【松戸第2】特別プログラム「感情の整え方、使い方」開催のご報告

皆さま、こんにちは。ウェルビー松戸第2センターです。

急に暖かくなったり寒い日に戻ったり、不安定な気候ですが、日差しの明るさには確実に春の気配が感じられます。

今回は「感情の整え方、使い方」についてセミナーを行いました。

【松戸第2】感情のコントロール

〇普段、つい職場や家庭で怒ってしまう
〇将来の不安ばかりが募ってしまう
〇なんだか憂うつな気分から抜けきれない

このように、普段から抱えがちな負の感情は、抑えようとしても振り回されてばかり。
人間の感情面は親からの遺伝や育った環境のせいで、自力では変えられないと思っていませんか。
「重要なことは何を遺伝したかではなく、幼い頃に遺伝として与えられたものをどう使うか」
自分がイライラしがちだったり、心配性だったり、せっかちだったりしたとしても、
そうした感情を周囲に対してどのように使うかは、遺伝でありません。
それをどう人生で使うかは「自己決定性」として自分で決められるのです。
〇感情をコントロールして、自分を変えることができる。
〇自分を変えることは今からでもできる。
〇自分が変われば人生が変わる。

感情の捉え方、3つの特徴
① 感情にはプラスの「陽性感情」とマイナスの「陰性感情」がある。
② 現在の感情、過去に向かう感情、近未来・未来に向かう感情など、時間軸がある。
③ 感情の一部は目標(理想)と現実(現状)の落差から生まれる。

怒り、恨み、不安、心配、恐怖、あせり、嫉妬、羨望、憂うつ、劣等感といった感情について、どうか悪者扱いしないでください。
これらは必要だったから備わった心の働きなのです。
制御不可能に思える感情たちは、自力でコントロールできるばかりか、私たちがよりよく生きるために大きな味方になってくれます。
「あらゆる感情は人生を鮮やかに彩るパートナー」なのです。

感情をコントロールできるようになると対人関係が上手くいき、職場でのトラブルが減り、長く安定した就職が実現します。
感情を上手く使って、就職活動に活かし、これからの人生を変えてみませんか。

ウェルビー松戸第2センターでは、就職に向けてさまざまなことを想定し、体験できるプログラムをご用意しております。
随時、見学も行っております。皆さまからのお問合せをスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

ウェルビー松戸第2センター詳細
千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
電話:047-712-0507
JR常磐線・新京成線「松戸」駅(西口) 徒歩5分
京成バス「松戸本町」バス停 徒歩0分
※ウェルビー松戸センターのビル「松戸第一生命ビル」と隣のビル
松戸第2
詳しくは松戸第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、松戸第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

就労移行支援事業所ウェルビー 資料請求バナー    就労移行支援事業所ウェルビー 問い合わせバナー

 

【松戸第2】特別プログラム「20答法~20の私を知る」について

皆さん、こんにちは。ウェルビー松戸第2センターです。

先日、天気予報を観ていたら『日本国内で温度差が50度もあった』という話を耳にしました。
北海道では‐25度、石垣島では25度の夏日を記録したため、日本国内で50度も気温差があったということでした。
縦に長い日本だからこその現象と言えるとのことでした。
センターがある松戸は北海道程ではないですが、寒い日が続いているので、石垣島が少し羨ましくなってしまいました。
さて突然ですが、皆さんはこのような想いを抱えていませんか?

「自分は何が好きで、嫌いなのか分からない…」
「自分の悩みがモヤモヤしていて言葉に出来ない…」
「自分の得意な事が分からないから、自分に合った仕事が分からない…」

このような想いを抱えている方にお勧めなのが、

『20答法』です。

【松戸第2】特別プログラム「20答法」
20答法とは、「私は○○です。」と20個書き出し、自己理解を深めるためのツールです。
書き出す内容は、私は男性(女性)です、私は自由な時間が欲しいです、私はお金持ちになりたいです等々、なんでも大丈夫です。

