【北千住】卓球大会を開催しました。

皆さんこんにちは!

ウェルビー北千住駅前センターです。

今回は7月24日(金)10:00~12:00に卓球大会を開催致しました。

当日は『スポーツの日』の祝日で、トーナメント形式で抽選し対戦相手を決め抽選の時から熱い熱気に

包まれていました。コロナウィルスが続く中でなかなか外出することも厳しく、卓球で汗を流し、

皆さんのはつらつとした表情が印象的でした。とても接戦の試合が多く、歓声も湧きとても楽しい1日で

リフレッシュすることが出来ました。参加した方達から「またやりたい!!」との声がたくさん上がり、9月の

連休中に秋の卓球大会を開催したいと考えています。よろしくお願いします。(^^)/

皆さんのご参加をお待ちしております。

北千住01

【広島】コミュニケーションカリキュラムについて

こんにちは。ウェルビー広島駅前センターです。

 

7月の連休も終わり、ますます気温も高く、夏が強まっていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、7月の4連休、広島駅前センターは休みなく開所し、たくさんの方にお越しいただきました。土日祝はどうしても休みたいと思ってしまいますが、生活リズムを崩さないという目標で来所される方も多くいらっしゃいます。

 

広島駅前センターでは、

23日(木)「コンプレックスをZEROにする」、「卓球大会」

24日(金)「自己紹介プレゼン」、「映画祭り」

25日(土)「music festival」、「東の絵伝」

26日(日)「面談・面接練習・自主課題」

とコミュニケーションカリキュラムを多く実施させていただきました。

↓こちらは24日の「自己紹介プレゼン」で、趣味について紹介していただきました↓

広島01-2

他にも裁縫の写真や切り絵など、ご自身の好きなものや得意なものについて写真を用いて分かりやすく発表してくださいました。

↓こちらは25日の「東の絵伝」で底辺の頂点決定戦を行った写真です↓

広島02

なかなかハイセンスな戦いになりましたが、結果はご想像にお任せします!他の方の絵を見て良い部分などを話したりと会話が弾まれていました。

 

人の前に立って、自身の好きなことを発表することや、身体を動かしながらコミュニケーションを取ることは、なかなか経験することは多くはないですよね。

 

平日はビジネスマナーや就活に向けてのプログラムを多く実施し、週末はコミュニケーションを図っていくプログラムを実施させていただいています。

発表は難しいと感じられる方も、他の方の発表を見るだけでも良い経験だと思いますので、お気軽にご参加いただけたらと思います。

 

随時、見学・体験を承っておりますので、どうぞお気軽にご連絡くださいませ。

職員一同お待ちしております!

【高崎第2】土曜カリキュラムの取り組みのご紹介

土曜カリキュラム【絶対にやってほしいゲームがここにはある!】を開催致しました!

 

自宅で過ごす時間が増えている方も多いと思いますが

たまには窓を開けて外の空気を吸い、気持ちのリフレッシュ

出来ていますか?(^o^)

 

ウェルビー高崎駅前第2センターです。

 

土曜カリキュラムのご報告をさせて頂きたいと思います!

 

今回の土曜カリキュラムは…

『絶対にやってほしいゲームがここにはある!』です(^o^)

 

こちら「絶対に〇〇シリーズ」と呼ばせて頂いております大好評企画★

今までは映像作品(映画など)・お菓子・・と様々なジャンルで開催をしてきました!

自分のおすすめしたいものを皆さまの前でプレゼンテーションをするというものです。

プレゼンテーションをするためには「自分が伝えたいことをまとめる力」

「言葉やパワーポイントに表現する力」「伝わりやすいプレゼンテーションに工夫をする力」など多くの力を磨くチャンスになります☻

また、他の方のプレゼンテーションを聴くことで自分の引き出しが広がったり、

質問をする力を向上させることもできます!

 

参加した利用者の方も、

「パワーポイントが上手だった」や「発表内容がおもしろかった」など、

終わった後に声を掛け合っている姿が見られました(^^)/

 

このように、ウェルビーでは様々なカリキュラムを通し、

皆さまの『自分らしく働き続ける力』をつけるお手伝いを

していきたいと思っています(^o^)

 

無料の見学・体験を受付けておりますのでお気軽にお問合せ下さい!!

