【新横浜】企業実践カリキュラム 企画課のご紹介

皆さんこんにちは!

ウェルビー新横浜駅前センターです。

本日は、3月22日にお知らせしたウェルビー独自の企業実践カリキュラムについてのご案内、第2弾となります。
※企業実践とは、実際の企業にあるような複数の課に分かれ、上司役の職員の指示を受けながら業務を行うカリキュラムです。当センターには、庶務課、調査課、総務課、企画課があり、日頃の訓練の成果を実践で発揮して頂く機会となります。

今回は企画課についてご案内いたします。
新横浜駅前センターでは、毎月1~2回、土曜日の午後に「利用者企画」というプログラムを設けており、ゲームやレクリエーションなどのイベントを行っています。
企画課では、その企画の案出しから当日の運営までを担当します。

どんなイベントなら参加者が楽しんでくれるか?
どうすれば当日のイベントがスムーズに進むのか?
…など、メンバーで話し合い、協力しながら取り組んでいきます。

今回は、企画課で実際にどんなイベントを開催したのか、4月24日のイベントの様子もお届けします。
今回は2本立てのイベントでした。
●前半の「BT大会」では、ウェルビーの訓練で取り組んでいる電卓計算、クリップ仕分けの速さ、正確性を競いました。

新横浜駅前センター11

新横浜駅前センター22

●後半の「コラージュ体験」ではいらない雑誌やチラシを使ってオリジナリティあふれる作品を作成しました。

新横浜駅前センター33

今回の企画は、約2週間の準備期間でイベントの案出し、必要備品の確認、当日のタイムテーブル確認など、様々な話し合いをし、準備を進めてきました。
実際の就労の場で話し合いをすすめる際、リーダーシップだけでなく、メンバー同士でフォローしあう為の報連相、チームメンバーの得意不得意に合わせて業務分担を考える力など、様々なスキルが必要になります。
企画課での取り組みを通じ、自分に出来ている事、改善すべき事を整理して、さらにスキルアップして頂きたいと思います。

今後も新横浜駅前センターブログでは、今後も企画課主催のイベント報告を行っていきます。
また、毎月定期的イベントを開催していますので、イベントに参加してみたいという方はお気軽にセンターまでお問い合わせください。

★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★
就労移行支援事業所ウェルビー新横浜駅前センターは、主に港北区・神奈川区・都筑区・鶴見区・青葉区・緑区にお住まいの方々が通っています。
センターがオフィス街にある事もあり、通勤訓練を兼ね、町田や川崎など遠方から通われる方もいらっしゃいます。
発達障害・うつ病・双極性障害・不安障害・統合失調症・高次脳機能障害・身体障害などの精神・発達・身体・知的障害をお持ちの方が、自分らしい働き方ができるよう、一緒に訓練をしています。職員が小まめに相談にのりサポートしますので、就職に不安のある方はぜひ一度ご相談ください。
見学・体験はいつでも行えます。資料請求もお気軽にお問合せください。
★-★-★-★-★-★-★-★-★-★-★

【尼崎】「ウェルビーの仲間たちとの出会い」について

お久しぶりです。ウェルビー尼崎センターです!

春になり、だんだんと暖かくなってまいりましたが、
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
ウェルビーでは毎週金曜日に企業実践というカリキュラムを通じて
実際の企業をイメージした取り組み、実践的な訓練を行っております。
その中で今回は「広報課」の利用者様がブログを作成してくださいました。
是非ご一読ください!

