【溝の口】プログラム「エニアグラム」で自分を知る

障害者の就職を支援するウェルビー溝の口駅前センターでは、自分を知る手法の一つである「エニアグラム」カリキュラムを開催しましたので、ご紹介いたします。

「エニアグラム」は、個人の特性を9つのタイプに分類し、性格の基本タイプを見出すものです。9つの性格タイプには、どれが優れており、どれが劣っている、という優劣はありません。大切なのは、自分を知り、「より良い自分」になることです。自分を知ることで適職を見つけるための一助となります。

「エニアグラム」は、診断票にて108の項目について二者択一の診断方法で選択です。今までの人生で、多くの場面で、どう感じ、どのような考え方をして、どう振る舞ってきたかを思い出して素直な気持ちで選びます。正しい、間違い、良い、悪いかの判断をするものではありません。
9つのタイプ、「改革する人、助ける人、達成する人、個性を求める人、調べる人、信頼を求める人、熱中する人、挑戦する人、平和を求める人」 に分類されます。

108の項目の集計が終わったら、自身のタイプがわかります。タイプ別に「人柄、適職性、大切にしている価値観、行動面にみられる特性、人間性を成長させるヒント」の資料をお渡しして、今後の生活、就職活動に役立てていただきたいと思います。また、参考として、9つのタイプ別の有名人を紹介したことで、納得されていました。

今回参加された人では、「信頼を求める人」というタイプの方が多い傾向がみられました。

【参加された方の声】
・診断票の入力に集中できた。
・自分を知ることができた。
・半年前に実施したときと同じタイプになった。
・ウェルビーでの訓練によりタイプに変化があった。
・これからの行動を考えるようにしていきたい。
・適職性を参考にして就活を進めていきたい。

「プログラムに興味がある」「見学してみたい」と、ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせください。
溝の口駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問をいつでも受け付けております。

【溝の口】「マンダラチャート ~目標の明確化~」特別プログラム

こんにちは!ウェルビー溝の口駅前センターです。

 

障害者の就職を支援するウェルビー溝の口駅前センターでは、2月6日(土)に、特別プログラム「マンダラチャート」を実施いたしました。曼荼羅とは?マンダラチャートとは?プロ野球選手の大谷翔平選手とマンダラチャート、チャートの書き方などを学んだ後に、各自で「マンダラチャート」を作成しました。

<マンダラチャートとは>
マス目を作り、そのマス目一つ一つにアイデアを書き込むことで、アイデアの整理や拡大などを図り、思考を深めるものです。

 

マンダラチャート

 

<マンダラチャートの効果とは>
可視化することにより、目標が明確化することが最大の効果です。
自分が問題意識を持っていることに関して、その実現のための具体的なアクションが分かるため。そしてマンダラートを用いれば、問題解決や夢の実現のためのアクションプランに、思考を整理しながらどんどん近づけるのです。それが、マンダラートで目標が達成できる理由といえます

<受講者の感想>
「漠然としていた目標が明確になった。」
「2回目の参加だが、より目標が明確になり、訓練への意欲が高まった。」
などの感想をいただきました。

 

また現在、感染症予防対策として職員・ご利用者様共に、
毎日の検温、出勤・昼食時の手洗い消毒、飲食時以外のマスク着用、
飛沫防止パーティションの設置、空気清浄機の設置、
センター内の換気を行い、予防対策に努めております。
詳細はウェルビーホームページをご確認ください。

溝の口駅前センターでは、ご見学での訓練内容や就職までの道のりの説明、
生活リズムの安定、職業適性の確認のための体験利用など、
ご相談を随時受け付けております。
お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

【溝の口】企画課プレゼンツ『たぶん(?) 役立つクイズ大会』

こんにちは!ウェルビー溝の口駅前センター企画課です。

12月より企画、準備を進めてきた企画課プレゼンツのクイズ大会が、
先日1月23日(土)に開催されました。

当日までの企画課の活動の様子、当日の様子についてレポートします。

イベント開催までの準備として、
スケジュールの立て方についての講義を受ける(PDCAサイクルについて)
企画立案・概要の決定・出題するクイズづくり
景品のラッピングや点数カードなどの小物づくり
スクリーンに映し出すクイズのパワーポイント作成・司会の台本作り
リハーサル など、盛りだくさんの内容を2時間×7回=14時間で完成させました。