 

自分らしく働きたいあなたへ」

 

就労を目指している障がいのある方、ご家族の方、支援機関の方、興味のある方

是非お待ちしております!!

【静岡】見学相談会の報告。

皆さんこんにちは。ウェルビー静岡駅前センターです。

 

先日九州で記録的な豪雨がありました。河川の増水によって多くの地域で被害にあわれた方がいらっしゃると思います。ここ数年台風の進路が例年にない動きを見せたり、今回の豪雨のように局地的に集中して雨が降ったりと、「今までと違う」自然災害が増えているように感じます。改めて一人一人の防災意識が必要になってきますね。

 

静岡駅前センターでは7月15日(水)に見学相談会を行いました。

今回はウェルビーの就労移行支援について説明させていただいた後、実際にウェルビーを利用して一般企業に就職された卒業生から、訓練中の様子や就職後の体験談をお話ししていただきました。

就労移行を利用して良かったことや就活で大変だったこと、就職後に役立ったウェルビーでのプログラムなど、インタビュー形式で聞かせていただきました。また参加者からの質問にも答えていただき、皆さん興味深く卒業生の話に耳を傾けていました。

イベントの最後に今回の内容についてアンケート記入もお願いしていましたが、「実際に利用した人の話を聞けて良かった。」「障害者雇用で就労されている方の話が聞けて良かった。」といった感想をいただきました。また今後の内容については「毎回テーマを変えて開催しているので参加しやすい。」「実際にやっているプログラムを体験したい。」といったご意見をいただきましたので、アンケートを参考にまた違ったテーマで見学相談会を開催していきたいと思います。

今回見学相談会を開催するにあたり、障害をお持ちのご本人やご家族だけでなく、関係機関の方からもたくさんのお問い合わせをいただきました。しかしコロナウィルス感染に対する心配がされる中で、安全にイベントの開催が出来るように①センター内が密にならない参加人数の制限 ②来所していただいた方へのアルコール消毒・検温・マスク着用のご協力 ③イベント中の飛沫防止用仕切りの使用、といった対策をとらせていただきました。

 

そして普段のセンター運営についても、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置するなど、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。

個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

 

 

【桜木町】土曜日特別企画★イベントポスター作成大会

こんにちは!就労移行支援事業所 ウェルビー桜木町駅前センターです。ブログを楽しみにしていただき、ありがとうございます。

現在センターでは、新型コロナウィルス感染防止のため、毎朝職員による消毒などを徹底しながら、訓練しやすい環境を整えています。

 

先日、センターでは土曜日特別企画「PC講座★イベントポスター作成」を開催しました。10種類ほどの背景イラストから好みのものを選び、夏のイメージの挿し絵をいくつか配置し、そして文字の挿入を行えば、PCに慣れていない方でも、オリジナルポスターの完成です!ワードやパワーポイントに慣れている方は、ご自身で背景から考えていただいて、文字の配置や図形を駆使したステキなポスターが出来上がりました!

ポスターすべて、50分以内で完成しました!

皆さんが使用するロッカーに、きれいに並べています。

 

色合いや文字の配置など、個性豊かな感じですので、ぜひセンターに見に来て下さい(^^)

 

ウェルビー桜木町駅前センターでは、毎週土曜日・祝日に、職員が趣向を凝らした特別講座を行っています。平日のプログラムとは雰囲気が違い、声を出して笑って楽しんでいただいたり、食に関してなど幅広いジャンルの講座を行っています。今回は講座の告知ポスターを作っていただいたのですが、皆さん、短時間で完成した達成感を味わうことができたようです。

土曜イベントはブログをご覧の皆様のご参加も大歓迎です!

 

センターでは、障がいのある方が就職に向けて、日々訓練を行っています。もしご興味がありましたら、いつでも実際の講座を見ていただくことができます。ご連絡をお待ちしています!