自己理解を深めることは、就職活動において自分に合った職種を探すこと、自己アピールや志望動機を伝える際に役立ちます。

参加して頂いた皆様からは、「自分自身を改めて知る機会になった」、「自分をより深く知れたと思う」、「20個書き出すのが意外に難しかった」等の感想が出てきました。

そうなのです!20個自分の事を書き出すというのは意外と難しいのです。
だからこそ、このような取り組みを通じて自己理解を深めることが大事だとも言えますね。
ブログをご覧の皆様、この機会に20答法にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

今後、予定している特別プログラムは『インプロゲーム』です(状況により、プログラム内容は変更になる場合がございます。ご了承ください)。
グループワークの様にコミュニケーション力や自己表現が身に付く、楽しい取り組みですので、宜しかったら見学にいらっしゃいませんか?

ウェルビー松戸第2センターでは、このほか、M.A.Pなど松戸第2センターオリジナルのプログラムを含め、様々なプログラムをご用意しております。
随時見学・体験も受け付け中です。ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

ウェルビー松戸第2センター詳細
千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
電話:047-712-0507
JR常磐線・新京成線「松戸」駅(西口) 徒歩5分
京成バス「松戸本町」バス停 徒歩0分
※ウェルビー松戸センターのビル「松戸第一生命ビル」と隣のビル
松戸第2
詳しくは松戸第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、松戸第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

就労移行支援事業所ウェルビー 資料請求バナー    就労移行支援事業所ウェルビー 問い合わせバナー

 

【松戸第2】特別プログラム「適性適職と長く働き続けるためのコツ③~自分の職種候補を探しだそう!~」実施のご報告

皆さん、こんにちは。ウェルビー松戸第2センターです。

立春を過ぎたのにまだまだ寒くて、こんなに春の暖かさが待ち遠しい冬は久しぶりのような気がします。寒すぎる分、春が楽しみですね。
春になったらやりたいことがたくさん出てきそうです。。。

ところで、2月の第2土曜日10日に実施した特別プログラムについてご報告です。今回は、「適性適職と長く働き続けるためのコツ シリーズ」の第3弾!!
「自分の職種候補を探しだそう!」という題目で
~自分を知る手がかりプロジェクト~を勝手に発足!ワークを2つ実施しました。

さて、実施したワークの一部をちょっとだけお伝えします。

早速ですが・・・あなたは、地球の危機を救うため宇宙に旅立たなくてはいけなくなりました!戻れるかわからない長い旅になりそうです。
ただし、自分の大切なものを5つだけ持っていけます。何を選びますか?
大切な思い出の写真や宝物? それとも今夢中になってるゲーム機器?(宇宙で出来るのか???) マンガ本? ペットや友人、家族?

大切なものと一緒に宇宙へ出発!
しかし、宇宙旅行は、ずっと順調・・・ではありません。途中で・・・・・
あー、これ以上は言えません。。。

自分の大切な5つの”もの”、”人物”などなど・・・あなたが大切なものに囲まれていることを意識し、感謝をして日々過ごせるようになれたら大成功!のワークでした。

参加者の方は、話をしていくにつれてだんだん悲しそうな表情になっていきました。
あなたの大切なものは、あなたの価値観に関係してきます。そして、それが思考や行動へ影響を与えることもあります。
小さなことでも自己理解していくということは、この先の生きづらさを軽減することが出来るきっかけや助けになるはずです。
こんな感じのワークで自己理解のための一役になれたらうれしいなと感じて、ワークを終わりました。

次回も~自分を知る手がかりプロジェクト第2弾~として、ワークと適性適職判断を実施予定です。
このような特別プログラム以外にも就職に役立つカリキュラムを多数ご用意しています。是非気軽に一度ご連絡、または見学にいらしてください。

適性適職と自己理解パート3_チラシ

 

ウェルビー松戸第2センター詳細
千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
電話:047-712-0507
JR常磐線・新京成線「松戸」駅(西口) 徒歩5分
京成バス「松戸本町」バス停 徒歩0分
※ウェルビー松戸センターのビル「松戸第一生命ビル」と隣のビル
松戸第2
詳しくは松戸第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、松戸第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

就労移行支援事業所ウェルビー 資料請求バナー    就労移行支援事業所ウェルビー 問い合わせバナー

 

