【桜木町】SST「自己会話」とは

こんにちは。

障害者就労移行支援事業所ウェルビー桜木町駅前センターです。

 

ウェルビーでは、全社的に、SST(社会生活技能訓練)というプログラムを実施しています。

日常生活や職場で起こる特定の場面を2人1組の劇形式で練習し、対応力を上げていくというものです。

これを繰り返し、複数の場面での対応力が上がれば、ソーシャルスキルが上がり、職場定着しやすくなります。

 

7月第一週の今日は「会社への遅刻や欠席の連絡の仕方」という場面の練習を行いました。

 

多くの方が、練習の場面では落ち着いて的確な受け答えをすることができます。

 

ところが実際に職場に連絡を入れようとすると、慌てて早口になってしまったり、電話する勇気がなくて何となく連絡しそびれてしまい、逆に職場から電話がかかってきて、めちゃくちゃ怒られてしまったりする・・・なんて事態が発生したりします。

 

こういう事態をどうすれば、少なくすることができるのでしょうか?

 

「自己会話」が鍵になってきます。

自己会話というのは、その名前の通り、自分との会話、心の中で自分に話しかけている言葉のことです。

 

例えば、

(遅刻の電話をしなきゃいけないけど、面倒くさいな)

(怒られるだろうな)

(うまく言えなかったらどうしよう)

と言った言葉です。

 

このような言葉を自分の中で繰り返し言っていると、どうしても落ち着いて行動することが難しくなってしまいます。

 

そこで、ストレス状況が来る前に、ストレス状況が訪れた時にどういう自己会話をするか台詞を決めてしまうのです。

 

(大丈夫、大丈夫)

(落ち着こう)

(うまく話せなくても大した問題じゃない)

(ゆっくり話すようにしよう)

 

などと決めておくのです。

 

こうすれば、ちょうどスポーツ選手のコーチのように、目の前の問題にどう対処したらいいか、自分で自分に指示を出して、自分の行動をコントロールできるようになります。

 

ウェルビー桜木町駅前センターでは、精神保健福祉士、公認心理師、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントなど資格を持った専門職もおり、就職と職場定着のために必要な様々なスキルを習得できるようプログラムをご用意しております。

 

見学、体験を随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。(045-680-1178

【広島】企画部プレゼンツ★リフレッシュの実施報告★

こんにちは。ウェルビー広島駅前センターです。

ウェルビー広島駅前センターでは、毎週金曜日に【企業実践】を実施しております!

今回は6月に実施した内容を企画部のご利用者様に作成いただきましたのでご紹介致します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回は企画部presentsにて、クイズ「Q漢挑」を行いました。

①全体写真02

 

これは9マスの漢字が何を表しているかを当てるクイズです。

実際に使った問題を載せますので、みなさんもぜひ解いてみてください!

ブログ用問題

 

これは何のことを表しているでしょうか?

答えは下に書いておきますので、挑戦してみてください。

②クローバーチーム

 

ところでこのQ漢挑という名前、とてもユニークだと思いませんか?

前回の企画の名前を褒めて頂いたので、下手な命名はできないぞというプレッシャーがありました。(笑)話し合いの中で、一人のメンバーが九官鳥とぼそりと言いました。

それが面白かったので、それをもじって「9」マスに書かれた「漢」字と、「QUIZ」をかけて、Q漢ちょう

最後の「」は、クイズに「挑む」ということで決定しました。

問題をみんなで考えて作り、当日はチーム戦でクイズに挑んでもらいました。

③ハートチーム

全23問のうち、なんと両チーム全問正解で、最後は急遽早押しのサドンデスに。

チーム内で協力し合って、とても盛り上がっていました。

参加してくれた方が最近の中で一番楽しかった!と言ってくれました。

今回は司会を交代でやったり、私たち企画部にとっても良い経験になりました。

次も頑張ります!ありがとうございました!

