【溝の口】利用検討中の方必見!私たち利用者に起きたポジティブな変化 ~後編~

こんにちは、ウェルビー溝の口駅前センターです!
暖かい日が続くようになってきましたね!皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は実際の企業を想定して各チームに分かれ作業するウェルビーのプログラム「企業実践」、その中の広報課による座談会企画の後編をお送りいたします。
ぜひお楽しみください。

司会:Tさん メンバー:Sさん、Hさん、Mさん、Nさん、Kさん
本ブログの座談会書き起こし:Mさん

●どのようなプログラムに参加して安心感を得られたか

:私はグループディスカッションに出てみて、最初は緊張しましたが、意見を聞いたり発言する中で、思ったよりも苦手意識を感じる必要は無いと感じられました。

T:「思い込み」が参加してみて変わったのですか?

:そうですね。
参加してみて、必ずしも役割を完璧にこなさなくても良いと分かりました。

M:私の場合は企業実践プログラムです。
社会的コミュニケーションに対しての苦手意識など、自身が抱えている問題と向き合わなくてはならないからこそ、「嫌だ」という気持ちばかりではなく、社会復帰に繋がっているという自覚が得られる有難いプログラムだと思いました。

T:会社で働くイメージがつきやすいプログラムですよね。

:PC訓練やベーシックトレーニングで段階的な目標を設定することで、安心感が得られました。加えて仕事を始めてからの「自分の動き」というものを考えていくことが出来てきています。今まではコミュニケーション系カリキュラムが特に好きでしたが、最近になり作業系の訓練の大切さを感じるようになりました。

:作業系のプログラムは「やって終わり」ではなく、過程で相談を行うことや、目標設定をすること、適宜コミュニケーションを取ることで、より仕事に繋がっている実感が持てますよね。

N:私も企業実践です。
初回時に他利用者さんから優しく説明をしていただくことで安心感が得られました。 「出来なくても参加できる」のだなと感じられました。
企業実践に参加する前は自信がなく、「働いた時にやっていけるのか…」と不安はありましたが、回ごとに課長(スタッフ)からのフィードバックもあり、自信やモチベーションに繋がりました。

:「まだやれるかな」と前向きな気持ちになることができ、プラスの影響は大きいですよね。

:私はグループディスカッションです。
気持ちを相手に伝えることが苦手でしたが、周りの考えを聞いて自分の意見を伝える経験を繰り返すことで、初対面の方とも話せるようになり、安心しています。

:自分への「出来ない」「苦手」というマイナスイメージが、訓練参加を通して「そうでもないかな」と思えることも多々ありますよね。
私の場合は企業実践です。
元々、見本に沿って行うなど「正確にやること」について苦手意識がありました。それにより、「仕事が出来るのか」と不安に感じていましたが、企業実践への参加を通して、課題として目標設定出来たことや自身のアイディア力など別のところに強みがあると知ることが出来ました。
「苦手」とのみ捉えなくなったことは貴重な経験でした。
就業後をイメージできる「仕事っぽさ」も企業実践の良い所ですよね。

~座談会を終えて~

今回の座談会を通して、他の利用者の体験や疑問に思ってきたことを聞きながら、ウェルビーが自分達にとって不可欠だったと再確認できました。
私達利用者は、このブログを読んでくださっている皆さんと同じように悩み、疑問を持ちながらも現在通所することを決めました。
今回の記事をきっかけに「一人で悩まなくていい」のだと感じ取っていただけると幸いです。

ウェルビー溝の口駅前センター 広報課スタッフです。
前編では「センターに通うきっかけや、通所したことによる変化」について、
後編では「プログラムに参加して得られたこと」についてお伝えさせていただきました。

今、就労について悩まれてこのブログをお読みになっている皆様の相談の架け橋になれればと、ウェルビー溝の口駅前センターの広報課チームが一丸となって、このブログを作成いたしました。
ご協力頂いた企業実践広報課の皆さん、最後までご覧いただきました方、御礼を申し上げます。ありがとうございました。

溝の口駅前センターでは、ご見学での訓練内容や就職までの道のりの説明、生活リズムの安定、職業適性の確認のための体験利用など、ご相談を随時受け付けております。
お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

また現在、感染症予防対策として職員・ご利用者様共に、毎日の検温、出勤・昼食時のアルコール消毒、飲食時以外のマスク着用、飛沫防止パーティションの設置、空気清浄機の設置、センター内の換気を行っております。
詳細はウェルビーホームページをご確認ください。

【溝の口】利用検討中の方必見!私たち利用者に起きたポジティブな変化 ~前編~

こんにちは、ウェルビー溝の口駅前センターです!
が綺麗な時期になってきましたね!皆様いかがお過ごしでしょうか?

