【藤沢第2】お正月

こんにちは、ウェルビー藤沢第2センターです。

冬の寒さが厳しくなってきましたね。

今回は増刊号として当センターや地域のお正月の様子をお伝えします。

神奈川県を代表する神社、川崎大師では例年とは違うコロナの中での新年となりましたが、マスクなどの対策の上で密を避け、参拝される様子が見られました。

また、当センターがある神奈川県藤沢市にも有名な神社として江ノ島神社があります。

江ノ島神社は、長い歴史をもち、お正月には例年15万人ほどの人が初詣に訪れます。

今年は新型コロナ対策として、手水舎(てみずや)のひしゃくを無くして流水式に変更することや、鈴の緒を設置しないなどの対策が行われました。

今年は例年とは違うお正月でしたが、早くいつもの日常が戻ってくることを願うばかりです。

さて、続いては当センターのお正月の様子をご紹介します。

当センターでは利用者の方々等でセンターのオリジナルの正月飾りを作りました。

折り紙のツルや花などをつけて紅白のカラーを意識して飾りつけました。

完成した正月飾りがこちらです。

藤沢第2センター写真

とてもきれいな正月飾りですね。この飾りのおかげでウェルビーも華やかに新年を迎えることができました。

末筆ながら、2021年となりましたが今年もウェルビー藤沢第2センターをどうぞよろしくお願い致します。

当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。
個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

【藤沢第2】「グループディスカッション」についてご紹介

新年あけましておめでとうございます。ウェルビー藤沢第2センターです。

新年を迎え心機一転、新たな気持ちで就職へ向けて頑張っていきたいと

思います。

さて、今回の更新では「グループディスカッション」についてご紹介します。

◆グループディスカッションとは?

3~6人ほどのグループに分かれて、ひとつのテーマについて話し合いをする

プログラムです。

相手の立場に立って意見を聞く力を養い、また自分の考えを上手に相手に

伝える方法を学ぶことで「コミュニケーション能力の向上」を目指します。

コミュニケーションに自信がない、不安だ、という方にはスタッフが丁寧に

サポートをいたします。

なお、話すことがつらい場合は答えることをパスできるルールもあります。

話し合いのテーマは様々で「仕事をするうえで大切だと思うこと」のような

就職についての具体的なイメージを育てるフォーマルな話題から

「おすすめのドリンク」などのようにカジュアルな話題まで幅広いテーマを

ご用意しております。

筆者の感想

利用者である私もコミュニケーションが苦手でしたが、ディスカッションに

参加していくことで、コミュニケーション能力が向上したと感じています。

相手に伝わりやすい言い方や受け答えの間、相づちのタイミングや発言の

仕方などを実践しながら身につけていくことができました。

つらい時はパスできるというルールがあることで、

「いつでもパスできる」状況が心理的な負担を軽減してくれました。

そのことによりディスカッションへの参加の抵抗がなくなりました。

また、他の方の意見を尊重しながら全員の意見をまとめていくには

どう取り組んでいけばいいのかを学ぶことができました。

他にも話の流れを書き留めることで、人の話をメモする練習にもなりました。

 

当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。
個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

【藤沢第2】<講演会開催延期のお知らせ>

こんにちは、ウェルビー藤沢第2センターです。

<講演会開催延期のお知らせ>

1月28日に予定していました講演会は 新型コロナウイルスの

感染が拡大し、緊急事態宣言が1都3県に発出された状況を

鑑み延期をすることといたしました。

新しい日程が決まり次第 改めてご案内申し上げる所存です。

何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

【藤沢第2】1月28日開催 講演会のお知らせ

こんにちは、ウェルビー藤沢第2センターです。

今年も早いものであとわずかとなりました。

2020年はコロナ渦で大変な年でしたが、来年が皆様にとって、良い年となりますように。

今回は、2021年1月28日(木)に当センターにて、メンタルクリニックの医師よりご講演をしていただく予定ですので、そのお知らせをさせて頂きます。

皆様の就職に関する不安解消に役立てて頂けたらと思います。

◆ウェルビー藤沢第2センター 講演会
日 程:令和3年(2021年) 1月28日(木) 10:30~12:00

講 師:医療法人社団 メンタルクリニックさとう  院長  善本 正樹 先生

内 容:「あなたの未来を創る健康へのストーリー」

対象者:障害をお持ちの当事者の方  ご家族の方  医療・支援機関の方

場 所:ウェルビー藤沢第2センター
神奈川県藤沢市藤沢1015-14 リブレ藤沢3階
【藤沢第2】地図
ご参加希望の方は藤沢第2センターまでご連絡頂けたらと思います。

皆様のご参加、お待ちしています!!