小物は段ボールなどを駆使して一から手作りし、
クイズも全員で様々なジャンルから考えていきました。
はじめから全員のチームワークが良く、楽しみながら計画と作業が進んだことで、
全員が自然に自分の限界を超えた活動ができました。

 

溝の口駅前センター最終結果溝の口駅前センター景品

 

当日は、参加者に2チームに分かれてもらい、チーム対抗でのクイズ大会となりました。
直感が当たる人、日ごろの訓練の内容が記憶にしっかり残っている人、
様々なタイプの人が知恵を出し合い挑戦してくれました。
正解したチームに入る得点をランダムにしたことで、
勝敗の行方が見えないことも盛り上がりポイントでした。

 

溝の口駅前センター問題① 溝の口駅前センター問題②

 

企画課メンバーへインタビュー

★活動を通して成長したと感じる点は?
・結果にこだわらない方がパワーが出せる自分を知れた。
・周りの人をサポートする力がついた。
・人の意見を柔軟に取り入れることができ、企画を成功させるために最善の方法を選択できるようになった。
共同で作業していく事の楽しさを感じられた。
・「協力する事」について学べた。個々の作業を組み合わせて完成させるという工程が良い経験になった。

★企画課になってよかったことは?
・楽しむことを積み重ねるだけで勝手に結果が付いてくるのだと改めて感じられた。
・みんなで協力しながら準備でき、メンバー全員で盛り上げていく事が出来た。
・今後はリーダーの役割も担えるのだと自信がついた。
・小道具づくりやクイズづくりを頑張ったことで、意見を出すことに消極的な自分でも楽しく参加できた。
・一生懸命活動すると、それが周りの人にも伝わって協力してもらえることがわかった。
・暗いニュースが多い中、参加者の方たちの元気で明るい表情が見られたことがよかった。

活動を通して自分の成長を実感し、働くことへの自信と
明るいイメージが持てるようになることが企業実践の醍醐味です!
溝の口駅前センターでは、見学で訓練内容や就職までの道のりの説明、
生活リズムの安定、職業適性の確認のための体験利用など、
ご相談を随時受け付けております。
お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

また現在、感染症予防対策として職員・ご利用者様共に、
毎日の検温、出勤・昼食時の手洗い消毒、飲食時以外のマスク着用、
飛沫防止パーティションの設置、空気清浄機の設置、
センター内の換気を行い、予防対策に努めております。
詳細はウェルビーホームページをご確認ください。

ウェルビー溝の口駅前センター
TEL:044-870-1147 FAX:044-870-1148
営業時間:9:00~18:00(日曜日を除く)
E-mail:info@welbe.co.jp

【溝の口】「アンガーマネジメント ~怒りのコントロール~」特別プログラム

こんにちは。ウェルビー溝の口駅前センターです。
障害者の就職を支援するウェルビー溝の口駅前センターでは、1月16日(土)に、特別プログラム「アンガーマネジメント」を実施いたしました。今回は手法の一つ、「アンガーログ」を、参加者の皆様に実践していただきました。

アンガーマネジメントとは
「アンガー=イライラ・怒りの感情」を「マネジメント=上手に付き合う」することで、
怒りのエネルギーをポジティブな面に使っていくことを目的とした心理技術です。

<アンガーログとは>
怒りやイライラを感じたときにつける日記帳で、後々見返すことで自分の怒る頻度や、きっかけのパターンなどを客観視することができるものです。
最近怒ってしまった、あるいはイライラ・カチンときたエピソードを一つピックアップしていただき、その時の怒りの度合いを10段階評価で評価、また、その時の怒りの感じ方、相手に対して自分はどうしてほしかったのか…などを書き出していただきました。そして、続いてその怒りの状況をリフレーミング(異なる見方でとらえ直すこと)していただき、 自身の視点だけでなく、客観的な視点で、怒りの状況を整理していただきました。
アンガーログは、あくまでアンガーマネジメントの手法の1つではありますが、くり返し実践することで、いざ怒りを感じた場面においても、ご自身の怒りのパターンを把握して、感情的にならずに、冷静に状況を判断し、感情をコントロールしていくことができるでしょう。

