【溝の口】「仕事を長く働き続けるポイント」カリキュラム開催報告

障害者の就職を支援するウェルビー溝の口駅前センターでは、12月19日(土)に、卒業生をお招きして、「仕事を長く働き続けるポイント」について講義と懇談会をしましたので、一部をご紹介します。

<仕事を長く働き続けるためのポイント>
1.ルールを守る(遅刻・欠席・作業中の私語・服薬など)
2.自分の今の力の60~70%くらいの力でできる仕事内容
3.焦らずゆっくり、続けられる仕事・職場を見つける
4.良い時は良い時なりに、悪い時は悪い時なりに仕事ができる力を身に付ける
5.日常生活リズムを崩さないこと
6.生活のことや仕事のことを相談できる人をもつこと
7.メンタル面を補うための体力を身に付けること

<ウェルビーへ何を目的に通所したか>
・働いて、元気に生活をしたいという思いが強かった。
・人とのコミュニケーションが苦手なため、対人技能の向上を目的に通所した。
・生活リズムの改善と、自信をもつため。
・自分の障害についての理解や、得手不得手を知るため。
・自立や社会復帰を目的に、安定して長く働けることを目的に通所した。

<ウェルビーで役に立ったこと>
・仕事の業務で商品検索があるため、PC訓練の数値入力が役に立った。
・企業実践やベーシックトレーニングは、働いたときに業務の基礎となるので糧になった。
・対人技能訓練(SST)で、人との距離の取り方や上手な断り方を習得できた。

<成長出来たと実感すること>
・ウェルビーでビジネスマナーを学び、職場での挨拶は自分からするように心掛け、社交的になることができた。
・障害者だから出来ない・・・とならずに、自分の障害と向き合うことの大切さと達成感を実感した。
・障害の特性上、緊張しやすい特徴がありますが、ウェルビーのコミュニケーション系カリキュラムに参加をして、対人技能に自信をもつことができた。その結果、現在も安定して働き続けることが出来ている。

<受講者の感想>
・現在、就職活動で苦戦をしているが、OB・OGの話を聞き、「ここでくじけていられない。頑張ろう」と励みになった。
・仕事をする上で、報告・連絡・相談の重要性を実感できた。今後、ビジネスマナーで学んだことを企業実践で、活かしていきたいと思った。
・失敗やミスをしたときに、凹むのではなく、どうしたら失敗が減るか改善策を考える重要性を知った。
溝の口駅前センターでは、好評いただいているイベントを開催しておりますので、「プログラムに興味がある」「見学してみたい」「就職についての悩み、ちょっと相談してみたい」と、ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせください。
溝の口駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問を受け付けております。

【桜木町】グループワーク

こんにちは!ウェルビー桜木町駅前センターです。

先日発表された今年の漢字は「密」でしたが、それにちなみ、本日12月21日(月)今年最後のグループワークのお題は「今年の漢字~2020を振り返ろう~」でした!
前半は利用者様ご自身の2020年を振り返り、自分ならではの一文字を選んでいただいた上でグループのメンバーと共有しました。ウェルビーに通所して間もない人も、就活段階に入っている人もそれぞれの個性とこの一年の道筋を象徴する様々な一文字が挙げられました。
後半はグループメンバーで協力して、ウェルビーでの訓練を振り返っての一文字を考えました。
結果、「挑」、「初」、「伸」の三文字が選ばれました。

20201221漢字320201221漢字120201221漢字2

コロナ禍で辛く息苦しいことの多い2020年でしたが、前向きで明るい文字が並び、利用者様の強い思いを感じとることができた嬉しいワークとなりました!
このブログをお読みいただいているあなたの今年の漢字は何ですか?
ちなみに、職員7名の今年の漢字は「発」、「宅」、「変」、「禍」、「離」、「巨」、「移」でした。それぞれどんな一年だったのでしょうか笑
桜木町駅前センターは年内12/29(火)まで、2021年は1/4(月)から開所します。
12/30(水)~1/3(日)を除く見学・体験のお問合せは随時受け付けておりますので、
お気軽にご連絡ください。職員一同ご連絡を心よりお待ちしております!

