【蒲田】「多様性(ダイバーシティ)」について

ウェルビー蒲田センタ黒板

皆さんこんにちは!
ウェルビ―蒲田センター支援員の八田です。

最近テレビや雑誌で耳にする多様性(ダイバーシティ)
オリンピックやパラリンピックの開会式でも多様性を意識したパフォーマンスが話題になっていましたね。

ダイバーシティといっても、性別や人種、年齢などの目に見える多様性から、心の内面に持っている感情や思考等の内面の多様性などさまざまです。

先日の職員イベントのアイスブレイクで、皆さんのあたりまえについて発表して頂きました。
「お~〇、お茶を毎日のむこと」
「歩くときは下を向いて歩くこと」
「毎朝500回腹筋をすること」
「寄り道せずに直行直帰すること」
などそれぞれの行動に関する「あたりまえ」がありました。

自分にとっての「あたりまえ」でも、他の方にはあたりまえでないものもたくさん。
行動はもちろん、心の内面にもっている感情や考え方も多様であり複雑なものですね。

これまでどのようなことを大切にして生きてきたのか、どのような信念を持って生きているのか、これまでのその方の生き方や、経験の中で大切にしているものは何なのか。そして、生まれもった特性も人それぞれ。
100人いれば100通りの生き方があり、大切にしているものがあり、まさに多種多様です。
だからこそ人は時にぶつかり合い、生きづらさを感じることがあるのかもしれませんね。

ウェルビー蒲田センターでは、皆さんの気持ちに寄り添い、皆さんの特性を大切にしながら就職してから職場で困らないような訓練を日々おこなっています。

就職はゴールではなく、新たなスタート!
ながく働き続けるチカラをウェルビーで一緒に身につけませんか。

資料請求はこちら 
見学申し込みはこちら

〒144-0052
東京都大田区蒲田5-49-12 蒲田エムアンドエム1ビル502

ウェルビー蒲田センタ地図 

ウェルビー蒲田センターへのお問合せ

ウェルビー蒲田センターQRコード

JR京浜東北線・東急各線「蒲田」駅東口 徒歩5分
京浜急行線「京急蒲田」駅 徒歩8分
Google Mapで見る

【蒲田】10月プログラムやスケジュールのご案内

皆さんこんにちは、ウェルビー蒲田センターで支援員をしている北條です!

暑さ厳しい日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

これまで当センターで行っている支援やプログラムのご紹介をさせて頂いていましたが、今回は月単位でのプログラムやスケジュールのご案内をさせて頂きたいと思います。

ウェルビー蒲田センタープログラム表_+(1)

 

このように、決まった時間・決まった曜日に規定のプログラムを実施しています。

これまでもブログの中でプログラムを紹介させて頂いてきましたが、ウェルビーの目玉プログラムは「企業実践」です!

この企業実践は、日々の訓練の実践の場・模擬就労訓練と言った形式で行っています。
基本的には活動内容の違う4つのグループに所属して頂き、担当の上長役職員と共に活動を行って頂いています。

蒲田センターでは訓練で使用する備品の管理・補充をして頂く「庶務課」、蒲田センターで行うイベントの企画から運営までを行って頂く「企画課」、リモートワークを想定し、ウェルビーの他センターと合同でイベントを企画して頂く「オンライン課」、事務職では触れる機会の多い電話応対を実践的に行う「総務課」

以上の4つのグループに所属して頂き、それぞれのグループの方針や目標に沿って活動して頂いています。
そしてこの企業実践、蒲田センターだけのものではなく、全国にあるウェルビーのセンターが毎週金曜日の同じ時間に実施をしています。

電話応対のグループも全国のウェルビーのセンターにある為電話をかけあい、実戦練習を行っています。
その為、お互いに電話の実践練習であると言う前提で対応できるので程よい緊張感と、連帯感を持ちながら実践練習を積むことができます。
「どのようなプログラムをやっているのか見てみたい!」と言う方、是非一度センターにお越しください!職員一同お待ちしています!

