【町田駅前】利用者様同士の面接練習

ウェルビー町田駅前センター職員です!

1月11日に行った特別イベントをお伝え致します!
特別イベントとは、土曜日や祝日にスタッフが考えたイベントを行うことです。
今回は「利用者様同士の面接練習」です!

利用者様同士で面接練習を行う意図として、
面接を受ける練習だけでは感じることの出来ない視点を養えます!
面接官役を行うことで、企業側がどのような人を採用したいと思うのか知る事や、見学役を行う事で面接の場を客観的に見ることが出来るメリットがあります。

実際にご利用者様からも
「企業にどうアピールしたら良いかわからない!」
「どう返答したら、アピールできるのだろう!」
といった声があり、開催に至っております。

流れとして、
まずは、自己理解に関する質問事項の個人ワークを行いました。
今回の個人ワークは個人情報を含むものを行って頂いております。
※実際の面接練習では個人情報を含むものに関しては配慮として質問事項には入れておりません。
自己理解がきちんとできていると、面接の受け答えもスムーズに行えます。
職員巡回している中で行っていますので、質問や添削もすぐに行えます。
ご利用者様からも「自身では気付かないことがわかったので良かった」との声もありました。

休憩を行ってから↓

いざ本番の「面接練習」です!
3~4人班に分かれ、それぞれ面接官役と面接受ける役・見学役になり実施して頂きました。
※もちろんこのご時世なのでマスクとフェイスシート着用しています!!
ご利用者様からは、いつもは面接を受ける側だが、今日は企業の面接官役を経験したことによって、どのような人を自分だったら採用するのか、どのような返答がわかりやすいのか、入退室の所作や挨拶や表情からの印象、うなずきの大切さを実感できたとの貴重な意見が聞けました!!
また、見学役の方も客観的に見る事ができ、自身の改善点を考えることが出来ましたとのお話もありました。

緊急事態宣言中ですが・・・
★平日は1日のカリキュラムを
10:10~12:00 12:30~15:00の2部制に変更し12:00~12:30までは職員が消毒を行う時間にしています。
★土曜は半日開所にし、ご利用者様約15人に対し1テーブル3人までとしソーシャル・ディスタンスを確保しています。

少しでも興味をお持ちになった方は見学や体験はいつでも受け付けております。
電話やお問い合わせいただき、ぜひ一度センターに見学・体験にお越しください!
町田、相模原、大和、座間はもちろん、通勤訓練を行う為、横浜から通っていただいている方もいます!
※新型コロナウイルスが世界中で猛威を奮う社会情勢の為、見学・体験の際は、検温・マスクの着用をお願いしています。

☆★ウェルビー町田駅前センター★☆
〒194-0022
東京都町田市森野1-33-11 町田森野ビル102
TEL:042-850-9830    FAX:042-850-9839

