【桜木町】桜木町駅前センター 12月のおすすめプログラム紹介

こんにちは!就労移行支援事業所ウェルビー桜木町駅前センターです。毎回ブログを楽しみにしていただき、ありがとうございます。

12月の桜木町駅前センターのプログラムができあがりましたので、来月のおすすめプログラムをご紹介したいと思います!

<就職活動に備えておこう!のプログラム>
企業研究( 毎週月曜日11:10~12:00 )
就職活動前に、効率よく志望動機を考えられると良いですね。
継続してワークに参加していると、少しずつ身に付いてきますよ。
企業選びのポイントを考えよう( 12/5土曜日特別プログラム 10:10~12:00 )
星の数ほどある求人票の中から、どうやって自分にあった企業や求人票を選べばいいの?
そんな疑問に答えてくれる、お役立ちプログラムです。
就活特訓!公開面接講座( 12/12土曜日特別プログラム 10:10~12:00 )
参加している皆様の前で、短時間ずつ面接練習を行います。
自分の番の時は緊張しますが、他の皆さんの練習風景を参考にできる絶好のチャンス!

<特別版!PC講座のプログラム>
イベントポスターを作成しよう( 12/19土曜日特別プログラム 10:10~12:00 )
1月特別講座のポスターを作成します。普段のPC訓練と違って、デザインを考えながら掲示用ポスターを作るのは楽しいですよ。
特別PC講座・Word編( 12/26土曜日特別プログラム 10:10~12:00 )
普段何気なく使っている書類を、一から自分で作ってみましょう!
どんな書類を作るかはお楽しみ。PCに自信がない方でも、気軽にご参加いただけます。

どのプログラムから参加しようかとお悩みでしたら、まずはお気軽にセンターまでお電話いただけましたら、ご希望に合わせてご案内いたしますので、ご安心くださいね。

センターでは、障がいのある方が就職に向けて、日々訓練を行っています。もしご興味がありましたら、いつでも実際の講座内容をご見学いただくことができます。職員一同、ご連絡をお待ちしています。

【宇都宮第2】企業実践の庶務課の活動をご紹介

こんにちは!
寒さも段々と深まっていき、紅葉も見頃を迎える時期となってきました。

宇都宮第2センターでは、先週行った企業実践の庶務課の活動をご紹介いたします。

庶務課の皆様には企業実践で使う課の立札を作成いただきました。
まずはPowerPointで文字を作成いただき印刷、そしてラミネートしました。ブログ写真①

どうしたら立札が立つようにできるかを皆さんで話し合っていただき、折り目を付けてそこを貼り合わせることになりました。

すると…見事完成!!
ブログ写真②

時間内にこんな素敵な立札を作成いただきました!
ありがとうございます!!

期限を守ることは就労ではとても大切になってきます。その状況を意識した取り組みが利用者様の中でできておりましたし、作り上げたいものが形になったときの達成感で皆様とても素敵な表情をされておりました。

企業実践では、職場を想定した実践的な作業を行い、皆さん責任感を持って
取り組んでおります。
この他にもビジネス講座や宇都宮第2センター独自のメモを書く力をつけるリスニングアップというカリキュラムもあります。

少しでも興味がございましたら一度見学にいらっしゃいませんか。スタッフ一同御来所いただけますこと心からお待ちしております。

【草加東口】健康管理と感染症対策について

こんにちは!ウェルビー草加駅東口センターのブログ11月号は暑い日と寒い日の差が激しく、乾燥してきたことによりインフルエンザが流行り始めたということで「健康管理と感染症対策について」です。

草加東01

 

これからの季節、新型コロナウイルスだけではなく、インフルエンザなどの感染症も流行してきます。
しっかりとした感染症対策が大切になってきます。

草加東02

【千葉第2】特別プログラム【映画鑑賞会】

(本ブログは、利用者の方が実際に作成した文章をベースに作成しています)

皆さんこんにちは!

