【大阪天王寺】7月の特別カリキュラムのご案内

みなさん、こんにちは!
ウェルビー大阪天王寺駅前センター 西中です。

7月も特別カリキュラムを実施しています。
イベントスケジュールと一部終了したカリキュラム内容について利用者様に作成いただきましたので、
ぜひご覧くださいませ!

7月イベントスケジュール
3日(土) MOS講座
4日(日) リラックス法
10日 (土) うちわ作り
11日 (日) SST
17日 (土) スポーツイベント (制作)
18日 (日) 職場実習
22日 (木) スポーツに関わるクイズ
23日 (金) スポーツ大会
24日 (土) タイピング・BT大会
25日 (日) オリンピックブログ作成
31日 (土) メイク講座(予定)

3日(土) MOS講座
7月3日はMOS講座でした。MOS講座ではMOSという資格についてのプレゼンテーションとWord・Excelの練習問題を一緒に取り組みました。プレゼンテーションでは、どんな資格か、勉強法はどうしたらいいか、試験の申込方法などもご紹介しました。MOSの知識がまったくない方についても参加していただきました。

11日 (日) SST
7月11日はSSTでした。SSTとは「ソーシャル・スキルズ・トレーニング」の略で社会生活などで過ごしやすくなるためのスキルを身に着けるイベントとなっています。事例について考えて対応などを実践してうまくいくかを確かめるという作業を何度か行い適切な行動をみんなで考えます。人気イベントで定期的に開催しており、実践には参加しなくても見学ができるので、今後もお気軽に参加いただけたらと思います。

18日 (日) 職場実習
7月18日はウェルビー内での職場実習でした。実際の実習のように普段のカリキュラムよりも少しビジネスを意識した雰囲気で始まります。普段のカリキュラムの企業実践と似ている部分もあると言われたりもしますが、実際に実習で使う実習日報も使っていただくので緊張感をもって臨むことができます。終わってから当日にスタッフさんからフィードバックもいただけるので自分の成長するポイントが毎回見つかりますよ!こちらも人気イベントになっていますので、今後もぜひご参加ください。

――――――――――――――――――――――――――

就労移行支援にご興味をお持ちの方はお気軽に大阪天王寺駅前センターまでお問合せ下さいね!!皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

お問い合わせ先
ウェルビー大阪天王寺駅前センター
TEL:06-4703-3252(センター直通)
または0120-655-773(フリーダイヤル)
Email: info@welbe.co.jp

【新越谷第2】就活プログラムについて

ウェルビー新越谷駅前第2センターの川崎です。

本日の就活プログラムで『仕事のイメージに役立つ知識』について皆さんと確認をしました。その中で、依頼された仕事について「その仕事は私には出来ません」と伝えることはとても難しいということ。そんなことも出来ないのかと思われるのも嫌だし、そもそも依頼された仕事を断るなんて論外じゃないかと考えてしまいがちです。どうすれば出来そうなのかを相談したのか、それに対して何かしらの返答はあったのかによっても断り方は違ってくることを確認しています。これからも就活プログラムでは様々な場面を想定して皆さんと一緒に考え、確認をしていきます。
現在ご利用中の方々は、越谷市・草加市・吉川市・八潮市・川口市・三郷市・さいたま市(緑区)から通われています。
随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は電話かメールにてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております

お問い合わせ先
ウェルビー新越谷駅前第2センター
Tel:048-990-5533(センター直通)
または0120-655-773(フリーダイヤル)
Mail:info@welbe.co.jp

【航空公園】オンラインOGOB会のご案内

ウェルビー航空公園駅前センターの石田です。
今回は8/21に実施するオンラインOBOG会についてご案内したいと思います。

航空公園駅前センター、所沢プロペ通りセンター、三鷹センターの3センター共同で卒業生の方による講演会を行います。

ウェルビーを利用されて就職された方の現在のお仕事の状況や仕事を続けるうえで工夫されていること、ウェルビーの訓練で役立ったことなどをお話しいただきます。

今回はウェルビーご利用者様以外の方でも参加可能となっており、オンラインで実施致します。
下記に詳細を記載しておりますのでぜひご確認ください。

就職後、就労移行支援ではどんなサポートをしているのか、障害者雇用での職場の人間関係が気になる方など非常に参考になるお話が聴ける機会になるかと思います。

申し込みは記載のメールアドレスからの申し込み(QRコードからも可能)となっております。
OB・OG会のご質問等はお電話で各センターまでお問い合わせください。

皆様のご参加をお待ちしております!