↓お問い合わせメールアドレス↓
info@welbe.co.jp

【松戸第2】松戸第2センター就職状況報告

皆さんこんにちは。
ウェルビー松戸第2センターです。

ウェルビー松戸第2センターの職員紹介第2弾!
今回ご紹介させていただくのは、私、就労支援員のIです。

松戸第2センター写真


①出身地:
埼玉県

②血液型:A型

③趣味:ドライブ・レゲエ

④好きな食べ物:ラーメン・カツ丼

⑤苦手な食べ物:パクチー、春菊

⑥今までの経歴:サービス業に11年勤めた後、ウェルビーに入社してもうすぐ満7年になります。

⑦好きな言葉:「いつも心に太陽を」

⑧最近見た夢:家に帰ったら内装が全く変わっていて何度も玄関を確認した夢。

⑨今一番欲しいもの:自分に合った枕

⑩ひとこと:一歩踏み出すのは誰でも不安があると思います。勇気あるその一歩を良い未来へ向くため私たちは全力でお手伝い致します。

就職したいけど今の自分に出来るかな?
就労移行支援事業所ってどんなサポートしてくれるのかな?
就労経験がない、ブランクが長くて不安  などなど

就職に対する悩みや不安がありましたらいつでもご連絡下さい。

ウェルビー松戸第2センターでは来訪者の検温、マスク着用のお願い、アルコール消毒を徹底し、訓練スペースも飛沫防止対策を実施しています。

いつでも見学・体験を受け付けておりますので、ご興味ある方は是非ウェルビー松戸第2センターまでご連絡下さい。

【町田市役所】就労移行支援事業所のイメージについて

皆さまこんにちは。
発達障害をお持ちの方の就労移行支援を行っているウェルビー町田市役所前センターです。

就労移行支援事業所について、皆さまはどのようなイメージをお持ちでしょうか。
パソコン訓練をするところ?
ビジネスマナーを身に付けるところ?
就職活動に向け、応募書類の作成や面接の準備を手伝ってくれるところ?
そういったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

ウェルビー町田市役所前センターでは、パソコン訓練や軽作業訓練のほか、就職活動に必要な知識やマナーを学ぶ講義形式のカリキュラム、コミュニケーションスキルをつけるためのグループワークなどを実施しています。そのほか、実践的な模擬就労訓練を通じて、実際に働いた時にどのようなところを生かせそうか、反対にどのようなところで困りそうかを見極める取り組みも行っています。

長く安定して働くためには、自分の強みを生かして働き、苦手なこと・上手くできないことに対しては配慮を受けることが大切ですが、「曖昧な状況・指示を理解することへの難しさ」や「前提とされていることを想像しながら話を理解していくことの難しさ」などは、発達障害をお持ちの方が感じやすい困りごとである一方、就労の場面で、どう伝えれば良いのか分からずに十分な配慮に繋がりづらい側面でもあります。
実践的な訓練を通じて、どんなところが強みで、どんなところに困るかを明確にしていくこと、困ってしまう場面について言語化し、周囲の方に何を理解してほしいのか、どのような配慮が必要なのかを伝えられるように整理していくことも就労移行支援事業所で取り組みたい大切なことです。

ウェルビー町田市役所前センターでは、ご利用者様ひとりひとりに専門のスタッフがつき、皆さまの得意なこと、苦手なこと、仕事で生かせる力、必要な配慮について、一緒に考えていきます。同じ診断名であっても、皆さまの持っている力やサポートを必要とするところは、ひとそれぞれ。個別に相談しながら、個々にあった働き方や、働くために必要な工夫を考えていくことが大切な支援だと考えています。

ウェルビー町田市役所前センターでは、センターの見学や就労についての相談を随時承っております。
緊急事態宣言の発令を受け、WEBシステムを使っての面談も取り入れております。
「就職を考えているけれども、何から準備をすればよいか分からない」「これまでの経験から働くことへ少し不安がある」という皆さま。どうぞお気軽にご相談ください。

皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

【松本】『勇気の出る雑学』をおおくりします。

みなさん、こんにちは

1月は早くも月の末となり、日々寒さを増しながらも、時に澄んで気持ちよさを感じる此の頃です。

乾燥しやすい季節は、体調も崩しやすい頃ですので、みなさん、お体ご自愛のもとお過ごしください。

さて、今回は、ウェルビー松本駅前センターから『勇気の出る雑学』をおおくりします。

松本駅前センター1

皆さまは、『マルハナバチ』という蜂をご存じですか?英語でバンブルビー(Bumblebee)と言われ、パッと思い浮かばないかもしれませんが、クマンバチの仲間です。黒くずんぐりとした大きな体に、小さな羽を持ったマルハナバチは、多くの蜂と同じく、春には花々を飛び回り、蜜を集め、巣に持ち帰ります。

実は、このマルハナバチ、『理論上、飛ぶ事は不可能』『絶対に飛べるはずがない』とされてきました。大きな体に対して羽があまりにも小さく、どう考えても飛行は不可能であると、しかし『理論上』飛べないマルハナバチは、そんな理論なぞ知らず、空を飛び回っています。飛べないどころか、航空技術では高度とされる、空中静止、華麗なアクロバット、次々と見事な曲芸をこなしていくではありませんか。いろいろな科学者や技術研究者が必死になって、マルハナバチがどうして飛べるのか調べましたが、やはり『理論上、不可能』なままだったのです。