さて今回は、実際の企業を想定して各チームに分かれて作業するウェルビーのプログラム「企業実践」、その中の広報課による座談会企画を前後編に分けてお送りします。
ぜひお楽しみください。

司会:Tさん メンバー:Sさん、Hさん、Mさん、Nさん、Kさん
本ブログの座談会書き起こし:Tさん

●ウェルビーに入る前に求めていたことと実際入ってみた感想は?

T:入る前、誰かの助けを借りた方が良いとは思ってたんですけど、正直何をどうすれば良いのかさっぱり分からない状態で…。今は相談したりできないことを断ったり意思表示が出来るようになってきたと感じています。

:私は人と話すのが苦手で、それを克服して仕事につなげたいと思っていました。
ウェルビーには話すのが苦手な人をないがしろにしない雰囲気があって、少しずつ話せるようになってきました。

:就労経験がないのでビジネスマナーを学びたいと思っていました。
以前は「できない」「わからない」と言うことは悪いと思っていて抵抗があったのですが、徐々に相談しながら解決方法を探っていくことの大切さが理解できるようになってきました。

:社会復帰と人との交流を求めていました。
今までの経験から、できるつもりになっていたことも「より良くする方法」があるのだと気づくことができましたね。

:就職に向けて漠然とした不安がありました。入ってみると自分の課題がはっきりし、モチベーションや方向性も見えてきました。

:今の課題が目で見てわかるって安心感がありますよね。

:なんとなく就職に繋がるかなと思って利用を決めました。
入ってみたら、自分から見ると「できる人(利用者)」にも、その人なりの課題や悩みがあるのだなというのが発見でした。

T:人と比べる以外の視点を獲得できるって、すごく本質的な勉強になりますよね。

●ウェルビーに通うことで学びになったことは?

T:見学に行く前までは、普通の人のように働けない自分を矯正する所なのかな?怖いなと思っていました。来てみると自主性を尊重してもらえる場所だと印象が変わりました。スタッフの方と相談しながら目標設定出来て、出された課題を淡々とこなすよりも自発性が育つと思います。

K:グループワークもあるので、周囲の方と協力して作業する大切さを学べますね。

S:見学の時から、楽しそうだなと思ってて…来てみたらほんとに楽しいんです。(一同笑)就職をあっせんする場所ではなくて、就職へつなげるスキルも学びつつ、周りの方とも交流できる総合的な支援が受けられる場所ですね。

T:楽しみながら気づいたら身についているのって、いい状態ですよね。

M:スタッフや周りの利用者の方が安心できる雰囲気なのも魅力です。

H:苦手克服のための特訓を強いられたらどうしようと思ってたんですけど、相談して参加できる環境です。

N:自分の良い部分を見る癖がつけられたことが収穫ですね。そんなに悪く考えなくてもいいんだと思えた。

S:自分にいいところなんてないと思っている人ほど、ウェルビーは自分のためになるかもしれません。周りの人がいいところを見つけて感じ取ってくれるんです。
(一同深くうなづく)

(後編へ続く)

ウェルビー溝の口駅前センター 広報課スタッフです。
最後までご覧頂きありがとうございます。
今期の広報課の皆さんが、センターに通うきっかけや通所することによる変化について、お伝えさせていただきました。
次週も広報課チームの作成したブログをお送りする予定です。
お楽しみいただけますと幸いです。

溝の口駅前センターでは、ご見学での訓練内容や就職までの道のりの説明、生活リズムの安定、職業適性の確認のための体験利用など、ご相談を随時受け付けております。
お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

また現在、感染症予防対策として職員・ご利用者様共に、毎日の検温、出勤・昼食時のアルコール消毒、飲食時以外のマスク着用、飛沫防止パーティションの設置、空気清浄機の設置、センター内の換気を行っております。
詳細はウェルビーホームページをご確認ください。