【藤沢第2】1月の後援会表

 

【藤沢第2】1月の後援会裏

◆ウェルビー藤沢第2センター
―新型コロナウィルス感染症対策―

当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、
安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。

個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、
これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、
当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

 

【藤沢第2】特別プログラム、薬の講演会とイントロクイ ズ大会の紹介

こんにちは、ウェルビー藤沢第2センターです。

冬になり、風も冷たくなってきました。

体調を崩さないようにお気を付けください。

さて、今回は当センター内で行う12月の特別プログラム、薬の講演会とイントロクイ

ズ大会の紹介をいたします。

①薬の講演会

12/18(金)

◆午前の部 11:00~11:45

◆午後の部 12:45~13:30

(※新型コロナ対策として午前と午後の部を分けて行います)

講師:あおぞら薬局藤沢店管理薬剤師 成井(なるい) 繫(しげる) 様

薬剤師の方を実際にお招きし、薬との付き合い方や新型コロナウイルス対策に

ついての講演をしていただきます。

講演の中では、薬剤師の方が参加者の疑問

に対して答えるコーナーも設けております。

②イントロクイズ大会 <クリスマス企画>

12/25(金)

◆午前の部 10:10~12:00

◆午後の部 13:30~15:30

(※新型コロナ対策として午前と午後の部を分けて行います)

参加者を含む通所者様からの事前のアンケートをもとに、各年代のJ-POPや

歌謡曲・洋楽・アニメソングなど多彩なジャンルの曲のイントロクイズを

出題する予定です。

司会・進行は当センターの企業実践の企画広報課が担当します。

当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。
個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

【藤沢第2】ロングウォーキングについてのご紹介

こんにちは、ウェルビー藤沢第2センター広報課です。

12月になりコートなどが必要な日が増えてきましたね。

今回は11月23日(月)に行われた特別プログラムのロングウォーキングについてのご

紹介です。

ロングウォーキングとは

通常のウォーキングは、カリキュラム時間1コマ(50分)で行いますが、特別プロ

グラムのロングウォーキングでは2コマを使用して行います。

この企画は毎週金曜日に行われている、企業実践カリキュラムの企画課に所属してい

る利用者が、行き先や持っていく物などを考えています。

 

通常のウォーキングとの違い

通常のウォーキングでは当センター(ウェルビー藤沢第2センター)から歩いて10

分から15分の公園や神社まで行き、大体15分運動や見学した所で帰る準備をし

て、次のカリキュラムまでに戻る流れになっています。

ロングウォーキングでも公園等までの歩行時間はほぼ同じですが、時間がいつもの倍

あるので1時間以上公園にいることができ、思う存分運動や見学をすることができま

す。

そして通常のウォーキングではウェルビーから遊具を持っていく事はありませんが、

ロングウォーキングではバトミントンなどの遊具を持っていき公園で楽しむことがで

きます。

 

 

今回のロングウォーキング

今回は当センターから歩いて約20分の所にある御殿辺公園(ごてんべこうえん)へ行きました。

公園にはイチョウの大木があります。

イチョウの紅葉の見頃は11月の中旬から12月の上旬と言われており、訪れた時は丁度紅葉が見頃の時期で黄金色のイチョウの木がとても綺麗でした。

そして広さも運動するには十分あり、運動するにはとても良い環境でした。

 

  • ウェルビー藤沢第2センター ―新型コロナ感染症対策―

 

当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。

個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

【藤沢第2】「ビジネスマナー講座」についてご紹介

こんにちは、ウェルビー藤沢第2センターです。

12月に入り、年末も近づいてきましたね。何かと忙しい時期ですが、無理を

なさらないようどうかご自愛ください。

さて、今回の更新では「ビジネスマナー講座」についてご紹介します。

 

◆ビジネスマナー講座とは?