ウェルビー航空公園駅前センターオンラインOBOG会20210821+(ブログ用)

 

*****************************************************

ウェルビー航空公園駅前センターでは、みなさんの“働きたい”を応援します。
ぜひ一度センターを見学してみませんか?

現在ご利用中の方々は、所沢市・狭山市・入間市・飯能市・日高市・川越市・清瀬市・東久留米市・東村山市・西東京市・小平市・練馬区から通われています。
また、西武線本川越からも上りで18分!。

ちなみに、近隣に所沢プロぺ通りセンターがあります。
どんなところか気になる方は、こちら

【松戸第2】スタッフ紹介第4弾

ウェルビー松戸第2センターのIです。
松戸では先週梅雨明けの発表があり、一気に真夏日になりました!
水分補給、日差し対策をして熱中症に気を付けて過ごして下さいね。
今回は、ウェルビー松戸第2センターのスタッフ紹介第4弾です。
どうぞお付き合い下さいませ!

ウェルビー松戸第2センター7.20ブログ掲載用自画像(人物は描けない為猫です)

 

①出身地:東京都

 

②血液型:A型

 

③趣味:アクセサリー制作、好きなアニメグッズ収集、買い物

 

④好きな食べ物:唐揚げ、もんじゃ、
チョコレート

 

⑤苦手な食べ物:きゅうり、なす、納豆、辛い物

 

⑥今までの経歴:福祉のみです。アルバイトは飲食、倉庫内作業経験があります

 

⑦好きな言葉:「十人十色」「なんとかなる」

 

⑧最近見た夢: 友人がコサックダンスを披露している夢

 

⑨今一番欲しいもの:財布(3、4年使っているので交換したいです)

 

⑩ひとこと:「好きなことを好きなようにやりなさい」と言われて育ったため、福祉一筋でやってきて今に至ります。働くには「少しでも好きだと思えること」がないと続かないと私は思います。
ただ、好きなことをするには責任や問題も自分で背負わないといけません。何も知識がないと不安が強くなるかもしれません。しかし少しでも不安の原因を知った上で進むと意外と簡単だったりします。ウェルビー松戸第2センターで働く上での知識を学び、就職に向けてどう進めたら良いかを一緒に考えてみませんか?

 

 

以上、Iの自己紹介でした。
その他にも個性あふれるスタッフが皆様の就職をサポートします。
お気軽にお問い合わせくださいね。
就職したいけど今の自分に出来るかな?
就労移行支援事業所ってどんなサポートしてくれるのかな?
就労経験がない、ブランクが長くて不安などなど

就職に対する悩みや不安がありましたらいつでもご連絡下さい。

ウェルビー松戸第2センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。
いつでも見学・体験を受け付けておりますので、ご興味ある方は是非ウェルビー松戸第2センターまでご連絡下さい。

【淡路】『特別カリキュラム』のご報告

皆さまこんにちは!
ウェルビー淡路駅前センターのスタッフです(´▽`)

さて今回は先日行いました『特別カリキュラム』のご報告をさせて頂きます。
今回の『特別カリキュラム』内容は利用者様によるプレゼン大会です!
実際に初めてプレゼンに参加された利用者D様にプレゼン準備~プレゼン当日までの
詳細や感想を伺いましたのでご紹介いたします!

☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟☟
プレゼンに参加された利用者様へのQ&A

Q1 簡単な自己紹介をお願いいたします!
4月ごろからウェルビーに通所させていただいています、Dと申します。
年齢は20歳、性別は男性、趣味はウルトラマンです。よろしくお願い致します。

Q2 『プレゼン大会』とはどんなことをするの?
利用者の方が興味のあること、他の方に伝えたいテーマを自由にプレゼンする大会です。
淡路センターではお互いの好きという気持ちを尊重する雰囲気があり、大会といっても順位をつけるようなこともないため、リラックスして取り組みやすい空気感がありました。

Q3 プレゼン当日に向けてどんな準備が必要?何を意識して取り組まれたのですか?
私の場合は大会2か月前から、PowerPointを使ってプレゼンに使用するスライドを作っていました。
また、大会の1週間ほど前になりプレゼンが完成すると、面談室でリハーサルをさせていただきました。
プレゼンの制作にあたっては「シンプルなスライドで分かりやすく伝えること」をスタッフの方にアドバイスしていただき、それを意識しながら制作しました。

Q4 今回のプレゼンテーマは何にされましたか?そのテーマにした理由は?
今回、私は「ウルトラマンについて」というテーマでプレゼンをさせていただきました。
特撮番組の制作というのは工夫の連続であり、そちらについて知っていただきたいと思ったからです。
例えば予算不足でセットが作れない状況を、説得力のある設定で緊張感を生む演出に昇華させた、などの話をさせていただきました。
ウルトラマンとは子供たちに夢を与えるため努力する大人たちの、ひとつの「究極の仕事の形」であると、プレゼンを通じて伝えることができたのではないかと思っています。

Q5 当日プレゼンに参加してみての気付き・感想を聞かせてください!
この大会を通して、私が今まで考えたこともないようなことを好きでいる方の気持ちや、みんなを楽しませたいという気持ちに触れることができました。
それは今までよく知らなかった利用者の方に対する理解を深めることにもなり、また、新しいことへの興味も抱かせてくれます。
また、自分の好きなものを人に分かりやすく、楽しく伝えるという素晴らしい経験を積むこともできました。
来月末もプレゼン大会は開催されるので、私もまた参加させていただきたいと思っています。

利用者D様ありがとうございました。

今回のプレゼン大会当日は、4名の方が発表を行いました。
それぞれのテーマで発表を実施した後、聞き手である利用者の皆さまにプレゼンの見やすさ・話し方・内容などの観点でアンケートを実施し評価を頂きました!

今回利用者 様から頂いたD様への評価をご紹介いたします☟
★パワフルなプレゼンをされ、販促できそうな勢いがありました!
★『ウルトラマン』への愛情がすごく伝わってきた!
★聞き手を引き込む話術でずっと笑いっぱなしでした!
★プレゼンに使用しているアニメーションがシンプルで見やすかった!
★時々、聞き手に<問いかけ>をしておりメリハリがあってよかった!

D様の好きなものであるウルトラマンへの熱量がプレゼン資料や話し方にしっかり
表現されていたという高評価のお声をたくさん頂けたようですね。
初めての参加であったにも関わらず堂々と話す様子、また聞き手への問いかけを行いまさにプレゼンテーションの大切なポイント【聞き手を引き付ける】ことを実践して頂きました。

淡路駅前センターでは来月末もプレゼン大会を予定しています!
少しでもご興味をもたれた方はぜひ一度、カリキュラムの見学・体験にお越しくださいね。
あわせて個別に就労移行事業所について、就労に向けたご相談など私どもスタッフがお話をさせて頂きます!

