【浜松】秋の短歌をご紹介します

こんにちは。

浜松駅前センターの鈴木です。

 

今日は先日のグループワークで皆さんが作った短歌を紹介したいと思います。

3つのグループに、自由テーマで作成していただきました。

お題を決めてそのお題にそった言葉を一人ずつしりとりみたいに出していくグループや、全員で思い思いの言葉を出してそれを5つつなげて作るグループなど、

グループによって作り方もさまざまでした。

秋の季語もしっかりと入って、読んだだけでお腹がすいてしまうものから

読んだだけでパッと映像が目に浮かんでくるものなど、とても秀作ぞろいですね!

 

「ほくほくと 運び込まれる 焼き芋の 香りを待てず バターをたらす」

 

「栗ご飯 早く食べたい せっついて かまどグルグル たちこめる湯気」

 

「九月の夜 涼しくなりし 秋風(しゅうふう)の 残暑消えゆく 月見団子」

 

「芸術の 得意分野 もみじ色 色とりどりの 秋を楽しむ」

 

「秋の夜の 枯れ穂の揺れる 田んぼ道 ふと見上げるや 中秋の月」

 

みんなで意見を出し合って短歌を作ると、思いもしないような言葉が出てきたり、

その方の独特な感性に触れたりして、とてもおもしろいですね!

 

これからも季節に1回は短歌づくりをやっていきたいと思います!

続編をお楽しみに!

【溝の口】外部講師による特別イベントのお知らせ(11月12日)

こんにちは!ウェルビー溝の口駅前センターです。

 

溝の口駅前センターでは、11月12日(木)に外部講師をお招きして特別イベントを開催します!

 

講師:株式会社スタートライン マーケティングユニット 吉田 瑛史 氏

 

吉田氏はパーソルグループ特例子会社を経て、

160社を超える企業の障がい者雇用サービスと、

1000名を超える障がい者のサポートを行っている株式会社スタートラインへ入社。

これまでにウェルビーを含め50ヶ所以上で講演をされています。

 

当日は、『なぜ障がい特性の理解が大切なのか』をテーマに

障がい者雇用にミスマッチが起きやすい理由や

ミスマッチを防ぐための方法等をお話しいただく予定です。

溝の口イベントポスター

 

「書類選考、面接で採用見送りになってしまう」

「就労移行支援で何を習得したら良いのかわからない」

「仕事がなかなか続かない」

このような相談を受けることが多く、今回吉田様に講演をお願いしました。

 

今回の講演は、ウェルビーの利用を検討している方だけでなく

障がい支援に携わっている方もご参加いただけます。

 

参加申し込みはお電話、FAXにて11月6日(金)18:00まで承っております。

人数に限りがございますので、是非お早めにお申し込みください。

 

溝の口駅前センターでは、ご見学での訓練内容や就職までの道のりの説明、

生活リズムの安定、職業適性の確認のための体験利用など、

ご相談は随時受け付けております。

お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

 

 

ウェルビー溝の口駅前センター

TEL:044-870-1147 FAX:044-870-1148

営業時間:9:00~18:00(日曜日を除く)

E-mail:mizonokuchi@welbe.co.jp

【草加東口】グループデスカッションについて

こんにちは、ウェルビー草加駅東口センターです。

今月号のブログは、グループデスカッションの中で利用者の方々が一番印象に残っているテーマをブログに掲載させていただきます。

草加東01

IMG_0058普段皆さんが日常生活でご利用しているコンビニのお弁当について考えました。テーマは、自分達がコンビニ店の社員の立場になって経営する中で、お客様に夏バテを防止するスタミナ豊富栄養バランス豊富なお弁当を提供出来るメニューを考えました。皆様もご存知のことですが、夏は暑さが厳しく食欲不全になる季節です。私達ウェルビー草加駅東口利用者一同は皆様が夏の暑さに負けないスタミナ豊富なお弁当を考え辛い夏の暑さを乗り越え毎日の熱い暑さに負けないお弁当を提供します。

こちらのお弁当のメニューは利用者一人一人考えたお弁当です。

 

草加東02

毎回、バイキンマンはアンパンマンに勝つことができないので、アンパンマンに勝つには何が必要かを、2つのグループに分かれて、話し合いました。

 

アンパンマンを追い詰めても、あと一歩でやられてしまうバイキンマン。

アンパンマンが弱ったときに顔を交換させ、元気を復活させない為には、どうしたら良いのか?という視点から、次のような意見が出ており、盛り上がっていました。

・パン工場を乗っ取って、アンパンマンの顔を作らせないようにする

・パンの原料を変える(クリームなど)