社会人として必要とされる基本的なマナーを身につけて、就職活動や就職後の業務に役立てる事を目標とする講座です。

講義内容の例は以下の通りです。

①身だしなみ

まず基本となる身だしなみの重要さとどんなポイントに気をつけるべきかを学びま

す。

②敬語などの言葉遣い

敬語の正しい使い方やひとこと添えるクッション言葉など、職場における

言葉遣いについて学びます。

③報告・連絡・相談

業務で求められる報告・連絡・相談について、適切に行うためには

どうすればいいのかをワークシートを使って実際に考え、学びます。

 

その他にも様々なビジネスシーンに合わせたマナー講座をご用意しております。

 

筆者の感想

私も講義を受けていますが、今まで知らなかった作法や実践的な敬語の使い方など必

要なビジネスマナーを学ぶことができました。

中でも報告・連絡・相談についてはどのような点をおさえると相手の方に伝わりやす

いのか理解することができました。

当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者

様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継

続できるよう様々な対策を取らせていただいています。

個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお

考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお

問い合わせください。お待ちしております。

 

【藤沢第2】特別プログラム ”企業・卒業生講演会” についてご報告

こんにちは、ウェルビー藤沢第2センターです。今回は10月23日(金)に行われた特別プログラム ”企業・卒業生講演会” について、報告させていただきます。
ウェルビー藤沢第2センターでは、定期的に特別プログラムとして、通常のプログラムとは違うプログラムを用意しております。
今回は、障がい者を雇用する企業の採用担当者様1名、このセンターを卒業し、就職された卒業生2名をお招きして、お話を伺いました。
◆ 10月23日(金)に行われた ”企業・卒業生講演会” について

日時:10月23日(金) 午前―10:10~11:40  午後―13:00~14:30
※コロナ対策のため同じ講演を午前午後にわたり実施しました。
※参加人数を制限し入所時には検温・マスクの着用をお願いしました。
場所:就労移行支援事業所 ウェルビー藤沢第2センター
講師:株式会社 日本アメニティライフ協会 人材開発部 雇用対策課
八代 博文(やつしろ ひろふみ) 様
ウェルビー藤沢第2センター卒業生2名
対象者:障がいをお持ちの方、ご家族の方、医療・支援機関職員の方
内容:会社概要 どのような人材を求めているか?

教育制度等 卒業生インタビュー
◆ 企業説明会
八代 博文様   株式会社 日本アメニティライフ協会
I藤沢第2-01

はじめに日本アメニティライフ協会 江頭代表よりビデオメッセージを頂きました。
日本アメニティライフ協会の企業理念は 『照一隅』(しょういちぐう)です。
この言葉は、比叡山延暦寺を建立した、最澄(さいちょう)に由来します。
意味:日の当たらないところ・かげになっているところを照らす者は、国の宝である
つまり障がい者も仕事に就き、生きがいを持って共に生きていこうということです。

日本アメニティライフ協会は神奈川県横浜市青葉区で平成8年に創業しました。
主な事業内容は、介護施設・グループホームの経営です。
八代様は長年、市役所の福祉課に勤務していた経験を生かして、株式会社 日本アメニティライフ協会 人材開発部 雇用対策課 にて障がい者雇用の仕事に携わっています。
障がい者雇用の際に求める人材は、まず思いやりのある方だそうです。
また、仕事上で関わる人々としっかりコミュニケーションが取れる方だそうです。
八代様の経験上、職場の雰囲気がよいと、辞めずに長く働いてくれるとのことです。
八代様、他教育制度など、たくさん参考になるお話を頂き、ありがとうございました。

次にこのウェルビー藤沢第2センターに通所して、現在就職されている卒業生2名に担当職員がインタビューアーとなって、いろいろとお話を伺いました。

◆ 卒業生インタビュー
藤沢第2-02

【1】 卒業生A様 郵便局窓口業務に就職   担当職員:北條

Q.ウェルビーで役に立ったカリキュラムは何ですか?

A.企業実践です。理由は、実際に働いている雰囲気を感じることが出来たからです。

Q.カリキュラム以外で、ウェルビーに通所してよかったことは何ですか?

A.昼食の休み時間等で、多くの利用者とコミュニケーションがとれたことです。

Q.ウェルビーでもっとやっておけばよかったことはありますか?

