【草加】休み方のトレーニング(広報課作成)

新年あけましておめでとうございます。草加駅前センター広報課、山猫です。

みなさんは、就労する上で何が大切だと思いますか?
という質問は、センター内でもよく聞かれるものです。
作業の正確性、働き続けるための体力、他者とのコミュニケーション……どれも大事です。しかし、忘れてはいけないものが一つあります。

それはズバリ、休息です!!

上手に休むことができないと、いくら体力があったっていつかはバタンキュー。
そんなわけで、ウェルビーでは休み方のトレーニングとして【リフレッシュプログラム】を組み込んでいます。
具体的に何をするのかというと……

【草加】リフレッシュプログラム1

ただ遊ぶ。それだけです。
リフレッシュの練習ですからね。訓練っぽいことはしません。もちろん自由参加です。

写真にあるテーブルゲームから好きなものを選び、利用者同士で談笑しながら遊びます。実はこれ、密かに雑談の練習にもなっているというスグレモノ!
定番のUNOやトランプに加え、囲碁や将棋、百人一首なども取り揃えてます。なかなかセンスが渋いですね。

いくつかゲームはありますが、草加駅前センターの一番人気はトランプ! ババ抜きや神経衰弱など知名度の高いゲームは誰でも気軽に参加できるので、人が集まりやすいのかもしれませんね。

【草加】リフレッシュプログラム2

この日のゲームはババ抜き。大富豪と人気を二分する、草加駅前センター定番ゲームです。右上に写っているのはスタッフの川崎さん。
さてさて、ババは誰の手に……?

【草加】リフレッシュプログラム3

ゲーム開始直後の様子。よく見ると左下にジョーカーが……!!

こんな感じで、時にはスタッフさんも交え、わいわいと楽しんでます。ババ抜きは最後の二人になったときが特に白熱するんですよね。引く人も、引かれる人も、見てる人もみんなハラハラします。

 

さてさて、いかがでしたでしょうか? 上手な就労は上手な休息と共にあり、ということで、一息つくことは大切ですね。

それでは今回はこの辺で。広報課、山猫でした!

 

ウェルビー草加駅前センター詳細
埼玉県草加市氷川町2101-1 シーバイオビル3階
(発達障害者就労支援センター ジョブセンター草加併設)
電話:048-929-7575 FAX:048-929-7576
東武スカイツリーライン「草加」駅(西口) 徒歩1分
ウェルビー草加駅前センター地図
詳しくは草加駅前センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、草加駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【松戸第2】障害者就労支援セミナーのご報告

こんにちは!松戸第2センターです。
年が明けて1ヵ月が過ぎましたが、令和2年初のブログとなります。
遅くなりましたが、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

松戸第2センターでは、1月24日(金)に障害者就労支援セミナーを開催いたしました。

 

2020年 冬 障害者就労支援セミナー
~障害を活かして働くには~
【松戸第2】障害者就労支援セミナー(1月24日)

 

沢山の方にご参加いただき、ありがとうございました。
近隣の市役所やフリースクールからの参加者もいらっしゃり、ほぼ満席での開催となりました。

セミナーではウェルビーについての説明の他、「障害を活かして働くには」というテーマのもと、次の方々をお招きしてお話しいただきました。
≪企業≫株式会社 ローソンウィル 様
≪公的機関≫内閣府 大臣官房人事課 様
≪障害者就業・生活支援センター≫ビック・ハート松戸 様

【松戸第2】障害者就労支援セミナー様子

≪企業≫株式会社 ローソンウィル 様
ローソンウィルの概要や取り組みなどについてご説明いただきました。
実際に働かれている方々の写真も見せていただき、仕事を楽しんでいる様子など、参加者の皆様も見入っているようでした。

 ≪公的機関≫内閣府 大臣官房人事課 様
内閣府の障害者雇用の取り組みや制度などについてご説明いただきました。
実際に障害者雇用で働かれている方の事例もご紹介いただき、参加者の皆様も具体的なイメージが出来たようです。

 ≪障害者就業・生活支援センター≫ビック・ハート松戸 様
ビック・ハートの概要と利用方法、登録から支援の流れなどについてご説明いただきました。
実際に支援を受けている方の就労事例について、図を使ってご紹介いただき、参加者の皆様からもわかりやすかったという声がありました。

 