 

【松戸】特別プログラムのご報告

こんにちは。ウェルビー松戸センターです。

長梅雨の中、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

 

松戸センターでは去る7月4日に外部講師を招き「就労の選択肢」というテーマで特別プログラムを開催いたしました。講師の方は、特例子会社で役員を務められた経歴をお持ちの方で、以下のような内容でお話頂きました。

①障害者雇用の歴史について

②ご自身が努められていた特例子会社の雇用、環境、福利厚生について

③就労移行でのカリキュラムがなぜ就職の為に必要か(それぞれのカリキュラムの目的や意義について)

④質疑応答

 

③では身近なウェルビーのカリキュラムが話題に上がったことで、皆様大変興味を持って聞かれていました。また④では、雇用側の考えや特例子会社についてなど、普段はなかなか聞けないことを活発に質問されていました。

 

また今回のプログラムでは、昨今の状況を鑑み、松戸センター以外の複数のセンターにオンラインで配信するという試みをさせて頂き、他センターの皆様からも大変好評を頂きました。

今後も機会があれば今回のようなセミナー形式のプログラムを企画したいと考えています。

興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さいませ。

 

【上大岡】毎週木曜日の特別カリキュラムについて

こんにちは!新入職員の津島・磯﨑です。

私たちは毎週木曜日の特別カリキュラムを担当しています☆彡

特別プログラムの内容は、運動プログラム(ストレッチ・有酸素運動)、

コミュニケーションの練習を取り入れた簡単なゲームなどを行っています。

 

前半の運動プログラムでは、デスクワークで疲労となる肩・首のストレッチや腰回りをほぐせるよう股関節のストレッチを重点的に行っています。

また、プロジェクターを使用し映像を交えて有酸素運動を取り入れています!

現在はコロナ疲れや、梅雨の時期はむくみや倦怠感が出る時期だと思いますので、運動をしながら心も体もスッキリできるようなメニュー作りをしています!

 

 

後半のコミュニケーションプログラムについては、コミュニケーション能力と聞くと、「少し苦手だな~。」と感じる方がいると思います。

ウェルビーでは、楽しんでコミュニケーション取って頂けるようなカリキュラムを準備しています!!内容はこちらです。

→まず、簡単なテーマについて1対1でお話しする練習を行っています。

先日行ったテーマを紹介します。

「夏」をテーマに①熱中症にならないために気を付けていること②夏に食べたくなるもの③夏に行きたい場所についてお話してもらいました。

 

話すだけではなく、聞くこともコミュニケーションでは大切なことなので、相手の話す内容をメモに取る練習も行っています!

 

次に、質問する力を鍛えることを目的に「もの当てゲーム」を行っています。

話す・聞くだけでなく、質問することもコミュニケーションでは大切なことだと思います。

このゲームは1対1で行い、1人が相手に質問していき、お題のものを当てるゲームです。ルールとして質問は「はい」か「いいえ」で答えられる質問にします。

お題の例は「りんご」「バナナ」「犬」「きりん」「アンパンマン」「マツコ・デラックス」などです。「それは食べ物ですか?」「色は赤色ですか?」「キャラクターですか?」など、相手に質問をしていきお題のものを当てていきます。

答えにたどり着いたときは、質問する側も答える側も嬉しい気持ちになり思わず拍手をして喜びあっています!!

 

このような形で、コミュニケーションに自信がない方でも楽しく気軽に参加できるような内容でコミュニケーションの練習を行っています。

 

また、上大岡センターでは飛沫感染防止として一人一人パーティションを置いているので、対話形式の訓練も安心して取り組んでいただいていますので、見学・体験お待ちしています!

【ウェブ掲載】上大岡センター①_(2)

【朝霞台】特別講座~ボードゲームで楽しく遊ぼう!~

こんにちは!ウェルビー朝霞台駅前センター広報課です(‘ω’)ノ

アジサイの花も色づくこの季節。梅雨入りしたせいか、ちょっと肌寒い日が続いたかと思うといきなり晴れ渡り、うんざりする湿気とのしかかってくるような暑さにうんざりしてしまいます。

そんな天気を吹き飛ばすべく、当センターでは6月6日(土)のイベントで

★特別講座「リフレッシュ! ~ワードウルフなど~」

と題して、ボードゲーム会を開催しました!

