【新横浜第2】利用者企画イベント~「ウェルビーピック2021」のご報告

こんにちは!ウェルビー新横浜第2センター 利用者Yです。
気温が高い日が増えてきましたね。熱くなってきたので、体調には気をつけて下さい。

さて、本日は4/24(土)に開催された企画課主催のイベント「ウェルビーピック2021」の当日の様子をご紹介したいと思います。
企画課で話し合いを重ねた結果「ウェルビーピック」とは「ウェルビー」「オリンピック」と合わせた造語で、パラリンピックの競技でもある「モルック」「ボッチャ」を行いました。
まず競技を行う前に「3択雑学クイズ」というアイスブレイクを行いました。
30秒のシンキングタイムを設け、グループごとに話し合い、1つの答えを導き出す選択式クイズです。
コミュニケーションをはかる事が目的なので点数などは入りません。

新横浜第2センター写真①

次にモルックというゲームを行いました。
「モルック」とは木製のピンを木の棒で倒すフィンランドの伝統的なゲームです。
日本でいうとボーリングがイメージしやすいと思います。
ルールは50点先取 ピンに1~12の数字が書かれていて「倒れた点数=点数」「1本単ピンで倒した場合は書かれている数字=点数」「ピンは倒れた位置のまま立て直す」です。
ボーリングは沢山のピンを倒した方が勝ちですがモルックは上手く単ピンを倒せば、最大1投12点を得る事できます!
後半になってくるとピンがいろいろな位置に転がっていきます…イスの下やテーブルの間など。。。
2チームに分かれ「高得点を取ろう!単ピン狙いで!」などグループで戦略を練りながらゲームを進めていきました。

新横浜第2センター写真2

結果、50点先取したBチームが勝利しました!!
最後は「ボッチャ」を行いました。
ボッチャは東京パラリンピックの公式競技です!ルールが複雑だったので、今回はカーリングの要素も取り入れながらウェルビー式ボッチャを行いました。
まず二重の的を作り、AチームBチーム交互に投げ、投げたボールが緑の中に入れば10点、赤の中に入れば20点。相手チームのボールを的から押し出すのも有り!というルールを企画課で考えました。
6投投げた後、ボールの位置で点を加算していくというルールでした。

いざゲーム開始!となりましたが…球が的をすり抜けていく……すり抜けていく……

新横浜第2センター写真3

企画課一同焦りましたが、投げる位置を的から近くしたり的の枠を大きくしたりなど試行錯誤をしながらルール変更していき最終的には参加者の方が楽しんで頂けたようで安心しました。
このようなハプニングがあっても臨機応変に対応できたのも日々のカリキュラム企業実践で学んでいる事が大きいと思います!

ウェルビー新横浜第2センターでは、これからも様々なイベントを開催致しますので、お気軽にお越しください!
お待ちしております♪

_____________________________

※就労移行支援事業所ウェルビー新横浜第2センターのブログは、訓練の一環としてご利用者様に作成頂いています。
就労移行支援事業所ウェルビー新横浜第2センターには、主に港北区・緑区・旭区・神奈川区・都筑区・鶴見区・青葉区にお住まいの方々が通っています。
発達障害(ADHD、ASD等)・うつ病・双極性障害・不安障害・統合失調症・高次脳機能障害・身体障害・知的障害などの精神・発達・身体・知的障害をお持ちの方々が、就職スキルを得るために訓練されています。パソコン訓練や軽作業訓練を行いながら、就職活動、就職後まで幅広くサポートしていきます。
現在新横浜第2センターでは、換気、アルコール消毒、パーテーションの設置などコロナウィルス対策を行っていますが、通所に不安がある方は在宅訓練も行っています。就職に不安のある方はぜひ一度お問い合わせください。見学・体験はいつでも行えます。Zoomでのオンラインにも対応。ご連絡をお待ちしています。