【松戸第2】特別プログラム「こころのクセを見直そう」プラス思考エクササイズⅡ ご報告

皆さま、こんにちは。ウェルビー松戸第2センターです。

一年で一番寒い日「立春」を迎え、春が待ち遠しい今日この頃です。
今回は「こころのクセを見直そう」プラス思考エクササイズⅡと題して、特別プログラムを実施しましたので、そのご報告です。

【松戸第2】こころのクセを見直そう

毎日の生活や仕事の場面で
〇こんなに頑張っているのに誰も気づいてくれない
〇私が全部やらなくちゃ…他人に任せることができない
このように、悩む、イライラすることはありませんか。

不快な気持ちになることは誰にでもあります。
そのとき、①不快になったきっかけ、②頭に浮かんだマイナスの考え、③客観的な考え、④自分で導き出したプラスの考え、この4つのステップでプラスの考え方を導き出します。
今回参加していただいた方々には、不快になったきっかけからプラスの考え方を発表していただきました。
振り返りでは、マイナスのイメージだと自分がストレスを感じるばかりなので、プラスのイメージにすることで気持ちが楽になることがわかったという意見をいただきました。

そして、メンタルトレーニング術を身につける方法として
① 6D(どうせ、でも、だって、ダメだ、どうしよう、できない)、2S(しょせん、しなければならない)の口ぐせをやめる。
② 「私」を主語にものを考える。
みんながこうするから私もこうする⇒私は〇〇する
会社の命令だからこうする⇒私は〇〇したい
③ 短所を長所に言い換えてみる。
引っ込み思案⇒おくゆかしい
小さなことにこだわる⇒神経がこまやか
④ 歩きながらプラスイメージをふくらませる。
ウォーキングには脳内ストレスホルモンを減らし、脳の働きを高めてくれる作用がある。
⑤ 15分考えてダメならやめる。
15分考えて結論が出なければいったん忘れる
落ち込む時間や悩む時間に「時間制限」をもうける
このようなお話をさせていただきました。

 

考えかたのクセは自分では気づかないものも多く、ついついストレスをため込んでしまいます。
今回のプログラムでは、他の人はどう考えているのか、自分の考え方は偏っていないかなど、いろいろなエピソードを通して自分のこころのクセに気づけた人もいるのではないでしょうか。

 

ウェルビー松戸第2センターでは随時、見学や体験を行っております。
皆さまからのお問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

ウェルビー松戸第2センター詳細
千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
電話:047-712-0507
JR常磐線・新京成線「松戸」駅(西口) 徒歩5分
京成バス「松戸本町」バス停 徒歩0分
※ウェルビー松戸センターのビル「松戸第一生命ビル」と隣のビル
松戸第2
詳しくは松戸第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、松戸第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

就労移行支援事業所ウェルビー 資料請求バナー    就労移行支援事業所ウェルビー 問い合わせバナー

 

【松戸第2】M.A.P.活動報告【長期計画に挑戦】

冬だ!

雪だ!

電車が動いてなーい!

 

いつからだろう。雪が楽しみでなくなったのは……。
子どものころは「学校休みきたあああああああああ!!!!!!」とか言ってたんですけどねぇ。

 

というわけで皆さんこんにちは。
ウェルビー松戸第2センター、M.A.P.担当です。

松戸第2センターでのM.A.P.の活動も、早いもので7か月目に突入しました。
参加者の皆さんが少しずつ成長してきている光景を見ていると、ああ頑張っているなぁとしみじみ思います。

さてさて。そんなこんなでM.A.P.が軌道に乗ってきた所で――
せっかく「日常生活や将来に役立つ気づきの提供」と謳っているプログラムですので何かできないかなぁと考えまして……。

 

この度、M.A.P.は長期計画に入る事になりました。
約2ヶ月間の期間を通して、一つの「成果」を皆で作っていくプログラムを実施しています。

具体的に何をしているかは――今は内緒です。
しかしながら、完成した暁にはきちんと報告を致しますのでご安心を。

※M.A.P.の見学は随時可能でございますので、「どんな活動をしているのかな?」と気になった方は是非センターにお越しください。

えっ。こんなことしてるの?と、驚かれるかと思います。
通常の講座や訓練では経験できない、非日常空間を見る事ができますよ!