【川越第3】「共感スキルプログラム」のご報告

こんにちは。ウェルビー川越駅前第3センターです。

12/15に開催された川越駅前第3センターオリジナルカリキュラム
「共感スキルプログラム」のご報告です。

今回は共感的関心を図るワークを行いました。
共感的関心とは、「相手が自分に何を求めているかを察する力」のことです。

20201217ブログ写真①

相手がどんなことを求めているか、どんな言葉をかけ、相手のために何を自分はするか考えていただく機会となりました。

共感的関心ができるようになると・・・
・協力して仕事ができる
・指示を待つのではなく、自発的に動くことができる人になれる
・円滑なコミュニケーションを取ることができる。
・職場の色々な方と信頼関係が築ける

引き続き川越駅前第3センターでは、共感カリキュラムを通して職場でのコミュニケーションや雑談で役に立つスキルを提供してまいります。

※現在コロナウイルスの対策として、川越駅前第3センターでは換気、アルコール消毒、ビニールカーテンの設置、席の間隔を空けての訓練を実施しております。

また、現在通所されている利用者様は、川越市、坂戸市、鶴ヶ島市、東松山市、滑川町、ふじみ野市、狭山市、上尾市にお住まいの方が利用されています。
その他の市にお住まいの方もぜひお気軽にお問い合わせください。

最後までお読みいただきありがとうございました。
----------------
お問い合わせ先
ウェルビー川越駅前第3センター
電話番号:049-257-5193
メール:info@welbe.co.jp
----------------

【札幌】グループディスカッション(クリスマスプレゼント)のご紹介

皆様、こんにちは。ウェルビー札幌センターの小川です。

本日は12月17日(木)に行われたディスカッションについて紹介致します。
今回は「クリスマスプレゼント」というテーマについてディスカッションを行いました。
進め方は、まず4名程度のグループに分かれてからその中で代表者を1名決めます。その代表者の方に対して他のメンバーが質問をしていき、欲しがるであろうクリスマスプレゼントを考えます。代表者の方は考えられたものをクリスマスプレゼントとしてもらった場合どれくらいうれしいかを5段階で評価します。代表者はローテーションで行い全員が代表者を務めます。
利用者様の聞き取る能力はとても高く評価5がたくさん出ました!絵を描いたりマンガを読むのが好きな方にペンタブを提案したり過去に車中泊を趣味にしていた方にグランピングの宿泊券を提案したりと様々な物が考えられていました!
分かりやすく説明する力や相手のニーズを想像する力など就活をするうえで必要となる力を楽しく学ぶことができました。

ウェルビー札幌センターでは見学や体験の希望も受け付けています!
支援員一同心よりお待ちしておりますのでお気軽にご連絡ください!
【問い合わせ先】
ウェルビー札幌センター
電話番号:011-213-1981/FAX番号:011-213-1982
E-mail:info@welbe.co.jp

【金沢】県外のセンターとの交流会

こんにちは!

ウェルビー金沢センターの安田です。(-⊡ω⊡)ゞクイッ

金沢の兼六園には雪吊りがかかり、冬の準備も整いました。

ちなみに雪吊りとは積雪から枝が折れないように保護をするためのものです。

雪の兼六園も風情があり楽しみです。

【ウェブ掲載】金沢(20201216)ブログ画像1

冬は乾燥しがちですので環境を整え、体調管理に気をつけていきたいですね。

ウェルビーは全国に仮オープンのセンターも含め77センターと増えきています。

北陸では金沢センターだけですので、他センターとは直接的な交流が難しい状況です。

なので今回、リモートでの交流会を企画しました!

その名も「東海北陸交流会」。そのまんまです(笑)

参加は静岡県にあります浜松駅前センターと浜松駅前第2センターそして金沢センター。

3センターの雰囲気を感じながらクイズやゲームなどを楽しむことが出来ました。

ご当地自慢やクイズでは静岡県と石川県では文化も違いがあるため、利用者様同士の質問が飛び交いました。

金沢よりも先に開所をしている浜松の2つのセンターは利用者様も多く、とても活気ある雰囲気でした。

金沢センターはその活気に驚き、引っ張られる形となりました。

ちなみに上記のクイズの答えは「C」でした。

ウェルビーでの訓練内容をリレー形式でも競いました。

金沢センターはPC訓練リレー、電卓リレーでは後れを取りましたが、軽作業の訓練リレーでは1位を取ることが出来ました!

その瞬間、センター内は歓喜の拍手が生まれ、一体感を感じることが出来ました。

【ウェブ掲載】金沢(20201216)ブログ画像4 【ウェブ掲載】金沢(20201216)ブログ画像5

交流会の結果、浜松駅前センターAチームが優勝。金沢は1位を逃しはしましたが大健闘でした。

利用者様同士の応援や協力しあう姿も見られ、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

「また機会があれば交流を持ちたい」と利用者様方の意見を頂き、企画を実現できて本当に良かったと思いました。
ウェルビー金沢センターでは、随時見学・体験のお申し込みを受け付けております。
ご希望の方へはZoomを利用しての見学相談も対応させていただきます。
皆様とお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております。

【錦糸町】「サークル活動」について

みなさま、こんにちは。
ウェルビー錦糸町センターです。
寒暖差が激しい中、体調はいかがでしょうか。コロナウイルスにも負けず、明るく元気に錦糸町センターは開所しています。