「ウェルビーの仲間たちとの出会い」

Aさんの出会い
カリキュラムで驚いたのですがウォーキングのカリキュラムがある事でした。このカリキュラムはウォーキングで普段身体をあまり動かさない人にはオススメです。身体を動かす事だけではなくみんなで一緒に歩くことで、みんなとのコミュニケーションする事にもなり、みんなの中に溶け込んでいく機会にもなりました。

Kさんの出会い
今まで雇用形態がずっとアルバイトだけだったので、実際にどういう職種につけばいいか、どういう仕事が向いているか、自分の社会人としてのイメージ像が全然ありませんでした。
毎日のパソコンのカリキュラムでは、まずタイピングの強化から始め、自習の時間にWordやExcelの本を自分のペースで進めていくうちにパソコンの楽しさに気づき、自然と事務職に就きたいと思うようになりました。

Mさんの出会い
ビジネスマナーや就職活動講座など、前職で経験していた当たり前のことを訓練し直して今更何の意味があるのかという自問自答の日々を過ごす日々でした。
しかし、同じ内容を繰り返し反復して確認するうちに、段々と当たり前のことを絶えず継続する事が一番難しい事であり、一番大切であるということを思い出せるようになりました。

たくさんの出会いが溢れるウェルビーに来てみませんか?
尼崎センターでは様々なカリキュラムや土曜日には楽しいイベントなどもご用意しております。

見学、体験も随時受け付けておりますのでお気軽にお問い合わせください。

スタッフ一同お待ちしております!

【京都四条烏丸第2】アウトドアで就活リフレッシュ

こんにちは。ウェルビー京都四条烏丸第2センターです。
日差しのもとでは暖かいですが、朝晩はまだ上着が手放せないですね。

さて、今回は4月24日(土)に行なったイベント内容をご紹介いたします。
その名も「体験!アウトドアのススメ」

前半は山登りが得意なスタッフによる講義でした。大雨の中、10kgほどの重さのザックを背負い、ほとんど垂直の岩を登ったという話には驚きの声が上がりました。

講義を聞いていて、私が一番心配になったのはトイレです。講義を行なったスタッフは「あまり気にしない」そうですが、人によっては大問題ですよね。
見せてもらった地図にはトイレの場所も書いてあり、事前準備の大切さを痛感しました。緊急時には地面に穴を掘るそうです……。

後半はテントや寝袋、ヘッドライトや登山靴など、山登りの装備を実際に見せてもらいました。利用者様と体験の方、スタッフも協力し、全員で完成させたテントがこちらです。

京都四条烏丸第2センター画像01

中は広々、3人用だそうです。災害時にも役に立ってくれそうですね。

さて、突然ですがここで問題です。
これは何に使うものでしょう?

京都四条烏丸第2センター画像02

紐がついており、首から下げられるようになっています。
私は「貴重品を入れるポーチかな?」と思いましたが違いました。

正解は……。

京都四条烏丸第2センター画像03

なんとトイレットペーパーホルダーでした。
水に溶ける特殊なトイレットペーパーらしいです。これは確実に持っておきたいですね。

そのほか、アウトドアに必要な知識をたくさん教えてもらいました。
・歩くとき木の根や苔を踏んではいけない
・荷物は軽いものを下に入れ、重いものを上に入れる
・寝袋の中は肌着でOK

皆さんも山登りがしたくなってきたのではないでしょうか?
突然の雨に降られたり、サルの群れに囲まれたり、ヒルに嚙まれたり、山ではいろいろ起きるそうです。必要最低限の装備で身を固め、しっかりと体力をつけて臨みたいものです。

京都には日帰りで登れる山がたくさんあります。
就職活動や仕事に疲れたとき、自然の雄大さに触れてみてもいいかもしれません。

ウェルビーではこうしたリフレッシュ方法もご紹介しています。コロナ禍で家にいる時間が増えた今、人ごみに行かず息抜きする方法として参考にしていただければと思います。

ゴールデンウィークもイベント目白押しです。
これを書いているスタッフは「ビジネス文書作成第2弾!」を担当します。事務職を希望するなら避けては通れない、Excelでの文書作成がメインです。
第1弾を知っている方も知らない方も、我こそはと思う方は挑戦しに来てください。

見学・体験も随時受け付けておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

【松山】ゴールデンウィークカリキュラム情報!

