【名古屋】1%

寒さもだいぶやわらぎ、過ごしやすく感じる日が増えてきました。
春になると新しいことを始めたくなる方も多いのではないでしょうか。

皆さんは、新しいことを三日坊主にならずに続けられますか?
私は苦手です!!

が、続いていることが1つだけあります。
それは・・・

英語の勉強です。
約4ヶ月間継続出来ています!!

続けるうえで、意識していることが「1日1%だけ頑張る」こと。
1日の1%は、時間にすると15分なんだそうです。
15分というと、「やらなきゃ!」としっかり気持ちを切り替えなくても通勤時間の中で「ちょっとやろうかな」と軽い気持ちで出来るので、私には合っていました。

ウェルビーの訓練でも、このようなスモールステップを大切にしています。
午前からの通所を目指して、まずは10分早く起きてみる。
訓練でのミスをまずは1つ減らしてみる。
そんな積み重ねが、なりたい自分への一歩だと思います。

ウェルビーでの訓練やセンターについて気になる方はお気軽にお問い合わせください。

名古屋駅前センターではZOOMでもウェルビーについての説明会を開催しておりますので、ご希望の方はご相談下さい。

☆★☆見学会、無料体験も随時受付中☆★☆

【宇都宮】スタッフ紹介

寒さの中にも春の足音が聞こえてくる中、2022年2月より入社しましたワタナベと申します。入社して1ヶ月近く経過しましたが、諸先輩方のご指導を受けつつ、日々精進しております。ウェルビーではコミュニケーション能力を高める講座、基本的なパソコン訓練など就労に活かせる様々なプログラムがあり、利用者の方々はそれぞれの目標に向けて真摯に取り組んでいる姿を見る中で、私自身も日々努力していかなければと感じております。その他、体力増進のためのウォーキングプログラムもございます。どんなに些細なことでもよいので、「ウェルビーに来て良かったと思える瞬間」を皆様と発見・共有していけたらと考えています。よろしくお願い致します。

【ウェブ掲載】ウェルビー宇都宮センター(3月18日)

いつでも見学・体験を受け付けておりますので是非お問い合わせください。
宇都宮センター一同、心からお待ちしております。

★また宇都宮センターから徒歩10分、JR宇都宮駅からも徒歩10分ほどに、
ウェルビー宇都宮第2センターがあります。ご興味ある方は、こちらへ!
★現在宇都宮センターご利用中の方は、
宇都宮市、日光市、鹿沼市、栃木市、上三川町、下野市、小山市、壬生町、真岡市、益子町、さくら市、茨城県筑西市…などから通所されております。

ウェルビー宇都宮センター
TEL:028-614-3323
FAX:028-614-3324

【蒲田】ジブンを大切にすること

ウェルビー蒲田センターsky1

皆さん、こんにちは!
ウェルビー蒲田センター支援員の八田です。

少しずつ寒さも和らぎ、暖かな日差しに春の訪れを感じるとともに、花粉も急激に飛んできましたね。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

就職してから最も大切になるチカラのひとつに、「ジブンを大切にすること」があります。
人は元々防衛本能があり、何らかのストレスや危険を察知すると何かしらの反応をおこします。それが、不安や動悸、頭痛、吐き気、倦怠感などの症状としてアウトプットされます。

そのような不調に就労してから陥らないために、①自分の不調の波を知ること ②自分のエネルギー配分を知ること ③自分の機嫌は自分でとることが大切になります。

① ジブンの不調の波を知る
人は誰しも精神状態がよい時もあれば、悪いときもあります。よい時は、心と体の波長があっている時。悪い時は心と体のバランスが乱れている時ではないでしょうか。波の振り幅が大きいとその分落ち込みも大きくなります。波の形や振り幅は人それぞれ。まずはどんな時にどのような不調の波がくるのか知ることが大切です。ウェルビー蒲田センターでは、K-STEP(川崎就労定着プログラム)を活用して自分の波を知り、セルフケアができるよう体調管理をおこなっています。

ウェルビー蒲田センターホワイトボード
② ジブンのエネルギー配分を知る
皆さん100%で頑張りすぎていませんか?
これまで、頼まれる仕事をすべて引き受けてしまいキャパオーバーになってしまったり、短い納期で残業になってしまったりなんて経験はないでしょうか。
長く働き続けるためには、自分のエネルギー配分と自分の働き方を知っていることが大切です。
どのような働き方であれば、無理なくワークライフバランスを保てるのか。
どのような働き方が自分にあっているのか。
どのような働き方が自分にできるのか。
どのような働き方をしていきたいのか。
一緒に皆さんらしい働き方を見つけていきましょう。