_____________________________

【草加東口】カビの予防対策をご紹介

こんにちは。就労移行支援事業所ウェルビー草加駅東口センターです。
草加駅東口センターでは、障害のある方が就職に向けて日々一生懸命訓練を行っており、本記事も企業実践の一環として、企画課の皆さんが作成してくださっています。

最近、雨や暑い時期が多い季節になりましたね。そんな季節はカビが多い時期です。
そこで今回はカビ対策について紹介していきます。

そもそもカビはどのように発生すると思いますか?
カビが発生する原因は温度と湿度と栄養にあります。カビが好む温度は20~30℃。
夏は25℃~27℃、冬なら20℃から24℃になるとカビが生えるといわれています。
湿度は70%以上の湿度になると活発になり、そのため梅雨の季節と夏は特にカビが発生しやすいといわれています。
栄養は皮脂、髪の毛、石鹸カス、水垢などの汚れがカビの栄養といわれています。しかし、汚れが無くても酸素があればカビは発生し成長することができるので、とても厄介で手強いです・・!

そんなカビをどのように予防すればいいでしょうか?予防対策を紹介していきます。

草加駅前東口センター画像1

しっかり予防対策をしても、カビは発生してしまうので、以下の方法で簡単にカビを退治することができます。

市販のカビ除菌スプレーはゴム手袋やメガネが必要など、使い方が大変ですが、家にある酢と重曹でも十分にカビを取ることができます。

用意するものは、酢・重曹・スプレーボトル・使い古しの歯ブラシ。

まず、はじめに酢水を作ります。50㎖に水100㎖をスプレーボトルに入れて軽く振って混ぜます。酢水スプレー後に重曹を振りかけてから、さらに酢水スプレーをして約1時間待ち、洗い流します。このときに酢をちゃんと洗いながさないとカビの栄養となってしまいますので、しっかりと洗い流すか拭き取りましょう。それでも落ちないときは歯ブラシで擦りましょう。

いかがでしたか?簡単なので休日などに是非行ってみてくださいね。
以上の予防対策と退治方法で、雨の多い時期でも快適にお過ごしください。

現在ご利用中の方々は、草加市・八潮市・越谷市・春日部市・川口市から通われています。
随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は電話かメールにてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同、お待ちしております!

―お問い合わせ先―
ウェルビー草加駅東口センター
TEL:048-954-7803 または 0120-655-773(フリーダイヤル)
Email : info@welbe.co.jp

【錦糸町】あおぞら銀行 企業セミナーを開催いたしました

皆さま、こんにちは!

ウェルビー錦糸町センターです。

当センターでは5月27日(木)に、ご利用者さまを対象にあおぞら銀行の人事の方による企業セミナー『長く安定して働き続けるために』を開催いたしました。

「長く安定して働き続けるために」今から取り組めること、就職後に心がけると良いことについてお話いただきました。
休息の大切さや、ストレス対処、コミュニケーションについて事例を交えてお話いただきました。
また、企業の人事の方から企業から求められる人物像や面接のポイントについてもお話いただきました。

参加されたご利用者さまからは

・勤怠の安定に必要なことを学ぶことができた。
・安定して働くには、仕事に関する事だけでなく、生活面も考えて行動する事が大切だと感じました。
・自分から発信していくのが大切だと分かりました。コミュニケーション能力に不安を感じているのですが、ウェルビーでの訓練を通して少しでも改善したいと思います。
・「言葉にしないと相手には伝わらない」という話があり、これからはコミュニケーションがとれたらと思う。「80%」の力で頑張るというのも納得だった。
100%の力でやらないといけないのではないかと思ってしまうので、自分の為にも80%でやっていきたいと思った。
・周りの人に相談することで問題を解決できるので積極的に自分から発信できるように普段の訓練からコミュニケーションをとれるようにしていきたいと思います。

など、様々な感想をいただきました。

今回、お話いただいたこと、気づいたことをもとに、長く働き続けるために日ごろの訓練でできることをしっかりと取り組んでいきましょう!
当センターでは、みなさまが安定して働き続けられるよう職員一同サポートさせていただきます!