松本駅前センター2

※写真はミツバチです。

しかし、時が経ち、科学や研究が進むことによって、マルハナバチがどのように飛ぶかが解明される事になりました。マルハナバチは、当時の飛行機や鳥、また他の空飛ぶ生き物、昆虫の多くとは違い、羽を『回転』させ『空気の粘り』を捕まえる事で飛行するという、独自の飛行方法を持っていたのです。
そう、マルハナバチは小さな羽でありながら、周りと『同じ方法』や、人間の考える『不可能』の概念にハマる事なく『自分にあった方法』で、空を飛ぶ事が出来ているのです。

私たちも、たとえ『不可能』、『難しい』と思えることがあっても、自分自身に合った方法を見つけることで、不可能が、可能になる日が来るかもしれませんね。

あと2ヶ月もして、春を迎える頃。マルハナバチは、自分の飛び方で、春の野原を飛んでいることでしょう。

ウェルビー松本駅前センターには、松本市をはじめ、安曇野市、塩尻市、長野市、諏訪市、岡谷市などからご利用・見学・体験者様がお越しになっており、グループワークやPC訓練、軽作業訓練、企業実践、ビジネスマナーやウォーキング、リフレッシュ、イベントなど、たくさんのプログラムを開催しております。『就職に向けて集中力をつけたい』『一般企業への就職に向けてスキルを磨きたい』『人とのコミュニケーションが苦手』『生活リズムを改善したい』等のお手伝いをさせて頂きます。ぜひ一度、見学・体験にいらしてみませんか。皆様のご来訪を心よりお待ちしております。

そして、このブログを見て下さった皆様に、良い一日を

〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階

電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238

最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

松本駅前センター3

https://www.welbe.co.jp/center/nagano/matsumoto.html

ウェルビー松本駅前センター ブログアドレスQRコード

 

 

◆就労移行支援とは

障がい・難病をお持ちで、『就職しても長く続ける事ができない』、『学校を卒業予定だが進路が決まっていない』、『就職への見通しがたっていない』等。就職を希望している障がい・難病等がある方に対して、一般企業で働くために必要な知識・能力、生活リズムを身につけるトレーニングや、面接訓練、その人に合った仕事探し等のサポートを行う訓練施設です。施設内での支援だけでなく、ハローワーク、通院、面接の同行等の支援も行っています。

 

◆就職後もあなたをサポート

ウェルビーでは、晴れて就職され働きだしてからもサポートを継続し『定着支援』を行っています。入社後の慣れない環境での困りごと、仕事の悩み、人間関係についての相談、面談などを行っています。定着支援では、ウェルビーや職場の支援等も受けながら課題を解決し、自立していくことを目指します。

 

◆ご利用について

就労移行支援をご利用できる方は、一般企業へ就職を考えている以下のような方です。
・18歳~65歳未満で身体障害、知的障害、精神障害、発達障害、難病のある方
・18歳~65歳未満で医師の診断書、自立支援医療のご利用のある方
※うつ状態、引きこもりが続いている、その他お悩みがある場合でもご相談ください。
心身の状態、ご都合に合わせて、週に数日、短時間からでもご利用できます。

 

◆ご利用料について

就労移行支援のご利用料(自己負担月額)は、前年の世帯所得で決定されます。
世帯所得とはご本人様、又はご本人様と配偶者(奥様・旦那様)の合計であり、
ご両親様の収入は含まれません。ウェルビーでは、9割の方が無料で利用されています。

 

詳しくは、ウェルビー松本駅前センターまでお問い合わせください。
〒390-0815 長野県松本市深志1-2-2野田ビル3階
電話番号:0263-31-0237 FAX番号:0263-31-0238
最寄り駅:松本駅(お城口) 徒歩3分

