【上大岡】頭の体操についてご紹介

皆さんこんにちは、ウェルビー上大岡センター 広報課です。

ウェルビー上大岡センター広報課では、企業実践カリキュラムの一環として、ウェルビー上大岡センターを皆様により知っていただくためにブログ記事での広報活動を行っております。
本日は、ウェルビー上大岡センターでどのようなカリキュラムを実施しているのかを皆様に知っていただけるよう、実際のカリキュラムの中から、頭の体操についてご紹介します。
「頭の体操」と聞いてもなかなかピンと来ないかもしれません。このカリキュラムは、クイズなどを通じて凝り固まった思考をほぐし、柔軟な発想ができる頭を作っていこうというものです。また、問題の正解が分かることによるスッキリ感が気分のリフレッシュにもつながります。
では、実際に皆さんにもクイズの問題をお出ししますので、柔軟な思考で少し考えてみてください。

Q.北海道の真ん中にあるものは何でしょう?

正解は分かりましたか?答えは「」です。
「北海道」の「北」と「道」の間にあるのが「海」という漢字だからですね。
このように、様々な角度から自由に物事を考えていくのが「頭の体操」のカリキュラムです。私も、問題が解けて楽しい気分になることもあれば、最後まで答えが分からず、正解を聞いて「なんだ、そういうことか!」と新しい視点の考え方を持てるようになることもありました。
以前は、問題の内容は上大岡センターのスタッフのみで考えていましたが、現在は企業実践の一環として新たにできた制作課も加わり、そこに所属する上大岡センターの利用者が、みんなが楽しめるように試行錯誤しながら考えた問題が出題される回もあります。

この記事をご覧になってウェルビーに興味を持ち、「ウェルビー上大岡センターを利用してみようかな」「ウェルビー上大岡センターをもっと知りたい」と思っていただけましたら、ウェルビーでは個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、当センターへお気軽にお問い合わせください。

ウェルビー上大岡センター
〒233-0008
神奈川県横浜市港南区最戸1-6-5 松永ビル1階
京急本線・横浜市営地下鉄「上大岡」駅 徒歩8分
TEL:045-315-3273
FAX:045-315-3274

≪≪≪お問い合わせ先≫≫≫

●お問い合わせはこちらから↓↓↓
https://www.welbe.co.jp/inquiry/

●資料請求はこちら↓↓↓
https://contact.welbe.co.jp/Lp2?product_code=welbe&shop_choice_code=welbe001

●見学申込はこちら↓↓↓
https://contact.welbe.co.jp/Lp2?product_code=welbe002&shop_choice_code=welbe002

ウェルビー上大岡センターでは、見学・体験を随時受け付けています!
身体・精神に障がいがあって就労が困難だと感じている方、就職する意志はあるがメンタルに不安があっていま一歩が踏み出せない方など、まずはお気軽にお問い合わせください!

 

この記事を見て『いいね!』と思った方は、ぜひ『いいね!』ボタンにクリックお願いします♪

【新横浜】企業実践カリキュラムについてご案内

こんにちは!ウェルビー新横浜駅前センターです。
桜のつぼみがほころぶ時期になりましたね。

本日はウェルビー独自の企業実践カリキュラムについてご案内致します。
企業実践とは、実際の企業にあるような複数の課に分かれ、上司役の職員の指示を受けながら業務を行うカリキュラムです。当センターには、庶務課、調査課、総務課、企画課があります。
日頃の訓練の成果を実践で発揮して頂く機会となります。
その中で今回は総務課についてご案内いたします。

総務課では、電話を送受信しながらPC作業等を行ないます。

新横浜駅前センターIMG_0613

同時に様々な作業を行なうことは、マルチタスク<複数のタスク(業務)を意味し、現在ではそれらを同時にこなす仕事のやり方そのものを指します>の練習でもあります。

一つずつこなす作業は集中して取り組めるけれども、マルチタスクは苦手… 当センターではそのような声をご利用者様からよく聞きます。
そんな風に感じている方も多くいるのではないでしょうか?実は私もマルチタスクは苦手です…

そんな方にこそ、総務課での訓練を通じて苦手な場面や対策をスタッフと一緒に、見つけて頂ければと思います。障がい者枠で応募する際に企業から配慮事項を聞かれることがよくあります。これはお一人お一人が働きやすいように、企業がどのようなことを配慮すればその方が最高のパフォーマンスで働けるかを確認し、働き易くするものです。