【浜松第2】広報企画課のAチーム 感想

こんにちは。浜松駅前第2センターの内山です。

今回は、企業実践の『広報企画課』でAチームとBチームに別れて2回イベントを行いました。今回のAチームは、3種類のゲームやクイズを行いました。

1つ目は、浜松に関するクイズ、2つ目は、全員の背中に単語を書いた紙を貼り、貼られた本人以外の人がジェスチャーでその単語が何かを伝え、貼られた人が答える伝言ゲーム、3つ目は、キャラクターのシルエットをプロジェクターに映し、何のキャラクターかを当てるゲームです。

その中での取り組みを、広報企画課の利用者様がブログにしてくださったので、ご覧ください。

__________________________

こんにちは。浜松駅前第2センターの広報企画課です。私たちAチーム3人はAチームのイベントを終えてBチームのイベントを準備しております。先日のイベントを終えて私たちAチームは一番の山場を越えて一息ついております。そんな我々Aチームが前回のイベントの復習も兼ねてブログを担当致します。
では、そのために前回行った準備について一人一人感想をここで発表させて頂きます。

Q1主催者としての感想
M・Tさん…AチームとBチームで協力する事の大切さを知りました。
T・Fさん…①緊張と②説明に対する不安と③大災なく終わって安心しました。この三つが感想です。 Y・Uさん…楽しくできました。シルエットクイズが面白く出来ました。
Q2どうしてこの企画にしたのか
M・Tさん…多くの利用者様に楽しんでもらえると思ったからです。
T・Fさん…他の2人の企画がクイズだったので、チームとして楽しめるものを考えました。
Y・Uさん…以前シルエットクイズをしてみて面白そうだったから。
Q3どのような形で準備をしたのか
M・Tさん…主に浜松市のサイトを見てパワーポイントで作成しました。
T・Fさん…使用済のA4用紙と伝言ゲーム用の問題50問以上を作りました。
Y・Uさん…パソコンでシルエットを検索して作成しました。
Q4アンケートについてどう思ったか
M・Tさん…良かったという評価が多かったため、嬉しかったです。
T・Fさん…私の企画したゲームのうちの1つが必ず楽しめたと感想があったのが嬉しかったです。
Y・Uさん…感想を聞く事が出来てとてもよかったです。

Bチームのイベントでは手作りのしおりが景品でした。テーマは『春の花』で作成しました。
最後に前回の好評だったものを継続できるように、Bチームイベントでもサポートを行い成功を目指して頑張りました。

__________________________

以上が、広報企画課のAチームの皆さんのブログとなります。初めは人前で話す事が出来なかった方もいましたが、イベントを考えるだけでなくイベントの告知を行うため朝礼や、終礼時に多くの人の前で宣伝をしたり、イベントではルール説明を行ったりするうちに、多くの人の前でもはっきりと発言をする事が出来るようになりました。

人前で発言出来るようになると、面接の時にもしっかりと自己アピールが出来るようになります。企業実践では、その他にもチームワークや報告・連絡・相談等の力を付ける事が出来ました。これからも、様々なチャレンジをしていきます。

【名古屋】スーツDAYについて

ウェルビー名古屋センターです!

寒さが和らぎ、日中は過ごしやすい日も増えてきましたね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回は「スーツDAY」についてお話したいと思います。

皆さま、スーツを最後に着たのはいつですか?
大学の入学式などで着たっきり
制服や作業着でスーツはあまり着てこなかった

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ウェルビー名古屋駅前センターでは毎週金曜 企業実践の日を「スーツDAY」に設定しています。

◇スーツでの仕事がどんな感じなのか体験したい
◇以前買ったスーツがそのまま着られるか不安
◇ネクタイの結び方がわからない
◇パンプスに慣れていないから靴擦れが心配

そんな方は、ぜひスーツDAYで着用してみましょう。
スーツ着用のスタッフも多いため、手入れの仕方や購入したお店など気になることがあれば何でも聞いてくださいね!