各講演後には参加者から講演者への質問コーナーもあり、講演内容や業務、採用情報についての具体的な質問が上げられました。

障害者就労支援セミナーでは、最終的に96%以上の参加者の方々に満足いただけました。
色々な事業の話が聞けてとても勉強になりました
働くときにどのようなことを心掛ければいいのかわかってよかったです
時間をかけて自己分析を行い、定着することが目標だと思った
などなど、参加者の皆様から嬉しい感想をいただくことが出来ました。

ぜひ!次回のイベントもお楽しみに。

 

 

 

ウェルビー松戸第2センター詳細
千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
電話:047-712-0507
JR常磐線・新京成線「松戸」駅(西口) 徒歩5分
京成バス「松戸本町」バス停 徒歩0分
※ウェルビー松戸センターのビル「松戸第一生命ビル」と隣のビル
ウェルビー松戸第2センター
詳しくは松戸第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、松戸第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【神戸三宮】「なぜ、ウェルビー神戸三宮センターが選ばれるのか?」について

「なぜ、ウェルビー神戸三宮センターが選ばれるのか?」について

 

皆さん、こんにちは!ウェルビー神戸三宮センターです!
令和2年が始まり早くも2月に入りましたね。時間の流れを早く感じるわけですが、その分、1日の過ごし方での時間の使い方を、上手く使えているか?と自問自答する今日この頃です。時間の流れって不思議だなって思います。
科学的なことで言うと、人間は未来には行けるが過去には行けないんですって。詳しい事は自分でググってみて下さいね。個人的には過去に戻って、中学生の自分に『間もなくモテ期が来るからチャンスを逃すな!エンジョイしろ!』と伝えたいところです・・・。
ですが、悲しい事に過去には戻れないわけですから、まさに『後悔先に立たず』となってしまう訳ですね。後悔しない様に日々を大切に過ごして行こう!と自分に言い聞かせております。

さて、今回は様々な障がい(精神・発達・知的・身体・難病)を持たれている皆様が、
『なぜ、ウェルビー神戸三宮センターが選ばれるのか?』について記していきます。
少しでも皆様のお役立てれば幸いです。

日々、沢山のお問い合わせをいただけているのには、それなりの理由があります。
ウェルビーは就労移行支援事業所ですから、ざっくり言いますと就職するための訓練と準備を行う支援機関です。ですが、それだけでは『就職できた!』で終わってしまいます。
大切な事は、職場に安定して長く継続的に就労が出来ているか?なのです。
実際に、ウェルビーを利用されている皆様の多くは、過去に様々な事情や問題から安定して継続的に就労する事が出来なかったり、どうすれば良いのか?の答えや何をすれば良いのかが分からなかったりする中で相談できる相手がなく、一人で苦悩した結果として心身共に疲労してしまい生活のリズムが崩れ離職を繰り返す事になってしまった方が殆どです。また、学校の卒業を控えたお子様の進路相談の1つとして親御様がウェルビーに相談・見学に来られています。
この様な皆様の共通している目的は、『職場に安定して長く、継続的に就労』するための訓練と職場に定着できる定着支援を求めて利用されておられます。
では、現在訓練中や就職して定着支援を受けられている皆様の声から、ウェルビー神戸三宮センターが選ばれる理由について記していきます。

『ウェルビー神戸三宮センターが選ばれる理由』

その①『生活基盤を整えるための歩み』
上記に記した通り、睡眠リズムが崩れてしまった結果として日中の活動が難しくなっている方が多くおられます。ご本人様としては単純に「早寝早起き」をしましょう!と言う程に簡単な事ではないため、通院同行を通して主治医様と連携しながら生活リズムの再構築を行うための計画を立て、面談を通して状況の確認と助言を行っております。ポイントとしては決して慌てることなく、ご本人の状況に合わせて少しずつ構築していきますのでご安心ください。

その②『地域連携として関係機関との連携』
私たちは支援の考え方として各関係機関との連携を大切にしております。
ウェルビーは就労訓練と定着支援を行っている訳ですが、ウェルビーだけで支援を行うよりも、他の関係機関と連携して行う方が多角的な視点で支援を行え、より適切な支援と相談窓口を増やすことにより、ご本人様の安心感に繋がるようしております。関係機関としては通院されているクリニックや病院、他福祉の事業所、行政、家族会などがあります。