 

~おわりに~

※M.A.P.で扱うアクティビティ・ゲームは全てがオリジナルと言う訳ではありません。
チームビルディング等の教育をしている誰かが、制作したものである場合があります。
本来であれば出典を掲載したい所ですが、例えば鬼ごっこや手遊び等のゲームのように、ローカルルールや呼び名が異なる場合があるのと同様、同じ内容でも地域やエリアによって呼び名が変わっている、またはルールや目的が微妙に異なっている事が多いのが現状です。似たようなゲームはあれど、原典が不明な場合も多いです。

しかしながら、私達が全部オリジナルで作りました!と言うアピールをする目的でM.A.P.を運営している訳ではありません。
利用者の皆様がより良い就労生活を送れるようにと願い、M.A.P.を運営しています。
そのため、もし掲載しているアクティビティ・ゲーム等でオリジナルがお分かりになる場合は、是非教えて頂ければと思います。
また、上記内容についてご質問・問題点等がございます場合は、センターまでご一報いただければと思います。

 

ウェルビー松戸第2センター詳細
千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
電話:047-712-0507
JR常磐線・新京成線「松戸」駅(西口) 徒歩5分
京成バス「松戸本町」バス停 徒歩0分
※ウェルビー松戸センターのビル「松戸第一生命ビル」と隣のビル
松戸第2
詳しくは松戸第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、松戸第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

就労移行支援事業所ウェルビー 資料請求バナー    就労移行支援事業所ウェルビー 問い合わせバナー

 

【松戸第2】特別プログラム「日々の食生活を見直してみよう」のご報告

こんにちは。ウェルビー松戸第2センターです。
今回は1月20日(土)に行った特別プログラムのご紹介をします。

日々の食生活を見直してみよう(1月20日特別プログラム)チラシ
日頃なにげなく食事を摂っている方もいれば、食事バランスに気を付けている方もいらっしゃるかと思います。

今回は「日々の食生活を見直してみよう」をテーマに
①バランスよく食事を摂る事ができているかの振り返り
②日々の食生活が体力・気力の充実につながっていくこと
③就職してからバランスのよい食事を時短かつ安く用意できる方法
のお話をさせていただきました。

ところで皆さま、ご自身の1日に摂取しないといけないカロリーは何キロカロリーかご存知でしょうか。
知っているようで、ご存じない方が多いかと思います。

18~69歳 男性 事務仕事をされる方の場合で2400から3000キロカロリー
18~69歳 女性 同じく事務をされている方の場合は2000から2400キロカロリー

だそうです。ただ摂取カロリーが必要量とれたとしても、食事バランスが大切!!
主食・副菜・主菜・牛乳および乳製品・果物を1日どれくらい摂ると良いか確認いただき、
昨日、食べた食事を記入して、食事バランスチェックシートを作成してもらいました。
バランスよく摂られている方、少しバランスが崩れている方、様々でした。

最後に時短で安価な料理を紹介させていただきましたが、
就職すると料理にかける時間が取りづらくなり、食事のバランスも崩れやすく、
体調や精神面の安定を図ることが難しくなるかも・・・。
手前味噌ですが、にんじん、ピーマン、きのこ、たまねぎなどを切って野菜の水煮を多めに作り置きし、
野菜の水煮にひじき、大豆の水煮を入れルーを加えてカレーを作ったり、野菜の水煮に豆腐やひき肉を合わせてマーボー豆腐を作ったり、
自分が日頃作っている時短メニューを紹介させていただきました。

今回の特別プログラムにご参加いただいた皆様からは
・栄養バランスに偏りのあった食事をしていることが分かった
・食事を見直すきっかけとなった
・時短メニューを作ってみたい
というご感想をいただきました。

生活・仕事をしていくうえで食生活は大切ですよね。

ウェルビー松戸第2センターでは様々なカリキュラムを通して、皆様の就職の準備をサポート致します。
随時見学・体験も受け付け中です。ご質問だけでもどうぞお気軽にお問い合わせ下さい。
スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