 

問題の答え:宮島(饅はもみじ饅頭、世は世界遺産、弥は弥山、牡は牡蠣です!)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【スタッフより】

企画部の方、ありがとうございました。

今回の、「Q漢ちょう」では広島にまつわる問題から広島センターの職員の名前を問題に出す等

ご利用者様が楽しめるよう企画部の方も検討し、結果盛り上がるリフレッシュとなりました。

 

企業実践をはじめ、ご利用者様同士で協力し合うカリキュラムや就職活動にまつわるカリキュラム等

ウェルビーではご用意しております。

随時、見学・体験を承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

職員一同お待ちしております!

【桜木町】ストレスに負けない生活術

こんにちは。障害者就労移行支援事業所ウェルビー桜木町駅前センターです。

 

6/26(土)、認知行動療法に基づいた「ストレスに負けない生活術」という講座を実施しました。

 

そのエッセンスを少しだけ紹介しますと…

 

ストレスを受けたとき、私たちは、

 

ストレス刺激(出来事)→反応(結果)

 

という図式を立てがちですが、認知行動療法ではストレス刺激を受けてから反応が起きるまでもう少し細かいシステムがあると考えます。

 

すなわち、

 

ストレス刺激(出来事)→認知(捉え方)→感情→行動→結果

 

という図式です。

 

出来事が起きてから、新たな結果を生むまでに

認知・感情・行動の三段階があり、その各々で修正が可能である。つまり、異なる結果を生み出す可能性があると言うことになります。

 

具体的に言うと、

ストレス刺激:就職活動で二次面接不通過だった

という出来事があったとして、

 

Aさんは次のように考えたとします。

認知:私はダメな人間だ

感情:悲しみ 70%、絶望 90%

行動:しばらく採用試験は受けないことにする

 

また、Bさんは、次のように考えました。

認知:今回の面接では落ちてしまった

感情:残念 50%、あきらめ 30%

行動:別の会社を受けてみることにする

 

このように、出来事に対する捉え方で、行動の仕方は随分変わってきます。

 

元々の人格特性も影響してきますが、AさんがBさんのような捉え方に認知を修正していくことは可能です。

 

ただ、ここで注意したいのは、認知行動療法では、単に楽観的な思考を持つべきだと言っている訳ではないということです。

 

今までの思考も持ちながら、より建設的で現実的な考え方も持ち、「考え方の幅を広げていく」という表現のほうが妥当かもしれません。

 

ウェルビー桜木町駅前センターでは、精神保健福祉士、公認心理師、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントなど資格を持った専門職もおり、就職と職場定着のために必要な様々なスキルを習得できるようプログラムをご用意しております。

 

見学、体験を随時受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。(045-680-1178

 

【所沢プロペ通り】6月に着任した職員の紹介です。

皆様、こんにちは、

ウェルビー所沢プロペ通りセンターです。

 

梅雨の晴れ間にのぞく青空がうれしくもあり、強すぎる紫外線と高すぎる気温が少しうらめしくも感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

今回のブログでは、

6月からウェルビー所沢プロペ通りセンターに着任しました

私、髙橋の自己紹介をさせて頂きたいと思います。

 

私の好きな言葉は、

「意志あるところに道は開ける」

「善きことはカタツムリの速度で動く」

「あなたは自分が正しいことと、幸福であることの、どちらを好むだろうか」

の3つです。

 

1つ目の言葉は、エイブラハム・リンカーンの言葉。

どんなに困難な道でもそれをやり遂げる意志さえあれば必ず道は開けるという、希望と勇気が湧いてくる言葉です。

 

2つ目は、マハトマ・ガンジーの言葉。

善いことはすぐに効果が見えなくても必ず実を結ぶものだから、焦らず、忍耐強く取り組んでいくと必ず良い結果が得られる。そんな意味が込められていると私は感じています。

 