その③『個別支援』
訓練をされている皆様の障がいや悩み、課題は人それぞれに違います。全員が同じ訓練での取り組みを行っていては、その方に合った適切な支援を行う事は出来ません。ですから、ウェルビーではご利用者様一人一人に支援の軸となる担当者を設け、生活状況の把握、課題の発見や解決に向けた助言、悩みに対する徹底した寄り添いを重要視し、安心して再就職に向かっていける環境を整えております。

その④『ONE TEAM』
個別に担当者を付ける事による安心感を更に高めるために、他職員との面談やコミュニケーションを並行して行っております。悩みや課題の内容も様々にある事から、スタッフ全員での支援を行うための工夫を行い、多角的な視点かつ同じ方向性の支援が行えるよう情報の共有と、担当以外の利用者様とのコミュニケーションを行っています。ONE TEAM支援を行う事での支援の手厚さと安心感が、ご利用者様の通所のしやすさに繋がっております。

その⑤『生活支援力』
就労が出来ない、続かない1つの要因としては、生活面の支援がなされていない事があります。
私たちは、就労の基盤は安心して日々を過ごせる生活基盤が重要であると考えています。ウェルビー神戸三宮センターには集中して訓練に取り組むことが出来る様に、生活支援に特化して強い職員を配置しております。この支援員の配置によって私生活面での不安を緩和していく事で精神的な負荷が軽減され、前向きかつ集中して訓練に取り組めるようになり、就労への意欲が高まっております。また、この支援員は他の福祉機関との繋がりも強く、専門性も高いため『選ばれる就労移行』として評価が高まっております。

その⑥『就職活動支援力』
訓練での課題解決と同時に、就職活動を優位に進めるための知識が重要です。一般求人に比べ、障がい者雇用の企業は多くはありません。障がい枠フルタイムでの正社員求人ともなると、かなり少なくなってしまうのが現状です。1つの求人に対して応募される方が多くなってしまうため、採用されるためには他の応募者より少しでも優位に立てる様にする事が大切です。
ウェルビー神戸三宮センターには就職活動に特化して強い、一般企業で採用担当をされていた職員を配置しています。採用担当をいたからこそ、面接で色々と聞かれる質問の意図、面接に呼んでもらえるような応募書類の書き方、面接での所作やマナーなど、知っているか知らないかでは大きな差がついていく講座と実践練習を行っています。これは他の支援機関にはなかなか居ないスタッフです。

 

上記の様な強みがあるからこそ、『なぜ、ウェルビー神戸三宮センターが選ばれるのか?』と現在のご利用者様や卒業者、支援機関、医療機関からの評価をいただけ、声をいただく事が出来ております。

2018年度、ウェルビー神戸三宮センターの就職者数は16名で半年以上の定着率は約88%となっております。因みに2019年度1月現在の就職者数は7名、退職者数0名で定着率は100%を達成しております。採用する企業からのニーズとしては、
『支援員が付いている方であれば何かあった際に相談ができ、安定した雇用に繋がりやすい』
との事で、ウェルビーの様な支援機関が付いている応募者に限定するような企業様もあります。もちろん、全ての企業様が求めている訳ではありませんが、その傾向は高くなってきている様に感じています。

今回の内容はここまでとさせていただきますが、今回の記事を読んで頂いていかがでしたでしょうか?
「もっと話を聞いてみたい」
「自分には支援員がついていない」
「就職活動が一人では不安だ、上手くいかない」

この様な事がありましたら是非とも一度、ウェルビー神戸三宮センターに見学相談下さい。
ウェルビーに来るまでは一人で悩んでいた方も、ウェルビーに通所し訓練される事で、多くの仲間がいて勇気が湧いています。また、就職して長く勤められるかな?等の心配もウェルビーの定着支援で安心されています。

今回はなぜ、ウェルビー神戸三宮センターが選ばれるのか?についての記事でした。
今後も様々なテーマでブログを更新していきますので、次回以降も是非ご覧になって下さいね。

★見学・体験は随時行っております★
ご興味を持っていただいた方はどうぞお気軽に
ウェルビー神戸三宮センターまでお問い合わせください。
TEL:078-414-8944

イメージ写真(購入)