・原料を作らせないようにする                   など

 

また、違う視点から次のような意見も出てきていました。

・アンパンマンの仲間を味方につける

・バイキンマンが悪い心をなくし、アンパンマンとの和平協定を結ぶ(平和的解決)                                など

 

グループ内で話し合うことで、自分では思い浮かばない意見が出てくるので、新たな発見を得られました。

続いてのテーマは「回転寿司の新作を考えよう」です。

 

「リーズナブル」「高級品」の二つの新作をディスカッションで考えました。

草加東03

ご紹介する最後のテーマは「働きやすい職場にするには?」です。

このテーマでは、人間関係が良好明るい雰囲気バリアフリーが整っているという声が多かったですが、他にも収納が多く整理整頓がされているしっかりと分煙されている静かな休憩室がある食堂があるという声も出ました。

 

他にも様々なテーマで毎週水曜日の午後の4コマ目にグループディスカッションを行っています。

人と話すことが苦手な方もディスカッションを見学することから始められます。

グループに入り、自分から話せなくても慣れている利用者さんが優しく声を掛けてくださり、とても和やかな雰囲気で参加することが出来ます。

 

ディスカッションを始める前に「アイスブレイク」を行うため、その日のディスカッションを行うメンバーとクイズしたりと参加する利用者さんは毎週楽しくディスカッションを行っています。

他にも「もし魔法が使えたら」・「新しいヒーローを考えよう」・「学生と社会人の違い」・「マンションと一軒家のメリット・デメリットを考えよう」などのテーマのテーマもありました。

草加東04

・自分では思いつかないような発想を聞けるので楽しい。

・最初は全く発言できなかったが、今は他の利用者さんと試行錯誤しながら案を考え毎週楽しみにしてます。

・最初は緊張したが、普段はあまり話さない利用者さんと出来るので楽しい。

【名古屋】「企業実践」について

こんにちは。

ウェルビー名古屋駅前センターです。

 

本日は「企業実践」についてお伝えします。

企業実践とは、実際の会社を想定したウェルビー独自の訓練で、「総務課」・「庶務課」など部署に配属し、企業で働くイメージをつかみ働く力を身につけるプログラムです。毎週金曜日、全国のウェルビーで一斉に開催されます。

 

名古屋駅前センターでは、現在4つの課が存在していますが、とりわけ「企画運営課」について説明をします。

 

企画運営課とは、主にセンター内で行うイベントを企画し運営しています。私たち含め利用者が楽しめるイベントは何だろうか、企画運営課のメンバー同士が意見を出し、議論して、イベントの内容からイベント名、イベントの告知ポスター制作、当日の司会進行などを協力して決めていき、当日のイベントを行います。

 

直近ですと、「オータム感謝祭カップ」というものを主催し、人力アキネーター(ある有名人になりきって、誰になりきっているかを質問しながら当てていくゲームです)、絵しりとり(文字通り、絵でしりとりをしていくものです)、体内時計(時計を見ずに時間を当てるゲームです)を行いました。とても盛り上がり、イベントは大成功でした。

 

現在は12月に開催予定の『クリスマスイベント』に向けて、どのような内容が良いのか、いつまでに何を決める必要があるのかといったことを課内のメンバーと話し合っています。時には意見がぶつかり合うこともあるのですが、素晴らしいイベントにしたいという気持ちは皆同じなので、お互いが譲り合って妥協点を見付け、日々成長しています。

 

どんなクリスマスイベントになるのか・・・今からとても楽しみです!

(本ブログは利用者の方が実際に作成した文章をベースに作成しています)

【福岡天神北】就職された方の声

こんにちは。ウェルビー福岡天神北センターです。

 

 

秋風が心地よい季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

肌寒く感じる日も増えてまいりましたので、風邪などひかないよう気を付けてお過ごし下さい。

また、体が冷えると免疫力が低下するとも言われておりますので、日常生活の中で体を温める工夫もされてみてくださいね。

 

今年度、福岡天神北センター博多センタ合わせて26の方が就職されました。

 

そこで今回紹介させていただきますのは、福岡天神北センターを利用され、就職された方のお声です。

皆さんセンターを利用されスキル習得と自己理解等を行い、現在、自分らしく頑張っておられます。今後就職を目指されている方働きたいと思われている方々のご参考になれば幸いです。

 

ウェルビーについて知りたいと思われた方には、見学・体験のほかにもウェルビーの資料をお送りしておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください♪お待ちしております。

就職された方のお声

【新越谷第2】特別カリキュラムについてご報告

こんにちは。ウェルビー新越谷駅前第2センターです。

 