【蒲田】「企業実践」についてご紹介

ウェルビー蒲田センターのブログにお越しくださり、ありがとうございます。
蒲田センター職員の藤木と申します。

今回はウェルビーが利用者様に提供しているカリキュラムの中から、「企業実践」についてご紹介させていただきます。
「企業実践」なんか難しそうな名前ですが、一言で言えば、利用者の皆様がウェルビーで学ばれたいろいろな知識やスキルが、仕事において本当に使えるかを試すカリキュラムです。
「知っている」ことと「出来る」ことは異なります。これは、これまで多くの利用者様の就職を支援させていただいてきた我々が痛感していることです。特に何でもそつなくこなすことのできそうな利用者様ほど、就職後にこの壁に苦労されることがあります。

そこで、「企業実践」の出番です。このカリキュラムでは蒲田センターの中に、一般的な会社に共通してある組織、例えば総務課や庶務課、そして営業課といった部署をつくります。そして、各部署に利用者様に所属してもらい、模擬の業務を通じて、“知っている”知識・スキルを使って仕事に取組み、職場で通用するレベルに引き上げ、“できる”という自信につなげていきます。

具体的な訓練内容の一つに「電話応対」があります。ビジネスマナーの講義を通じて、「お電話ありがとうございます」や「少々お待ちいただけますでしょうか」などの敬語は習得できますよね。しかし実際に目の前で電話機が鳴ると、ドキドキしてしまい、しどろもどろになってしまうものです。一番緊張するのは、相手が誰だか分からないことかも知れません。でも「企業実践」なら大丈夫。電話の相手は全国のウェルビーの利用者様です。電話応対の訓練をしているもの同士、ちょっと言葉に詰まったり、言い間違いがあってもお互い様。さらに職員がそばで見守っています。困ったときはそっとアドバイスさせていただきますので、安心してください。

ウェルビー蒲田センター

ウェルビー蒲田センターでは就職に役立つカリキュラムを取り揃えて、皆様をお待ちしております。どうぞ気軽に下記までお問い合わせください。
【問い合わせはこちら】

<ウェルビー蒲田センター詳細>
東京都大田区蒲田5-49-12 蒲田エムアンドエム1ビル502
電話:03-6715-8153
各線「蒲田」駅(東口) 徒歩5分/京浜急行線「京急蒲田」駅 徒歩8分

ウェルビー蒲田センター地図

【蒲田】『アイスブレイク』のご紹介

皆様、こんにちは★
ウェルビー蒲田センターで支援員をしております、小川と申します。
皆様は「アイスブレイク」という言葉を聞いたことはありますか?
アイスブレイクは研修や会議の前に用いられる、参加者の空気をほぐす自己紹介やミニゲームのことを指します。緊張した空気を氷に例えてそれを壊すことから「アイスブレイク」と言われています。
蒲田センターではグループワークの前に必ずアイスブレイクを行っています。コミュニケーションに苦手意識を持っている方が多いので、できるだけ抵抗なく参加できるよう、話しやすい空気づくりを心掛けております。
それではここで、とある日のアイスブレイクをご紹介します。

ウェルビー蒲田センター写真① (2)ウェルビー蒲田センター写真②

この日は「捉え方の相違」というテーマでアイスブレイクを行いました。

ウェルビー蒲田センター写真③

皆様それぞれ自分の思う「ハチ」を描いてくださいました。
皆様とても上手に描いてくださいました!!
一見似ているようですが、よく見ると捉え方の違いがあって面白いですね。
写真にはないですが、「ハチ」と聞いて数字の「8」を描いて下さった方がいました。
捉え方は本当に人それぞれだなと改めて感じることができ、とても面白かったです。
アイスブレイク中は笑い声がたくさん聞こえ、皆さまとてもリラックスして楽しそうに参加されておりました。
アイスブレイク終了後は、皆さま緊張が解れた様子でグループワークに参加されておりました。

ウェルビー蒲田センターでは就職を目指しているすべての方を支援しております。
一歩を踏み出すことは勇気がいると思いますが、全力でサポートさせていただきますので、少しでも興味がある方はお気軽にお問合せ下さい。
職員一同お待ちしております。
<ウェルビー蒲田センター詳細>
東京都大田区蒲田5-49-12 蒲田エムアンドエム1ビル502
電話:03-6715-8153
各線「蒲田」駅(東口) 徒歩5分/京浜急行線「京急蒲田」駅 徒歩8分