ウェルビー神戸三宮センター詳細
兵庫県神戸市中央区八幡通3-2-5 IN東洋ビル710号室
電話:078-414-8944 FAX:078-414-8945
JR各線、市営地下山手線 三ノ宮駅 徒歩6分
阪急・阪神 神戸三宮駅 徒歩6分
市営地下鉄海岸線 三宮・花時計駅 徒歩5分
ポートアイランド線 貿易センター駅 徒歩3分
ウェルビー神戸三宮センター地図
詳しくは神戸三宮センターページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、神戸三宮センターブログ一覧をご覧ください。

【仙台】企画課による忘年会のご報告

こんにちは!仙台駅前センター企画課です。

本日は、昨年12月28日(土)にOG・OBの方も招き行いました忘年会についてご報告したいと思います。今回の忘年会では1時間で2つのゲームを行いました。

【仙台】忘年会1

 

一つ目は、チーム対抗ブラックボックスゲーム!本人には見えないように箱の中にお題を入れ、回答者はそれを手の感触と出題者からのヒントだけで当てるゲームです。

ネクタイや折り紙、大根並みのサツマイモなど様々なお題を出しましたが皆さん勘が良く、すぐに当てられてしまいました…。

【仙台】忘年会2

 

中にはこんな難しいものも…。

【仙台】忘年会3

 

二つ目はNGワードゲーム!各人にNGワードを割り振り、会話の中で相手にNGワードを言わせるゲームです。こちらはなかなか勝負がつかず、最後は伝家の宝刀ジャンケン!で勝者を決めましたが、会話と駆け引きを楽しんでいただくことができました。

【仙台】忘年会4

 

皆さんに楽しんでいただき大成功で終える事ができました。

【仙台】忘年会5

今後も様々な企画を実施してまいりますので、よろしくお願いいたします。

 

 

ウェルビー仙台駅前センター詳細
宮城県仙台市宮城野区榴岡4-1-8 パルシティ仙台3階
JR・仙台市営地下鉄各線「仙台」駅(東口) 徒歩5分
ウェルビー仙台駅前センター
詳しくは仙台駅前センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、仙台駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【千種】センター活動報告会の追加情報についてお知らせします

こんにちは!

さて本日は前回お伝えした2月13日(木)に開催する「千種センター活動報告会」について、追加情報をお伝えいたします!!

タイムスケジュールの中に就職者インタビューという時間があります。気になっていた方もいらっしゃるかもしれません。実はこの就職者とは、なんとウェルビー千種センターで訓練をされた後就職された方たちなのです!就職へ一歩踏み出してみたい、そんな方たちの力になれればと、参加を快諾していただきました。また時間の都合上参加が難しいという就職者の方にも、アンケートでいろいろな質問をお答えいただいています。
今どんな仕事をしているのか、ウェルビーではどんな訓練をしたのか、現在どんな支援を受けているのか、などなど皆様が気になっていることを聞いていきたいと思います。
支援を受けているご本人だからこそ感じる、定着支援の長所や短所があると思います。そんな生の声をぜひ聞きにいらっしゃいませんか?どんな表情で働かれているのか見にいらっしゃいませんか?

1人で参加するのは難しいな…という方も、ぜひご家族や支援者の方、信頼できる方と一緒にご参加ください。ご不明点ございましたらお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

スライド1

 

スライド2

 

 

ウェルビー千種センター詳細
愛知県名古屋市千種区内山3-10-22 YAMATOビル 3階
電話:052-784-7010
地下鉄 桜通り線/東山線「今池」駅(1番出口) 徒歩4分
JR中央本線「千種」駅 徒歩7分
ウェルビー千種センター地図
詳しくは千種センターページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、千種センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

 

【本厚木】12月27日開催「プレゼンカリキュラム発表会」実施報告

12月27日、プレゼンカリキュラム発表会を開催しました。
皆さんの力作の発表会。その制作段階から発表会当日の様子までをご報告します!

