【金沢】ブログ課『金沢センター周辺のパン屋さんについて♪』

お疲れ様です。ウェルビー金沢センター ブログ課Mです。

オフィスワークシミュレーションのカリキュラム内でブログ作成を担当しております。
寒い日が続きますが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
今回は私が通所中に見つけた素敵なパン屋さんをご紹介させていただきたいと思います。

香林坊(こうりんぼう)バス停から徒歩約3分で到着する1953年創業の老舗ベーカリーです。片町の中心街にある昔ながらお店で、特食パン、イギリス食パンが創業以来の定番商品で人気です。大きめに作られていて、ボリューミーな菓子パン、惣菜パンが充実していて、店の中央には冷蔵庫コーナーがあり、色々な種類のサンドイッチがあります。他にも見たことのない名前のパンや、意外な組み合わせのパンがいっぱいあり、様々なアイデアが詰まっているのが伝わってきて、見ているだけで楽しく、行くたびに目移りしてしまいます。
信頼するスタッフと共に、創業者である父の教えを大切に守りながら、昔ながらの製法でパンを作り続けているそうです。

個人的にオススメなのがアップルパイ。一番人気なだけあって、外からでもガラス越しに見えるよう絶妙な場所に置かれていて、焼き色が艶やかで美味しそうなビジュアル。一体どれだけの人が店の中へと呼び込まれたのか…。もちろん味は絶品。赤ワインとシナモンで煮込んだリンゴの素朴で優しい甘さとさっくりとしたパイの食感の相性が良く私は行けば必ず2,3個は買ってしまうほどです。コーヒーと一緒に食べると幸せな気分になり、その日あった嫌な事も忘れさせてくれます。

近辺には、「21世紀美術館」や「兼六園」などの観光地もあるので、石川への観光の際は、是非立ち寄ってみてください。

【岡山第2】カリキュラム紹介(O様手記)

新緑がまばゆい季節になりましたね。
まるでウェルビーのロゴみたいに、明るいグリーンだなと思いながら、毎日の通勤を楽しんでいます。
さて、今日はゴールデンウィークに行なった面接練習について、O様の手記をご紹介しましょう。

 
 
みんなで面接練習(O様手記)
 
こんにちは。ウェルビー岡山駅前第2センターです。
5月4日のゴールデンウィーク期間中に、利用者さん同士による面接練習を行いましたので、概要を簡単にご紹介させていただきます。
「ウェルビーってこんなこともやってるんだー」と参考になれば幸いです。
普段私たちが面接練習を行う際は、職員が面接官役、利用者さんが面接を受ける側です。
しかし今回は第2センター初の試みとして、面接官役も利用者さん、受ける側も利用者さんという、いつもと少し違う面接練習を行いました。
面接官役についてはローテーションで参加された方全員に回るようにして、みなさん慣れない面接官役に苦戦しながらも、工夫しながら新鮮な気持ちで挑まれていました。
利用者さん同士ということもあり、いつもの面接練習よりリラックスして挑戦できたという方がいた反面、よく知った顔だからこそ逆に緊張するという方もいらっしゃいました。
また、初めて面接官役をやってみて「面接官側の心境や難しさ」という発見をされた方が多くいらっしゃいました。
第2センターでは面接練習を行う際、面接官役から質問される内容については相談して事前にある程度決められますので、「面接練習って苦手だな…」という利用者さんも1歩踏み出して挑戦されています。
また、その他にも就労に向けた様々なプログラムを行っています。
「実際、どんなことをやってるのかもっと知りたい」と言う方、いつでも見学は可能なので、ご連絡をお待ちしております。
 
あとがき(スタッフより)
 
O様、ありがとうございました。
依頼して数日、あっという間に文書を仕上げて下さったスピード感、さすがです。
参加された皆さんの気持ちが伝わってきて、スタッフ一同、大変参考になりました。

 
ウェルビー岡山第2センターへのお問い合わせは、下記までお気軽にどうぞ♪
 
 
TEL:086-201-5135 FAX:086-201-5136
E-mail:okayama2@welbe.co.jp

【東岡崎】5月ブログ「5月病について」

こんにちは!ウェルビー東岡崎センターです。
GWを迎えて、4月から怒涛の勢いで始まった新生活から解放されて一息つかれた方も多くいらっしゃるのではないかと思います。
新生活は楽しいこともたくさんある反面、今までになかった事を毎日学ばなければならず、環境の変化についていくのが大変だという方もいらっしゃるかもしれませんね。

環境の変化はどんな人にとっても多かれ少なかれストレスがかかりますよね。仕事が始まって規則正しい生活を送っていても、GWで生活リズムが崩れ、仕事に行きたくないという気持ちになっている人も多いかもしれません。かくいう私も、連休をだらだらと過ごしてしまい、久々の出勤は眠いし仕事に行きたくないなぁと眠い目をこすりながら出勤をしておりました。
これがいわゆる5月病なのかとしみじみと感じております。