ウェルビー松戸第2センター詳細
千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
電話:047-712-0507
JR常磐線・新京成線「松戸」駅(西口) 徒歩5分
京成バス「松戸本町」バス停 徒歩0分
※ウェルビー松戸センターのビル「松戸第一生命ビル」と隣のビル
松戸第2
詳しくは松戸第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、松戸第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

就労移行支援事業所ウェルビー 資料請求バナー    就労移行支援事業所ウェルビー 問い合わせバナー

 

【松戸第2】特別プログラム「キャリアシミュレーションプログラム」開催のご報告

皆さま、こんにちは。
ウェルビー松戸第2センターです。

私たちのセンターがある千葉県でも、先日は雪が積もり、交通機関に大きな乱れが出ました。
滅多に雪が積もらない地域だからこそ、交通機関だけでなく、私たち「人」も交通機関と同じく混乱するのだな・・・と、実感しました。
各地の天気予報をチェック、雪に備えた服や靴の準備、交通機関の混雑を想定して起床時間を調整…。
雪が降り積もることによって、時間の使い方、やることが変わり、右往左往します。

仕事をする(している)と、こういった「思わぬ事態」に遭遇することも珍しくはありませんね。

今回の「キャリアアップシミュレーションプログラム」では、仕事や職場、私生活も含めて、
「こういうことって実際にあるかもしれない!!」という出来事に対して、どのように受け止め、
判断し、対処し、その結果何が待っているのか、ワークを通じて疑似体験しました。

【松戸第2】キャリア趣味レーションプログラムのお知らせ

「最近上司から細かく注意される。でも、理由がよく分からない」

(あります、あります、こういうこと!!)←スタッフ心の声。

このような時、
①誰にも言わず、1人で悩む。
②同僚、先輩に相談してみる。
③思いきって上司に理由を聞く。

(プログラムの主旨を考えると②だろうな・・・。でも実際すぐに同僚や先輩に相談出来るかな・・・。とはいえ、もしかすると③は
火に油を注ぐような結果にならないかな・・・。こうやっていろいろ考えてしまうということは、①が現実なのかも・・・。)←スタッフ心の声。

もちろん正解はありません。
出来事に遭遇した時の、ご自身の考え方の傾向を知ったり、ほかの人の考え方を参考にしたり、
「いつもそういう考え方だったから同じ失敗を繰り返していたのか~!」
「今まではこのように考えて対処してきたけれど、案外そういった考え方も良いかもしれない」と、
気付きがあることが大事なワークです。

参加された皆さまからは
「相談してみるのも良いものだなと思った。これからは困ったことがあったらまず相談しようと思った」
「過去の仕事を思い出して、あの時○○していれば今と結果が違ったのかなと思った」
「前向きな選択が良い結果につながるような気がした」
といった感想が聞かれました。

予想もしない出来事に出会うのが日常生活であり、職業生活です。
雪が降ってもなるべく混乱しないように、私たちは様々な準備をします。
今回の特別プログラムは、これから職業生活を送る皆さまの「準備」のひとつ

ウェルビー松戸第2センターでは、こうした特別プログラムを通じて
「安心して長く働く」ための「準備」をサポートいたします。

ホームページをご覧いただき、気になることなどございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さい。
ご希望の方にはセンターで個別の見学説明も行っております。
皆さまのご来所を、スタッフ一同お待ちしております。

 

ウェルビー松戸第2センター詳細
千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
電話:047-712-0507
JR常磐線・新京成線「松戸」駅(西口) 徒歩5分
京成バス「松戸本町」バス停 徒歩0分
※ウェルビー松戸センターのビル「松戸第一生命ビル」と隣のビル
松戸第2
詳しくは松戸第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、松戸第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

就労移行支援事業所ウェルビー 資料請求バナー    就労移行支援事業所ウェルビー 問い合わせバナー

 

【松戸第2】フォーラム活動報告【ウェルビー動画コンテスト 優勝!】

I hope this year will bring you much success and progress.
Thank you for your continuous support with us.

英語はあまり得意ではないのに、海外ゲームに手を出してしまいました。
海外産のゲームはスケールが大きいものが多いので、小説をガッツリ読み込むような満足感があるんです。
→趣味が無いなぁと思っている方、お勧めですよ! ※時間泥棒になる場合もありますのでほどほどに!