去る11月14日(土)午後に特別プログラム【映画鑑賞会】が開催されました。
千葉第2センターでは毎月第1土曜に映画鑑賞会を開催しております。
*今回はカリキュラムの都合上、第2土曜日に開催となりました。

今回の映画鑑賞会ですが、「僕のヒーローアカデミア 二人の英雄」
という作品を鑑賞しました。
ヒロアカ劇場版第1作品目のこちら、時系列はアニメ版でいうと災害訓練練習場の話が終わった後のお話となります。

様々な特殊能力(作中では個性と呼ばれます)を活かしてヒーローを目指す高校生たちの成長の物語です。
主人公はもともと無個性(特殊能力を持たない)だったのですが、ヒーローに憧れ、困っている人を助けずにはいられない性格から、幼馴染が事件に巻き込まれる出来事をきっかけに憧れのヒーローから個性を譲り受け、ヒーローを育成する高校へ入学します。

私はヒーローランク1位、別名「平和の象徴」と呼ばれるオールマイトが好きなのですが、彼ももともと無個性だった事、一人の教師として各生徒の個性や考え、大事にしている事を受け入れる器の大きさ、平和の象徴としての誇りの高さ、ヒーローや教師としての優しさ、厳しい状況でも笑顔を絶やさない強さを映画でも余すことなく堪能できました。
千葉第2-2

千葉第2-3

【福岡天神北】最新の就職実績を掲載

こんにちは。ウェルビー福岡天神北センターです。

枯葉舞い散る季節となりました。皆様風邪などひかれていませんか。

今回のブログで最新の就職実績を掲載いたします。

2020年上期就職実績博多天神合同(11月)

11月までに就職された方がどのような職種に就職されたのか、ブログを読んでいただいている皆様の希望の職種に就職された方がいるのか等、ご参考になれば幸いです。
過去のログには、就職された方のお声も掲載しております。
https://www.welbe.co.jp/info/other/23877.html

その他にも、不明点等ございましたら、いつでもお問い合わせください。
皆様からのご連絡お待ちしております。

 

【千種】千種センターの新しいイメージキャラクターが決まりました。

こんにちは、秋も深まり紅葉の季節となりました。
日中の穏やかな天気であれば散歩をするには良い気候となりましたが、皆さんは元気にお過ごしでしょうか?

さて、今回のブログでは千種センターの来年度の新しいキャラクターについてお伝えいたします。

これまで千種センターのキャラターは「なごみ・いけやす」でした。
このキャラクターはグループワークの訓練の中で、利用者様がデザインを考えていただいたオリジナルキャラクターです。

image1

皆さんがアイディアを出し合って、真剣に創作いただいた「なごみ・いけやす」は、思い入れが深いキャラクターです。
キャラクターを取り入れたカレンダーを作成してセンター内に掲示しています。

今回のキャラクターは、「タカメ」と「タカミ」というメダカをモチーフにしたキャラクターです。

image0

このキャラクターも、土曜特別プログラムの中で利用者様がデザインしたオリジナルキャラクターです。

左の上部にある太陽を見上げる「タカメ」と「タカミ」のコンセプトは、就職に向け高みを目指いていくという、利用者の皆さんの心意気から「タカメ」と「タカミ」という名前と、太陽を見上げているキャラクターの姿勢になりました。

今後は、来年に向けカレンダーなど準備していきたいと考えております。

ウェルビー千種センターでは寒い季節にかかわらず、皆さんの就職に対する「熱い」思いをサポートするプログラムを皆さんに日々提供していきます。
朝晩は寒さが続く時期ですが皆様体調管理に気を付けてお過ごしください。