<受講者の感想>
「怒った時をリフレーミングすることで、視点を広げられそう…。」
「自分の特徴を客観的にみることで、傾向を少し把握することができた。」
「書き出して整理することで、感情的にならないようにしていきたい…。」

などの感想をいただきました。

現在、新型コロナウイルスの感染予防対策として、職員・利用者共に毎日の検温、出勤・昼食時の手洗い消毒、マスク着用、飛沫防止パーティション設置、センター内の換気を行い、予防対策に努めております。
またカリキュラムの制限等があり、ウォーキングやコミュニケーション系カリキュラムの実施を休止していますが、利用者の方々の為になる特別プログラムを定期的に開催しております。
センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問も受け付けておりますので、お気軽にウェルビー溝の口駅前センターまでお問合わせください。

【溝の口】実践的カリキュラム「物品請求書作成」のご紹介

障害者の就職を支援するウェルビー溝の口駅前センターでは、日頃の訓練の成果を確認するための実践的なカリキュラム「物品請求書作成」を実施しましたので、ご紹介いたします。

「物品請求書」は、顧客からのオーダーの商品・品番・数量・単位を見て、物品リスト(PDFファイルまたは商品の冊子)から、オーダーの商品を探して(ピッキング)、単価・小計・税込み金額を求めます。

オーダーは全部で、①8品、②8品、③10品、④10品の計36品です。

目標は、慌てずに正しく「物品請求書」を作成することとしました。
「物品請求書」作成に参加された利用者様は、50分の時間内で12人が合格しました。

「物品請求書」作成では、暗算、電卓操作、金額計算、消費税計算、検索能力、ペン字、集中力のスキルが試されます。

今回の実践的なカリキュラムを通して、利用者様が必要とするポイントが見つけられ、訓練へのフィードバックをすることができました。

物品請求書

「プログラムに興味がある」「見学をしてみたい」と、ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせください。

溝の口駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問をいつでも受け付けております。

【溝の口】【カリキュラム】グループワーク 実施のご報告

ウェルビー溝の口駅前センターでは1月5日(火)に
グループワーク『2021年の座右の銘を考えよう!』
を実施しました。

既にある著名人の言葉や四字熟語、ことわざは使用せずにグループでオリジナルの座右の銘を考案し、最後に発表していただきました。

IMG-3131

個人が考えた言葉をグループとして一つの言葉に集約したり、新型コロナウィルスに負けない思いを人生哲学に置き換えたり、就職活動を乗り切る秘訣を言葉に込めたりする等、利用者様の願いがこもった座右の銘を作ることができました。

今回のグループワークでは、「人生で大切にしていることを人に伝えられるようになる」、「自身の肯定的な面を把握して就職活動時に役立てることができる」を目的としております。
グループワークで「話す力、聞く力、協調性」を培うことができるようバリエーション豊かな内容で毎回実施しております。
コミュニケーションが苦手、他者との協働作業に不安がある方には是非お勧めのカリキュラムです!

溝の口駅前センターでは、ご見学での訓練内容や就職までの道のりの説明、
生活リズムの安定、職業適性の確認のための体験利用など、
ご相談を随時受け付けております。
お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

ウェルビー溝の口駅前センター
TEL:044-870-1147 FAX:044-870-1148
営業時間:9:00~18:00(日曜日を除く)
E-mail:mizonokuchi@welbe.co.jp

【溝の口】【土曜プログラム】ベーシックトレーニング応用編 実施のご報告

ウェルビー溝の口駅前センターでは12月26日(土)に
ベーシックトレーニング応用編 第2弾 『ペーパークラフトを作ろう』
を実施しました。
10月に実施した第1弾では
前半、ベーシックトレーニングの意義目的の説明とスタッフによる実演を行い、
後半、2人1組になってハロウィンモチーフのペーパークラフトを作成しました。
参加した利用者様からは
「ベーシックトレーニングについて詳しく知ることが出来て良かった。」
「久し振りに作品作りというものをして熱中出来て良かった。」
「ベーシックトレーニングの意義を考え直し、仕事をするときに活かしたいと思った。」
といった感想が寄せられ、好評だったため今回の第2弾を実施することになりました!