ウェルビー蒲田センター画像①

【蒲田】在宅、オンラインでの訓練について

ブログのご訪問ありがとうございます。
ウェルビー蒲田センター、就労支援員の岸と申します。

週1回のブログ更新を行っておりますが、今回は在宅、オンラインでの訓練についてご紹介します。
新型コロナウイルスの影響で世の中に様々な変化がありますが、ウェルビー蒲田センターでも徹底した衛生管理に加え、通所に不安のある方は在宅訓練等を行っています。

普段通りの訓練が自宅でも不都合なく取り組めるよう、一部の資料やプリントを持ち帰る他、ZOOM等のビデオ通話アプリを通じてカリキュラムに参加いただいており、メールや電話等でいつでも連絡が取れる体制となっています。
難しく感じる部分もありますが、職員も利用者様も段々とオンラインでの取り組みに慣れてきており、日々成長を実感しています。
多くの会社で在宅勤務が当たり前となり、求人にも在宅を想定したものが多くあります。
ウェルビーでのオンラインや在宅の経験が、面接や実践でアピールとして活きる取り組みとなるよう、職員一同これからも精進します。

ウェルビー蒲田センターでは、オンラインでも随時説明会や相談会を実施しています。
就職や自立を目指したいけれども外出等に不安のある方、どうぞお気軽にご連絡ください。
皆様からのご連絡、心よりお待ちしております。

就労移行支援事業所 ウェルビー蒲田センター
電話:03-6715-8153

【蒲田】ミニPC講座 ~ 第1回 ショートカットキー 時短術~

この度は《ウェルビー蒲田センターブログ》へお越しいただきまして誠にありがとうございます!
支援員の進藤です! 暑い日が続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?

ウェルビーブログではどのような訓練、就職活動を行っているか、また大田区のちょっとした情報を載せております。
今回はせっかくブログを覗いていただいたので、何か持ち帰っていただけたらと思います!

題して・・
ミニPC講座 ~ 第1回 ショートカットキー 時短術~
★目的は仕事の効率化を図り、少しでも負担なく働いていくことを目指していきます!★

まずショートカットキーとは、メニューから操作をする代わりに、キーボードで入力することです。
メニュー表示や選択の手間を省くことで作業の効率化を図ることができます❕

では早速ですが・・
【コピー&ペースト】
通常であればマウスでメニューを呼び出してきて、コピーしたいところで【コピー】を選択。その後貼り付けたいところに、またメニューから【貼り付け】を選択という動作があります。
これをショートカットキーで行うと・・

手順①
コピーしたい文字を範囲選択し「ctrl」キーを押しながら「c」キーを押す。
手順②
貼り付けをしたい場所にカーソルを持っていき、「ctrl」キーを押しながら「v」キーを押す。

以上でコピー&ペースト完了です!

慣れるまでは少し時間がかかりますが、ショートカットキーを覚えることで仕事の効率化が図れます。
皆様も是非やってみてはいかがでしょうか?
就労移行支援事業所ウェルビー蒲田センターでは障害をもって働く皆様を応援しております。
悩み事は人それぞれ、働き方も人それぞれ。お一人お一人のこれからについて一緒に考えさせていただきます。
就職活動をするにあたり不安を感じている、どう進めて良いか分からない方、是非ウェルビー蒲田センターに一度、見学にきませんか?

ウェルビー蒲田センター スタッフ一同、お待ちしております!

【蒲田】カリキュラム「リフレッシュ」をご紹介

暑さもいよいよ本格的になってまいりましたが、皆さまいかがお過ごしですか。

ウェルビー蒲田センター支援員の八田と申します。
今回はウェルビー蒲田センターのカリキュラム「リフレッシュ」をご紹介します!
コロナウィルスの影響で約1年間お休みしていましたが、7月より復活したカリキュラムです。
「リフレッシュ??」と思われる方もいるかと思いますが、実はながく働く上では大切なスキルの1つです。

ウェルビーのリフレッシュの目的はいろいろありますが、メインの目的は、
① 日々の疲れをリフレッシュする
② 自分にあったリフレッシュを知る
③ ゲームやトランプを通して他者とのコミュニケーションをはかる

仕事をすると日々ストレスが溜まってきます。お休みの日や帰宅後に上手くリフレッシュすることで日々の疲れをリセットし、次の日からまた元気に働くことができます。
リフレッシュの方法は人それぞれ。
私は日々おさぼりしているお掃除をお休みの日におこない、ピカピカになった床を見ると達成感を得られてスッキリ!
お部屋も気分もリフレッシュできて一石二鳥!