長いお休みは楽しみがたくさんある反面、規則正しく整えた生活リズムが崩れてしまうというデメリットもあります。休みの日は夜更かしをして、昼夜逆転生活になってしまうという方は少なくないかと思いますが、一度崩れたリズムを戻すのは大変なので、可能な限り普段と同じ時間帯で生活をすることができるとよいと思います。また、休みの日は何もせずに過ごす方もいらっしゃると思いますが何もしないで過ごしてしまうと、かえって疲れが取れなくなってしまうので、適度な運動などを取り入れていただくとよいですね。

ウェルビー東岡崎センターは土曜日と祝日も開所をしております。スポーツイベントや、就職活動に役立つ知識をお伝えしており、多くのご利用者様が通所をして頂いております。休みの日に何もしないで過ごすよりも、メリハリのある生活を続けることで5月病を防ぐこともできますので、ぜひご活用いただければと思います。プログラムの見学、体験なども受け付けておりますので、お気軽にご連絡くださいませ。

【八王子駅前】★体調管理ツール『キモチプラス』のご紹介★

みなさんこんにちは♪ 就労移行支援事業所ウェルビー八王子駅前センターです。

ウェルビーでは、利用者様の毎日の体調管理に「キモチプラス」というツールを導入しています。

これは、毎日勤怠や気分、睡眠時間などをスマホやPCで入力していくことで、自分の体調の維持やメンタルケア、トリセツが作れるという便利なツールになっております。

入力を続けることで、日々のわずかな変化に気づけるようになったり、好調時や不調時の傾向や理由がわかるようになったり、自分にあったセルフケアなどの対策が身につきます。

また、自分の困りごとや対策、相談ごとを、特徴や障害特性などから簡単にまとめられるトリセツは、自己分析や就職活動にも大いに役立ちます。

利用者さんたちからも、体調が安定した、自分の注意サインが分かった、色々なセルフケアを用いることで自己対処ができるようになった、などの声をいただいております。

ウェルビー八王子駅前センター_【修正】キモチプラスチラシ

このキモチプラスは、見学の際にも体験することができます。

ぜひウェルビーへお問い合わせください。お待ちしています。

**************************************************

ウェルビーでは、うつや双極性障害、強迫性障害、統合失調症などの精神障害、ASDやADHD、LDなどの発達障害、知的障害、身体障害および難病など、さまざまな障がいのある方が利用され、日々訓練に取り組んでおられます。

八王子駅前センターの利用者様、ご相談者様は、【八王子市、日野市、青梅市、立川市、昭島市、あきる野市、武蔵村山市、羽村市、東大和市、神奈川県相模原市】にお住まいの方となっており、地域に合わせた対応を心がけております。

センターでは随時見学を承っておりますので、就労移行事業所に興味のある方、働くことに不安をお抱えの方、最初の一歩がなかなか踏み出せない方も、まずはお話しをお聞かせください(^^)職員一同心よりお待ちしております♪♪

お問い合わせ方法は、
①資料請求
https://www.welbe.co.jp/form/contact/
②お電話での申し込み
ウェルビー八王子駅前センター
TEL:042-631-0540
③見学希望フォームでの申し込み
https://www.welbe.co.jp/form/entry/

☆★八王子駅前センターHP★☆
https://www.welbe.co.jp/center/tokyo/hachioji.html

【熊本水前寺】~就職した方の声~

皆さまこんにちは。ウェルビー熊本水前寺センターでは、これまで63名の方が就職されており、その定着率は90%以上です。今回は、卒業(就職)された方々のお声をいくつかご紹介させていただきます★

≪ウェルビーに通うきっかけ≫
Aさん…病院に置いてあったパンフレットを見て。
Bさん…学校を出て就職に失敗し、引きこもっている時に家族から紹介されました。
Cさん…検索して。障害をクローズにして働いていましたが、体調を崩し、サポートを受けながらオープンで働きたいと感じたので。並行してPCスキルやビジネスマナーを身につけたいと思ったから。

≪ウェルビーの支援内容について≫
Aさん…スタッフは皆優しく、真剣に話を聞いてくれ、アドバイスをくれました。苦手なカリキュラムもありましたがなんとか克服することができ、コミュニケーションもうまくとれるようになりました。
Bさん…コミュニケーションが苦手でしたが、グループディスカッションなどを通して初めての方とも話せるようになりました。ウェルビーには「人の意見を否定しない」という約束事があるので安心して話せました。
Cさん…面談で毎週しっかりお話を聞いてもらえたのがとても助かりました。就職に必要なスキルが学べました。