今回のブログは企業実践の一環で、広報課が担当しています。
その第2弾が2020年9月から始まった「サークル活動」についてです。
利用者様が中心となり、活動内容や目的を共有し、コミュニケーションを通じて
「主体性」「協調性」を身につけることができます。

具体的にどのようなサークル活動を行っているのか、実際に参加されている方の感想も添えてお伝えしたいと思います。

サークル活動は、毎月奇数週の土曜日の午後の時間帯に行っており、自分の好きなサークルに参加することが
可能です。現在以下の2種類があります。

① クラフトサークル
・紙・はさみ・のりなどの文房具のみで、作品を完成させる「ペーパークラフト」が人気です。
・今後も折り紙や粘土細工など個人の作品から共同作品まで様々な企画を考えています。

② ボードゲームサークル
・トランプやUNOのカードゲームから人生ゲームやオセロなどのボードゲームまでバラエティ豊かなゲームを取り揃えています。
ImageImage・最近では「コヨーテ」という相手の表情や心理戦がカギを握るカードゲームも人気を集めています。

IMG_0179

 

 

利用者様の声
・懐かしいボードゲームについつい夢中になってしまった。
・普段コミュニケーションをあまりとっていない方ともボードゲームを通じて距離が縮まりました。
・紙だけを使って想像以上にバリエーション豊かな作品ができるのでやりがいを感じています。
・身体を動かすサークルや音楽鑑賞サークルなどもあると嬉しいです。
このような声をもとに、今後も新しいことを取り入れ、より良い活動にしていきたいと思っています。
手先を使った細かい作業に対する「集中力」やゲームなどを通じて、「コミュニケーション力」が自然と身についてきます。
普段のカリキュラムとは違い、リラックスして楽しめるものとなっていますのでぜひ一度参加してみてはいかがでしょうか。

【荻窪】面接者の立場を体験!~利用者の方々が主催して模擬面接会を実施~

こんにちは! ウェルビー荻窪駅前センターです。

ウェルビーでは、「企業実践」と名づけた、実際の会社を想定した訓練を行っております。複数ある部署に利用者の方々が配属となり、企業で働くイメージをつかみ、働く力を身につけていきます。
荻窪駅前センターでは、部署のひとつとして「企画課」を設置しております。このたび、企画課に配属された利用者の方々が中心となり、「模擬面接会」を行いました。

これまでの模擬面接では、職員が面接者を担当しておりましたが、今回は利用者の方同士で面接を行っていただくことにしました。企画課のみなさんは、事前にさまざまな準備を行いました。採用側として架空の会社を考え、会社概要や求人票まで作成。また、想定問答集や評価表も作り、初めて面接者を務める利用者の方々が面接をしやすいように用意しました。

「模擬面接会」では、利用者の方々が交代で面接者役と応募者役を行いました。みなさん、面接者は初めてでしたが集中して面接に取り組み、応募者役の方の良い所を伝えていました。「目線や姿勢など基本的なことが大切なのがわかった」、「普段の模擬面接では受け答えに集中して余裕がなかったが、面接者をしてみたことで、どのような対応がよいかなど客観的に見ることができた」といった感想が出され、参加した方々にとって有意義な時間を過ごせたようでした。
荻窪駅前センターでは今後も、利用者の方々が主体となるイベントを実施していく予定です。

荻窪01

以上です。

荻窪駅前センターは荻窪駅から徒歩3分!
杉並区・中野区・新宿区にお住まいの方々が多く通われています。
さらに、練馬区等からも当センターにはバスで乗り換えなしで来ることができ、非常にアクセスしやすいです。

見学はいつでもお受けしておりますので、下記のいずれかでお申込みください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

1. 電話でのお申し込み
下記の電話番号にお電話ください。
TEL: 03-6915-1421
2. メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「荻窪駅前センター 見学申し込み」
●氏名(ふりがな)
●参加希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL:info@welbe.co.jp
3. フォームからのお申し込み
資料請求はこちら
見学申込はこちら
ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします!

【松戸第2】松戸第2センターについて

皆さん、こんにちは。

今回は、松戸第2センターについてお話しします。

松戸第2センターは松戸駅から歩いて5分くらいのところにあります。

センターはビルの2階です。1階にはスーパーが入っているので、必要なものがあったらすぐに買えて便利です。

就職活動に欠かせないハローワークには歩いて10分で行けます。好立地ですね。
続いてセンターの中の様子をお話しします。

センターの中は6人掛けの机が5つと、小さいですが個別の席もあります。
1つの机に大体3~4名が座っているイメージなので、パーソナルスペースも確保できて安心です。

お昼にはお弁当を無料で提供しています。
ウォーターサーバーもあるので、時間とお金の節約になるのは嬉しいですね。

そして、皆さんが気になるのは「人」ではないでしょうか?