グループワークやSSTなどコミュニケーション系のプログラムもありますが、ゲームやトランプを通してだと自然と話が弾み、ナチュラルなコミュニケーションをとることができます。
大人になると中々トランプやUNOをやる機会もないため、皆さん童心に返ってリフレッシュしています。

「リフレッシュ」=元気を回復させること、気分を一新すること。
自分らしくながく働くために、大切なリフレッシュ。
皆さんは上手くリフレッシュできていますか。

ウェルビー蒲田センターでは、随時見学会を実施しています。
□就職したいけど一人じゃ不安
□コミュニケーションが上手くいかない
□生活リズムを整えたい
□就職に必要な力をつけたい
□自分の得意不得意を知りたい・・・など、
ひとりでお悩みのかた、是非一度ウェルビー蒲田センターへ見学にお越しいただき、皆さんのお悩みをいつでもご相談ください。
スタッフ一同お待ちしております。

暑い日が続いておりますので、熱中症にならないよう、意識して水分補給や休憩をこまめにとってくださいね。

【蒲田】センターの見学対応について

ウェルビー蒲田センターのブログにお越しくださり、ありがとうございます。
蒲田センター支援員の藤木と申します。

これまでのブログ記事の最後に“ウェルビー蒲田センターの見学”のお誘いさせていただいております。就労支援サービスを利用するのにあたり、「どのような支援が受けられるのかしら?」「センターの雰囲気は?」「そもそも私に合うのかしら?」など不安に感じることは当然ありますよね。
そこで、蒲田センターの見学対応につきまして、少しご紹介させていただきたいと思います。

まずは、このサイト右側にあります、“資料請求”“見学申込”“お問合せ”のいずれか、または上部にありますフリーダイヤル、そして蒲田センター直通電話(03-6715-8153)にご連絡をお願いいたします。ウェルビーのスタッフが丁寧に対応させていただきます。

そして、しっかりと自分の眼と耳で確かめてみたいなとお考えいただけるようであれば、見学日程の調整をさせていただきます。
平日10時から15時までの間で、ご都合のよろしい時間帯をご指定ください。見学に要する時間は1時間程度となります。他の方の見学予定等の先約がない限り、ご希望の日時で対応させていただきます。

さて見学当日ですが、我々スタッフの一番の目標は、「見学者様の不安と疑問にしっかりお応えすること」につきます。
ですので、「就労支援サービス」についての説明はもちろんのこと、就職に向けたみなさんの活動において感じられていらっしゃる疑問点などは、遠慮なくお話しいただければと思います。“見学者様ファースト“の視点で、「ウェルビー蒲田センターってこんなところなのか」とイメージいただけるようご説明させていただきます。

そして、もしよろしければ、「どのような支援を提供させていただくことができるのか」をご提案させていただくために、皆さんが感じていらっしゃる「日頃のご苦労や不安」について少しだけでもお聞かせいただければと思います。
“お悩み”はお一人お一人違うものですので、そのお気持ちに沿ったご提案をさせていただきたいと考えております。
当然、見学者様から頂いた情報は、守秘義務をもって対応いたしますので、ご安心ください。

しかしながら、まだ就職活動のイメージが沸かないという方もいらっしゃるかと思います。その場合であっても、「まずは見てみるだけ・話しを聞いてみるだけ」とのお考えでも構いません。
『百聞は一見にしかず』ですので、是非、気軽にご連絡をいただければと思います。