もちろん、スーツじゃなくてもプログラムの参加はOKです☆

無料の見学、体験に参加してみませんか??
実際のスーツDAYや様々なプログラムの様子などをご覧いただけます。
参加したから、今後通所しなきゃいけないということもありません。

皆さまからのご連絡、心よりお待ちしております。

《コロナ対策の取り組み》
・空気清浄機の導入
・来所時の検温、手指の消毒、マスク着用の徹底
・分散通所(3月末まで)
・定期的な換気

【荻窪】特別プログラム「エゴグラムで自己理解を深めよう」の振返り

荻窪駅前センター
特別プログラム❛エゴグラムで自己理解を深めよう❜の振返り

 

皆さま こんにちは!3月も下旬となり、すっかり春らしくなってきました。
ウェルビー荻窪駅前センターでは土曜日・祝日にイベントを行っていますが、今回は先日行った❛エゴグラム❜を使ったプログラムを振返ります。

◎エゴグラムとは
エゴグラムは、人と人との交流を分析することから生まれました。
人と人とがどのような自我状態で作用し合うかを分析するのですが、その自我状態にはParent(親)、Adult(成人)、Child(子供)の3種類があると考えます。それをさらに細分化して、以下の5種類を想定します。
エゴグラム1

そして、「自分の希望はハッキリと言う方だ」などの50の質問に ❛はい❜ ❛いいえ❜ ❛どちらでもない❜の3択で答えることにより、自身の自我状態を把握しました。

◎自我状態を変えていくには
さらに仮に理想の自我状態がある場合は、それに近づくにはどのようにすれば良いかを学びました。

例えば、CPを上げたい場合は下記のようになります。

エゴグラム2

参加された方からは「自分の状況を可視化しながら楽しく知ることができ、自己理解も深まった」という感想もあり、それぞれがご自身を理解する有意義な時間となりました。

 

荻窪駅前センターは荻窪駅から徒歩3分!
杉並区・中野区・新宿区にお住まいの方々が多く通われています。
さらに、練馬区等からも当センターにはバスで乗り換えなしで来ることができ、非常にアクセスしやすいです。

見学はいつでもお受けしておりますので、下記のいずれかでお申込みください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

1.電話でのお申し込み
下記の電話番号にお電話ください。
TEL: 03-6915-1421
2.メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「荻窪駅前センター 見学申し込み」
●氏名(ふりがな)
●参加希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL:info@welbe.co.jp
3.フォームからのお申し込み
 資料請求はこちら
 見学申込はこちら

ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします!

 

ちなみに、近隣に三鷹センターがあります。
ご興味ある方は、こちら

【熊本水前寺】「就活やらか史 カルタ大会」について報告

こんにちは、ウェルビー熊本水前寺センター広報部です!!

日ごとに春めいて、花の便りが聞かれる頃となりました。
今回は3月20日(土)に行われたイベント「就活やらか史 カルタ大会」について報告いたします。

みなさんは「企業実践」というカリキュラムをご存知でしょうか?
ウェルビー熊本水前寺センターでは、毎週金曜日に「企業実践」というカリキュラムがあります。
そこではスタッフが上司役で利用者の方々へ指示を出すことで、“報連相”の習慣や会社で働くイメージを掴み、働く力を身につけていきます。
その「企業実践」の中の部署であるイベント部に関する記事です。

先日3/20に開催されたイベントは、就職活動にちなんだカルタ大会です。
就職活動を経験されたことがある方はお分かりかと思いますが、就職活動には様々な不安が付きまといます。
そこで今回は、今後の就職活動に備え、先輩方の失敗談等をカルタ形式で楽しく紹介していこうというものです。

イベントの中で実際に詠まれたカルタの内容を2つご紹介いたします。

「私だけ 回線トラブル 顔事故る」
コロナ禍におけるタイムリーな札です。WEB面接等が増えている昨今、事前にネット環境の確認を行うことが大切だということが学べます。

「報・連・相 やってて良かった ウェルビー式」
この札は、日頃ウェルビーのカリキュラムに参加し「報・連・相」を身に付けていて良かった、というものです。

参加された方々からは、「カルタ一枚一枚に説明があり、具体的で分かりやすかった。」「カルタから派生して皆さんからそれぞれのエピソードを聞けて良かった。」などの意見をいただきました。

さらにイベント部の方々には、今回のイベント開催にあたってのアンケートにご協力頂いております。

Q1. 今回のイベントを開催するに至った理由は何ですか?
A1. アンケート結果とこれまでのイベントを参考に「ゲーム形式」「トーク」「就活に役立つもの」として皆さんが楽しく参加できるものを考案しました。

Q2. イベントの準備、実施で大変だった点は何ですか?
A2. カルタの作成において、パソコンでの打ち込みにたくさんの時間を必要としましたが、皆さんと協力し楽しく準備ができました。また、カルタの文面を考えるのが楽しかったです。