なお、資料請求、見学、体験は随時受け付けております。
お気軽にお問い合わせください、お待ちしております。

これからも、引き続き千種センターをよろしくお願いいたします。

【渋谷】企画課イベント「あべこべ王決定戦」について

企画課イベント

こんにちは。広報課利用者です。
私は今、障害者就労を目指して就労移行支援事業所ウェルビー渋谷センターに通所しています。

街の中がクリスマスのイルミネーションに彩られる季節となりましたね。
皆さまいかがお過ごしでしょうか。

渋谷センターでは、11月7日(土)に企画課イベント「あべこべ王決定戦」が開催されました。
ウェルビーには「企業実践」というプログラムがあり、渋谷センターの利用者は「総務課」・「庶務課」・「企画課」・「広報課」に分かれて訓練を行います。
このプログラムでは職員の方々が上司役となり、一般企業で働く際に求められる力を実践的な作業を通して身に付けます。

企画課では、土曜スペシャルプログラムの中で行うイベントを考え、準備から当日の進行まで協力して行います。

今回のイベントでは、「ジジ抜き」、「大富豪」、「神経衰弱」の3つのトランプゲームを行いました。
参加者が複数のチームに分かれてそれぞれのゲームで順位を競うというもので、順位ごとに決められたポイントを獲得し、最終的な合計点によって優勝者を決めました。
ただ、今回は「あべこべ王決定戦」ということで、それぞれのゲームで負けた人が高いポイントを獲得することができ、『負けた回数が一番多かった人が優勝!』という企画でした。

当日は、最後まで勝敗の行方がわからない接戦が続きました。
最終的に「あべこべ王」に輝いた参加者にはインタビューが行われ、イベントはとても盛り上がりました。

今回このイベントに参加した利用者に感想を聞きました。

利用者Aさん
「どのゲームでも勝ってしまい、あべこべ王からは遠ざかってしまいましたが、色々なゲームができてとても楽しかったです。」

利用者Bさん
「普段はなかなか話をする機会がない人とも、ゲームを通してコミュニケーションを取ることができるのは、イベントならではの良さだと思いました。とても楽しめました。」

次回の企画課イベントは12月に開催予定です。

ウェルビー渋谷センターでは体験・見学を随時受け付けています。
興味を持っていただけましたら是非ご参加ください!

【渋谷】見学体験のご案内

見学・体験
こんにちは!渋谷センター広報課利用者です。
ウェルビー渋谷センターでは障害者の方に向けて、就労移行支援を行っています。
今回はそんな渋谷センターの様子をご案内します。“働く”ためにどのようなことをしているか是非知って頂けたら幸いです。

皆様は今、こんな悩みを持っていませんか?

1.生活リズムに自信がない・・
2.長く働き続けられるかな・・
3.自分に合う職場があるのだろうか?
4.このご時世で見学や体験ができるのだろうか?

その悩み!ウェルビーが解決いたします!ウェルビーでは随時見学・体験を受け付けています。スキルやマナーは勿論、生活リズムを整える事も自分のペースで行えます。最初は週に3日から始めて最終的には5~6日来られるようになった方もいます!どうすればいいかも職員の方と相談しやすいです。
スキルを磨いていき、就職活動では職員の方がバックアップしてくださいます!どんな仕事がいいのか、どんな環境なら働きやすいのかを相談した上で応募書類の書き方のアドバイスをもらえ、面接練習も充実しています。
このご時世で不安な方も少なからずいらっしゃるかと思いますが、席と席の間をあけ、パーテーションを貼り、消毒等の感染対策を行っています。安心して見学や体験にお越しいただけるよう努力しています。

見学・体験では実際に利用者が行っているカリキュラムを見学、実際に参加する事も可能です。PC・軽作業の訓練を行う、利用者と講座やディスカッションに参加する事も可能です。参加は自由なので、ご安心下さい!

最後に渋谷駅から当センターへの道のりをマップで紹介します。渋谷というとスクランブル交差点をイメージする人が多いと思います。しかし当センターはその場所とは反対方向にありますので人混みが苦手な方もご安心下さい!