お待ちしております(*゚▽゚*)/

ウェルビー淡路駅前センター
〒533-0023  大阪市東淀川区東淡路4-18-12 トライアングルビル3F
(阪急京都線 淡路駅より徒歩1分/JR淡路駅より徒歩5分)
TEL 06-6300-7075

【川越第2】発達障害をお持ちの方の就職をサポートするウェルビー川越駅前第2センター〖今だからこその熱中症対策〗

こんにちは、すっかり暑くなってきましたね。ウェルビー川越駅前第2センター広報課です。
梅雨も明け、いよいよ夏も本格的になってきましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。今年も暑い日が続いていますが、熱中症の対策は万全ですか?
そこで今回はその熱中症対策について記事に致しました。よろしければ参考にしてみてください!
こんな症状が出たら熱中症の危険!熱中症の7つのサイン

① めまいや顔のほてり
めまいや立ちくらみなどの症状が出たら熱中症のサインです!
一時的に意識が遠くなり、腹痛などの症状も出る場合がありますので注意しましょう。
② 筋肉痛や筋肉のけいれん
「こむら返り」と呼ばれる手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。
筋肉がピクピクとけいれんを起こすことや硬くなることもあります。
③ 体のだるさや吐き気
体がぐったりして力が入らない、吐き気やおう吐、頭痛などが出る場合も熱中症の疑いがあります。
④ 汗のかきかたがおかしい
拭き続けても汗が出る、またはまったく汗が出ないなど汗のかき方に異常がある場合は熱中症になっている危険性があります。
⑤ 体温が高い・皮膚の異常
体温が高く皮膚を触るととても熱い、皮膚が赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。
⑥ 呼びかけに反応しない・まっすぐに歩けない
声をかけても反応しない、おかしな返答をする、または体がガクガクとひきつけを起こす、まっすぐに歩けないなどの異常がある場合は重度の熱中症になっています。
すぐに医療機関を受診しましょう。
⑦ 水分補給できない
呼びかけに反応しない、自分で上手に水分補給が出来ない場合は大変危険な状態です。
この場合無理やり水分を口から飲ませるのはやめましょう。
こちらもすぐに医療機関を受診しましょう。

 

熱中症を避ける為の対策方法、また熱中症になってしまった時の対策をまとめてみました。
そちらも、是非ご覧ください!
熱中症を避けるには
・暑さを避ける
室内ではエアコンなどを使った温度調整を行い、屋外では暑い日や暑い場所は極力避け、直射日光に気を付けましょう。帽子や日傘を活用することでも対策となり得ます。
少しでも体調に異変を感じたら涼しい場所に移動して水分を取るようにしましょう!
・こまめな水分補給
のどが渇く前にこまめな水分補給を忘れずに!たくさん汗をかいた時には水分とともに塩分も補給するようにしましょう。1日あたりの水分の目安は1.2リットルです。
・体調管理や体づくり
暑くなり始めの時期から暑さに慣れるようにすると熱中症になりづらくなるとも言われています。また、日頃から体調管理には気を付け体調がすぐれないときには静養をするようにしましょう!熱中症の原因にはその日の体調が関わる事があります!
もし熱中症になってしまったら
様々な面で気を付けていてもどうしても熱中症になる恐れもあります。
万が一熱中症になってしまったら、すぐに風通しのいい日陰やクーラーの効いている室内に場所を移しましょう。
次に衣服を緩める、体に水をかける、または濡れたタオルなどをあてるなどして
身体の熱を冷まし、冷たい水をとるようにしましょう。大量に汗をかいている場合には
スポーツドリンクや塩飴などで塩分も補給するようにします。

もし自分の力で水分補給ができない場合や、意識障害が見られるときはすぐに病院に連絡をしましょう!

 

いかがだったでしょうか?
今回の記事は実際に仕事を想定する企業実践というカリキュラムで広報課に配属されたメンバーで書きました。熱中症対策は症状により様々な対応が必要となります。是非今後の対策の仕方として参考にしてください!

ウェルビー川越駅前第2センターでは、今後も就労に役立つカリキュラムとして、利用者様によるブログ更新を行っていきます。次回もお楽しみに!

引用元:政府広報オンライン

【新越谷第2】職員紹介

こんにちは。
ウェルビー新越谷駅前第2センターの神戸です。

ウェルビー新越谷駅前第2センターのブログアップが頻繁なため、苗字を覚えて下さった方がいるかな?と密かに期待をしています。
本日はセンターで働く職員を簡単に紹介させて下さい!