ウェルビー蒲田センター太陽
③ ジブンの機嫌は自分でとること
みなさん自分を大切にしていますか?
バランスのとれた食事や適度な運動、
心と体をリフレッシュするチカラは健康に生活する上でも、ながく働き続ける上でもとても重要です。
就職してから皆さんの話を聞くと、仕事で疲れて土日は1日中寝てしまっている。なんて話を聞くことがあります。睡眠は重要ですが、心と体のリフレッシュも同じくらい大切です。

自分の機嫌をとる=やりたい放題わがままをするということではありません。あくまでも自分の心と体が本当に必要なことをするとういことです。

私も体は元気でも心と頭が疲れてしまう時があります。そんな時は、カフェでゆっくりとした時間を過ごしたり、近くの公園をウォーキングしたり、外で読書をしたりして自分のご機嫌をとっています。自然に触れ空を眺めていると不思議と心も頭もリフレッシュされ、翌日からの仕事もはかどります。
リフレッシュの仕方は人ぞれぞれ。皆さんらしいリフレッシュ方法を見つけ自分のご機嫌を上手にとってくださいね。

ウェルビーでは、皆さまの働き方を応援しています!
障がい者雇用でどのような働き方ができるのか。
ひとりでの就職活動が不安なかた。
ひとりで悩まれているかた。
ぜひ一度ご連絡ください。
ウェルビーのスタッフと一緒に、新たな一歩を踏み出してみませんか。
専門のスタッフが、皆さまに寄り添った支援をおこないます。

就職はゴールではなく、新たなスタート!

「ながく働き続けるチカラ」をウェルビーで一緒に身につけませんか。

◎ウェルビー蒲田センター
資料請求はこちら
見学申し込みはこちら

ウェルビー蒲田センターmap

【金沢】「定着支援」について

こんにちは♪

ウェルビー金沢センター岩崎です。

3月に入り、春の陽気を感じる季節となりました。
だいぶ暖かくなりましたが、花粉症の季節ともなり私自身とてもつらい時期です。

皆様は、花粉症は大丈夫でしょうか?
寒暖差も激しいので、お体にお気をつけてお過ごしください。

さて、本日は「定着支援って?」というテーマで書きたいと思います。
ウェルビーを利用する、決め手となるポイントに「定着支援」があるから・・・。
との声を聞くことがあります。
この「定着支援」は、ご家族にとっても、支援機関・連携機関にとっても、もちろんご利用者にとっても就労に向けた不安を軽減してくれる重要なサービスとなっています。

「定着支援」は、『就職した会社で長く定着して働くための支援』を目的とし、就職後半年が経過した際に、最長3年間、ご利用者をサポートするサービスとなっています。

この度、金沢センターでも就職者が続々と増えていることもあり3月より定着支援事業がいよいよスタートしました!

ウェルビー金沢センター①

就職してからも定期的に面談をし、仕事上での不安や悩みを聞き、アドバイスや提案をして、就職先の企業と連携を取りながらご利用者の職場での働き方を一緒に考えています。

どのような就職の形をとっても、長く仕事を続けていけるよう支援をしていくのが、この「定着支援」となります。

就職への不安がある方。就職後への不安がある方。そして、就労支援や定着支援、ウェルビーの支援にご興味のある方は、詳しいご説明をいたします。

どうぞお気軽にお問合せ下さいね♪
1.お電話でのお申し込み
下記の電話番号にお問合せください。
TEL:076-254-5845
2.メールでのお申し込み
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「金沢センター 見学・体験申し込み」
●氏名(ふりがな)
●見学・体験希望日
●電話番号
●質問事項
MAIL:info@welbe.co.jp
3.フォームからのお申し込み
資料請求はこちら
見学申込はこちら

【岡山第2】「同行支援」について

ウェルビーブログをご覧の皆様、こんにちは。
晴れの国に相応しい、明るい岡山駅前第2センターです。

最近、少しずつが近づいてきているな~と感じる事がいろいろありました。

梅の花を見つけたり、日中の暖かさや日差しを感じたり、ご卒業の報告を受けたり、掛布団を1枚減らしたり、暖房をつけなくなったり…と、季節の変わり目である事をしみじみと感じている今日この頃です。

春は、新しい事を何か始めたくなる季節だなと感じる方も多いのではないでしょうか?