そしてプレイしていて気づいたことは、この手のレベルの英語でも頑張ってチャットしようとすれば意外とできるもの。翻訳ツールなんてものもありますしね。

というわけで今年の目標は、
「明らかにレベルが足りて無さそうでも、チャンスと感じたらとりあえずやってみる」
で、行こうと思います。MAP担当です。
皆様、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします!

 

さて、今回はMAPの活動報告ではありません。
実は昨年12月、ウェルビーフォーラムが開催されたのですが、皆様はご存知でしたか?

ひょっとしたら、皆様の中にも行った方がいらっしゃるかもしれませんね。
沢山の方がご来場いただいたとの事で、大変ありがたい事だと思います。

―――で、ここからが本題なのです。

実はこのフォーラムにおいて、【ウェルビー動画コンテスト】というものも同時開催されていまして。
この動画コンテスト、各センターで自主的に動画を制作し、PRをしてもらう……という主旨の企画でした。

 

 

こんな松戸第2向けの企画があるのか!
急げ!カメラスタンバーイ!

 

 

そんなこんなで始まった動画撮影企画。

ところが。

 

最初のテーマ決めから難航し、一度決まった案が撮影中にまさかのボツ。
更に動画撮影中に、「画質の企画が変わってFHDがOK」という事で……

 

 

もういっそ撮り直した方が良いんじゃない?
行ける行ける!コンセプトは取りながらきめてこー!

 

臨機応変と言う名のアドリブ☆スタイルで行こう!と決まったは良いものの……

 

で、筆者さん。まず何します?台本は――?

 

(´・ω・) ……。そんなもんすぐ出るわけないでしょうよ。

 

と言ったすったもんだを繰り返しながらも……

 

期日内に動画完成!やったね!

 

ここは松戸第2クオリティ。ちゃんと納期を守って最高画質の動画を納品する事ができました。

 

そして当日。コンテストの結果発表で……

 

 

【松戸第2】就労フォーラムで優勝

じゃーん。(写真は動画撮影に協力してくれた利用者さんです。)

 

2位のセンターと50票以上の差をつけ、堂々の優勝でございます。

 

「当然の結果ですね」(*’▽’)
と言うのはセンター長から直々に仰っていただけましたがまぁ――
正直筆者は不安しかなかったですけど!

 

しかしながら、新設センターで知名度のハンデをものともせず、いきなり1位を勝ち取れたことは私自身大きな自信に繋がりました。

知名度だけではない、松戸第2センターの底力をちょっとはPRできたかな……、と思います。

 

現在松戸第2センターにて、見学者の方に限定公開中です。
見逃した方、気になる方は是非当センターにお越しください。

 

また、制作指揮を執った筆者(監督気取り)がお送りするMAPも好評実施中!

 

We are really looking forward to you hearing and coming.

Cheer to 2018!

 

January 17, 2018
Chief M.A.P. Training Section
Largo

【松戸第2】特別プログラム【マインド・マップ】実施のご報告

皆さん、こんにちは。ウェルビー松戸第2センターです。

2018年がスタートしましたね。
今年をどのような年にしたいか、皆さん少なからず考えているのではないでしょうか?
先ずは『新年の抱負』を立てたいものです。

・・・・・・

ところで、抱負とはなんでしょうか?
改めて考えてみると意外に難しい…気になったので調べてみました。

筆者の調べによりますと、抱負は『やり遂げたいと心の中でいだく考え・計画』のことだそうです。

計画、考え…口に出すのは簡単ですが、いざ明確にしようとすると難しいですよね。

そんな時に役立つのが『マインド・マップ』です。

【松戸第2】マインドマップ チラシ原稿

 

マインド・マップは思考の整理や柔軟な発想を得るための手法として人気です。

簡単にまとめると…頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのことです。そのため記憶・整理(理解)・発想が格段にしやすくなり、解決策を見つけ何かを実現して行くときに役立ちます。

今回、松戸第2センターでは『2018年、頑張りたいこと、やりたいこと』をテーマにマインド・マップの作成をしました。

参加していただいた皆様には、「思っていた以上に頭の中で色々考えていることが分かった」、「頭で考えていることが整理しやすかった」等の感想が見られました。

思考を整理することは私生活だけでなく、仕事において
「色々仕事を任されたけど、何から手を付ければ良いか分からない…」
「アイデアが閃いたのに、考えを纏められない…」
等、考えを纏める時に役立つと思われます。

2018年はまだ始まったばかりです。この機会に皆様も、新年の抱負をマインド・マップで作ってみてはいかがでしょうか?