【新横浜第2】センター内のコロナ禍での9つの対策

こんにちは、ウェルビー新横浜第2センター利用者のYです。

現在、昨年から続いているコロナ禍ですが、ウェルビー新横浜第2センター内でも安心して利用者、職員が通所、出勤できるように様々な工夫をしています。

今回のブログでは、ウェルビー新横浜第2センター内のコロナ禍での9つの具体的な対策をご紹介いたします。

新横浜駅前第2センター画像1

新横浜駅前第2センター画像2

初めてウェルビー新横浜第2センターに来所される方にも安心していただける環境を整えております。
見学も随時受け付けておりますので、お気軽にお問合せください。

___________________________

※就労移行支援事業所ウェルビー新横浜第2センターのブログは、訓練の一環としてご利用者様に作成頂いています。
就労移行支援事業所ウェルビー新横浜第2センターには、主に港北区・緑区・旭区・神奈川区・都筑区・鶴見区・青葉区にお住まいの方々が通っています。

発達障害(ADHD、ASD等)・うつ病・双極性障害・不安障害・統合失調症・高次脳機能障害・身体障害・知的障害などの精神・発達・身体・知的障害をお持ちの方々が、就職スキルを得るために訓練されています。パソコン訓練や軽作業訓練を行いながら、就職活動、就職後まで幅広くサポートしていきます。

現在新横浜第2センターでは、換気、アルコール消毒、パーテーションの設置などコロナウィルス対策を行っていますが、通所に不安がある方は在宅訓練も行っています。

就職に不安のある方はぜひ一度お問い合わせください。
見学・体験はいつでも行えます。Zoomでのオンラインにも対応。ご連絡をお待ちしています。

___________________________

【岡山】「就職者の声」

思いの篭もったメッセージを頂きました。

「就職者の声」をお届け致します。
本日ご紹介させて頂くM様のご利用当初の私の思い出をお一つ。
服装の話なのですが、日々いろんな色をチョイスしているのに、何故だか毎日M様と私の服の色が同じ。
2週間近く、そんな偶然が続きます。
こんなことって有るんだなぁと思いながら朝のご挨拶をいつもの様に交わしたある日。

ニヤッと笑いながら目が合って、
「毎日服の色が被ってますよねwww」
と大笑いしたのが昨日のことの様です。

ケガをされている方には率先してドアを開けて差し上げるなど、優しくて思いやりの有るM様の手記を本日はお届け致します。

 

ライン        ★就職者の声 M様★      ライン

 

私は自閉症スペクトラム障害とうつ病の診断名があります。最初にウェルビーを知ったきっかけは支援機関の紹介でした。数年前に見学・体験をしましたが自分にはまだ難しいと思い断念しました。

一般就労を目指したいと思い約1年前にウェルビーのドアを開きました。体験初日は緊張し記憶がありませんが、その日の担当してくれた職員の方がエレベーターの前までお見送りして頂いて嬉しかった事は覚えています。

通所開始は週2日からとお願いしました。今後の為に週5日のフルタイムを目指して半日通所ではありますが、担当職員と相談をしながら徐々に月20日を目指していきました。その後、半日通所はやめて一日通所をしていきました。

ブランク期間が長かったこともありコミュニケーションの事や自分自身の出来ていない事に対する葛藤の課題などに毎日ぶつかりながら過ごしていました。今まで何気なく過ごしていた私にとって最初の課題は「障害理解」でした。何が得意で何が苦手なのかを訓練の中で探す事から始まり、最初は「できているリスト」を作成して得意なことを探し始めました。

通所する中で一番助かった事は「担当職員との面談」です。理由は、担当職員と面談を通して自分の考えをまとめる事や気持ちを整理する事の大切さを学ぶきっかけになりました。

また、様々な課題にぶつかった時はアドバイス、出来ている事に対してお褒めの言葉をもらったお陰で自己評価の低かった私は通所開始時より自己肯定感が少し高くなりました。時には通院同行をしてもらい、普段話してこなかった主治医との就活への話題を話せることができました。