「マルチタスクが苦手なので指示は一つずつ頂けると幸いです」「マルチタスクは苦手ですが●●する事で対応するように工夫しております」…その方の能力に合わせて伝え方は様々です。何を自分が苦手とするかを知る、どのような方法で行えばそれが解消出来るか探していく…
ウェルビーでは気付きの場、これまでお一人で気付かなかった事などを知る機会の提供が出来ると良いなと思います。

新横浜駅前センターIMG_0609

 

★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★
就労移行支援事業所ウェルビー新横浜駅前センターは、主に港北区・神奈川区・都筑区・鶴見区・青葉区・緑区にお住まいの方々が通っています。
センターがオフィス街にある事もあり、通勤訓練を兼ね、町田や川崎など遠方から通われる方もいらっしゃいます。
発達障害・うつ病・双極性障害・不安障害・統合失調症・高次脳機能障害・身体障害などの精神・発達・身体・知的障害をお持ちの方が、自分らしい働き方ができるよう、一緒に訓練をしています。職員が小まめに相談にのりサポートしますので、就職に不安のある方はぜひ一度ご相談ください。
見学・体験はいつでも行えます。資料請求もお気軽にお問合せください。
★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★

【浦安】お弁当についてご紹介

こんにちは。
ウェルビー浦安駅前センターです。
今回は提供しているお弁当のメニューについてご紹介します。
3月の献立表はこちら!

浦安駅前センターお弁当表02

 

定番のハンバーグや和風カツが浦安センターでは人気になっています。
鶏・豚・牛の肉に加えて白身魚やタラなどもあります。
種類豊富なため、お好みのお弁当が見つかると思います(*^^*)

浦安駅前センターでは見学・体験いつでも承っておりますので
お気軽にご連絡ください♪

見学・体験ご予約/ご質問
ウェルビー浦安駅前センター
047-314-5083
※コロナ対策を徹底しています
※zoomを使ったオンラインの見学も行っております

浦安0219

千葉県浦安市当代島1-1-11 フォーレストビル4階
E-MAIL info@welbe.co.jp
URLhttps://www.welbe.co.jp/

【秋葉原】企画広報課による「ウェルビー秋葉原駅前センターのおすすめポイント」

こんにちは。
ウェルビー秋葉原駅前センターです。

今回は、ウェルビー秋葉原駅前センターの企業実践で3月より新設した企画広報課
取り組み内容の共有です。
以下の記事は、企画広報課のメンバーであるご利用者様に作成していただきました。
また、途中で登場するPowerpointのスライドも全て、ご利用者様に作っていただいたものです!
文章には書き手の人柄が表れる、といいますが、まさにご利用者様の個性が伝わってくる内容ですので、ぜひじっくりとご堪能ください。
************

今回の企業実践で新設された、企画広報課の初めての取り組みとなります。

『welbe秋葉原駅前センターの特色をたくさんの人に伝えたい!』

というテーマの下、まずは自由に企画広報課に配属された利用者それぞれが普段から感じている

* 秋葉原駅前センターの魅力
* 特におすすめしたいポイント
* 日々のプログラムに関して
* 秋葉原という街が持つ特徴
* センターの持つ雰囲気

・・・ など、個人的な事から全体的なモノまで意見交換を行いました。

それぞれの熱い思いがまとまったところで、PowerPointを使用し、各自フリースタイルで、自分の中の『welbe秋葉原駅前センター』をまとめてみました↓

シート1 シート2シート3

作成者ごとの個性が存分に表れた作品になっていると思います。
あらためて見比べてみると、それぞれの視点や感じ方は様々ですが全てに共通しているのは、アットホームな雰囲気 安心感 明るく個性的な皆さんという部分でしょうか?

普段、当たり前の事として過ごしている空間・時間も考えてみれば、自分だけでなく周りのたくさんの皆さんと一緒になって作り上げている大切なものだという事に思い至りました。
このブログを読んでいただいている皆さんも、この機会に 「いつもの人や場所」 を見つめ直してみると、また新しい気付きや発見があるかもしれませんね。

************
ご利用者様の作成の記事、いかがでしたでしょうか。

企業実践に興味を持たれた方は、ぜひセンターにお気軽にご連絡くださいませ。
他にどのような課があるのか、どのような内容に取り組んでいるのか、などなど、、、
スタッフが丁寧に説明させていただきます!