こんにちは!
所により夏日が続出し(。´・ω・)春はいずこへ??といったお天気ですが、
皆さん如何お過ごしでしょうか?
今回はウェルビー松山センターのブログ担当がお送りします。

もう早いもので4月も終わりの週。5月の気配が犇々と伝わってきます。
良く晴れた空に燕が飛び交って、その様に明日の天気を予想してみたりと、ゆったり過ごしています。
これからどんどん暑くなっていくので今だけの楽しみです。※熱中症に気を付けて!

さて、5月といえばゴールデンウィーク!
ゴールデンウィーク中の松山センターのカリキュラムを紹介します。

5月1日(土)千葉・松山センター合同プレゼン。
5月3日(祝/月)職員講座『オリエンテーションと座談会』『すごろく作成』
5月4日(祝/火)職員講座『open/closeのメリット・デメリット』『障碍者手帳の活用』
5月5日(祝/水)職員講座『PDCAサイクルについて』『いつ・どこで・誰がゲーム』

以上となっています……真面目に楽しく過ごす松山センターらしいラインナップになっています(^_-)-☆

ちなみに、5月3日に作ったすごろくは5月8日(土)に実践します!
どんな出来になるか楽しみです♪

<職員より>
ブログありがとうございま!今年のゴールデンウィークはいつもと違う年になり、遊びに行ったり旅行に行ったりできませんが、その分ウェルビーで楽しく♪ためになる!カリキュラムを準備しました。オープン・クローズについてや、障がい者手帳については、今後の就職活動の参考になると思いますので、是非参加してみてくださいね。

ウェルビー松山センターでは、見学・体験も受け付けております。
お気軽にお問い合わせ下さい。

【渋谷】アンケート「あなたの尊敬する人は誰ですか?」

渋谷センター尊敬する人

こんにちは、渋谷センター広報課所属の利用者です。
日中は20℃を超える日も多く、段々と暖かくなってまいりました。しかしながら、朝晩はまだまだまだ肌寒いので日中との寒暖差に気を付けながら体調管理をしっかりとしていきたいところですね。

さて、今回広報課では、「あなたの尊敬する人は誰ですか?」というアンケートを取らせていただきました。
利用者の皆さんの尊敬する人物を共有することによって、今まで知らなかった人物やその功績、人間性、考え方を今後の就職活動に活かしていただきたいと思います。

まずは今回筆者の中で特に印象に残った回答をいくつか紹介したいと思います。

① 「トーマス・エジソン」、「アルバート・アインシュタイン」
【理由】
エジソンは発達障害、アインシュタインは足に障害を持ちながらも社会に貢献し、人々に夢と希望を与えてきたため尊敬しています。自分自身も障害を持っているが、彼らのように卑屈にならず生きていきたい。

② 「世の中のお母さん」
【理由】
子供を産み、一人で何も出来ない、わからない状態の子供を、自立した一人の立派な人間に育てるため。また、現代は働きながら職場でしっかりと自分の立場を持ちつつ、家に帰ってからは自分の時間をほとんど家事に費やすという人も多いようなので尊敬しています。
きっと、人間を「1」から育てた人にしかわからない苦労、喜び、悲しみを感じているのだと思います。

③ 「白水大介」
【理由】
私は高校の吹奏楽部でトランペットを吹いていたのですが、私が2年生のとき1年生として
彼が入部してきました。彼はトランペットが本当に上手で、私が到達出来るレベルにはありませんでした。彼はある大学のオーケストラ部に入り、その後、現在では関西フィルオーケストラの首席トランぺッターになっています。彼のその技術と、「好きなことを仕事にしている」点を私は非常に尊敬しています。

この他にも様々な人物の名前が挙がったので、お名前だけでもご紹介したいと思います。
(順不同、敬称略)

≪家族、身の回りの人≫
父親/母親/妻/子供

≪歴史上の偉人≫
アルフレッド・アドラー/レオナルド・ダ・ヴィンチ/クロード・モネ/ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン/ヘレン・ケラー/織田信長/栗林忠道