3つ目は、ある書籍の一節。

「自分が正しいこと」とは自身の価値観や強いこだわりのこと。本来、自分が幸せであるために様々なことに取り組み、努力しているはずなのに、いつの間にか目的と手段が逆転して、取り組み方や努力の仕方が目的となり、自分が今、何を感じているかに無頓着になってしまうような状況を戒めるために、時折、自分に問いかけている言葉です。

 

私は日々の生活のなかで上記の言葉を折に触れて思い出しては、気持ちを新たにしたり、力を奮い起こしたり、余計な力を抜いたりしています。

就職に向けて頑張っていこうという皆様の力になる言葉たちかも知れないと思いますので、気になる言葉があれば是非、座右の銘のひとつに加えてみてください。

 

因みに私の趣味は海外ドラマ鑑賞。主に英語圏のドラマを観ているのですが、スウェーデンやチェコ、ウクライナなど、英語とはまた違った聞き心地の言語圏のドラマを好んで見たりしています。見始めると限界まで睡眠時間を削りがちになってしまうので、視聴は休日前夜のみで我慢しています。

 

所沢プロペ通りセンターに着任して約1か月。新しい職場の環境にも慣れてきました。皆様の理想の就職、健康的な就労継続に向けた日々の訓練をしっかりサポートしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ウェルビー所沢プロペ通りセンターでは、みなさんの“働きたい”を応援します。

ぜひ一度センターを見学してみませんか?

 

またウェルビーに興味はあるけどセンターには行きづらいという方も

オンラインで見学のご説明が出来ますので、お気軽にお電話いただければと思います。

 

現在ご利用中の方々は、所沢市・狭山市・入間市・飯能市・日高市・川越市・清瀬市・東久留米市・東村山市・西東京市・小平市・練馬区から通われています。

 

随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は下記までお電話かメールにてお問い合わせください。

 

皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

 

ちなみに、近隣にウェルビー航空公園駅前センターがあります。どんなところか気になる方は、こちら

 

【博多】センターでの訓練の振り返りと、今後の目標について

こんにちは!

ウェルビー博多センターです!

 

最近は蒸し暑い日々が続いていますね・・・。

体調には十分にお気をつけください。

 

話は変わりますが、

今回は就職が決まりましたAさんにウェルビー博多センターでの

訓練の振り返りと、今後の目標についての記事を作成していただきました!

博多00

ウェルビー博多のHPを拝見して、自分の信念とウェルビー博多センターの信念が一致していたので、会社に入ったときの練習ができると思い通所しました。

博多01

敬語の使い方を意識して、報告、相談、連絡を企業実践カリキュラムで実践したところスムーズな業務遂行ができるようになりました。

博多02

ウェルビー博多センターで習ったことを使って、自分の信念と会社の信念が一致する企業を探しました。実習では、この人と働きたいと思わせる行動をしながら就職活動しました。

博多03

ウェルビー博多で習ったこと、エクセル・ワード・パワーポイントの知識を、上司からこの人に仕事を任せたら100%取り組んでくれると思わせるような行動をしたいです。

 

ご協力くださり、ありがとうございました!

そして就職おめでとうございます!

 

ウェルビーでは、スタッフが親身になって「長く働きたい」という気持ちを全力で支援します。

随時見学を受け付けておりますので、ご希望の方は、お気軽に電話またはメールにてお問合せください。

【川越第2】企業実践・広報課「熱中症対策について」

みなさま、こんにちは。ウェルビー川越駅前第2センターです。
新型コロナウィルスの感染予防として、マスク着用が当たり前になってきました。
これから暑くなり、マスク着用時の熱中症が心配されます。
今回は、熱中症の症状についてまとめました。

熱中症の症状

軽度の症状は?
・めまい・たちくらみ・筋肉痛・汗がとまらない。

中度の症状は?
・頭痛・吐き気・体がだるい(倦怠感)・虚脱感。

重度の症状は?
・意識が無い・けいれん・高体温・呼びかけに対し返事がない・まっすぐ歩けない。

 