スタッフは全員で7名、男女比は半々です。

肝心の雰囲気ですが、「穏やかなセンター」と言っていただくことが多いです。

今後、スタッフの自己紹介もブログに掲載しますので、ぜひご確認ください。

次回の更新は年が明けてからになります。

来年も宜しくお願い致します。

松戸01

【藤沢】10/31他センター合同イベント クイズ大会

こんにちは!藤沢センター企業実践広報課です。
今回は去る10/31に開催されました他センターとオンラインで開催された合同クイズ大会のレポートです。当日の参加センターは藤沢センター、熊本水道町センター、愛媛の松山センター、鹿児島センターの4センターです。
利用者が実行委員となり各センターで協議、吟味したご当地クイズ、各センターに関する問題をPowerPointでスライドショーにまとめ、各センターで選ばれたプレゼン担当者が出題して考えるという内容でした。当日は開会式の後、最初の出題が藤沢センターで
「藤沢市のゆるキャラの名前は?」「江ノ島名物の食べ物は?」
「藤沢にある水族館は次のうちどれ?」といったご当地クイズ、
「藤沢センターで最も勤続年数が長い職員さんは?」
などのセンター問題、更に「東海道五十三次で藤沢は何番目の宿場町?」
「江ノ島のゆかりのある人物は?1・源頼朝、2・北条時宗、3・徳川家康、4・一遍
(全て正解)」といったマニアックな歴史問題も飛び出し、参加者は大いに頭を悩ませていました(笑)。

藤沢センターへの感想は
◎色々な観光地があって面白そう
◎食べ物や観光など幅広いジャンルの問題が出題され、出題者の説明も分かりやすかった
◎クラゲ水族館に行きたいと思った
◎観光地やご当地キャラなど沢山の魅力が詰まっていてとても良かった
といった評価を頂き、とても好評でした。

他センターのクイズも各地域の特色とバラエティーに富んだ内容で、
熊本水道町センターは熊本の歴史にまつわるクイズや、ONE PIELEの尾田栄一郎先生が熊本出身との事で漫画にちなんだクイズ、松山センターは夏目漱石の「坊ちゃん」やポンジュースにまつわるクイズ、鹿児島センターは熊本出身の芸能人にまつわるクイズ等々、各センターが工夫を凝らした問題とプレゼンを展開したとても楽しく密度の濃い時間となり、参加者からは◎遠い地域だけどイベントを通じて地域ごとの特色を感じ、行ってみたいと思った
◎各県の事が分かってとても良かった
本年のブログ更新は今回が最後となります。
来年はコロナ渦も収まり、読者の皆様に心身ともに安息の毎日が訪れることをお祈りしております。それでは良いお年を!

【八王子】今までの就職活動や訓練についてインタビュー

こんにちは
ウェルビー八王子駅前センターです!

就職が決まった方へ、今までの就職活動や訓練についてインタビューしました。
ぜひご覧ください♪

20代女性/事務職/身体障害者手帳

・ウェルビーに通ったきっかけ
WEBサイトで知りました。
その後センター見学・体験し、実際の職場に近い環境で学ぶことができると思い、利用を決めました。
体験してみて利用者の方やスタッフさんがとても親切にしてくださり、とても安心したことを覚えています。

・ウェルビーの支援内容について
きめ細かいサポートで安心感があったこと、自分では気づけなかったことも多く学びが多かったです。
就活がなかなか上手くいかなかった時もスタッフさんのフォローのおかげで乗り越えることができました。

・ウェルビーのカリキュラムについて
パソコンスキルを向上させることができました。また、企業実践では事務スキルだけでなくビジネススキルを身につけることができました。私にとって実践的に事務のスキルを身に付けることができたのはすごく良かったと思っています。

・ウェルビーに通ってよかったこと・悪かったこと
自分について知ることができたこと、様々な人と関わることができたことで多くの経験を積むことができました。
最初にイメージしていた通りとはいかなかった部分もありましたが、今思えばこれでよかったのだと思っています。

・ウェルビーの利用を検討している方へ
同じ悩みを持つ仲間や、その悩みを解決してくれるスタッフの方が数多くいます。
見学や体験だけでも一度ウェルビーに来てみてはいかがでしょか。
おめでとうございます!
不採用通知が届くたびに、作戦会議を行い次にどのような準備をすべきかともに考えてきました。
悩むことも多かったと思いますがあきらめずに根気強く、
ご本人が頑張った結果、希望する雇用条件、勤務範囲をクリアする企業で内定を得ることができました!

令和3年より法定雇用率が引き上げされます。
それに伴い、ますます雇用の機会は増えていくことが予想されます。
ぜひ、働く先で活躍できるように、就労移行で訓練を行ってみませんか?

お気軽に資料請求のご連絡をお待ちしております♪