≪文化人≫
スティーブ・ジョブス/池上彰

≪芸能人≫
雷電湯澤/美輪明宏

≪スポーツ選手≫
古田敦也/松元ユウイチ/森重真人/ガオグライ・ゲーンノラシン

【アンケートの総括】
アンケートを取る前の個人的な予想では芸能人や現在活躍される有名人の名前が多く挙がるかと思いましたが、結果としては自分の身の周りの人や歴史に名を残すような偉人の名前が多く挙がる傾向がありました。
利用者の皆さんの尊敬する様々な人物を知ることができ、私自身大変勉強になりましたし、是非皆様にも就職活動をする際の何かしらの参考にしていただければ幸いです。

【新大阪】コロナ禍でできること

こんにちは。ウェルビー新大阪センターです。

また緊急事態宣言が出る方向ですね(このブログが更新される頃には発令中であると思われますが)。なかなか終息に向かわずこういった状況が長引いていますが、一人一人が感染対策の意識を持ってやれることをしっかりやっていくことが大切なのではないかと思います。

今年のゴールデンウィークも一定の制限の中で過ごさなければならないですが、昨年からこのような状況の中で始めたことやこれまで経験のなかったこと、できるようになったことなど、色々と気づいたりすることがあったのではないでしょうか。例えば、家の中で筋トレを始めた方、資格の勉強に取り組むようになった方など、コロナ禍でなければ外出に費やしていた時間を有意義に過ごせるようになった人も多いのではないかと思います(外出が有意義ではなかったというわけではないですよ(笑))。

かくいう私も定番ではありますが、よく料理をするようになりました。最近では土日の昼食、夕食は専ら作っています(主婦の皆様の大変さに比べると恐縮しますが…)。

なるべく簡単に満足するものを作りたいので、レシピのサイトを参考に電子レンジを活用したりしています。当初は肉料理がほとんどでしたが、最近は魚をおいしく食べられたらと、メニューを増やすことに挑戦しています。

こういう状況でなければやらなかったことかもしれないので、これもコロナ禍でできるようになったことと前向きに捉えています!

幸いなことに、ウェルビー新大阪センターではこのような状況の中でも、コロナ前と

変わりなく就職される方が出ています。

最近では在宅勤務も一般的になってきましたが、それによってストレスがたまるという方もおられるということです。その際にはウェルビーでは定着支援も行なっていますので、相談をお受けしたり、職場との調整役ができたりと、お役立ていただければと思います。

宜しくお願いします。

※ウェルビー新大阪センターでは、今後もより安全な環境を皆様に提供するために、毎日の検温や手指消毒の徹底、センター内の換気、テーブルに衝立の設置、加湿・空気清浄機の設置などを実施し、感染防止の対策を行っております。

【浜松】季節の変わり目

体調管理について

4月なのに日中は汗ばむほどの気温ですが、朝夕はまだまだ肌寒さを感じる今日このごろ、皆様はいかがお過ごしでしょうか?ウェルビー浜松駅前センターの宮脇です。
春はいずこへ?と感じることもありますが、寒暖差で体調を崩されている方はいませんか?4・5月の頃、季節の変わり目になると身体のだるさを感じて思うように動けないと感じる方がいらっしゃいませんか。

春になると「身体のだるさを感じる」「いつもより疲れやすい」「集中力の低下を感じる」等「何故だろう」と思うことがありますよね。それは自律神経の働きの影響から起こっているとも言われています。自律神経は体のさまざまな機能を調整する神経で、自律神経が適性に調整できないと体に悪影響が出て体調不良の原因になることがあると言われています。自律神経は基本的に、身体を温めることにより整っていきます。つまり「冬」は身体を温めることにより自律神経の働きは安定していくといったところでしょうか。そして「春」になると身体を保温する役目の重いコートを脱ぐことで、身体はだんだんと冷えていき慌てて体温調整を始めます。そういったことから「冬」から「春」にかけて自律神経が乱れ、体調不良を感じやすくなってくると言われているようです。
このような季節なのですが、ウェルビー浜松駅前センターの多くの利用者様は、ほぼ計画通りに通所されています。「何故?」なのでしょうか。職員は利用者様の顔色、表情や仕草等に留意しながら支援をしています。時折お声掛けをして疲労度についてお伺いして、必要に応じて休憩の促しもしています。また、利用者様ご自身で体調チェック表を用いて、客観的な視点から疲労感の把握をして、体調管理を行っている方もいらっしゃいます。利用者様から事前に職員へ体調についての相談もあります。これらはほんの一例で、体調管理の方法はまだまだあると思います。