 

まずは職員の方が持ってきてくださった「ワードウルフ」で腕試し。

ワードウルフとは、とあるテーマ(例えば野球)についてその名を出さずに話し合う中、実は一人だけ別のテーマ(例えばサッカー)を話している人がいて、その人が誰かを当てるゲームです。一人だけまぎれこんでいるウルフは誰なのか…?会話だけで探り合いつつ進めていくのはスリルがあって、どきどきしました!

 

その次は、利用者が持ってきた「カタカナーシ」。

「カタカナーシ」は山札を一枚引いて、そのカードに書かれた単語をカタカナをつかわずに説明し、当ててもらうゲームです。簡単!と思われるかもしれませんが、ハンバーガー、プールサイド、サーキットなどなど…、何気なく使っているカタカナ語をカタカナ無しで説明するのはとても難しく、たっぷり頭をひねることとなりました。

このゲームはさらに、「単語だけで説明」「ラップ風に説明」などの縛りをすることもできるので、使える単語を絞るなどして遊ぶとさらに盛り上がったりすることも…!

 

最後のゲームは「恋文」。各プレイヤーが協力者の助力を受けて姫にラブレターを届けるのが目的、と聞くと、ロマンチックだけどなんだか難しそうです。

でもゲームの進行は、手札1枚と山札から引いたもう一枚のカードのうち片方を出すというのを山札が無くなるまで続け、最後に強いカードを持っていた人が勝ちになるシンプルなものです。

山札にあるカードは恋文を届ける助力となる者たち。果たして強いカードを残して、うまく姫に恋文を届けることができるでしょうか…!?

 

ようやく自粛が解かれたとは言え、まだまだ予断を許さない情勢の中。ゲームで楽しく遊んで心をリフレッシュし、また新たに就活に取り組んでいきたいです!

 

 

【藤沢第2】ウェルビー藤沢第2センター開所2周年!(前半)

皆さんこんにちは! ウェルビー藤沢第2センターです。

コロナ騒動による緊急事態宣言発令期間中は、通所時間が午前と午後に分かれていた影響もあり、企画スケジュールにも遅れが生じてしまいましたが、ウェルビー藤沢第2センター(以下、藤沢第2センター)は2020年3月1日で開所から2周年を迎えました。

そういうわけで2周年企画として、藤沢第2センター内にて職員の方へのインタビューと、利用者様から頂いたコメントの紹介を、前後編に分けてお送りしたいと思います。

 

◆ウェルビー藤沢第2センター2周年記念企画・前編◆

◆藤沢第2センターの職員の方に聞いてみました◆

今回インタビューに協力してくださった職員の方は、北條さん仲畑さん森さん成沢さんです。協力ありがとうございます!

※以下インタビュー内では敬称略。

Q1.この一年を振り返って嬉しかったことはなんですか。

北條:異動してきてから早い段階で利用者様の就職に立ち会えた事です。

仲畑:コロナは(日本でも2020年始まって間もない頃、コロナウイルスによる大騒動が起こり、コロナ失業が騒がれることも)あったけれど、仕事がなくならなかったことが、良かったです。

:新しく「ピラティス※1」というプログラムを始めたのですが、利用者様にアンケートを取ったところ、好評だったことが嬉しかったです。

成沢:新型コロナウィルス蔓延前に中国の張家界※2へ旅行し、アバター(映画)※3のロケ地へ行ったことです。

 

Q2.藤沢第2センターの雰囲気について教えてください。

北條:職員、利用者様共に和気藹々(わきあいあい)とした雰囲気です。

仲畑:本当にいろんな方がいらっしゃいます。皆さん全体的におとなしいですね。職員の方はバラエティに富んでいる方が多いです。

:明るくて、集中力の高い方が多いセンターだと思います。

成沢:自由な雰囲気で、個別にやりたいことができる方が多いところです。

 

Q3.藤沢第2センターでやりたいことはなんですか。

北條:今行っている仕事のクオリティの向上と、これから行っていくであろう仕事を的確に行い、それを一緒に働く人と共有したいです。

仲畑:たくさんありますが、ウォーキングなどの外出活動をがんばりたいと思います。ウォーキングで行きたい場所を募集しています。

:藤沢第2センター利用者様向けのイベント的なことを、もう少しやりたいです。

成沢:まだやったことのないカリキュラムをやってみたいです。

 

Q4.ウェルビー利用者様に伝えたいことはなんですか。

北條:皆さんの「自分らしさ」を大切にしながら「働く」ということをしっかりと見つめ、考えていきましょう。

仲畑:ここでは完璧にできなくてもいいので、何事にも取り組む姿勢を身に付けて、がんばってくださいね!