【センター長 佐藤さん】
・穏やかで優しい頼れるセンター長
・たまに天然な部分が見られる

【サービス管理責任者 松本さん】
・てきぱき動くしっかり者
・自粛生活が明けたらお酒を飲みに行きたいと常に考えている

【支援員 猪狩さん】
・知識が幅広く、指示が的確
・ツッコミ担当になりたい野望がある

【支援員 清水さん】
・落ち着き感抜群のセンターのお父さん的存在
・コーラをこよなく愛している

【支援員 川崎さん】
・壊れたものを直すのが大得意、センターでの故障品はほぼ修理している
・自分の事を人見知りだと豪語している

もっと伝えたい情報があるのですが、限られた文字数ではこのくらいが限界でした!
上記のように個性あふれる職員が揃っています(^^)
一度センターでお話をしてみませんか?

少しでも興味が沸いた!という方はお問い合わせ下さい。

毎週金曜日15:00からの就労相談会も絶賛開催中です‼
現在ご利用中の方々は、越谷市・草加市・吉川市・八潮市・川口市・三郷市・さいたま市(緑区)から通われています。
随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は電話かメールにてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております

お問い合わせ先
ウェルビー新越谷駅前第2センター
TEL:048-990-5533(センター直通)
または0120-655-773(フリーダイヤル)
Email: info@welbe.co.jp

【松本】『勇気のでる名言・格言』④

みなさん、こんにちは
松本市は、梅雨も明け季節は本格的な夏。日差しも一層強く感じる頃となりました。
梅雨から一転、猛暑が続く日もございますので、みなさん、お体ご自愛のもとお過ごしください。

ウェルビー松本駅前センターから、このブログを見て下さった皆さまへ

『勇気のでる名言・格言』④

ウェルビー松本駅前センター

悪い事を予期するな。
決して起こらないかも知れぬことに
心を悩ますな。
常に心に太陽を持て。

ベンジャミン・フランクリン
(米国の政治家、物理学者/ 1706~1790)

__________________________
ウェルビー松本駅前センターには、松本市をはじめ、安曇野市、塩尻市、長野市、諏訪市、岡谷市などからご利用・見学・体験者様がお越しになっており、グループワークやPC訓練、軽作業訓練、企業実践、ビジネスマナーやウォーキング、リフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催しております。『就職に向けて集中力をつけたい』『一般企業への就職に向けてスキルを磨きたい』『人とのコミュニケーションが苦手』『生活リズムを改善したい』等のお手伝いをさせて頂きます。一度、見学・体験にいらしてみませんか。ご相談でも構いません。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。※オンライン見学説明会もご用意しております。そして、このブログを見て下さった皆様に、良い一日を

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

ウェルビー松本駅前センターQR

https://www.welbe.co.jp/center/nagano/matsumoto.html
ウェルビー松本駅前センター ブログアドレスQRコード

◆就労移行支援とは
障がい・難病をお持ちで、『就職しても長く続ける事ができない』、『学校を卒業予定だが進路が決まっていない』、『就職への見通しがたっていない』等。就職を希望している障がい・難病等がある方に対して、一般企業で働くために必要な知識・能力、生活リズムを身につけるトレーニングや、面接訓練、その人に合った仕事探し等のサポートを行う訓練施設です。施設内での支援だけでなく、ハローワーク、通院、面接の同行等の支援も行っています。

◆就職後もあなたをサポート
ウェルビーでは、晴れて就職され働きだしてからもサポートを継続し『定着支援』を行っています。入社後の慣れない環境での困りごと、仕事の悩み、人間関係についての相談、面談などを行っています。定着支援では、ウェルビーや職場の支援等も受けながら課題を解決し、自立していくことを目指します。

◆ご利用について
就労移行支援をご利用できる方は、一般企業へ就職を考えている以下のような方です。
・18歳~65歳未満で身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方
・18歳~65歳未満で医師の診断書、自立支援医療のご利用のある方
※うつ状態、引きこもりが続いている、その他お悩みがある場合でもご相談ください。
心身の状態、ご都合に合わせて、週に数日、短時間からでもご利用できます。