Q3. イベントを終えてみての感想をお聞かせください。
A3. カルタのデータミスがあり、また、当日の進行で変更点がありましたが、イベントそのものは盛り上がったので良かったです。
もう少し参加人数が増え、皆さんが積極的に参加できると良いかなと思いました。

Q4. 今後のイベントの構想をお教えてください。
A4. アンケート結果を元に、より良いイベントを企画していきたいと思います。
また、ゲーム性があり雑談もできるイベントも考えていきたいと思います。

など多くの回答を頂きました。
今回のイベントは現在のイベント部のメンバーで行う、最後の取り組みでありました。その最後に相応しく、メンバー全員のチームワークが発揮された集大成とも言うべき内容で、大変盛り上がりました。イベント部の皆様お疲れ様でした!!
通所を始めたばかりの方、体験で来られている方で、「日頃のカリキュラムに参加するには少し不安があるな…」「楽しくコミュニケーションの能力を高めたい!」と感じている方はぜひ、土曜日のイベントに気軽に参加して、センターの雰囲気に慣れるきっかけにして頂ければと思います。
ウェルビー熊本水前寺センターでは就労に向けてのカリキュラムに加え、様々なイベントを実施しております。
少しでも興味を持った方がいらっしゃいましたら、お気軽に体験、ご連絡ください。

ウェルビー熊本水前寺センター
水前寺02
〒862-0950
熊本県熊本市中央区水前寺1-17-32 石本ビル2階
TEL 096-273-8280 FAX 096-273-8281
E-MAIL info@welbe.co.jp
URLhttps://www.welbe.co.jp/
熊本市交通局「新水前寺」駅停留所 徒歩3分JR豊肥本線「新水前寺」駅 徒歩4分


ウェルビー熊本水前寺センター広報部
一同お待ちしております。

【新大阪】3/27(土)イベント「WEB面接」のご案内

こんにちは。ウェルビー新大阪センターです。

だんだんと暖かくなってきましたね。春は卒業シーズンで別れの季節ではありますが、同時に出会う機会の多い時期でもありますよね。

働きたいとお考えの方には出会いと言えば入社、就職ということになりますが、会社に入るために避けては通れないのが面接です。コロナ禍の中では直接対面での面接ではなく、オンラインでの面接をされる企業も増えてきています。

今までそういった経験のない方も多いのではないでしょうか。実際に、画面に向かって話すことは会って話をすることより難しいという利用者の方もいらっしゃいます。

その中で対策としては、そういう状況に慣れておくこと、練習しておくことが重要になりますので、今回WEB面接対策を行いたいと思います。

3/27(土)午後から他センターとオンラインでつなぎ、模擬面接を行いますので興味のある方は見学だけでもいかがでしょうか。

お問い合わせ、お待ちしています!

【松戸第2】松戸第2センター スタッフ紹介

こんにちは!
ウェルビー松戸第2センターのQです。

千葉県もやっと緊急事態宣言が解除され、少しずつ日常が戻ってきたように感じます。
といっても、まだまだ油断は禁物!
手洗いうがいを徹底して、皆で感染予防を続けましょう。

さて、ウェルビー松戸第2センターのスタッフ紹介第3弾です!

今回ご紹介させていただくのは、私、就労支援員のQです。

 

①出身地:福岡県北九州市ウェルビー松戸第2センター_スタッフ紹介Q②血液型:O型

③趣味:お絵描き・ライブ・喫茶店巡り

④好きな食べ物:カレー・エビフライ・銀杏

⑤苦手な食べ物:柿・ちんすこう

⑥今までの経歴:広報・デザイン・編集・WEBディレクターなど

⑦好きな言葉:「最低ラインが最初の目標」

⑧最近見た夢: スタッフのFさんに怒られる夢

⑨今一番欲しいもの:素敵なお部屋情報(引っ越したい…)

⑩ひとこと:どんなお仕事にも楽しいと思える瞬間はきっとあります。それは作業を終えた瞬間だったり、休憩中の同僚との会話だったり、メールの送信ボタンを押す瞬間だったり、人それぞれ異なる楽しみがあって良いと思います。皆さんと一緒に楽しいを共有したり、楽しいを見つけたりしながら、長く安心して働けるようにサポートして参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