プレゼンカリキュラムとは
「プレゼンテーション」とは「発表」「説明」の意で、「自分の考えを、他者が理解しやすいように目に見える形で示す」、つまり自分の考えを「見える化」することをいいます。略して「プレゼン」ともいいます。プレゼンスキルは仕事や面接に生かせるため、ウェルビー本厚木駅前センターでは毎週「プレゼンカリキュラム」を行い、月1ペースで発表会を開催しています。

「プレゼン」×「制作」
今回のプレゼンテーマは「私たちの障がいについて」。
まずは2チームに分かれ、チーム名を付けるところから始まりました。チームAが「KT’s」。メンバーの頭文字をとっての名称です。チームBが「はらぺこボルゾイ」。メンバーの中に「ボルゾイ」という犬が好きな方がいて、そこから名付けたそうです。
各チーム、話し合いが始まりました。役割分担、資料のコンセプト、構成などなど、話し合って決めていきます。制作期間は1カ月……1カ月といっても週1回なので実質4コマ分となります。面接や実習に行くメンバーもいる中、時間をやりくりしながら創り上げていきます。
発表時間は20分。その時間をいかに有効に使うか、各チーム腕の見せ所です。スライド・台本ができたらリハーサルという流れで進んでいきます。

「プレゼン」×「発表」
いよいよ発表当日。審査員もお招きしています。審査員は、センター職員やOBOG、関係機関の方など。いい意味での緊張感があります。
1チーム目は「KT’s」。「あなたが障害になったら」……審査員席に問いかけます。一方通行ではなく参加させる形式に引き込まれました。スライド資料のデザインもセンスよく仕上がっていました。
2チーム目は「はらぺこボルゾイ」。障がいの解説や実演があり、非常にわかりやすい内容でした。
【ウェブ掲載】本厚木駅前センター(2月4日発注)

「プレゼン」×審査
発表が終わり審査は、資料のデザイン、発表の仕方、チームワークなど、項目ごとに点数を付けていきます。関係機関の審査員の方からのありがたい講評もありました。
そして、結果発表! 勝利チームは「KT’s」です。決め手は時間配分と資料のデザイン性です。
勝利チームには賞品が授与されます。賞品は、うれしい「お弁当引換券」~♪

発表会を終えて
2チームの作品そして発表、素晴らしかったです。皆さんお疲れ様でした!!!
このプレゼン発表会では審査を行いますが、勝ち負けを重視しているわけではありません。点数化することによりモチベーションアップの効果を狙っているのです。実際に、プレゼン発表会では毎回その効果が実感できます。
さて、次回のテーマは「自己紹介」。今度は個人での制作~発表です。皆さんの個性あふれる作品、そしてどのような展開になるか、次回も楽しみです。

 

プレゼンテーションカリキュラム発表会の報告は以上です。最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。
♪次回の「ウェルビー本厚木駅前センター」の活動報告もお楽しみに♪

 

ウェルビー本厚木駅前センター詳細
神奈川県厚木市中町3-13-2 石黒ビル2F
電話:046-297-3307 FAX:046-297-3308
小田急線 本厚木駅北口 徒歩4分
ウェルビー本厚木駅前センターと第2センターの地図
詳しくは本厚木駅前センターをご覧ください。
イベントやこれまでの活動などは本厚木駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

【金沢】2月の見学・体験・相談会のお知らせ(2/20)

はじめまして!
ウェルビー金沢センターの安田です。(-⊡ω⊡)ゞクイッ
オリンピックイヤーの2020年1月に石川県の金沢市にopenしました!

今年はまだ雪が降らず、金沢らしい景色が拝めていませんが、金沢センターのスタッフは少しでも多くの皆様にウェルビーを知ってもらうために毎日いろんな場所にご挨拶にお伺いしています。
皆様にもウェルビーを際に見て触れていただきたいと思い、金沢センターでは随時、見学・体験・相談会を行っています。

2月の見学・体験・相談会は2月20日(木)になります。この日時以外をご希望であれば、事前のお申込みをお願いいたします。(o*。_。)oペコッ
見学はいつでもwelcomeです!

【金沢】見学会チラシ

 

カリキュラム表は以下の物になります。ご参照ください。

【金沢】カリキュラム表

 

【お申し込み方法】
電話でのお申込み
下記電話番号へお電話ください。
金沢センターへ直接電話
TEL:076-254-5845
※センター受付時間:9 時~18 時 年末年始・日曜除く

 

就職に向けての一歩を踏み出してみませんか。
あなたの参加をお待ちしています。

画像

 

 

ウェルビー金沢センター

石川県金沢市南町4番55号 WAKITA金沢ビル305号室
バス停「南町・尾山神社」 徒歩1分
バス停「南町」 徒歩1分
ウェルビー金沢センター地図

センター情報の詳細は金沢センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
イベント・セミナー・センターの様子などは、金沢センターブログ一覧をご覧ください。