ホワイトボード

第2弾では、もうすぐお正月ということで
縁起物モチーフのペーパークラフトを作成しました。
来年の干支である牛や赤べこ、だるま、富士山などの中から1人1種類
好きなものを選んでいただき、今回は1人で1つの作品を作り上げていただきました。

作業風景

皆さん集中して作成に取り組まれ、素敵な作品が出来上がりました!
作品完成後は観賞会を行い、何名かに感想を聞いてみると、
「同じ作品でも個性があって見ていてとても楽しい」
「“赤べこ”の頭が地面に着いたのがショックだったが、補強して頭を浮かせることが出来た」
「みんなきれいに出来ていてすごかった」
「他の方にフォローしてもらったので完成できた」
と答えてくださいました。

また、
「じっくりとベーシックトレーニングで継続力を身に付け、得手不得手を把握して就職に活かします」
と訓練へのモチベーションが向上したことを感想として挙げた方もいらっしゃいました。
溝の口駅前センターでは、ご見学での訓練内容や就職までの道のりの説明、
生活リズムの安定、職業適性の確認のための体験利用など、
ご相談を随時受け付けております。
お気軽にお電話・メールにてお問い合わせください。

ウェルビー溝の口駅前センター
TEL:044-870-1147 FAX:044-870-1148
営業時間:9:00~18:00(日曜日を除く)
E-mail:mizonokuchi@welbe.co.jp

【溝の口】「仕事を長く働き続けるポイント」カリキュラム開催報告

障害者の就職を支援するウェルビー溝の口駅前センターでは、12月19日(土)に、卒業生をお招きして、「仕事を長く働き続けるポイント」について講義と懇談会をしましたので、一部をご紹介します。

<仕事を長く働き続けるためのポイント>
1.ルールを守る(遅刻・欠席・作業中の私語・服薬など)
2.自分の今の力の60~70%くらいの力でできる仕事内容
3.焦らずゆっくり、続けられる仕事・職場を見つける
4.良い時は良い時なりに、悪い時は悪い時なりに仕事ができる力を身に付ける
5.日常生活リズムを崩さないこと
6.生活のことや仕事のことを相談できる人をもつこと
7.メンタル面を補うための体力を身に付けること

<ウェルビーへ何を目的に通所したか>
・働いて、元気に生活をしたいという思いが強かった。
・人とのコミュニケーションが苦手なため、対人技能の向上を目的に通所した。
・生活リズムの改善と、自信をもつため。
・自分の障害についての理解や、得手不得手を知るため。
・自立や社会復帰を目的に、安定して長く働けることを目的に通所した。

<ウェルビーで役に立ったこと>
・仕事の業務で商品検索があるため、PC訓練の数値入力が役に立った。
・企業実践やベーシックトレーニングは、働いたときに業務の基礎となるので糧になった。
・対人技能訓練(SST)で、人との距離の取り方や上手な断り方を習得できた。

<成長出来たと実感すること>
・ウェルビーでビジネスマナーを学び、職場での挨拶は自分からするように心掛け、社交的になることができた。
・障害者だから出来ない・・・とならずに、自分の障害と向き合うことの大切さと達成感を実感した。
・障害の特性上、緊張しやすい特徴がありますが、ウェルビーのコミュニケーション系カリキュラムに参加をして、対人技能に自信をもつことができた。その結果、現在も安定して働き続けることが出来ている。