私は、定期的な運動を始めようかな~とネット検索をしながら思案中でワクワクしています!

この春から、就労移行事業所ウェルビー岡山駅前第2センターに通い始めてみませんか?
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
今日は、岡山駅前第2センターで行っている「同行支援」についてお話しようと思いますので、最後までお付き合い下さると嬉しいです。

ウェルビーでは、ハローワークへの新規登録の申込や、求人票の相談や、企業見学の申込や、求人の応募の申込など、1人で行うのは少し不安だなと感じていらっしゃるご利用者様に同行し、手続きや質問などを安心してスムーズに行えるように支援しております。

「場所が分からない」「質問が出来るか不安」「相手の説明が理解出来るか不安」等のお悩みを担当支援員と一緒に考えながら、不安を少しずつ減らしていき一歩ずつ就職に向けての活動を支援しています。

ご利用者様の要望があれば、ハローワークだけではなく、通院同行や市区町村への各種申請や受給者証の申請、企業見学、企業実習、面接などにも同行させて頂いておりますので、安心して就職活動を自分のペースで行っていく事が出来ます。

また、その他の不安や悩んでいる事をご相談頂きながら、一緒に解決できるように支援して参ります。

行きは、ドキドキしながら緊張したご様子のご利用者様も、帰りは皆様笑顔で安心したご様子です。
「行く前は、とても緊張していたけど、聞きたい事が聞けてホッとした。」
「手続きって本当に苦手で面倒に感じていたけど、行ったらすぐに終わって簡単だった。」
「一緒に行ってくれたので不安感が減り、落ち着いて面接の受け答えが出来た。」
やはり、予定通りに無事に目的が達成出来ると、誰でも安心感と満足感でいっぱいになりますよね。

今まで苦手だな、やりたくないな、面倒だな、と感じていた事も、支援員と「一緒にやってみる」を繰り返し行う事で様々な「気付き」があり、思っていたより簡単に感じてきたり、要領が分かってきたり、慣れてきたりします。

日々の訓練では、いつもうまくいくことばかりではないですが、担当支援員と一緒に振り返りを行っているので、結果を一緒に受け止めて次にどう活かして訓練を行っていくか、自分のペースで考える事が出来ます。

出来る事を1つずつ増やしていく事で、その分だけ自分に自信がついてきます。

私は日々の支援を通して、自己効力感を感じられる成功体験ってとても大切なんだな~と日々実感している所です。

ウェルビー岡山駅前第2センターでは、こうしてお一人お一人のニーズを聞き取り、ご要望に合った支援を行っております。

一緒に「振り返り」を行いながら、自分に合った就職を目指していきませんか?

ご見学・ご体験は随時行っております。お電話でもメールでも大丈夫です。

職員一同、心よりご連絡をお待ちしております!

【問い合わせ先】
★お電話でのお申し込み★
下記の電話番号にお電話ください。
TEL:086-201-5135

★メールでのお申し込み★
下記の必要事項をご記入の上、メールでお申し込みください。
●件名:「岡山駅前第2センター 見学・体験申し込み」
●氏名(ふりがな)
●見学・体験希望日
●電話番号
●質問事項
Mail:okayama2@welbe.co.jp

【航空公園】3月からのウェルビー航空公園駅前センター

こんにちは ウェルビー航空公園駅前センターの石田です。
3月に入り徐々に暖かくなり、日中などは過ごしやすい日も多くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

3月より航空公園駅前センターは新体制となります。センター長に私、石田が就任し、現在、女性職員5名、男性1名という構成です。
利用者様は約6割が男性、4割女性、年齢層は高校を卒業された10代から上は60代、お仕事の経験がない方もいれば、最近まで働いていらっしゃった方など様々な経歴を持った方がご利用されています。

春に向けて最近は新規で体験される方も多く、ご利用を希望されている方もいらっしゃいます。
センターは明るく、活気のある雰囲気で、内装も開放感がありますので、初めていらっしゃる方も馴染みやすい環境になっているかと思いますので、ご興味のある方はぜひ、センターにお問い合わせください。

航空公園駅前センターでは一度に見学体験をできる機会で「プログラム体験・見学会」をお隣の所沢プロペ通りセンターと隔月ごとに行っております。

内容としては就労移行支援とは?ウェルビーとは?また航空公園駅前センターの特徴などについてお話しし、
実際に利用者の方が行っているPC訓練、軽作業訓練を実施しております。

当事者の方、支援機関の方、どちらも参加可能となっており、実際に体験を通してウェルビーでどのような訓練が行えるのか、またご自身の作業の得手・不得手などに関しても考える機会としてご利用いただければと思います。

また下記に関することなど個別のご相談なども当日相談のお時間を設けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
・症状の影響があるなかでどのように準備をして就活をしていけばいいかわからない。
・現在就労中だが、職場環境が合わず、自分にとって働きやすい職場を一緒に考えてほしい。
・現在就職活動をしているが、なかなか思うように結果が出ない。
・今後の進路の選択肢として検討したい

ウェルビー航空公園駅前センターでは、みなさんの“働きたい”を応援します。
ぜひ一度センターを見学してみませんか?