≪ウェルビーに来て良かったこと≫
Aさん…これまで大変な思いをしてきたので、最初は本当にここを利用して就職が決まるとは思っていませんでした。でも、職員の方々からアドバイスをもらい、無事就職することが出来たので良かったです。
Bさん…カリキュラムや雑談を通していろんな人と自然に話せるようになりました。
Cさん…事務職に就いたのですが、何もかも未経験だったのでスキルを身につけられたことがとても良かったです。

≪ウェルビーの利用を検討している方へ≫
Aさん…是非見学に来て体験をしてみてください。職員の方々も利用者の方々も本当に優しく、丁寧に教えてくれます。
Bさん…ひとりで考えるのも良いと思いますが、今、何に悩んでいるかを誰かに打ち明けるのが一番だと思います。正直、最初は乗り気ではありませんでした。しかし、今ではここに通って本当に良かったと思っています。
Cさん…障害者雇用で就職を考えている人におすすめです。スタッフもしっかりサポートしてくれます。自分で目標を持ち、自分から行動していくことが大事だと思います。

いかがでしたか。まだまだたくさんの方がお声を残してくださっていますが、全てご紹介できないのが残念です。電話したり、見学に来られたりする最初の一歩には勇気やエネルギーがいりますよね。でも思い切って一歩踏み出してみませんか。お会いできることをスタッフ一同心よりお待ちしております。

お申し込みはこちら
↓↓↓
https://www.welbe.co.jp/form/entry/

【熊本水道町】かわら版4月号

こんにちは!ウェルビー熊本水道町センターです。

ウェルビー内のカリキュラム、オフィスワークシミュレーションの中でご利用者の方が広報誌として作成された
「かわら版」です。

毎月作成し、イベントも乗っているため、今月は掲載が遅くなりました。申し訳ないですが、是非見ていただけたらと思います。
今月号の見所は・特集は「スタッフさんの好きな言葉」についてです。
熊本水道町センターのスタッフ8名の好きな言葉をお聞きし掲載しています。
・コラムは読書週間から「読書のメリットと効果について」
・シリーズ「今日から君も就活生」では「オンライン面接」について特集
・4コマ漫画は「花粉症」をテーマに描いています。

4月号かわらばん⓵修正_ウェルビー熊本水道町センター

4月のイベントを掲載しています。4月も盛り沢山でお送りします。外部の方のイベント参加もOKです。

4月号かわらばん②_ウェルビー熊本水道町センター

・障害者雇用で働きたいけれど、何からすればよいか分からない
・障害者枠で就職活動をしているけれど、上手くいかない
・就職に向けた生活習慣・スキルを身に付けたい

上記のような悩みを抱えている皆様、是非一度ウェルビーにご相談ください!
スタッフ一同、皆さまからのお問合せを心よりお待ちしております!

↓↓↓お問い合わせ↓↓↓
・見学申込はこちら

【府中駅前】オンライン企業説明会のご案内

【オンライン企業説明会のご案内】

みなさんこんにちは!就労移行支援事業所ウェルビー府中駅前センターです。

ウェルビー府中駅前センターでは、オンライン企業説明会を月に1〜2回の頻度で実施しております。障害オープンでの就活の経験がない方、働いた経験がない方など、企業人事担当者様の生の声を聞き、求められるスキルや業務内容などを知る機会となります。
不定期開催となりますため、ご興味をお持ちの方は府中駅前センターまでお問い合わせください。

ウェルビーでは、障害者の就労や就職のサポートを行っています。
ご利用者の中には、知的障害で手帳をお持ちの方、発達障害で自閉スペクトラム症やADHDの診断を受けている方、精神障害でうつ病や適応障害、統合失調症、不安障害、パニック障害などの診断を受けているご利用者がいらっしゃいます。

ウェルビー府中駅前センターでは随時見学を承っております。
働くことに不安をお抱えの方、最初の一歩がなかなか踏み出せない方も、まずはお話しをお聞かせください(^^)
職員一同お待ちしております♪

【名古屋駅前第2】不可能が可能になる時

こんにちは。名古屋駅前第2センターです。

先日、知人から【青い薔薇】のネクタイピンを頂きました。
青い薔薇は神話や伝記では【存在しないもの】をあらわし、あるおとぎ話では、
魔女に青い薔薇を贈ると願いを一つ叶えてもらえるという話しがあります
このように青い薔薇は昔から、【叶わない夢】として取り扱われていました。
ウェルビー名古屋駅前第2センターネクタイピン

人類がどんなに願おうとも、どんなに品種改良を重ねようとも誕生させる事ができなかったのです。
そのため、青い薔薇には「存在しない」「不可能」「永遠の夢」という花言葉がつけられました