ウェルビー錦糸町センターでは感染症対策を行いながら時間を短縮して訓練を行っております。
見学・体験も随時受け付けておりますのでお気軽にご連絡ください。
TEL:03-5625-5751 (9:00~18:00/日曜日を除く)
MAIL:info@welbe.co.jp

皆さまからのご連絡をスタッフ一同お待ちしております。

【春日部】OB・OG会についてご紹介

こんにちは。
ウェルビー春日部センターです。

今年も早くも半分を過ぎようとしていますが、いかがお過ごしでしょうか?

本日は5/22に行った

OB・OG会

についてご紹介いたします。

春日部センターでは月に一度、卒業生をお招きして座談会を行っています。
今回のテーマは現在利用している方からの質問についてお話していただきました。

春日部センター①座談会の様子

内容としては
・働いている中での経験談
・ウェルビーでどのような訓練に力をいれたか
・就職活動の進め方
・どのようなことに躓き、対処していったか
といった深堀した質問も寄せられました。
そして訓練を通して得た経験をどのように就労に活かしているのかなど卒業生だからこその気づきや生の声を聞くことができました。
また、コロナ禍で卒業生との直接会う機会が設けられないためパソコンスキルがある卒業生の方にご協力いただき、質問内容の回答を冊子としてまとめさせていただくことができました。

春日部センター②聞き取り冊子

 

現在、利用されている方も実際に働いている方の声を聞くことで、今の自分に何が必要なのか、今から何が出来るのかということを利用者様が考え直すきっかけになったのではないかと思います。

ウェルビーでは「働きたいけど、何からやっていいか分からない」「ブランクがあって不安だけど、働きたい」「働くイメージは湧かないが、一歩踏み出したい」と考えている方のお力になれればと考えております。
あなたの希望や悩みを聞いた上で、一緒に将来について考えていきましょう。
見学・体験は随時受け付けております!!オンラインでの対応も可能です!!
スタッフ一同、皆さまからのお問合せを心よりお待ちしております。
≪問い合わせ先≫
ウェルビー春日部センター
電話番号:048-884-8635
FAX番号:048-884-8636
メールアドレス: info@welbe.co.jp

【町田市役所前】就職者の声

皆さまこんにちは。
発達障害をお持ちの方に特化した就労移行支援を行っている、ウェルビー町田市役所前センターです。

緊急事態宣言が発出され緊張感が続く中ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ウェルビー町田市役所前センターでは、センター内の密を防ぎながら、就労を目指す皆さまが日々、訓練や就職の準備に取り組まれています。
本日は6月から就労が決まった卒業生から頂いたお声を皆様に紹介したいと思います。

町田市役所前センター就職した方の声

 

就労が決まりましたA様、おめでとうございます!!
就職はゴールではなくスタートです。
ウェルビーでは、就職が決まった後も、長く安定して働けるよう「就労定着支援」として、サポートを続けて参ります。

今、就労をお考えの皆さま。
私たちと一緒に、就労に向けてのスタートを切ってみませんか?

ウェルビー町田市役所前センターでは、随時、センターの見学や体験利用を承っております。
ZOOMを使ってのオンラインでセンター説明や個別相談も承りますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。