:話しかけられるとうれしいので、ぜひ話しかけてください!

成沢:自分の得意不得意を知って、自身のやりたいことを見極めてほしいです!

 

Q5.ウェルビーで、大変だったことを教えてください。

北條:入社して、仕事の流れを覚えること、会社や行政、関係機関とのルールややり取りを覚えることが大変でした。

仲畑:ご自身の(障がいなどについての)ことに関して、まだまだ理解が進んでいないお方と接することは、大変だと思いました。まず皆様は、ご自身のことをよく知る、ということが大切だと思います。

:私は方向音痴なので、利用者様の通院に同行する時や、ウォーキングのカリキュラムなどで、道に迷ってしまうことが大変です。

成沢:各利用者様にわかりやすい表現や、話すスピードを知ることですね。

 

Q6.今、言ってみたい場所や国などは、ありますか。

北條:北海道です。

仲畑:(東京)ディズニーランドに行きたいです。

:コロナの影響などが心配なので、親や兄弟、友人などがいる地元に行きたいです。

成沢:北アルプスの山に行ってみたいですね。

 

Q7.好きな食べ物はなんですか。

北條:うに、カキ以外の食べ物は大体好きです。

仲畑:いちごが好きですね! いちご狩りに行きたかったんですが、コロナの影で行けませんでした……。

:焼肉です!(即答)牛肉も好きですが、豚肉や鶏肉も好きで、ホルモンも……肉類全般が好きですね。

成沢:りんごが好きです。パイやジュースなどの加工したものではなく、皮をむいたものなどそのままのりんごが好きですね。

 

Q8.今、欲しいものはなんですか。

北條:頭の良さと記憶力です。

仲畑:新しいスーツが欲しいですね。

:家族と一緒に遊びたいので、Nintendo Switch※4をもう一台と、モンスターハンターXX※5がもう一つ欲しいです。

成沢:欲しいのは時間です(笑)

 

Q9.最後に一言、お願いします。

北條:就労移行支援は、「働く」ことが1つの目標ではありますが、それがゴールではありません。働いたその先に、どんな生活をしたいか、どんなことをしてみたいかも一緒に考えていきましょう。

仲畑:ウェルビー外で誰かに「できていない」と指摘されても、成人している場合は、誰も教えてくれないし、恥ずかしいかもしれません。でも、ウェルビー内ではできないことがあっても、恥ずかしいことではありません。自分にできること。自分にできないこと。それを見極めて、焦らず、仕事を見つけましょう。

:藤沢第2センターをまだご存知ない方は、ぜひ一度お越しください!

成沢:ご自身のことが理解できれば、進む道を明確にできると思います。信じる道を進んでほしいです。

 

藤沢第2センター・職員の方の貴重なお話、いかがでしたでしょうか。改めまして協力してくださった皆様、ありがとうございました!

このブログを読んでウェルビーに興味を抱かれた方はぜひ一度、お近くのセンターまで見学にお越しください。ウェルビーでは就活支援、就職後の定着支援も行っております。

後編では、藤沢第2センター・利用者様より頂いたコメントの紹介となります。少々間が開くかもしれませんが、次回も読んで頂けたら嬉しいです。以上、藤沢第2センター広報課でした。

脚注:

※1ピラティス・メソッド。1920年代に、ジョセフ・H・メソッドが開発したエクササイズ。日本では一般的にピラティスまたはピラテスと呼ばれる。

※2張家界市(ちょうかかい‐し)。中華人民共和国の湖南省に位置する地級市(ちきゅうし。中国における地方行政単位のひとつ)。

※3Avatar:2009年に公開された3D映像のアメリカ映画(監督:ジェームズ・キャメロン)