体調管理は就職する際の1番の要となるところなので、今後も利用者様の様子に目を向け、お声に耳を傾け、相互理解をしっかりと深めて支援を行っていきたいと思います。

利用者様と職員の連携は見学・体験をしてみるとわかるかと思います!是非、お問合せをお持ちしております。

 

【四日市】ディスカッション 『会社をたちあげよう』の報告

こんにちは!

『春眠暁を覚えず』この言葉がピッタリな季節ですね。
この時期、目覚まし時計と格闘していらっしゃる方は多いのではないでしょうか?
少し前に朝のルーティンというのが、動画サイトで流行っていましたよね。
一度、理想的な朝のルーティンを計画・実行してみてはいかがでしょうか?新しい自分が見つかるかもしれませんよ!

今回は、ディスカッションでおこなった『会社をたちあげよう』の報告をいたします。①どんな会社をたちあげたいのか? ②どこに会社を構えるのか? ③どんな業務があるのか? ④あなたが社長だとするとどんな社員を望むのか?
各チームに分かれて実施しました。グループワーク的要素もあるのですが、チーム1人1人が重役となり、一つの会社を立ち上げから社員を採用するところまでを取り組んで頂きました。
実現させたら素敵だなぁと思う会社からユーモアのある会社までたくさんの意見がでました。
最終的には、どんな人を採用したいか?の話になった時、専門の資格を持った人や専門の経験を積んだ人を採用したいなど、個性が光る人材を求めている結果が多かったように思います。

みなさんはご自身のいいところ・悪いところや強み・弱みなどは把握していらっしゃいますか?
折角、いいところや強みをもっていても、認識していないと勿体ないですよね。
もし、自身の個性がわからなくて企業面接でうまく伝えられない方は是非ウェルビー四日市センターにお問合せください。私たちスタッフが貴方のきらりと光る個性を見つけ出すお手伝いをさせていただきます。

ウェルビー四日市センター
住所:四日市市三栄町3-15 小林ビル1階
TEL:059-327-5526
営業時間:9:00~18:00(日曜日を除く)

【横須賀中央】センター利用の一日の流れ ~利用者様作成~

皆さんこんにちは!
ウェルビー横須賀中央駅前センターです。

今回は『スキルアップトレーニング』の時間を使って、センター利用の一日の流れを利用者様にパワーポイントで作成していただきました!

ウェルビーでどのように過ごしているのか、利用者様からの目線でご紹介したいと思います!

横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_01 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_02 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_03 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_04 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_05 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_06 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_07 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_08 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_09 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_10 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_11 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_12 横須賀中央駅前センターの1日の流れ_ページ_13

 

ウェルビー横須賀中央駅前センターは、横須賀市の方だけではなく、横浜市、逗子市、三浦市など、市外の方もご利用いただけますので、市外の方もお気軽にお問い合わせください。
よろしくお願いいたします!!

【問い合わせ先】
1.お電話でのお申し込み
下記の電話番号にお電話ください。
TEL:046-845-6261

2.メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「横須賀中央駅前センター 見学・体験申し込み」
●氏名(ふりがな)
●見学・体験希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL:yokosuka@welbe.co.jp

3.フォームからのお申し込み
資料請求はこちら

見学申込はこちら

【町田駅前】ストレス対処法についてご紹介

皆さんこんにちは!ウェルビー町田駅前センター広報課です。
最近めっきり暖かくなってきましたが、みなさんいかがお過ごしですか?
自粛生活が続く中でストレスが溜まっているという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回の広報課ブログではストレス対処法についてご紹介したいと思います!