朝夕めっきり冷え込むようになりました。お体の調子はいかがでしょうか。

 

 

今回は、特別カリキュラムについてご報告いたします。

 

当センターでは、祝日に特別カリキュラムを実施しています。

9月は21日、22日それぞれ実施いたしましたのでご報告いたします。

 

 

9月21日:ビジネス文書作成講座

通常カリキュラムである「ビジネスマナー講座」の中でも触れてきたビジネス文書にスポットを当て、講義による振り返りと実践を行いました。

ビジネス文書のルールを確認するとともに、日頃のパソコン訓練の成果を発揮していただきました。参加された皆様からは、「力試しになりました。」と好評いただきました。

 

9月22日:セルフツボ押し講座

二日目の特別カリキュラムでは、リラクゼーションにスポットを当てマッサージ講座を実施しました。訓練の合間にもきる簡単なマッサージばかりで、スライドを見ながら熱心にツボを押す方が多数いらっしゃいました。

 

 

このように新越谷駅前第2センターでは多種多様なカリキュラムを実施しております。

今後も様々な特別カリキュラムを予定しています!

ご興味をお持ちになった方はぜひご参加ください。

 

 

現在ご利用中の方々は、越谷市・草加市・八潮市・川口市・三郷市・吉川市・松伏町・足立区から通われています。

随時、見学を受け付けておりますので、ご希望の方は電話かメールにてお問い合わせください。皆様のお問い合わせをスタッフ一同お待ちしております。

お問い合わせ先

ウェルビー新越谷駅前第2センター

TEL:048-990-5533(センター直通)

または0120-655-733(フリーダイヤル)

Email: shinkoshigaya2@welbe.co.jp

IMG_0230+(2)

【松山】広報課によるwelbe通信発刊!

こんにちは。松山センターブログです。

ウェルビーでは、仕事の場面を想定した訓練として「企業実践」

というカリキュラムがあります。

毎週金曜日の午前に行われる企業実践で、

松山センターでは、企画課・広報課・総務課・庶務課に分かれ、それぞれの課で

仕事を行っています。

約2ヶ月間、同じ課に所属して仕事を進めるのですが、

今回、広報課では「welbe通信」を作成しました。

利用者の方向けのフリーペーパーを意識して、welbeをもっと知ってもらえるような

内容を課の皆さんで考え、作成していただきました。

今回のwelbe通信は、

・観光地紹介

・コロナ情報

・利用者アンケート

・職員さんを知ろう

という内容で、時節柄コロナの話題を取り入れたり、利用者にアンケートを取って

それを集計したものを盛り込んだりと、内容の濃いものになりました。

利用者アンケートでは、「ウェルビーに入る前と今で変化を実感したことは何ですか?」

という内容のものもあり、

回答の上位は、

★コミュニケーション能力が向上した(22%)

★体力向上や体調が整ってきた(15%)

などがありました。

 

打ち合わせや、作成はとても大変そうでしたが、課の皆さんで試行錯誤しながら

作成出来た事は、仕事の進め方を知るだけでなく達成感にも繋がったのではないかと思います。

広報課の皆さん、お疲れ様でした!

 

企業実践では、それぞれの仕事を通し、他者と協力したり、仕事をスムーズに進める方法などを体験として学んでいただきます。

見学もできますので、是非、お問合せください。

松岡

 IMG_5225 IMG_5227

【掲載情報】『世界メンタルヘルスデー2020』(web版)に、代表の大田のひとことメッセージが掲載されました

厚生労働省が主催する『世界メンタルヘルスデー2020 ~つながる、どこでも、だれにでも~』(Web版)の「対談メッセージ」に、代表の大田がひとことメッセージを寄せましたのでご報告いたします。

http://www.jmar-llg.jp/world-mental-health-day-japan2020/message.html

 

世界メンタルヘルスデーとは
世界精神衛生連盟(WFMH)が、1992年より、メンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、偏見をなくし、正しい知識を普及することを目的として、10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定めました。
その後、世界保健機関(WHO)も協賛し、正式な国際デー(国際記念日)とされています。http://www.jmar-llg.jp/world-mental-health-day-japan2020/index.html

 

【荻窪】企業実践企画課主催「虫食い文章ゲーム」を行いました。

荻窪駅前センター企業実践企画課よりご報告!!

※以下の記事は、利用者様に書いて頂いております。

こんにちは!