※42017年に発売された、任天堂のゲーム機。据え置き型だが、携帯型として遊ぶことも可能。

※5モンスターハンターダブルクロス。社会現象を引き起こした、カプコンの人気ハンターアクション・ビデオゲームシリーズ作品の一つ。2017年発売。

 

 

【大宮】カリキュラムをご紹介

みなさんこんにちは。

今回はウェルビー大宮センターで毎週金曜日に行っている企業実践の一環として広報部でブログ記事第2弾を作成しました。

大宮センターのカリキュラムをご紹介いたします。

 

ウェルビー大宮センターでは6月20日(土)に土曜スペシャルのプログラムで

ペーパークラフトを行いました。

ペーパークラフトとは平面図がプリントされた用紙を切り、指示書をもとに立体的に組み立てて完成させるクラフトです。

今回はそのときの内容と参加者の感想などをお伝えします。

 

参加者は6名で時間内に仕上げるために2名で1つのクラフトを作成しました。

 

作ったもの 熱帯魚

材料 指示書、プリントアウトした紙、ハサミ、のり、つまようじ

作業工程 用紙を枠に沿ってカットし図の指示を見ながら組み立てていきます

 

 

 

【利用者A】

立体的に仕上げるため細かい切込みに神経を使ったり、つまようじを活用して糊付けをするなど工夫しながらペーパークラフトの作業を進めました。限られた時間内に作る事は大変でしたが、完成して達成感を得られました。

 

以前からセンター内に飾ってある作品はたくさんあったので、簡単にできるものだと思っていましたが、細かい作業が多く、組み立ても手先を使うので簡単にはいかず難しかったです。

作る過程では各自集中しながらもほかの人の進捗状況を気にかけてこうしたほうがいいのではないかというアドバイスや会話もあり、楽しいクラフトの時間にでき、いい気分転換になったと思います。

 

 

 

【利用者B】

魚を1種類作るのに2時間かかるので、座った時に前に座っている人と協力をしながら作りました。

2時間で作る物を1時間ぐらいで作り上げたので、時間が足りませんでした。

時間が足りなかったので、ニモしか作っていませんが、もう1種類の魚を作ってみたかったです。

時間が過ぎてしまいましたが、無事に完成することができました。

 

【利用者C】

私の組は最初に切りとり作業の分担を決め、最後に二人で考えながら組み立てを行う方向で予定を立てて作業を始めました。

相手方は組み立て作業が苦手でしたが切り取り作業が得意なこと、逆に自分は切り取り作業が苦手で組み立て作業が得意こともあり、組み立ての際に予定を変更して自分が主導して組み立てを行いました。

それでも頭の取り付け方など作業上難しい部分は多く、周囲の組み立て方を参考にすることで疑問点を解決し、完成させることが出来ました。

分担を早めに決め作業時間を確保することができましたが、自分や相手方の得意を活かすこと、逆に苦手なことのカバーに入ることなどを意識すると素早く正確に完成させられると感じました。

しかし、今回のカリキュラムを通して苦手なことや、逆に強みを知ることができ、次回があれば今回のことを活かしより上手く進められると感じました。

 

 

【まとめ】

いかがでしたか。

大宮センターではこのほかにも様々なプログラムを行って訓練をしています。

機会がありましたらほかのプログラムもご紹介したいと思っております。

以上、ペーパークラフトのレポートでした。

 

働きたいけど自信がない・・・

一人ではどう就活したらいいのか分からない・・・

そんな悩みをお持ちの障害者の方へ。

ウェルビーは実習や面接に同行し、就職後も企業と

ご本人の間に入ってサポートをしていきます。

あと一歩が踏み出せない方、是非お気軽にご連絡下さい!

 

お申込みにつきましては、直接のお電話だけでなく、下記アドレスからもお申し込み可能です。

 

TEL:048-640-5010

e-mail:info@welbe.co.jpお気軽にウェルビー大宮センターまでお問い合わせください。

 

皆様とお会いできる事を心よりお待ちしております!!