◆ご利用料について
就労移行支援のご利用料(自己負担月額)は、前年の世帯所得で決定されます。
世帯所得とはご本人様、又はご本人様と配偶者(奥様・旦那様)の合計であり、
ご両親様の収入は含まれません。ウェルビーでは、9割の方が無料で利用されています。

◆駐車券提供
ウェルビー松本駅前センターでは、アルピコプラザ駐車場をご利用された見学・体験・利用者様に駐車券を発行しております。ご利用の際は、スタッフまで駐車券をご提示下さい。

詳しくは、ウェルビー松本駅前センターまでお問い合わせください。
〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

【名古屋第2】「ビジネスマナーSP やってみよう電話応対」についてご紹介

こんにちは!
梅雨が明け本格的に夏がやってきましたね。
日中だけでなく朝晩も蒸し暑い日が続くため、室内外にかかわらず水分補給を意識していきたいですね。

さて、今回は7/23(金)午前特別プログラム「ビジネスマナーSP やってみよう電話応対」についてご紹介します。
従来は「企業実践」という模擬企業をイメージしたプログラムを行っておりますが、23日はその中でも
「電話応対」に焦点を当ててプログラムをご提供します。
皆様電話応対は得意でしょうか、苦手でしょうか。メールやSNSなど文で情報を伝えることが増えているため、電話をかけたり受けたりすることに苦手意識を持っている方も多いのではないかと思います。
企業だけでなく日常生活でも電話はなかなか切り離せません。少しずつでも練習していきたいところですが、なかなか電話をかける機会がない…そのような声を拾い上げてみました。
前半はスライドを用いた講義、後半にロールプレイをしていきます。実際に他センターへ電話をかけていきます。ビジネスマナーを意識した電話はなかなか体験できないのではないでしょうか。

当日は名古屋地区にある3センター合同でプログラムを行います。いつも以上に企業をイメージしやすいプログラムを体験できるチャンスです。また、どのセンターで体験いただいても構いません。
もちろん見学にて参加いただくこともできます。電話応対の上手な方はどのようなポイントを押さえているのか、実際に確認してみませんか?

見学、体験いつでも受け付けております。まずはお気軽に資料請求ください。
ご連絡お待ちしております。

【蒲田】『要約』のプログラムを紹介

みなさん、こんにちは!
支援員の山口と申します。
梅雨が明け、一層厳しい暑さが続いていますね。
水分補給を心掛け、休息をとりながら乗り切っていきたいですね。

さて、今回は蒲田センターで取り組んでいる『要約』のプログラムを紹介させて頂きます。
要約の意味は…

〇文章の要点を短くして、わかりやすく表すこと〇

これを、プログラムで取り組みます。
蒲田センターが『要約』に取り組み始めた頃は、30~50文字ほどの文章を20~30字に要約することから始めました。例えば下記のようなことです。↓
(原文)
今週末は真夏のような季節外れの暑さとなり、全国的に熱中症のリスクが非常に高まります。 (42字)
(要約した文)
今週末は全国的に熱中症のリスクが高まる。(20字
要約を始めたばかりの頃の利用者様は、苦手意識を持ち自信の無い方が多くいました。
しかし、毎週取り組んでいくうちに徐々に文章を簡潔にまとめるコツを掴んでいき、
上手に要約が出来る方が増えました。
今では1000文字程ある原文もこなせるようになってきています。
この『要約』は、日常生活はもちろんのこと就職活動でも大いに活かせるスキルで、
応募書類の自己PRや面接時に役立ちますので、お勧めのカリキュラムです。

今回は、『要約』を紹介しましたが他にも様々なプログラムの提供をさせて頂いて
おります。
就職活動をするにあたり不安を感じている、どう進めて良いか分からない方
是非、ウェルビー蒲田センターにいらして下さい。
一度、見学してみませんか?
支援員一同、お待ちしております。