しかし、それでも諦めず夢を追い研究を続けた企業が、2000年代初頭に【青い薔薇】をついに誕生させます。なんと、それは日本の企業でした!
数百年かけても届かなかった人類の夢を達成したのです。
その日から、【青い薔薇】の花言葉は世界でも珍しく全く逆の意味に生まれ変わります。
「奇跡」「夢、叶う」です。

今から約130年前、一人のドイツ人男性が「鳥のように空を飛びたい。」と考えなければ、海を越えるには船しか使えず、人間は今でも空を飛ぶ鳥をただただ見上げているでしょう。
たった一人の人間の発想が、その僅か80年後には人類が何万年見上げていただけの【月】にまで人を送り届けました。
今、皆さんが観ている夢は叶わない夢ですか? それとも何か協力や支援があれば叶う夢ですか?
そのために、今なにをすべきなのか悩まれている方がいれば、私達にそのお手伝いをさせていただけますと幸いです。

ご興味ある方からのご連絡お待ちしています!!!
見学・体験・お問合せ随時対応していますのでご相談ください!!!

↓すぐセンターを見学したいという方はこちら↓
https://www.welbe.co.jp/form/entry/

↓まずは資料が欲しいという方はこちら↓
https://www.welbe.co.jp/form/contact/

↓お電話でまずは相談をしてみたい方はこちら↓
052-433-1020(ウェルビー名古屋駅前第2センター)

【岡山駅前第2】広報課からのお知らせです。

★ウェルビー岡山駅前第2センター 広報課です☆
気温が安定してきて、過ごしやすくなってきた今日このごろ。
皆さん、いかがお過ごしですか?

さて、今回は通所を検討している際に気になる、
「ウェルビーって、朝から閉所までいなくちゃいけないの」
という疑問についてお答えしたいと思います。

結論から言いますと…
「そんなことは全くありません」

もちろん、最終的には朝から最後まで通えることが一番なのですが…
最初からエンジン全開は疲れちゃいますよね。
通い始めは、30分から利用しても全く問題ありません。

簡単な一日の流れは、次のとおりです。

10:00~ 朝礼
10:10~12:00 午前のカリキュラム(10分休憩あり)
12:00~13:00 お昼休憩
13:00~15:30 午後のカリキュラム(10分休憩あり)
15:30~ 終礼

初めての場所で不安だと思いますが、見学の方には職員さんがついていますので
もし途中で体調などが悪くなるまえに、お声がけいただければ休憩もとれますのでご安心ください。

現在通っている利用者の声としてはこんなケースがありました。

Aさんの場合
・見学のときは不安なことも多かったのですが職員さんが傍にいてくださったので、
安心して見学をすることができました
Bさんの場合
・最初、見学は三回までと言われていたのですが、三回ではまだ決められそうになかったので職員さんと相談したところ、結果的に六回見学できたので安心して通所を始められました
Cさんの場合
・私は最初からあまり緊張していなかったので、早めに通所を決めました。ただ低気圧に弱いので、一日通所している今でも体調が悪くなれば遠慮なく早退しています

本当はもっと、ウェルビーの魅力やカリキュラムの内容などをご説明したいのですが
詳しい内容は見学に来てからのお楽しみに☆
今回のブログで少しでも興味をもっていただけたらぜひ下記連絡先までご連絡ください
見学はいつでも可能です。

TEL:086-201-5135 FAX:086-201-5136
E-mail:okayama2@welbe.co.jp

次回のイベントのご案内です~
ウェルビー岡山駅前第2センター0607イベントチラシ_00001ウェルビー岡山駅前第2センター0607イベントチラシ_00002

【チャレンジ岡山駅東口】マスコットキャラクターの紹介♪

皆さん、こんにちは!
チャレンジ岡山駅東口センターです。

突然ですが、チャレンジ岡山駅東口センターにはマスコットキャラクターがいるのをご存知ですか??

その名もなんと「ちゃ~様」です!!

これまでカリキュラムカレンダーの中に二次元で現れたり、職員たちの名札に登場したりしていたのですが。

この度なんと!!なんと!!

3次元になりました~(ちゃ~)

ウェルビーチャレンジ岡山駅東口センター_マスコットキャラクター
3次元ちゃ~様の誕生の経緯はですね…

ちょこチャレとの相性で親しまれる「個別で自分にあった訓練に取り組む時間」において

フェルトアートが得意なO様が「ちゃ~様を作りましょうか?」と仰ってくれたのです。

どうですか?すごいクオリティでしょう。

利用者の皆さまやご見学の皆さまをカウンターで迎えてくれますよ。

センターお越しの際はぜひチェックしてみてくださいね!

作成くださったO様、本当にありがとうございました。