 

荻窪駅前センターでは企業実践企画課チームの実習の一環として、

9月21日(土)に「虫食い文章ゲーム」大会を開催しました。

 

まずは企業実践の企画課についてご説明させてもらいます。

ウェルビーでは就労支援プログラムの一つに職業シミュレーションの「企業実践」という時間があります。

その中でも「企画課」の実習では、実際の職場での企画部門や企画会議を想定した訓練を学んでおります。

 

 

今回は敬老の日の午前中の時間を割り当てていただき、私達企画課チームが主体となり他の利用者さんへの娯楽プログラムを提供させていただきました。

 

 

 

ゲームのルールですが、参加者さんには複数のチームに分かれてもらい、私達が考えたオリジナルの虫食い(穴埋め)文章を考えてもらいます。

一問(一文章)につき虫食いは12か所あり、各チーム4か所ずつアイデアを出してもらいます。

その後各チームの答えを回収し穴埋めをすることで文章が完成。

これを読み上げてみることで、面白い文章意味が繋がる文章ができるのかを試す遊

びです。

 

荻窪02

 

では本日は、当日お出しした問題を一つご紹介させてもらいますね。

このブログをお読みになっている皆様にも、

是非とも試してもらえたらなと思います。

 

 

「大切な人への手紙」

 

( 1 )へ

お元気ですか? わたしは( 2 )です。

最後に( 3 )のは5年ほど前ですね。あの日のことを、今もよく覚えています。

別れ際、あなたがわたしに( 4 )を渡してくれて、本当に( 5 )気持ちになりました。

今でも( 6 )にしています。

そういえば、今度( 7 )に行くことになりました。

そうです。あなたの( 8 )場所です。

( 9 )があれば、きっとあなたに会うことができるんじゃないかと思っています。

もしよかったら、わたしたちが初めて( 10 )あの( 11 )でお会いしませんか?

あなたからのお返事、待っています。

                             ( 12 )より

 

 

 

いかがでしたか?

この問題を作ったメンバーは、

久しく会っていない友人へ送る手紙をイメージして完成させたそうです。

 

 

次回の荻窪駅前センターからのブログでは、実際に3チームから集まった回答を入れて、完成した文章をご紹介します。

あり得ないおかしな文章になったり、どこか意味が食い違っていたり。。。

ぜひご期待ください!!

 

 

 

1. 電話でのお申し込み
下記の電話番号にお電話ください。TEL: 03-6915-1421

2. メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「荻窪駅前センター イベント(または見学)申し込み」
●氏名(ふりがな)
●参加希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL:info@welbe.co.jp

3. フォームからのお申し込み

資料請求はこちら

見学申込はこちら

荻窪駅前センターでは今後も様々なイベントを実施していきます。ご興味のある方はお気軽にご連絡ください。よろしくお願いいたします!

【西船橋】10月のカリキュラムについて

こんにちは、ウェルビー西船橋駅前センターの企画広報課です。

暑さはひと段落しましたね。

最低気温が20度切るようにもなりましたが、皆様はそろそろ長袖の準備をする頃でしょうか?

気温の変化に気を付けて体調を崩したりしないようにしましょう。

 

西船橋駅前センターでは土曜日に特別カリキュラムを実施しています。

そこで10月の特別カリキュラムについてご案内させていただきます。

 

10月3日(土)は傾聴講座です。

先月と引き続き参加者がカウンセラー役・クライアント役に分かれて話し合い、聴く技術を身につけながら自分の心理状態に気づくという事を目的とするカリキュラムです。悩みを話すという事が意外と難しいと感じる方もいらっしゃるかとも思いますが、自分の中でその悩みがどのくらいの重さを持っているか再確認ができる貴重な機会です。悩みを話して、聴くことでその悩みを客観視できるようになり、場合によっては悩みを解決することも多くあります。

 

10月10日(土)はPC講座です。

「携帯電話の歴史について」というテーマで講義を行う予定です。

 

10月17日(土)はBT検定を行います。

日頃行っている軽作業トレーニングの成果を出すカリキュラムです。挑戦したいレベルを決めて時間内のクリアを目指します。ミスを起こさない正確性も試されます。

 

10月24日(土)は、心理学講座です。

参加者に絵を描いて頂き、描いた絵が現す心理状態を確かめるというカリキュラムを予定しています。

 

10月31日(土)は「KJ法でブレストしよう」です。

文化人類学者の川喜田二郎先生が発案したKJ法を使うカリキュラムです。データ(アイディア)をカードに記述し、カードをグループごとにまとめて図解することでデータの整理をしやすくなるという方法です。

 

以上が特別カリキュラムの予定となっております。

詳しい説明が聞きたいという方は西船橋駅前センターにお問合せください。

※この文章は企業実践内で利用者様に作成していただきました。