現在ご利用中の方々は、所沢市・狭山市・入間市・飯能市・日高市・川越市・清瀬市・東久留米市・東村山市・西東京市・小平市・練馬区から通われています。
また、西武線本川越からも上りで18分!。
ちなみに、近隣に所沢プロぺ通りセンターがあります。
どんなところか気になる方は、こちら

【錦糸町】卒業生の声のご紹介

みなさま、こんにちは!
ウェルビー錦糸町センターです。

本日は2月末に卒業された方の声を
ご紹介いたします。

◆ウェルビーに通ったきっかけ
通っていた心療内科の先生から、就労移行支援事業所経由での訓練・就職を勧められ、頂いたパンフレットの中で通い易そうな条件だった為。
実際に見学・体験して雰囲気が良かった事が決定打。

◆ウェルビーの支援内容について
就職迄の何もかもを支援員の方に任せきりには出来ないので、ある程度の自主性や、考えられる力が付く点は良いと思う。
必要以上に手を差し伸べる事は無く、しかし適宜アドバイスが頂けるので、甘やかされる事を期待していないのであれば丁度良いと思う。

◆ウェルビーのカリキュラムについて
明確な就職のビジョンがあるのならば、条件にそぐわないものも一部あるとは思うが、将来の就職ビジョンを作る為や、色々な企業に実習に行った際に生きてくる物もあるので、可能であればフルタイムで通所し、色々なカリキュラムに参加しておいて損は無いと思う。
また、カリキュラムも採用選考前等の状態であれば、ある程度変更も利かせられるので、予定されたカリキュラム通りにしか訓練出来ない訳では無く、融通は利かせやすいと思う。

◆ウェルビーに通って良かったこと・悪かったこと
良かったこと
自己理解・他者理解が深まった。
自分の中での得手不得手を理解し、伸ばす部分・改善する部分を確認出来た。
スタッフさんも利用者さんも色々な人が居るので、人間関係や物事を俯瞰で見られる良い機会になると思う。
悪かったこと
自分に合わない、(状況に依り、その時点で自分の中では行う)必要性を感じていないと思っているカリキュラムは、相応の理由が無いと「受けない」という選択肢は取り辛いので、状況に依ってはストレスを感じてしまう。

◆ウェルビーの利用を検討している方へ
就労移行支援事業所がどういう物か知りたい、どんな支援が受けられるのか、通った場合と通わなかった場合のメリット・デメリット等、先ずは疑問点・質問事項を解る範囲で書き出して、説明・見学・体験等を受けてみては如何でしょうか。
自分一人で調べられる事、やれる事には限度があります。
しかし、何かを選ぶ際には、人の数だけ選択肢もあります。
まずは来て、見て、体験したら、もしかしたら自分一人では思い浮かばない、その後の人生を左右する妙案に出会えるかもしれません。
障害特性があるから駄目だ、ではなく、障害特性があるならこうすれば良い、という、物の見方や考え方を変える、良い切っ掛けにきっとなると思います。

就職、おめでとうございます!
これからは、長く安定して働くことができるよう、お手伝いさせていただきます^^

現在、ウェルビー錦糸町センターをご利用中の方々は墨田区、江東区、江戸川区、葛飾区、中央区、市川市、船橋市から通われています。
発達障害・うつ病・双極性障害・不安障害・統合失調症・高次脳機能障害・身体障害などの精神・発達・身体・知的障害をお持ちの方が、自分らしい働き方ができるよう、一緒に訓練をしています。

★資料請求はこちら★

★見学申し込みはこちら★

就労移行支援事業所 ウェルビー錦糸町センター
TEL:03-5625-5751 (センター直通 9:00~18:00/日曜日を除く)

【仙台広瀬通】新プログラム導入のご紹介

ウェルビーブログをご覧の皆様こんにちは。
ウェルビー仙台広瀬通センターです!