【金山】使って頂ける道具の紹介

こんにちは。
ウェルビー金山センターです。

東海地方は例年より早い梅雨入りとなりましたね。
蒸し暑い日が続きますが、心と身体の体調管理に気をつけていきたいですね。

今回は、皆様に金山センターで使って頂ける道具の紹介をします。

金山センターでは、お一人に一台ずつパソコンを貸し出しています。

パソコンを使用して、

タイピングの練習する訓練
長文入力を練習する訓練
データ入力をする訓練

などのパソコン訓練を受けることができます。

パソコンが得意な方は長文を決まった時間までに入力する訓練に挑戦できます。

体験の方にも、パソコンを貸し出しているのでパソコン訓練に参加して頂けます。

初めてパソコンを使うので不安と思う方も、スタッフが使い方を教えますし、最初はタイピングの練習から始めることができるので、安心して訓練に参加をしてくださいね‼︎

金山センターでは、コロナウィルス感染予防対策として、
・来所時の検温
・手指の消毒
・マスク着用の徹底
・定期的な換気
・飛沫パーテーション設置
を実施しておりますので、安心して来所していただければと思います

見学や無料体験も随時受けつけております。
お気軽にお問い合わせください。

【お申込み方法】
① 電話でのお申込み
ウェルビー金山センターに直接お電話ください。
TEL:052-253-7035
(9:00~18:00 日曜除く)
② メールでのお申込み
アドレス:info@welbe.co.jp
また件名に「金山センター宛て」と入れてください。
また資料請求や相談も受け付けておりますので、ご連絡ください。

【池袋】出張講座を開催のご報告

5月12日にハローワーク池袋の職員の方をお招きして出張講座を開催いたしました。

今回の企画の目的は以下の通りです。

① ハローワークの有効な活用方法を学ぶ
② ここ最近での障害者雇用の雇用状況を知る
③ 就職するための準備について
④ ハローワークを身近に感じてもらう
⑤会社が採用したい人物像を知る

 

今回ハローワークの方から直接お話をお伺いする事ができ、ご利用者の方も身近にハローワークを感じる事ができたようです。また求人検索の便利な活用法なども教えて頂きました。

コロナ不況による市場の冷え込みで有効求人数が大きく
減少していますが、障害者雇用は堅調に実績を伸ばしているとの話を聞き、ご利用者の皆様も一様に安心し勇気づけられました。

また就職するための準備についてもわかりやすい説明があり、ご利用者の皆様が今就職の為に何を準備すれば良いかを深く理解する事ができました。

更に豊富な企業訪問の経験から実際に企業の採用担当者がどんな人材を欲しいのかという事も細かく説明して頂きました。
実際に企業と直接交渉をしておられるので、お話にも説得力がありご利用者も熱心に耳を傾けていました。

今回講義して頂いたハローワーク池袋の職員の方も熱心に聞き入るご利用者を見て大変心を打たれたと仰られていました。またこうした講座を継続的に行っていく事の重要性を双方で確認する事ができました。

【新越谷第2】イベントについてご紹介

こんにちは。
新越谷駅前第2センター佐藤です。

本日はセンターの新しいイベントについてご紹介いたします。
ウェルビー新越谷駅前第2センターでは6月の毎週金曜日と6/19(土)に就労相談会という
イベントを行います。時間はいずれも15時以降になります。
・就職活動を一人でしているが、なかなかうまくいかない…
・いずれ就職はしたいと思っているけれど何をしたらいいかわからない…
・就労移行ってどんな場所なんだろう…
などどんな相談でも大丈夫ですので、お気軽にお問い合わせください‼
申込方法は電話かメールになりますので、ブログを見て気になった方はぜひお申し込みください。

お問い合わせ先
ウェルビー新越谷駅前第2センター
TEL:048-990-5533(センター直通)
または0120-655-733(フリーダイヤル)
Email: shinkoshigaya2@welbe.co.jp

【新大阪】ベーシックトレーニングについて

こんにちは。ウェルビー新大阪センターです。

ウェルビーに興味を持って頂いてこのブログをご覧になられている皆様へ、今回は
カリキュラムの一つである「ベーシックトレーニング」のご説明をさせて頂けたらと
思います。

「ベーシックトレーニング」というのは端的に言うと軽作業的なトレーニングなのですが、あらゆる仕事の基礎となるスキルを身につけることを目的の一つとしています。

実際に行う種目は4種類あり、①クリップの仕分け②プラグタップの組立・解体③電卓計算④帳票整理があります。その中で集中力や体力を養うことや、仕事に必要なスキルがイメージできるので基礎的な力を高めたり、ルールを身につけることも可能です。