ウェルビー秋葉原駅前センターでは、新型コロナウイルス感染予防のため、以下の対策を実施しております。

 

・職員・ご利用者様の検温及びマスク着用の徹底
・手洗い・消毒の徹底
・飛沫防止シートの設置
・センター内のアルコール消毒
・定期的な換気
・ダチョウ抗体配合スプレーを使用した抗菌・除菌

 

見学・体験も、随時受け付けております。
スタッフ一同、皆さまからのお問合せを心よりお待ちしております!

≪問い合わせ先≫
ウェルビー秋葉原駅前センター
電話番号:03-5835-1223
FAX番号:03-5835-1224
メールアドレス:akiba@welbe.co.jp

【奈良】土曜イベントご紹介

こんにちは!!ウェルビー奈良センターです。
今回は、2月27日に実施されたイベントについてご紹介したいと思います。

【名言について語り合おう!!part2】と題して、利用者様とスタッフ各々が感銘を受けた名言について語り合いました。既にお気付きの方もいらっしゃると思いますが、今回がpart2と言う事で2度目の開催となります。因みに、前回持ち寄った名言の中から、見事、大賞に選ばれたのが『シーザーにもナポレオンにも初陣はあった』です。シーザーやナポレオンは、戦いに優れた軍人として名を馳せましたが、彼らも最初から戦いに優れていた訳ではありません。どんなに偉大な人であっても、初めの一歩を踏み出すには勇気がいるものです。
就職活動にも通じる事ですが、未経験であっても臆する事無く、様々な事にチャレンジしてみたいですね!!
さて今回の名言ですが、前回に引き続き、皆さん多くの名言を披露して下さいました。その中から、いくつかご紹介したいと思います。
『順番なんて、ほんとうの人間の価値とは何の関係もないんだよ』
『楽しいから笑うんじゃない、笑うから楽しいんだ』
『思い立ったが吉日、それ以外は凶日』
『できないと悩むより、どうすればって考える』
『一人でいる時は孤独を感じないが、集団でいるからこそ孤独を感じる』
どの言葉も胸に響きますね。そして今回、大賞に選ばれた名言がこちらです!!
『努力は嘘をつく、でも無駄にはならない』 努力したからといって、必ず成功や勝利を手にする訳では無いけれど、その努力は間違いなく自身の成長や力となる。正にその通りですね。日々、頑張っているにも関わらず、何だか報われないなぁ…なんて感じていらっしゃる方もおられると思いますが、この名言を胸に刻んでおけば、そんな憂鬱な日々も乗り越えて行けそうですね。
それでは皆様、春が待ち遠しい今日この頃ですが、体調には充分お気を付けてお過ごしください。

写真+① 写真+②

奈良センターでは随時見学・体験を受け付けております!
職員一同、皆さんのお越しをお待ちしております♪
どんなことでもご遠慮なくお問い合わせください。

☆ウェルビー奈良センターからのメッセージ☆
①働きたいのにどうすれば良いのか分からない・・・
②コミュニケーションが苦手で不安・・・
③ブランクが長くて・・・
④どうしても面接で上手く話せない・・・
⑤履歴書に自分の事をどう書けば良いのか分からない・・・
私たちウェルビーのスタッフが支えます!
まずは、一緒に一歩踏み出しましょう!

奈良センター地図

ウェルビー奈良センター
〒630-8244 奈良県奈良市三条町487-1小山ビルディング3階
JR奈良駅から徒歩5分/近鉄 奈良駅から徒歩 約10分

【草加東口】仕事の棚卸しシートについて

こんにちは。ウェルビー草加駅東口センターです。
今回は就活プログラムの内容について書かせていただきます。

まず、仕事の棚卸しシートについて書かせていただきます。

仕事の棚卸しシートは、自分の職歴などをふりかえり、「職務経歴書」を作る材料や採用面接の回答を考えるヒントになります。

記入事項はこのようになっています

在籍期間
社名
雇用形態
勤務時間(満足度・振り返り欄)
勤務経路(満足度・振り返り欄)
環境(選択肢・満足度・振り返り欄)
仕事の種類、行ったこと(満足度・振り返り欄)

 