ストレスって何?

 

外部から刺激を受けたときに生じる緊張状態をストレスといいます。
・人間関係の不和
仕事上の人間関係やプライベートでの人間関係がうまくいっていないときストレスを感じてしまいます。
・忙しすぎる
やらなければいけないことが多すぎるとストレスを感じてしまいます。

続いてストレス対処法についてご紹介します!

 

ストレス対処法

 

1. 掃除をする
まず一つ目はキッチンや洗面台を掃除することです!
データを取って「○○の時はキッチン掃除」「××の時は窓ふき」のように気分や状況によってどこを掃除するのかを決めるとより効果的なストレス解消を行うことができます。
2. 目を閉じて何も考えない
オフィスで行う軽いストレス解消方法です。
何も考えないというのは案外難しいので最初は「1から60までの数字を数える」ことから始めてみるとよいかもしれません。
3. 創作活動を行う
モノを作っているとそれに没頭してストレス解消になります。
食べるのが好きなら料理を行う、家庭菜園で野菜などを育てるといったものも
効果的なストレス解消法として有効です。
4. 他者への相談
身近な家族や同僚、友人に不安や悩み、ストレスを感じていることを話します。
専門家ではない人に話すだけでも気持ちに整理がついて、ストレスの発散になります。
話すことにより頭の中で整理されて自分で解決の方向性に気づくこともあります。
5. 紙をビリビリに破く
身近の壊しても良いものを壊すストレス対処法。
一番適しているのはチラシなどの不要な紙で破いた後は捨てれば良いものです。
もし、ただの紙ではイライラが収まらない場合は
ダンボールなどの少し丈夫なものを破壊してみるのもよいでしょう。

 

以上ストレス対処法についていくつがご紹介しました!
自分に合ったストレス対処法をぜひ見つけてみてください。

 

ウェルビーの取り組み

 

ウェルビーでは就労に向けて自分でストレスに対処できるよう、自己理解のための時間がたびたび設けられています。

ストレスマネジメントのプログラム
今年2月23日にはストレスマネジメントについてのプログラムがありました。
どういった時に自分がストレスを感じやすいか思い出し、状況、背景、自覚したサイン、対処行動、対処法などを整理できるシートを作成しました。
このシートを作成することで、自分のこれまでのストレスとの付き合い方を思い出しながら書くことで、自分がどういうときにストレスを感じやすいか整理でき、自分にあったストレス対象法を考えることができます。プログラムを通して感じたことは、ストレスを感じたときは、そのストレスから少し離れてみたり、気分を落ち着かせるよう工夫したりして、ストレスに向き合うのが大切だとわかりました。このようにウェルビーのプログラムによって自分がどのようなストレス対処法が合うのか考えることが出来ます。

以上、ストレス対処法について紹介させていただきました。
ウェルビー町田駅前センター通所中にストレスを感じたときは、スタッフに相談してみてくださいストレスについて一緒に考えてくれて、アドバイスをもらうことができます。

就労するのに健康面や生活リズムが安定しないのが不安という方も一度センターに見学や体験にお越しください!
見学や体験はいつでも受け付けております。
※新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮う社会情勢の為、見学・体験の際は、検温・マスクの着用をお願いしています。

~★町田駅前センターの感染症対策★~
緊急事態宣言が発令され、町田駅前センターではご利用者様の通所を午前、午後の半日通所としております。また、ご利用者様通所時の検温、消毒、ソーシャルディスタンスの確保、パーテーションの設置空気清浄機の設置、常時換気、室内消毒を実施しております。
見学・体験の際は、検温・マスクの着用のご協力をお願いしております。
☆スタッフ一同心よりお待ちしています☆
☆★ウェルビー町田駅前センター★☆
〒194-0022
東京都町田市森野1-33-11 町田森野ビル102
TEL:042-850-9830    FAX:042-850-9839
↓お問い合わせメールアドレス↓
info@welbe.co.jp