 

【浜松第2】2020年2月のイベント紹介

こんにちは。皆様、お元気でお過ごしでしょうか。
今回はウェルビー浜松駅前第2センターの2月のイベントをご紹介します。

【浜松第2】卓球大会2月1日(土) 卓球大会 (担当:奥田、栗田)
トーナメント戦で試合を行い、経験者も未経験者も思い思いのスタイルで真剣勝負に挑みました。決勝戦は緊迫した試合となり、参加者全員が見守る中、息をのむ白熱戦が繰り広げられました。

参加者の方から、「やっていくうちに本気になって大きな声を出してしまいました。思いっきり体を動かして本当に楽しかったです。」との感想をお聞きすることができました。

また、ウェルビーから一般企業に就職をされた方々も参加され、その方々を囲んで、現在の仕事の様子や生活リズムの変化などのお話にも花が咲き、皆さん楽しいひと時を過ごされていました。

✿今後の予定✿
2月8日(土) アンガーコントロール①
2月11日(火祝) 石鹸づくり
2月15日(土) 面接練習
2月22日(土) ストレス対処②
2月24日(月振休) サークル発表会
2月29日(土) 企業実践オリエンテーション

 

2月のイベントは生活に役立つものから、ストレス対処法や感情コントロールなどの学びを得るもの、サークルの活動発表会など多彩な内容を企画しております。

土曜日や祝日に参加することで、平日とは違った交通事情や町の様子に慣れることもできます。体験希望もお待ちしております。是非、ご参加くださいね。

 

ウェルビー浜松駅前第2センター詳細
静岡県浜松市中区鍛冶町1-39 ピンストライプビル3階
各線「浜松」駅(北口) 徒歩5分/「新浜松」駅 徒歩2分
ウェルビー浜松駅前第2センター地図
詳しくは浜松駅前第2センター紹介ページをご覧ください。

これまでのイベントなどは、浜松駅前第2センターブログ一覧をご覧ください。

 

 

【新横浜】「ボッシュ株式会社 事業説明会」のご報告

こんにちは!ウェルビー新横浜駅前センターです。

1月22日(水)に、「ボッシュ株式会社 事業説明会」を開催致しました。
渋谷ジョブコーチの谷様、横浜ジョブコーチの細谷様、障がい者雇用スタッフのK様、W様にお越しいただきました。
K様は新横浜駅前センターのOBで、一年以上ボッシュ株式会社横浜事業所にて就労を継続されています!

ボッシュ株式会社様は、障害者雇用促進のため、2017年11月に人事部門に属する障がい者専門組織である「業務サポートセンター」を設立。精神、発達系の特性を持つ社員20余名の方々が、4つのロケーションで職務を担い、会社に貢献されています。
業務は、ペアやチームでコミュニケーションを取りながら、業務計画表に沿って行われています。新横浜駅前センターOBのK様は、郵便業務、給与明細の仕分け・配布、文房具の発注等を実際に行っているとのことです。

今回の事業説明会では、「障がいを抱えて働くこと」について、K様、W様が体験談をお話してくださいました。

K様
仕事でミスをしても、前向きな姿勢で仕事に臨むことが重要。
業務中はミスや疲れを減らすために、今行っている仕事に集中するようにしています。体調不調になる前に休憩を取り、症状のコントロールをすることが大切です。落ち着いて1つ1つ仕事をすれば、徐々に業務に慣れて不安が薄くなり、自信に繋がります。オンとオフの切り替えを上手く行い、ストレスを明日に持ち越さないようにすることで就労継続できています。

W様
自分の特性と上手く付き合っていくことが大切。
集中力が続かない時は、5分程度休憩を取るなど、集中するための環境作りを自分ですることが重要です。自分用の業務マニュアルを作成して仕事を進め、毎日業務を振り返り、考えるクセをつけています。
5W1Hに沿って報告したり、あいまいな表現を避けることで、自分の言いたいことを上手く伝えられるようにして日々努力を重ねているところです。

 

 

 

質問コーナーでは、利用者様からの質問に対しお答えいただきましたので、一部ご紹介致します。

Q1:朝礼の際に英語で話すとお聞きしましたが、英語の勉強が必要なのですか?
A1:採用時に英語力は問いません。日本語が話せない外国籍の社員も多く、英語で話しかけられた時の拒否反応を減らすために、朝礼での英語を取り入れています。Googleで絞り出した英語の文章をお話しています。自主的にカフェで英語の勉強を行っている社員もいます。