さて今回は、新しく導入されたプログラムについてのご紹介です!
ITスキル向上を目指したプログラムを開始しました。
e-ラーニングシステムを利用し、短時間でITスキルを身に付けることができるパソコン訓練となっております。
名称はWelbe IT Training略して…『WIT』

WITでは職員のサポートを受けながら、WordExcelの基礎からMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)まで就職に必要なITスキルが自主学習で学べます!分からないところは何度でも繰り返し動画視聴できるので、ご自身のペースで学習することが可能です。
ワード・エクセル・パワーポイントを全く知らない人でも動画をみて進めていけば自主学習だけでMOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)レベルの実力を身につけられることを目標として制作されているので初心者の方、ハードルが高いと感じている方にもお勧めできるプログラムなので是非体験していただきたいと思います!
★提供コンテンツ
Word、Excel、PowerPoint、MOS対策講座、簿記3級、タイピング演習・検定
【ウェルビー仙台広瀬通センター】WITチラシ表_page-0001

【ウェルビー仙台広瀬通センター】WITチラシ裏_page-0001
ご興味のある方は、ぜひ仙台広瀬通センターへお問合せ下さい!
最後までご覧頂きありがとうございました。
※現在、新型コロナ感染症予防対策として
・定期的な換気
・アルコール消毒液による手指消毒
・席のスペースを開ける等の3密を避ける対策
・パーテーションによる飛沫感染防止
を実施しております。

【蒲田】障害受容について

こんにちは!就労移行支援事業所ウェルビー蒲田センター職員 荒木です。

桜咲く季節になりましたが、皆さんはもう今年の桜はご覧になりましたか?

私は毎年、家の近所の河原に咲いている桜を見に行っています。
川縁だからまだ寒いんですけど、菜の花がちらほら咲いていて、青い空に、淡いピンクの桜、鮮やかな黄色の菜の花のコントラストがとても綺麗です。

桜咲く季節は、ウェルビーもたくさんの卒業生(就職者)が出て、新しい利用者さんが入ってくる出会いと別れの季節になります。
頑張ってきた利用者さんたちが希望する職場に旅立っていく姿は、何人送り出しても毎回胸が温かくなるものです。

さて、この障害者枠での就職を決めるカギですが、どこの企業も「障害受容」を一番に大切にしています。
(勤怠の安定はもちろんです)

障害受容とは、自分の障害を認めて、

① どんな特性があるか、
② 自己対処、
③ 会社に求める配慮事項

を説明できるということです。

ここで、よく誤解されるのが障害を受容するプロセスが、障害を否定したり、怒ったり、悲しんだりしつつも、「一方向で」認めていくと思われていることです。

でも、実際には、障害を受容するプロセスはもっと複雑です。
傍目からは障害受容できていると見える方でも、ちょっとしたきっかけで受容することが難しくなったりします。

例えば、SNSの投稿や年賀状で、友人が結婚したとか出産したとかいう知らせを聞いた時。
障害や病気になる前の活躍と今の自分を比較して落ち込んだり。
こういった事は、健常者でも普通にあることなのですが、私の経験から言うと、障害がある方の方が深く、敏感に反応しやすくなっていると感じます。

私たちの支援では、障害に至る前に時間を巻き戻すことはできません。
障害を完全になくすこともできません。

でも、その方一人一人のお気持ちにしっかり寄り添い、障害を抱えながらでも出来ること、強みになることを一緒に探していく事はできます。

障害を抱えながらでも、職場で戦力となり、活動領域を拡げていくことは可能です。
家を出て、自活して、一人暮らしすることも可能です。
友人と温かい交流を楽しんだり、恋人や新たな家族を作ることも可能です。

そうやって、仕事を持ち、自立して、地域の中で立派に暮らして行かれる利用者さんの姿をたくさん見てきました。

ウェルビーでは、どのセンターも担当制になっています。
決まった担当者との毎週の面談の中で、ご自身の持ち味を活かした就職の仕方をゆったりとした気持ちで一緒に考えていくことができます。

※ご相談内容により、専門機関にご紹介する場合もあります。

まずは気軽にウェルビー蒲田センターにお問合せください!!
お電話でもメールでも随時受け付けております。

子会社取り扱い 「5-ALA」関連 長崎大学の研究結果について

弊社子会社のウェルビーヘルスケア株式会社が取り扱っている5-アミノレブリン酸(5-ALA)の新型コロナウイルスに対する効果について、長崎大学の北潔教授らの研究グループによる新たな研究結果が発表されました。