スタッフ一同、皆さんからのご連絡をお待ちしております。

【蒲田】『要約』のプログラムを紹介

みなさん、こんにちは!
支援員の山口と申します。
梅雨が明け、一層厳しい暑さが続いていますね。
水分補給を心掛け、休息をとりながら乗り切っていきたいですね。

さて、今回は蒲田センターで取り組んでいる『要約』のプログラムを紹介させて頂きます。
要約の意味は…

〇文章の要点を短くして、わかりやすく表すこと〇

これを、プログラムで取り組みます。
蒲田センターが『要約』に取り組み始めた頃は、30~50文字ほどの文章を20~30字に要約することから始めました。例えば下記のようなことです。↓
(原文)
今週末は真夏のような季節外れの暑さとなり、全国的に熱中症のリスクが非常に高まります。 (42字)
(要約した文)
今週末は全国的に熱中症のリスクが高まる。(20字
要約を始めたばかりの頃の利用者様は、苦手意識を持ち自信の無い方が多くいました。
しかし、毎週取り組んでいくうちに徐々に文章を簡潔にまとめるコツを掴んでいき、
上手に要約が出来る方が増えました。
今では1000文字程ある原文もこなせるようになってきています。
この『要約』は、日常生活はもちろんのこと就職活動でも大いに活かせるスキルで、
応募書類の自己PRや面接時に役立ちますので、お勧めのカリキュラムです。

今回は、『要約』を紹介しましたが他にも様々なプログラムの提供をさせて頂いて
おります。
就職活動をするにあたり不安を感じている、どう進めて良いか分からない方
是非、ウェルビー蒲田センターにいらして下さい。
一度、見学してみませんか?
支援員一同、お待ちしております。

【蒲田】教えます!大田区のスポット

皆さんこんにちは、「ウェルビー蒲田センター」広報課 利用者Aです。
この度、「教えます!大田区のスポット」と題して利用者様にアンケート調査を行い、大田区内のおすすめのスポットを伺いました。
アンケートの集計が終わりましたので、ご紹介させていただきます。
こちらをきっかけに、大田区に興味を持っていただけますととても嬉しいです。

蒲田 Kamata
大田区役所がある地域。駅ビルや商店街など賑わいを見せる。
・ユザワヤ
ハンドメイドの材料を売っています!
品ぞろえ豊富で、見るだけで楽しいお店です。
・タピオカ激戦区(蒲田駅周辺)
特に西口の「ドン・キホーテ」周辺にお店があります。
・鳥久
創業は1928年、長らく蒲田に店を構える弁当屋。「から揚げ弁当」などを販売しています。

多摩川線 Tamagawa-Line
わずか3両編成の電車が通る地域。見逃せないスポットが点在している。
・ガス橋 多摩川緑地(下丸子駅下車)
桜の季節限定ですが桜並木が素晴らしく是非おすすめしたいです。
・ラーメン屋「いそべ」(矢口渡駅下車)
ワンタン麺が絶品です。

洗足池 Senzoku-Ike
四季折々の表情を見せ、勝海舟ゆかりの地として注目が集まっている地域。
・洗足池
他の公園には無いスワンボートが楽しめる所が魅力的です。
他には有名な「勝海舟記念館」があります。

平和島 Heiwa-Jima
以前は海苔の名産地だった地域。現在は、大田市場や産業地帯が軒を連れる。
・城南島海浜公園
人工砂浜があり、割りばし、たこ糸、サキイカでつりざおを作り、ヤニ釣りができ
ます。飛行機が頭上を飛ぶので圧巻です。

大森 Omori
大田区北部の中心地域。賑わいの繁華街や静かな住宅街と調和を取る。
・地獄谷
大森駅西口にある「山王小路飲食店街」のことを指します。主にスナックなどが軒を連ねます。

いかがでしたでしょうか?
他にも、大田区には、様々なスポットがあります。
実はまだ、「メジャーなスポット」がここには出てこなかったかもしれません。
この機会に、大田区に興味を持ち、実際にお越しいただけますと、幸いです。

当センターは蒲田駅にありますが、大田区からだけではなく近隣の川崎市や品川区、目黒区にお住まいの方も利用されています。
働きたいけど一人での就職活動は不安…と思っている方、是非一度ウェルビー蒲田センターの見学にいらっしゃいませんか?当センタースタッフ一同お待ちしています。