満足度記入の方法

〇(好条件だった・対応できた・充実していた)
△(困難・問題あり・苦手と感じた・問題はあったが解決、対処した(相談も含む))
×(困難・問題あり・苦手と感じた・問題の自己解決は難しかった(リタイアなど))
振り返り欄には詳しい状況や理由を記入

 

前職でのことを振り返り、職務経歴書などや、次の職場を決める為に役立てようと思いました。

自分のウリを知る・作る

自己PRにつながるあなたの“強み・ウリ”について考えるワークです。
客観的な意見を頂き、自分の強みを探してみることを題材としています。

1. 個人作業 強みとなる経験を探す
こちらの題材は、自分の自己PRに繋がる体験を元に記入してまとめます。
※職務経歴書・職歴の棚卸しシート・活動振り返りシートを参考にまとめます。

草加東口センター画像

2.ワーク 見方をかえれば強みになる
ペアまたは数人以上で職歴・経験インタビューを行い、相手の返答を聞いて相手の“強み”となる経験を見つけて相手に敬意を持った言葉で伝えてあげます。また、終わったらそれぞれの役割を交換します。
〈インタビュー内容〉については、「仕事の経験がある人」は、一番最近行っていた仕事について・「仕事の経験のない人」は、学生時代・その他の活動内容についてインタビューいたしました。

仕事経験がある人のインタビュー内容について

1.仕事内容や手順、量はどのくらいですか。
2.部署・チーム・会社など、そこから得たことはありますか。
3.仕事で上げた実績、または人から評価されたこと。
4.努力したこと、工夫したこと、苦労し乗り越えたこと、解決した出来事を教えてください。

 

仕事の経験がない人へのインタビュー内容について

1.学生時代好きだった事・得意の事・心から動いた経験
2.人から言われた一言・心に残っている事・褒められた出来事
3.取り組んだ事・頑張った事・成果を上げた事を教えてもらう
4.学校に毎日通うために気を付け・取り組んでいた事

【四日市】【複合機(コピー、印刷、FAXが1台になっている機械)】のお悩みについて

こんにちは!

四日市センターよりお送りします。
3月も中旬ですね!お日様の日差しがピリリっと肌を刺激するくらい強くなってきましたね。
春でも紫外線はしっかり出ているので、日焼け対策は万全にしたいですね!

本日は、【複合機(コピー、印刷、FAXが1台になっている機械)】のお悩みについてお話しようと思います。

複合機【四日市センター】

みなさんは就職する以前に複合機に触れた事はありますでしょうか?
個人差はありますが、何かの手続きでコンビニに常設している複合機を使用する程度しか使用頻度は少ないのではないでしょうか?機械音痴な私は複合機の取り扱いが苦手です。
◆苦手理由その1
指定の用紙で印刷・・・「手差し設定」にした筈なのに普通のコピー用紙が自動供給から出てきた
◆苦手理由その2
倍率設定・・・印刷物に合わせて文字を拡大・縮小したいのにベストな大きさにならない
◆苦手理由その3
平面印刷・・・ガラス面に印刷したい物を置いて自動設定で印刷すると、対象画像が途中で切れている
苦手理由その4
その他・・・複合機の中での紙詰まり、トナー交換、いつもとは違う音が鳴る

これらの不安要素が原因で時折、複合機の前で直立不動になることがあります。
この直立不動の時間が長引けば長引く程、スマートに仕事を遂行することが困難になります。
どうしたらこの悩みを解決できるでしょうか?
◆ウェルビー流解決方法◆
①スタッフに相談する。
※「ビジネスにおいての相談方法」のアドバイスいたします
②メモを取る
※メモの取り方にもコツがありますのでお伝えします
③実践してみる
※経験をたくさん積んでください
実際に入社する企業様と機種は同じとは限らないので設定方法は若干の違いはあると思うのですが、複合機に触れる経験があるのとないのとでは全然作業能力が違ってきます。
皆様にはウェルビーで複合機を色々試して頂き成功体験を増やして頂きたいです。

ウェルビー四日市センター
住所:四日市市三栄町3-15 小林ビル1階
TEL:059-327-5526
営業時間:9:00~18:00(日曜日を除く)

【航空公園】毎月開催!PC講座

今回は3月に行われたPC講座について紹介します。

今回は3月13日にPowerPoint講座。
また、オンライン限定講座としてExcel講座を行いました。

ここで講座参加者の声をお届けしたいと思います。

「PowerPointは苦手意識があったが楽しく覚えることが出来た」(所沢市・女性)

「Excel講座で難しい関数を覚えることが出来た。」(狭山市・女性)

「アニメーションの技術がPowerPointを勉強して身についた」(東久留米市・男性)

「実際に操作をして勉強できるので覚えやすかった」(東村山市・男性)

ウェルビー航空公園駅前センターでは、多種多様な経験と個性をもつ職員が、皆さんと一緒に訓練・就職活動をしています。

通常の訓練の際もPC訓練を行っていますのでぜひ一度センターを見学してみませんか?