日常生活での熱中症予防のポイント
・こまめに水分補給、塩分補給をおこなう。
・エアコン・扇風機を利用する。
・シャワーやタオルで身体を冷やす。
・部屋の温度を計る。
・暑いときは無理をしない。
・涼しい服装にして、外出時には日傘、帽子を着用する。

マスクでの熱中症対策
マスクは顔のほぼ半分をおおうため、体温を外に逃がす「放熱」の妨げになります。
また、熱がこもりやすく湿気も多いため、熱中症になる可能性が高まります。
顔から熱が逃げないなら、他の場所から体内の熱を逃がす工夫をしましょう。
半袖や袖をまくりやすいシャツ、ノーネクタイ、などで放熱すると良いでしょう。
熱中症対策として、ポータブル扇風機を使用するのも良いです、昨年街中でよく見かけた首にかけるタイプの扇風機を併用すれば冷却効果がアップします
水分をこまめに補給しましょう、ノドが渇く前に補給する良いと言われています、塩分も忘れずに補給しましょう。

夏マスクの選び方
夏マスクはこれからの季節に重宝されるマスクです。
冷感加工をされたマスクを付けることにより、普通のマスクより熱中症になる危険性を下げることができます。

① 生地をイオン結合し、ひんやり感をつけ、汗や湿気を吸着し生地温度を下げる加工を施したマスク

② 冷感生地を採用し、吸熱・保水・蒸発の機能があり、何度も洗って使え涼しく快適な着用感をかなえてくれるマスク

③ 接触冷感のある生地に、涼感効果をもたらす天然由来のキシリトールを配合したマスク

④ アイスシルクコットンを使用し、ひんやりとした感覚が持続し、通気性があるので、息苦しくなく、UVカットもしてくれるマスク

4点紹介しましたが、その他にも夏用マスクが色々な企業から販売されています。
夏マスクの入手が難しい場合には、ハッカ油スプレーや冷却スプレーなどを使用すると、普通のマスクでも快適になります。

夏用マスクを自作するのに適した生地は、アイスコットン・麻(リネン)・ダブルガーゼ・和紙などの素材で通気性のよいマスクを作る事ができます。

手縫いだけでも簡単のマスクの作り方
新型コロナウィルスの感染対策予防として有効とされているマスク。外出自粛とはいえ、買い物等に出かける際にはマスクが必要。
そこで手縫いだけでも簡単に作ることができるオリジナルマスクの作り方を紹介します。

必要な道具
・はさみ
・裁縫セット(手縫い)
・立体マスク(大人、女性、男性サイズ)
・チャコペン(不安な場合)
・クリップまたはまち針
・型紙
・表地の布
・裏地の布
・ゴム

マスクの作り方
① 生地を選ぶ
② 型紙を切る
インターネットでダウンロードした型紙を外側の線で切り抜き。
表地の布をあてて、チャコペンでカットラインを引き、布をはさみで切ります。
③ 型紙通りに布を切る(2枚)
④ 針と糸で縫い合わせる
縫い終わったら、縫い目を切らないように1㎝間隔で切り込みを入れていきます。
表地・裏地を切り込みます。ミシンがない場合は手縫いだけで作ることも可能です。
手縫いマスク

 

閲覧ありがとうございます。
新型コロナウィルスで騒がれているご時世でありますが、熱中症になる危険性はこれからが本番になりますので、皆様も十分にお気を付けてください。

【企業実践 広報課T・N・U】

【四日市】ペーパータワーに挑戦しました。

こんにちは。

今年の七夕も織姫と彦星が会えなさそうですね。。。このお二人も今年ばかりはソーシャルディスタンスで距離を保っているかリモートで会えることを切に願っている四日市センターよりお送りします。

 

先日、プログラムでペーパータワーに挑戦しました。

高く積み上げる目標に向かって組織の中で一人一人が自分ができる作業を《見つける》・《他者に発信》・《協力する》課題を見事に成し遂げることが出来ました。

 

3回積み上げる作業を実施した結果

1回目105cm 2回目 147cm ラスト189cm!!!