カリキュラムで特によかったのは、土曜日のビジネス講座と就活プログラムの振り返りでした。平日よりも参加人数が少ないことから質問しやすい環境だったことや担当してくれた職員の知識を入れながらのカリキュラムは非常に有意義でした。

他には卒業生の方々の声を聞く特別プログラムも積極的に参加していました。身近な見本である卒業生の方々は親身になって経験談を話しながら返答してくれました。
卒業生の方々には感謝してもしきれません。通所をする中で気分転換の方法を、寝るだけではなく、筋トレやスクラッチアートをすることに変更ができました。

通所から就職までは約1年1ヵ月で、企業見学は6社、企業実習は2社しました。また、報告書や面談をしっかりしました。今後の課題を見つける為の振り返りをして希望条件や希望職種、今後訓練する課題について考えるきっかけを作ることができました。

就職するタイミングは人それぞれではありますが必ず来ます。私自身初めての就活でしたが、ウェルビーの職員の方々のお陰で今の私が居ます。
だからこそ、今の状況に悩んでいる方や前に進みたいと思っている方には「ウェルビーを見学する事から始めてほしい」と思います。私の場合にはなりますが「ここに通所してよかった」と思える経験をさせてもらった場所がウェルビーでした。

また、人それぞれの利用の仕方を考えることが、通所する中で大切なことだと私は思います。自分自身の味方はたくさん居て損はないので就職する味方をウェルビーで探してみて下さい。

ライン2
ライン        ★担当職員より★     ライン

Mさん、ありがとうございました。
緊張した面持ちで来所下さってから約1年、あっという間でしたね。
初めての就職に向けてたくさんの不安や苦労もあったと思いますが、Mさんのメモする力、真面目にコツコツ粘り強く取り組む力をもとに、丁寧に振り返ることで進んでいかれましたね。
文章で伝えることが苦手と言われていたMさんがこれまでの取り組みを振り返って、このように文章で気持ちを綴ってくださったことに胸がいっぱいです。
色々な出来事に色々な気付きを得られていたことが改めて分かりとても嬉しいです。
頑張りすぎずリフレッシュをするためにもまたいつでもお気軽にいらして下さいね。
Mさんのお気持ちが、今ウェルビー利用を迷われている方の背中を押して下さると嬉しいです。

ライン2

2月23日体験会を開催致します。
体験会お申込みについて
・氏名、電話番号、ご来場時間、リモート参加をご希望の場合はその旨も
お伝え下さい。(下記までお願い致します)
電話:086-201-4004/FAX:086-201-4005/Mail:okayama@welbe.co.jp

 

2月23日(火)The談会(ざだんかい)
・13:00-14:00
卒業生の方を囲んで座談会(少人数でアットホームに♪)
・14:00-15:00
就活カリキュラム体験(ウェルビーのご利用様が受講しているカリキュラムを実際に体験するチャンス!こちらも少人数制導入)
・15:00-16:00
個別相談のご希望が有る方は是非どうぞ。

当日は入退室のアルコール消毒・パーテーション設置
ご来場時はマスク着用のご協力をお願い致します。

【宇都宮】2月の土日・祝日の予定のご案内

こんにちは!ウェルビー宇都宮センターです。

2021年もスタートし、早いことでもう1月が終わろうとしていますが、いかがお過ごしですか?
まだまだ寒い日が続きますが、万全の対策をとり就労を目指して頑張りましょう!