A.日報をもっとしっかり書いておくべきだったと思いました。 何故なら実際の業務にて、手書きで行う業務が多々あり、日報の重要性を改めて感じたからでした。 また日報は、書面でのコミュニケーションツールになると思いました。

Q.仕事上で大変なことは何ですか?

A.仕事内容が多岐にわたる事です。 重要度の優先順位を付けないと、作業に追われてしまい、時間内に終わらないことがあるからです。

Q.面接時に心掛けたことはありましたか?

A.とにかく「挨拶」が基本と言われていたので、「挨拶」をしっかりすることを意識しました。採用担当者も、しっかり「挨拶」ができる人材を求めているようでした。

Q.面接時に答えにくい質問などはありましたか?

A.「窓口業務はできますか?」の質問に、即答できず、少しためらいました。
【2】 卒業生B様 介護施設に就職   担当職員:森

Q.ウェルビーで役に立ったカリキュラムは何ですか?

A.企業実践です。コミュニケーション能力や電話対応能力がつきました。

Q.カリキュラム以外で、ウェルビーに通所してよかったことは何ですか?

A.多くの利用者と話が出来たことです。

Q.ウェルビーでもっとやっておけばよかったことはありますか?

A.エクセルでの関数です。 実際仕事で使う機会が結構あり、もっと訓練しておけばよかったと思いました。

Q.現在トライアル雇用も含め1年近く経ちますが、仕事はいかがですか?

A.とても楽しく、充実しています。 以前介護職に就いていた経験もあり、自分に合っていると思いました。

Q.トライアル雇用はいかがでしたか?

A.実際の職場の雰囲気、人間関係が見られてよかったです。

Q.実際の仕事をしてみての感想、痛感したことはありますか?

A.やはり自分に課せられた仕事をきっちりする事です。また積極的に挨拶することを心がけて、職場の人々やご利用者様と話しかけやすい雰囲気をつくる努力をする事です。

卒業生の2名の方、貴重な意見を頂き、ありがとうございます。
◆ 筆者感想
今回は、実際に障がい者を雇用する側、またその関門をくぐり、晴れて就職した卒業生の方の話を伺うことができて、大変参考になりました。
共通して感じたことは、「挨拶」・「コミュニケーション」の大切さです。
これらを大切にすることにより、職場の雰囲気がよくなって、仕事のスキル以上に障がい者が辞めずに長く働き続ける要因になると感じました。
私も、「挨拶」・「コミュニケーション」を積極的にして、今後の通所、そして就職活動の参考にしたいと思います。

今回もブログを見ていただき、ありがとうございます。
当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。
個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

【藤沢第2】電卓計算のご紹介

こんにちは、ウェルビー藤沢第2センターです。
急に寒くなったり暖かくなったりと気温の変化が激しく、体調を崩しやすそうな月となりました。

前回はゼムクリップを紹介しました。
今回はベーシックトレーニングの中で行われる電卓計算をご紹介させていただきます。

◆電卓計算とは・手順・感想
電卓計算とは
タイムを測定しつつ電卓を使ってプリントに書かれている数字をどんどん計算していきます。
タイムを測定するので、初めたばかりは速くやる事を意識し過ぎて速いけどミスが多い人が多いと思います。しかし、何度もやることで効率よくやるコツを自身で見つけ、そして入力の正確性、入力の速さなど様々な能力向上が見込めます。

手順
時間を測りながらプリントに書かれている数字を全て計算したら、答えを確認してミス数とタイムを記録用紙に記録します。
また、様々な難易度が用意されております。
単純反復作業に見えますが、中々難しい作業でやりがいがあるカリキュラムとなっております。

感想
何事も速くやろうとすると必ずミスが発生してしまします。
しかし何度も練習することでミスは減らす事ができます。
誰もが1度は触れた事がある電卓ですが、長時間使った事はあまり多くない方が多いと思います。
私が初めてベーシックトレーニングの電卓計算を始めた時は、入力漏れやミスが多く時間がかかってしまいました。
今では最初の時と比べると早くなりましたが、今よりもっと早くミスなく計算できるようになりたいです。
何度もチャレンジし「ミスをほぼ0に」、そして「早く終わらせる」事を目指して頑張っています。

今回はベーシックトレーニングの中で行われている電卓計算についてのご紹介でした。
以上、今回でベーシックトレーニングの紹介は終わりになります。
ここまで見ていただきありがとうございました。

 

当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。
個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。