Q2:マニュアルを読んで理解することが苦手なのですが、工夫されていることはありますか?
A2:マニュアルに絵を一部追加したり、長い文章をフローチャート化して「見える化」しています。周りの方のサポートに頼ることも大切です。

 

最後に、利用者様の感想を一部ご紹介致します。
・コミュニケーションとチームワークを重視している会社だと分かりました
・失敗から学んでいけば良いという社風が素晴らしいと感じました
・スキルアップが可能で、長期的に活躍できる良い会社だと思いました
・実際に障がい者雇用で働いている方の体験談が聞けて、勉強になりました

今回の企業説明会では、実際に働いている方から貴重なお話を聞くことができました。

【新横浜第2】ボッシュ株式会社 事業説明会1 【新横浜第2】ボッシュ株式会社 事業説明会2

 

新横浜駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問、定着支援事業の利用の受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

 

 

ウェルビー新横浜駅前センター
神奈川県横浜市港北区新横浜2-5-19 アプリ新横浜ビル203号室
電話:045-473-7767 FAX:045-473-7768
JR横浜線・東海道新幹線「新横浜」駅(北口) 徒歩4分
横浜市営地下鉄ブルーライン「新横浜」駅(出入口8) 徒歩3分
ウェルビー新横浜駅前センター地図

センター情報の詳細は新横浜駅前センター・スタッフ紹介ページをご覧ください。
センターでのイベント・セミナー・センターの様子などは、新横浜駅前センターブログ一覧をご覧ください。

 

【錦糸町】JST講座のご紹介

こんにちは!ウェルビー錦糸町センターです!!

冬の気温で、毎日寒い日々が続きますね。皆様、体調いかがですか?
今回は、ウェルビー錦糸町センターで毎週火曜日の午後に実施
しているJST講座のご紹介をしたいと思います!!!

JST講座では、これから就職をして社会人としての
一歩を踏み出すのに必要なスキルを利用者の皆様と一緒に勉強しています。

◆働くのに必要なこと。いろいろあると思いますが、まずは、「報告・相談」
仕事は、決してひとりで完結できるものではありません。チーム作業や、上司や同僚への業務の進捗状況や、相談すべきこともたくさんあると思います!
この、「報告・相談」ですが、苦手な方も多いかと思います・・・。
私も、社会人経験の中で、どのタイミングで報告したり、相談したらいいのか悩んだ時期もありました・・・。JSTでは、皆様の意見なども交えながら、「報告・相談」の練習をしていきます。

◆そして、次に「休憩の取り方」。私が、担当させていただいているご利用者様の中にも
休憩を取るのが苦手、周りの環境によって休憩が取りたくても取れないという方もいらっしゃいました。
「休憩を取る」というのは、作業をするのにも非常に大切ですし、「休憩を取る」だけではなく、休んでリフレッシュするということがとても大切です!!
JST講座では、このような職場で必要になるスキルを講座形式で進めていきます。今回、取り上げた「報告・相談」「休憩の取り方」以外にもいろいろな、項目を取り上げて行きます。

 

ウェルビー錦糸町センターでは、毎日様々なカリキュラムを行っています。
また、土曜日には特別カリキュラムや、ご利用者様考案のイベントなど、魅力あふれる
イベントも開催しています。まずは、一度見学にいらしてみませんか?
ウェルビー錦糸町センターは、JR錦糸町駅から徒歩で10分もかからない近さで、
各地からのアクセスも抜群です!ぜひ、一度ウェルビーがどんなところか、見学に
いらしてください!職員一同、こころより皆様のお越しをお待ちしています!!!

 

 

 

ウェルビー錦糸町センター詳細
〒130-0022 東京都墨田区江東橋4-22-4 ガーベラ錦糸町ビル2階
JR各線 「錦糸町」駅(南口) 徒歩5分
東京メトロ半蔵門線 「錦糸町」駅(南口) 徒歩4分
錦糸町センター地図
電話:03-5625-5751 FAX:03-5625-5752
詳しくは錦糸町センター紹介ページをご覧ください。
これまでのイベントなどは、錦糸町センターブログ一覧をご覧ください。