アクセスマップ

渋谷センターでは見学・体験利用のお申し込みを随時受け付けております。
興味をもっていただけましたら是非ご連絡ください!

【荻窪】特別プログラム「ペーパークラフト」でクリスマス気分高まる!

こんにちは! 荻窪駅前センターです。

先日、利用者の方々が土曜日の特別プログラムとしてペーパークラフトに取り組みました。
今回みなさんが制作したのは、クリスマスにまつわるもの。サンタや雪だるま、靴下など、どれも細かく、切ったり貼ったりするのは根気のいる作業でしたが、集中して取り組んでいました。
なかでも、大作が「クリスマストレイン」。サンタやトナカイなどが乗っており、パーツは100個以上。数名で協力しながら制作を進め、無事完成した後はみんな写真におさめていました。

 

ペーパークラフトは、手先を使って集中して作業を行うこと、また作品を作り上げる達成感を味わっていただくことなどを目的に行いましたが、さらに利用者の方々のチームワークがより向上することにもつながったように思います。

利用者の方々の力作をセンターの入り口に飾り、クリスマス気分が高まっている今日この頃です。
ステキな作品の数々もご覧になりに、ぜひ当センターに足を運んでみませんか。

以上

荻窪駅前センターは荻窪駅から徒歩3分!
杉並区・中野区・新宿区にお住まいの方々が多く通われています。
さらに、練馬区等からも当センターにはバスで乗り換えなしで来ることができ、非常にアクセスしやすいです。

見学はいつでもお受けしておりますので、下記のいずれかでお申込みください。
皆様からのご連絡をお待ちしております。

1. 電話でのお申し込み
下記の電話番号にお電話ください。
TEL: 03-6915-1421
2. メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「荻窪駅前センター 見学申し込み」
●氏名(ふりがな)
●参加希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL:info@welbe.co.jp
3. フォームからのお申し込み
資料請求はこちら
見学申込はこちら
ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします!

【藤沢第2】特別プログラム ”企業・卒業生講演会” についてご報告

こんにちは、ウェルビー藤沢第2センターです。今回は10月23日(金)に行われた特別プログラム ”企業・卒業生講演会” について、報告させていただきます。
ウェルビー藤沢第2センターでは、定期的に特別プログラムとして、通常のプログラムとは違うプログラムを用意しております。
今回は、障がい者を雇用する企業の採用担当者様1名、このセンターを卒業し、就職された卒業生2名をお招きして、お話を伺いました。
◆ 10月23日(金)に行われた ”企業・卒業生講演会” について

日時:10月23日(金) 午前―10:10~11:40  午後―13:00~14:30
※コロナ対策のため同じ講演を午前午後にわたり実施しました。
※参加人数を制限し入所時には検温・マスクの着用をお願いしました。
場所:就労移行支援事業所 ウェルビー藤沢第2センター
講師:株式会社 日本アメニティライフ協会 人材開発部 雇用対策課
八代 博文(やつしろ ひろふみ) 様
ウェルビー藤沢第2センター卒業生2名
対象者:障がいをお持ちの方、ご家族の方、医療・支援機関職員の方
内容:会社概要 どのような人材を求めているか?

教育制度等 卒業生インタビュー
◆ 企業説明会
八代 博文様   株式会社 日本アメニティライフ協会
I藤沢第2-01

はじめに日本アメニティライフ協会 江頭代表よりビデオメッセージを頂きました。
日本アメニティライフ協会の企業理念は 『照一隅』(しょういちぐう)です。
この言葉は、比叡山延暦寺を建立した、最澄(さいちょう)に由来します。
意味:日の当たらないところ・かげになっているところを照らす者は、国の宝である
つまり障がい者も仕事に就き、生きがいを持って共に生きていこうということです。

