後等デイサービスで「松戸教室」を4月開設
~就労移行支援事業でも新潟県新潟市に同時開所~

 

障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:大田誠)は、千葉県松戸市に放課後等デイサービス支援事業所「ハビープラス松戸教室」を2019年4月に開設。千葉県に初の事業所となります。

また、当社の主力事業である障害者就労移行支援事業でも、4月に北陸地方初とな「ウェルビー新潟センター」を同時開設いたします。

ウェルビーではお子さまから大人の方まですべての年代の障害のある方や社会的な困難を抱える方への支援を、支援機関や医療機関などと連携しながら積極的に行い、さまざまな場面でのサポートを提供してまいります。

 

ハビープラス松戸教室
松戸市小根本45-12 ありがとう早稲田ビル4階
各線「松戸」駅(東口) 徒歩8分
新越谷駅前第2

 

 

<関連記事>
北陸第1拠点となる「ウェルビー新潟センター」を4月開所

 

 

Q&A型の相談サービス「Reme」にインタビュー記事が掲載されました

Q&A型の相談サービス「Reme(リミー)」に就労移行支援事業所ウェルビーで働くスタッフのインタビュー記事が掲載されました。

 

働くの「先」を見つめる、一人ひとりに合った障害者就職支援

 障害のある方の就職や職場定着などを日本全国でサポートする、ウェルビーさん。
「障害は”隠す”ものではなく”生かす”ものである」という想いから、どんな支援が行われているのか気になる…。
そこで今回は、就労移行支援事業所ウェルビーさんで働くお二人にお話を伺いました。

 

 

【新コンテンツ】ウェルビーチャレンジの紹介ページを公開いたしました

ウェルビーチャレンジ 自立訓練(生活訓練)とはchallenge-top_sp

 

ウェルビー株式会社では、障害のある方の就職活動やその後の職場での安定した就労などを支援する就労移行支援事業や、自立した生活を送るための自立訓練(生活訓練)事業などの障害福祉サービス事業所を運営しております。

自立訓練(生活訓練)事業所「ウェルビーチャレンジ小倉センター」は、自分らしく「暮らす」、自分らしく「働く」を一緒に考え、新しいことへのチャレンジを実現する場所です。

今回、ウェルビーチャレンジのサービス内容やカリキュラム、ご利用した方の声をまとめたウェブページを公開いたしました。