 

ウェルビー松戸第2センターでは、このほか、M.A.Pなど松戸第2センターオリジナルのプログラムを含め、様々なプログラムをご用意しております。

随時見学・体験も受け付け中です。ご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

 

ウェルビー松戸第2センター詳細
千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
電話:047-712-0507
JR常磐線・新京成線「松戸」駅(西口) 徒歩5分
京成バス「松戸本町」バス停 徒歩0分
※ウェルビー松戸センターのビル「松戸第一生命ビル」と隣のビル
松戸第2
詳しくは松戸第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、松戸第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

就労移行支援事業所ウェルビー 資料請求バナー    就労移行支援事業所ウェルビー 問い合わせバナー

 

【松戸第2】特別プログラム「こころのクセを見直そう~プラス思考エクササイズ~」開催のご報告

皆さま、こんにちは。
ウェルビー松戸第2センターです。

気が付けば師走も終盤となり、あっという間に2017年が駆けぬけようとしています。
皆さまにとって今年はどんな1年でしたか。
今年を振り返り、自分のことを見直すと「こころのクセ」が見えてきました。
今回はこのこころのクセを見直そうをテーマに特別プログラムを行いました。

【松戸第2】心の癖を見直そう

なぜ、悪い方に考えてしまうのか?
 ・好きな人ができた → どうせ私なんて相手にされないに決まっている
 ・仕事で大きなミスをした → 私には重荷だったんだ

人は無意識のうちに、いつもと同じパターンで物事を見て処理をしています。
しかし、そのような自分の「こころのクセ」が原因で、周囲にうまく適応できない、憂鬱な気分に悩まされることはありませんか。

そこで、自分におきた不快なエピソードを書き出してみます。
不快になったきっかけ → 就職の面接で落とされた
頭に浮かんだマイナスのイメージ → 私のどこに問題があったの
客観的な考え方 → 企業の求めている人材が自分と違っていた
自分で導き出したプラスの考え → 今回は練習だと思って、もっと条件のいい会社にチャレンジしてみよう

今回プログラムご参加の皆さまには、不快になったエピソードをこの4つのプロセスに分けて、気持ちの変化を書き出していただきました。
ヒソヒソ話が気になった、電車で割り込みをされたなど、さまざまな出来事を発表していただきましたが、順を追って考えていくことにより、不快だった出来事からプラスの考えを導きだすことができるようになっていました。

このように、プラス思考エクササイズでは、自分におきたストレス状況をできるだけ客観的にとらえて、合理的で柔軟な考え方を導きだせるようにしていきます。
これらのことを日々繰り返すことにより物事の見方が変化してきます。
そしてとにかく、プラスの考え方を自分の思考回路に刷り込んでいきます。

いかがでしょうか。まずは自分の「こころのクセ」に気づき、「うまくいく自分」になるために、プラス思考のエクササイズを始めてみませんか。

ウェルビー松戸第2センターでは、就職に向けてさまざまなことを想定し、体験できるプログラムをご用意しております。
随時、見学も行っております。
皆さまからのお問い合わせをスタッフ一同心よりお待ちしております。

 

ウェルビー松戸第2センター詳細
千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
電話:047-712-0507
JR常磐線・新京成線「松戸」駅(西口) 徒歩5分
京成バス「松戸本町」バス停 徒歩0分
※ウェルビー松戸センターのビル「松戸第一生命ビル」と隣のビル
松戸第2
詳しくは松戸第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、松戸第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

就労移行支援事業所ウェルビー 資料請求バナー    就労移行支援事業所ウェルビー 問い合わせバナー