『3人寄れば文殊の知恵』の言葉通り、みなさんがアイディアを出し合った結果+84cmとなりました。

 

完成したタワーはなかなか崩すのが惜しく、みなさんが帰宅される直前まで薄っぺらい紙で出来たタワーは威風堂々とそして重々しくそびえたっていました。

 

ウェルビーのグループワークは難しい作業ではありません。誰でも気軽に参加できる内容となっております。集団の中で自分はどんなポジションが向いているのかを試すチャンスです。

新しい自分を発見できたり、チームワークでしか味わえない達成感を是非ウェルビーで体感してみてください☆【ウェブ掲載】四日市センター(2020.07.01)

【静岡】防災訓練実施の報告。

皆さんこんにちは。ウェルビー静岡駅前センターです。

 

あっという間に7月になり、暑さが本格的になってきましたね。熱中症の予防には水分補給が大事になってきますが、マスクをしていると自分の呼吸の湿気で通常よりのどの渇きを感じにくくなるそうです。例年よりも水分の摂り方に気を付けなくてはいけませんね。

 

静岡駅前センターでは6月25日(木)に防災訓練を行いました。

静岡駅前センターが入っているビル全体で行うものと、センターのみで行うもので、年2回実施しています。

今回はセンターのみで行い、スタッフと利用者の皆様で地震・火災の時の注意事項を確認したり、実際に避難階段を通って地域の一次避難所になっている公園まで歩いていきました。

初めて参加された方も何度か参加したことがある方も、皆さん真剣に話を聞き訓練に取り組んでいただきました。

このように、ウェルビーでは様々なプログラムを提供するだけではなく、利用者の皆様が安全に安心して通所していただける取り組みも行っています。

 

そして現在は、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置するなど、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。

個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

 

また2020年7月15日(水)には、イベントとして「見学・相談会」を開催いたします。通常は個別に受け付けている見学に加えて、ウェルビーの事をより知っていただけるプログラムをご用意しています。

今回のプログラムは「ウェルビー卒業生に聞く~私の就職体験談~」と題して、実際にウェルビーを利用して就職した卒業生に来ていただき、利用中や就職後の体験談をお話ししていただきます。

「説明だけ聞いても就職までの道のりがいまいちわからない。」「自分が利用した時のイメージがわかないな・・・。」といった方にはとても参考になると思います。少しでも興味のある方はぜひご参加ください!

応募方法は以下の通りです。

●電話:054-266-3091 にご連絡ください。(受付時間 月曜から土曜日の9:00~18:00)

●FAX:054-266-3092 にイベントチラシ裏面にある「FAX用参加申し込み用紙」に記入の上、FAXをしてください。

●メール:info@welbe.co.jp に①氏名(フリガナ) ②電話番号(連絡の取りやすいもの) ③メールアドレス ④イベントを知った経緯を記入の上、メールをお送りください。

イベントチラシ表

イベントチラシ裏

【松本】『就活プログラム 応募前の準備』 と『リフレッシュタイム』について

みなさんこんにちは

早くも7月を迎え、強い日差しに緑が深まる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか

いよいよ夏到来となりますが、体調管理、体力作りを行いながら、お体ご自愛下さい。

それでは、ウェルビー松本駅前センターから6月のセンター内の様子をお届けします。

 

6月25日㈭、ウェルビー松本駅前センターでは、

『就活プログラム 応募前の準備』

『リフレッシュタイム』を行いました。

就活プログラムでは、『就職活動を行う準備』として、身だしなみのチェック、身だしなみの意味するところ、良い印象をあたえる身だしなみのポイント等を行いました。『人は見た目じゃない』というような言葉もありますが、『清潔感』『機能性』『職場や仕事との調和』という意味では非常に大切なモノと言えます。