日本アメニティライフ協会は神奈川県横浜市青葉区で平成8年に創業しました。
主な事業内容は、介護施設・グループホームの経営です。
八代様は長年、市役所の福祉課に勤務していた経験を生かして、株式会社 日本アメニティライフ協会 人材開発部 雇用対策課 にて障がい者雇用の仕事に携わっています。
障がい者雇用の際に求める人材は、まず思いやりのある方だそうです。
また、仕事上で関わる人々としっかりコミュニケーションが取れる方だそうです。
八代様の経験上、職場の雰囲気がよいと、辞めずに長く働いてくれるとのことです。
八代様、他教育制度など、たくさん参考になるお話を頂き、ありがとうございました。

次にこのウェルビー藤沢第2センターに通所して、現在就職されている卒業生2名に担当職員がインタビューアーとなって、いろいろとお話を伺いました。

◆ 卒業生インタビュー
藤沢第2-02

【1】 卒業生A様 郵便局窓口業務に就職   担当職員:北條

Q.ウェルビーで役に立ったカリキュラムは何ですか?

A.企業実践です。理由は、実際に働いている雰囲気を感じることが出来たからです。

Q.カリキュラム以外で、ウェルビーに通所してよかったことは何ですか?

A.昼食の休み時間等で、多くの利用者とコミュニケーションがとれたことです。

Q.ウェルビーでもっとやっておけばよかったことはありますか?

A.日報をもっとしっかり書いておくべきだったと思いました。 何故なら実際の業務にて、手書きで行う業務が多々あり、日報の重要性を改めて感じたからでした。 また日報は、書面でのコミュニケーションツールになると思いました。

Q.仕事上で大変なことは何ですか?

A.仕事内容が多岐にわたる事です。 重要度の優先順位を付けないと、作業に追われてしまい、時間内に終わらないことがあるからです。

Q.面接時に心掛けたことはありましたか?

A.とにかく「挨拶」が基本と言われていたので、「挨拶」をしっかりすることを意識しました。採用担当者も、しっかり「挨拶」ができる人材を求めているようでした。

Q.面接時に答えにくい質問などはありましたか?

A.「窓口業務はできますか?」の質問に、即答できず、少しためらいました。
【2】 卒業生B様 介護施設に就職   担当職員:森

Q.ウェルビーで役に立ったカリキュラムは何ですか?

A.企業実践です。コミュニケーション能力や電話対応能力がつきました。

Q.カリキュラム以外で、ウェルビーに通所してよかったことは何ですか?

A.多くの利用者と話が出来たことです。

Q.ウェルビーでもっとやっておけばよかったことはありますか?

A.エクセルでの関数です。 実際仕事で使う機会が結構あり、もっと訓練しておけばよかったと思いました。

Q.現在トライアル雇用も含め1年近く経ちますが、仕事はいかがですか?

A.とても楽しく、充実しています。 以前介護職に就いていた経験もあり、自分に合っていると思いました。

Q.トライアル雇用はいかがでしたか?

A.実際の職場の雰囲気、人間関係が見られてよかったです。

Q.実際の仕事をしてみての感想、痛感したことはありますか?

A.やはり自分に課せられた仕事をきっちりする事です。また積極的に挨拶することを心がけて、職場の人々やご利用者様と話しかけやすい雰囲気をつくる努力をする事です。

卒業生の2名の方、貴重な意見を頂き、ありがとうございます。
◆ 筆者感想
今回は、実際に障がい者を雇用する側、またその関門をくぐり、晴れて就職した卒業生の方の話を伺うことができて、大変参考になりました。
共通して感じたことは、「挨拶」・「コミュニケーション」の大切さです。
これらを大切にすることにより、職場の雰囲気がよくなって、仕事のスキル以上に障がい者が辞めずに長く働き続ける要因になると感じました。
私も、「挨拶」・「コミュニケーション」を積極的にして、今後の通所、そして就職活動の参考にしたいと思います。

今回もブログを見ていただき、ありがとうございます。
当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置、換気など、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。
個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。