ウェルビー航空公園駅前センターでは、みなさんの“働きたい”を応援します。

現在ご利用中の方々は、所沢市・狭山市・入間市・飯能市・日高市・川越市・清瀬市・東久留米市・東村山市・西東京市・小平市・練馬区から通われています。

また、西武線本川越からも上りで18分!

随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は下記まで電話かメールにてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

ちなみに、近隣に所沢プロぺ通りセンターがあります。
どんなところか気になる方は、こちら

【府中】就職に向けて訓練を行っている、A様の声を紹介

みなさんこんにちは、ウェルビー府中駅前センターです。
今回は就職に向けて訓練を行っている、A様の声を紹介します。A様に作成いただいた、『ウェルビーでの1日』をご覧ください。

利用者様A様の『ウェルビーでの1日』
金曜日。1週間の中で1番気が張る1日。午前中の『企業実践』は緊張と、やりがいや成長を最も体感できるプログラムです。
これはいわば模擬会社訓練であり、私たちは総務課・営業課・庶務課などいくつかの課に分かれ『仕事』をします。
私は現在庶務課に属し、上司役のスタッフの指示を受け、ウェルビーで実際に使う備品を整備しています。この日は封筒の押印でした。たかがハンコ押しと思ったのは最初だけ。
この封筒は実際にウェルビーから外部の方にお出しするもの。歪んだ押印はできません。そんなことしたらウェルビーの会社としての質が問われる!・・・そう考えると緊張しないわけがないのです。
おまけに私は、他に類を見ないほど手先が不器用。過去細かな作業のある仕事は避けてきました。
しかし自分の向き不向きを見つけ、不得意をどう自分なりに工夫して、グループでの仕事に貢献していくのかを考え、取り組むのがこの企業実践。しかも仕事を正確にするだけではありません。効率よく動いて時間を守る。他の利用者さんと相談しながら協力する。上司役のスタッフに進捗を報告する。まさしく普段教えて頂いていることをすべて活かして取り組みます。
それゆえ、『会社で求められること・今の自分の課題』がリアルに近い状態で見え、体感できる貴重な時間です。

ちなみにこの日の午後はPCでデータ入力などタイピングに取り組みました。
・・・単なるPC訓練と侮るなかれ・・・!
午前中に企業実践を終え、緊張の糸が切れる→お昼ご飯→眠さがピーク!の状態。眠すぎてたまに意識がないことはスタッフさんには内緒なのです(今ばれた)。
1日の間の体調のコントロールも大きな課題ですね。

A様ありがとうございました。
ウェルビーでの訓練生活をイメージできるよう、今後も就職に向けて訓練を行っている利用者様の生の声をお届けしていきます。
先の見えない不安がまだまだ続きますが、働くことにお1人で悩まれている方、漠然と不安を感じている方はウェルビーでお力になれることがあるかもしれません。
どうぞお気軽にお問い合わせください。

見学、体験、資料のご請求・見学も随時受け付けております。

皆様からのご連絡をお待ちしております。

【松本】イベント『睡眠と仕事の関係性』について

みなさんこんにちは。
春は未だ浅く、朝夕はまだまだ冷え込みが厳しい今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか。体調も崩しやすい季節ですので、皆様お体ご自愛してお過ごしください。

さて、ウェルビーでは2月23日火曜日に、イベント『睡眠と仕事の関係性』の講義を行いました。皆さんは睡眠について困りごとや悩み事はありますか??
講義の中では、寝つきが悪い、途中で起きてしまう、寝ても疲れが取れないなど様々な睡眠の悩みが出ました。
ではこの様な睡眠の悩み、どう解決すればいいのでしょう。