就職したいけど今の自分に出来るかな?
就労移行支援事業所ってどんなサポートしてくれるのかな?
就労経験がない、ブランクが長くて不安  などなど

就職に対する悩みや不安がありましたらいつでもご連絡下さい。

ウェルビー松戸第2センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

いつでも見学・体験を受け付けておりますので、ご興味ある方は是非ウェルビー松戸第2センターまでご連絡下さい。

【広島第2】リフレッシュ企画の様子を紹介

皆様こんにちは。
ウェルビー広島駅前第2センターです。

昼夜の寒暖の差はありますが、お昼のポカポカな陽気が春を感じさせてくれる季節になりました。季節の変わり目は体調を崩しやすいので、引き続き体調管理には十分にお気を付け下さい。

今回は、先日行いました広島駅前第2センターのリフレッシュ企画の様子を紹介いたします。

就労移行にリフレッシュ企画って思われるかもしれませんが、これも大切な訓練の一部になります。
また、お仕事を長く続けるためには、リフレッシュすることも大切な就労スキルの一つになります。

今回は利用者様と紙飛行機を作りました。

最初にインターネットで気に入った紙飛行機を見つけて、折り方を調べます。折り方が分かれば、一つひとつ丁寧に紙の角を揃えて折っていきます。様々な紙飛行機が完成しました。

 

広島第2センター画像05

完成した紙飛行機は、センター内で飛ばして楽しみました。

ウェルビー広島駅前第2センターでは、就労に向けて前向きに取り組めるようなカリキュラムを楽しみも含めながら提供できるよう考えております。

現在、広島駅前第2センターでは、月曜日から金曜日の10時から16時まで見学体験会を実施中です。土曜日も事前ご予約制で見学体験会を実施いたします。
電話、メールにてお気軽にお問い合わせください。

電話:082-569-8585
メール:info@welbe.co.jp
※メールでのお問い合わせの場合は標題に【広島第2】と
入れて頂けますと幸いです。

ウェルビー広島駅前第2センター スタッフ一同 心よりお待ちしております!!

【仙台】みんなで楽しくストレッチ!!

こんにちは。
ウェルビー仙台駅前センターです。

少しずつ寒さも緩み、暖かく過ごしやすい日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
春は、暖かくなって過ごしやすい季節でもありますし、年度が切り替わるタイミングで何か新しいことが始まる季節でもありますね。

さて、本日は3月20日(土)に当センターにて行われたZOOMを使用したオンラインでのストレッチ講座について、御報告できればと思います。

今回は、「公益財団法人仙台市健康福祉事業団 健康増進センター 健康推進係 高杉様による就職後の休憩時間や自宅でのすき間時間で、簡単に行えるストレッチや筋力トレーニング方法を教えていただきました。

仙台駅前センター20210322写真①

まずは、ストレッチのポイントを教えていただきました。
①呼吸は止めないようにする。
②反動をつけずに行う。
③伸びている部分を意識する。
④無理な動きは行わない。
⑤一つの動きを15秒~30秒かけて行う。
この5点を意識し、始めは椅子に座って行うストレッチや椅子を利用してのストレッチを行いました。
※椅子はキャスター付きの椅子ではなく、足の安定した椅子を使用しております。

仙台駅前センター20210322写真② 仙台駅前センター20210322写真③ 仙台駅前センター20210322写真④

ゆっくり行う事で、段々身体が温かくなっていく事を実感しながら、気持ちよく行う事が出来ました。
休憩を挟み、次に道具を使わない筋力トレーニングを教えていただきました。

仙台駅前センター20210322写真⑤ 仙台駅前センター20210322写真⑥

何回チャレンジするかを聞かれた際に、皆様「20回!!」と高い目標で行い20回終わった後は、「疲れた~」と言いながらも、笑顔で運動を楽しまれていました。

参加された方々からは「ストレッチを行っただけで朝の肩こりがなくなりました」や「使わない部位の筋肉を使って良い運動になった」「また参加したい!」と大変好評なイベントとなりました。

皆様もこの春から、運動を生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。
ウェルビー仙台駅前センターでは、今後も皆様に役立つ内容のイベント開催を企画しておりますので興味がある方は、是非お問い合わせください。

又、ウェルビー仙台駅前センターでは、随時見学を受け付けております。
就労移行支援とはどんな場所か、仕事に就くまでのスキルをどんな訓練で身につけることが出来るかなど、お気軽にご連絡ください!

~仙台駅前センターは、コロナウィルスの対策をしながら開所しております~
<対策>
・定期的な換気
・アルコール消毒液による手指消毒
・来所時の検温、マスク着用の徹底
・訓練スペースのパーテーション設置等