そして、身だしなみとは、単に着衣の乱れを直す・髪の手入れをするという事をいうのではありません。

誰にでも好感をもって受け入れられるように、身の回りを整えると言う事であり、会社でいう身だしなみは、

『自分本位ではなく、相手を意識したもの』でもあるのです。

松本01

『そうなんだぁ~じゃあ、会社に入ったら気を付けようかな。』

ではなく、入社前の面接等でも、同様に身だしなみには気を付けなければなりません。いざというときの為に、普段から出来る身の回りの整えを確認していきたいものですね。

松本02

そして、午後は、リフレッシュとして『トランプ 七ならべ』を行いました。

ウェルビーでは訓練だけでなく交流や息抜きを兼ねてリフレッシュの時間も用意しています。

大きな笑い声が飛び交い、和気あいあいとした雰囲気の中、白熱したバトルが繰り広げられました。

松本駅前センターでは、これからも皆さんと一緒に、訓練や企業実践、ウォーキングやリフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催出来たらと思います。

ぜひ一度、見学・体験にいらしてみませんか。皆さんのご来訪を心よりお待ちしております。

 

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階

電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238

最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩2分

【京都四条烏丸】センターが広くなりました!

みなさんこんにちは、ウェルビー京都四条烏丸センターの通所者です。

 

まだまだ新型コロナの影響も残っておりますが、少しずつ京都市内の活気も戻ってまいりました。梅雨のじめじめとした暑い日も増えてまいりましたが皆様どうお過ごしでしょうか。

今回より企業実践の一環としてブログ更新を通所者で行っております。約3回行う予定です。是非ともお付き合いください。

 

さて、2018年2月に開所しました本センターですが、2020年5月25日に改装工事が行われました。

工事車両

ウェルビー京都四条烏丸センター前に横付けされる工事車両(4台)

 

 

今まで余分な壁があった個所を豪快にぶち抜いて部屋の一部にすることで、机一個と少し分のスペースが増えました。

ぶち抜かれる壁(工事前)           ぶち抜かれる壁(工事前)

ぶち抜かれる壁(工事後)

           ぶち抜かれた壁(工事後)

なんということでしょう! 人数が増えてきたことにより、非常に込み合っていたセンター内に風が通る空間ができました。

これで三密も避けられる最新式のセンターの完成です。

スタッフスペース (1)

三密の恐れがあったスタッフの作業スペースも広くなりました

多目的トイレ

多目的トイレに行きやすくなりました

(人によっては行きにくくなったという意見も)

突っ張り棒

ロッカーの上には突っ張り棒を施し、地震対策も万全

では、実際に京都四条烏丸センターに通う人に話を聞いてみました。

 

*最初は部屋自体に違和感を持ちました。そのため入るのに躊躇して、思わず部屋と廊下を「ここはウェルビーなのか」と思って戸惑いから二度見してしまいました。いざ入ってみると、今まで窮屈気味だったスペースが広くなっていてびっくりしました。また、作業机が増えたことで個人のスペースを広く取れるようになり、活動がしやすくて嬉しいです。

 

*想像していたよりも広くなっていて「どこからこんなスペースが生まれたんだ」としばし驚きを禁じ得ませんでした。通所の際にタイムカードの機械と出入口が近いため、しばしばタイムカード渋滞が起きていましたが、それも解消されて大変助かっています。

 

スタッフの方にも話を伺ってみました。

 

*通所者の方がカリキュラムなどの座学を聴きやすくなったのではないかと思います。また空間の余裕が人の心の余裕に繋がるといいな、と感じております。

 

就職に悩んでいる方!

心機一転、綺麗になった当センターで就職活動を始めてみませんか?

 

次回、「恐怖! 個別面談練習!!」 お楽しみに!

京都地図

詳しくは京都四条烏丸センター紹介ページをご覧ください。
これまでのイベントなどは、京都四条烏丸センターブログ一覧をご覧ください。