松本駅前センター画像01

まず睡眠のメカニズムについてご紹介します。
人は寝てから起きるまで同じ様に寝ている訳ではありません。
ノンレム睡眠(脳と体が寝ている状態)、レム睡眠(体は寝ているが脳は起きている状態)を3~5回繰り返し寝ています。人はノンレム睡眠時に深い眠りについていると言われています。
寝始めて1番最初に訪れるのがノンレム睡眠です。このノンレム睡眠、約90分間続くのですが、睡眠の中で一番深い眠りの時間帯であり、『黄金の90分』と言われています。この90分間を質の良いものに出来れば、朝目覚めが良く、次の日のパフォーマンスが格段に上がるのです。ではこの黄金の90分を質の良いものにするにはどうすればいいのでしょうか。
それは身近な生活習慣、『お風呂に入る』のが良いと言われています。何故お風呂が良いかと言うと、良い睡眠と体温は深い関係にあるからです。私たちの体は、活動する日中、体温が高く保たれていますが、眠りにつく時に、深部体温(脳や内臓などの体の内部の温度)を下げることで、脳と体をしっかり休息させる仕組みがあります。この深部体温を下げる方法がお風呂なのです。

松本駅前センター画像02

お風呂から上がると熱放散(体から熱を逃がすシステム)が始まります。熱放散が始まると、深部体温が下がります。それに伴って、体は休息状態になり眠気が訪れるという仕組みなのです。深い睡眠の時ほど、深部体温は大きく低下します。個人差はありますが、お風呂から上がり90分経過すると、睡眠時に最適な深部体温になると言われています。90分経過後に布団に入る事でストレスなく自然に眠れることが期待出来ます。そして、体をしっかり休めることで、次の日にはスッキリとした目覚め、良いパフォーマンスが期待でき、加えて、生活リズムも改善できるかもしれませんね。

松本駅前センター画像03

多くの人は人生の3分の1寝ているそうです。この3分の1をより良いものに変える事ができたら、3分の2の人生も変わるのではないでしょうか。ぜひ興味がある方は明日から行ってみて下さいね。

ウェルビー松本駅前センターには、松本市をはじめ、安曇野市、塩尻市、長野市、諏訪市、岡谷市などからご利用・見学・体験者様がお越しになっており、グループワークやPC訓練、軽作業訓練、企業実践、ビジネスマナーやウォーキング、リフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催しております。『就職に向けて集中力をつけたい』『一般企業への就職に向けてスキルを磨きたい』『人とのコミュニケーションが苦手』『生活リズムを改善したい』等のお手伝いをさせて頂きます。ぜひ一度、見学・体験にいらしてみませんか。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。そして、このブログを見て下さった皆様に、良い一日を

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

松本駅前センター画像04

https://www.welbe.co.jp/center/nagano/matsumoto.html
ウェルビー松本駅前センター ブログアドレスQRコード

◆就労移行支援とは
障がい・難病をお持ちで、『就職しても長く続ける事ができない』、『学校を卒業予定だが進路が決まっていない』、『就職への見通しがたっていない』等。就職を希望している障がい・難病等がある方に対して、一般企業で働くために必要な知識・能力、生活リズムを身につけるトレーニングや、面接訓練、その人に合った仕事探し等のサポートを行う訓練施設です。施設内での支援だけでなく、ハローワーク、通院、面接の同行等の支援も行っています。

◆就職後もあなたをサポート
ウェルビーでは、晴れて就職され働きだしてからもサポートを継続し『定着支援』を行っています。入社後の慣れない環境での困りごと、仕事の悩み、人間関係についての相談、面談などを行っています。定着支援では、ウェルビーや職場の支援等も受けながら課題を解決し、自立していくことを目指します。

◆ご利用について
就労移行支援をご利用できる方は、一般企業へ就職を考えている以下のような方です。
・18歳~65歳未満で身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方
・18歳~65歳未満で医師の診断書、自立支援医療のご利用のある方
※うつ状態、引きこもりが続いている、その他お悩みがある場合でもご相談ください。
心身の状態、ご都合に合わせて、週に数日、短時間からでもご利用できます。

◆ご利用料について
就労移行支援のご利用料(自己負担月額)は、前年の世帯所得で決定されます。
世帯所得とはご本人様、又はご本人様と配偶者(奥様・旦那様)の合計であり、
ご両親様の収入は含まれません。ウェルビーでは、9割の方が無料で利用されています。

詳しくは、ウェルビー松本駅前センターまでお問い合わせください。
〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分