新大阪センター5.31写真

 

また、取り組むことによって、今の自分にできる作業はどのくらいかということを見極めることも目的です。その他にも指示理解や作業効率を上げるためにどうするか、もちろん作業速度や正確性、問題解決力を養うことなど、様々なことを身につける目的をもって行なって頂いています。

このベーシックトレーニングへのご意見について、ウェルビー新大阪センターから就職された方の声を少し挙げさせて頂きます。
「正直言ってベーシックトレーニングは苦手でしたが、苦手なことをいかに楽しみながら実施するのか考えていました」
「実際に仕事をしていればやりたい事ばかりではありません。その時に『いかに乗り越えるか』という姿勢をベーシックトレーニングを通じて学びました」

ベーシックトレーニングではレベルが設定されていますので、基礎レベルでは自分のペースで無理なく継続できるような比較的簡単な作業を行なって頂き、仕事の基本である「正確さ・継続力」を身につけて頂いています。
少しレベルが高くなればより早く、負荷の高い作業に挑戦して頂き、「企業で求められる効率」を養って頂いています。
一定の基準をクリアして検定を受けて頂くこともありますので、徐々にスキルアップしているという達成感を感じながら取り組んで頂けるかと思います。

「体験してみたい」という方は、ぜひ一度お問い合わせ下さい!

※ウェルビー新大阪センターでは、今後もより安全な環境を皆様に提供するために、毎日の検温や手指消毒の徹底、センター内の換気、テーブルに衝立の設置、加湿・空気清浄機の設置などを実施し、感染防止の対策を行っております。

【京都四条烏丸第2】大災害に備える!

こんにちは。ウェルビー京都四条烏丸第2センターです。

早くも6月になりましたね。今年は梅雨入りが例年より早く、梅雨明けも早そうです。
早く安心して、外に出られる日がくると良いですね。

今回は5月29日に行った土曜イベント「大災害に備える!」をご紹介します。家族や友人と、今一度、災害への備えについて確認していただくきっかけになればと思います。

 

「大災害なんてそうそう来ないんじゃない?」という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

京都四条烏丸第2センター画像01

実は、30年以内に日本で大地震が起こる確率は90%と言われています。 (2019年発表)

イベントでは地震・火災・台風等の備えや避難方法についてお話をし、自宅やウェルビー近くの避難場所・消火器・AEDの場所について皆で調べ確認しました。

また災害用持ち出しリュックや企業の災害対策マニュアル、ハザードマップについてもお話しました。
災害用持ち出しリュック、皆様は用意していますか??
いざという時に役立つ、最初の72時間を生き延びるためのリュックです。
食料・水分・着替えに加え、現金身分証明書のコピー、軍手、笛なども準備しておきましょう。
また、今ならマスクも入れておく必要がありますね。

またほとんどの企業には災害対策マニュアルが作成されています。勤務中に災害に遭った場合、どういう動きをすればいいかや、どこが避難場所なのかが詳しく書かれています。皆様が入社された後、災害対策マニュアルを確認しておくことも、命を守る1つの方法になるのではないでしょうか。

今から災害に遭った時の備えをしておき、万が一の時に落ち着いた行動が出来るようにしておきましょう。

ウェルビー京都四条烏丸第2センターでは土曜日イベントとして、就職後も役立つプログラムを提供しております!
平日・土曜日・祝日も体験利用を行っておりますので、ご興味がある方はお電話またはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください!

※ウェルビー京都四条烏丸第2センターでは、今後もより安全な環境を皆様に提供するために、毎日の検温や手指消毒の徹底、センター内の換気、テーブルに衝立の設置などを実施し、感染防止の対策を行っております。

資料請求はこちら

見学申込はこちら