さて、宇都宮センターでの2月の土日・祝日の予定のご案内になります!
2月も引き続きさまざまなカリキュラムを行う予定なので、是非ご参加ください♪

新型コロナウィルス対策でのリモート見学会も行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

2021.2月予定表〈ブログ用〉

 

 

【静岡】見学・体験・相談会のご報告

皆さんこんにちは。ウェルビー静岡駅前センターです。

2021年が始まりました。各都道府県で非常事態宣言が再び発令され外出しにくい状態が続いていますが、我慢するだけでは精神的にも良くないので、『おうち上手』『ひとり上手』になっていきたいですね。

さて2021年1月20日(水)・21日(木)に、「見学・体験・相談会」を開催いたしました。
今回は新型コロナウィルス感染防止のため、日にちを2日に分けて十分にソーシャルディスタンスを取れる人数で実施しています。

最初に就労移行についての説明をした後、体験プログラムとして現在のコロナ事情に合わせた面接対策のご紹介をしました。

今では着用が当たり前になってきているマスク着用での面接のマナーや、少しずつ導入企業が増えているオンライン面接についてお話しし、実際にオンラインミーティングソフトを用いてカメラにどのように映るかを体験していただきました。カメラの角度や照明の当たり方、背景の状態によって印象が変わる様子を見ていただき、皆さん興味深く画面に映った自分をご覧になっていました。

ウェルビーでは、個別の見学や資料請求のご依頼も随時受け付けておりますので、これから「就職をお考えの方」、「就職したいけど少し迷いや不安がある方」、当センターへお気軽にお問い合わせください。

そして当センターでは、入室前に手のアルコール消毒や通所時の体温確認、面談室や利用者様のテーブルに飛沫防止の仕切りを設置するなど、安心して就職に向けた訓練を継続できるよう様々な対策を取らせていただいています。

【高崎第2】ウェルビーカリキュラム【グループディスカッション】をご紹介します!

こんにちは☺
ウェルビー高崎駅前第2センターです。

寒さが増々深まってきておりますが皆さまいかがお過ごしでしょうか。
さて、今回はウェルビーのカリキュラム「グループディスカッション」について
ご紹介したいと思います(*^_^*)

グループディスカッションとは、4~6人ほどのグループに分かれて、
ひとつのテーマについて話し合いを行うプログラムです。

・自分の考えを上手に伝える力
・相手の立場に立って意見を聞く力
などを学ぶことで「コミュニケーション能力の向上」を目指します。

伝える力・聞く力と聞くと、何だか難しいそう、、、(-_-)
と思われる方もいるかもしれませんが、基本的な挨拶の仕方、
あいづちの打ち方や相手に失礼のない姿勢などから学ぶ事が
できます(^^)

話し合いのテーマも様々です(^-^)
「仕事においてスピードと質どちらが大切か」のような
就職についての具体的なイメージを育てる話題から
「寒い時に元気を出す方法」などのカジュアルな話題まで
幅広いテーマをご用意しております(*^_^*)!!

慣れるまでは、カリキュラムを見学していただく事も可能です♪
話す事に不安がある方、難しいなと感じる方へは
スタッフが丁寧にサポートをいたします(*^▽^*)

また、話すことがつらい場合は答えることをパスできるルール
もあるため、安心してご参加くださいね♪♪♪

ウェルビー高崎駅前第2センターでは、随時、
無料の見学・体験を受付けておりますのでお気軽にお問合せ下さい!!

自分らしく働きたいあなたへ」

 

就労を目指している障がいのある方、ご家族の方、支援機関の方、興味のある方
是非お待ちしております!!

【池袋】卒業生の方へ 2月OBOG会のお知らせ

池袋センターよりご就職された卒業生の皆様、こんにちは!

本日は、2月のOBOG会についてお知らせします。

★OBOG会★(卒業生対象)

2月12日(金)  17:00~19:00
ただし、緊急事態宣言が延長された場合は、
1月と同様17:00~18:00の開催となりますのでご注意ください。

OBOG会とは、就職して池袋センターを
卒業した方たちが集まり、スタッフと面談したり
他の卒業生たちとお話したりする会です。

毎月話に花が咲き、皆さん楽しそうにされている
様子がうかがえます。

参加の可否は、お電話(03-5956-2011)
またはメール(ikebukuro@welbe.co.jp)の
いずれかでご連絡ください。

2/8(月)までにご連絡をお願いします。

皆様のご参加をお待ちしています!