<受講者の感想>
・現在、就職活動で苦戦をしているが、OB・OGの話を聞き、「ここでくじけていられない。頑張ろう」と励みになった。
・仕事をする上で、報告・連絡・相談の重要性を実感できた。今後、ビジネスマナーで学んだことを企業実践で、活かしていきたいと思った。
・失敗やミスをしたときに、凹むのではなく、どうしたら失敗が減るか改善策を考える重要性を知った。
溝の口駅前センターでは、好評いただいているイベントを開催しておりますので、「プログラムに興味がある」「見学してみたい」「就職についての悩み、ちょっと相談してみたい」と、ご興味をお持ちいただけましたら、お気軽にお問い合わせください。
溝の口駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問を受け付けております。

【溝の口】日通ハートフル株式会社様での企業実習のご報告 (12月8日~12月10日)

こんにちは!障害福祉サービス 就労移行支援事業所 ウェルビー溝の口駅前センターです。

企業実習に参加された利用者様のご様子を紹介いたします。
2020年12月8日~12月10日の3日間、日通ハートフル株式会社様の企業実習に利用者様1名が参加しました。
事務職未経験の方で、今回の実習では「特例子会社の雰囲気や業務内容を知る」ことを目標としておりました。
作業内容としては、アンケート用紙に貼られた個人情報保護シールを剥がす作業、仕分け作業、確認作業を行いました。
以下、ご本人から頂いた感想を紹介させていただきます。

私が実習で学べたこと、行ってみて良かったことについてまとめると、
・高層ビルに入ることへの緊張感が無くなった
・事務作業をしている方々の様子を見ることができた
・ 自分に合った通勤の距離かどうかを考えることができた
・5時間座って作業ができるかチェックすることができた
・ 朝は「おはようございます。」実習中にすれちがったら「お疲れ様です。」退勤時は「失礼致します。」等の挨拶は自分から積極的にでき、緊張感が無くなった
・報告・連絡・相談があるときは、「今お時間よろしいでしょうか。」と相手の都合を聞き、伝える事ができ、上司に接するときの緊張感が無くなった
実習に初めて行ったときは実習先の方とお話をすることも緊張しましたが、実習期間中は任された仕事が終わったら報告に行くことを忘れずにやりました。最終日には、任された仕事が早く終わったので、新しい仕事を頂けるようになりました。実習を体験してみて、今後面接をするときに緊張せずに挨拶ができ、緊張せずにお相手に自分のことをお伝えすることができそうだという自信がつきました。

今回の実習により、通勤可能範囲の把握、作業の持続力、報連相などのビジネスマナー等多くのことを吸収していただくことができました。
また、最終日には企業様から実習3日間のご様子について評価表をもとにフィードバックをしていただきました。日々の訓練を振り返る機会となり、実習後はフィードバック内容をもとにご自身の課題を意識して熱心に訓練に取り組まれる様子が見られています。

今回は実習参加の様子を紹介いたしました。
溝の口駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問、定着支援事業の利用の受付をしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

【溝の口】(株)コナカ様による「面接マナー・スーツ着こなし講座」開催報告

障害者の就職を支援するウェルビー溝の口駅前センターでは、12月5日(土)に、株式会社コナカ様をお招きして、「面接マナー・スーツ着こなし講座」というテーマで約2時間、お話をしていただきました。スーツの着こなしから面接でのマナーや失敗例など、講師のかたの経験を織り込みながら身振り手振りを交えてユーモアがある楽しい講座でした。面接前に笑顔を作る魔法の言葉「ミッキー」を教えていただき、挨拶・着席のロールプレイングが楽しくできました。利用者様からの質問にも丁寧にお答えいただきました。

【講座内容】
・第一印象の重要性
・第一印象を向上するポイント
・挨拶のポイント(笑顔、元気)
・スーツの着こなし方、ネクタイの結び方
・挨拶・着席のロールプレイング

【利用者様からの質問と回答】
スーツの選び方として、その人の年齢によってふさわしいスーツやデザインを選ぶのが良い。スーツの値段は幅広いが、着心地の違いがあり、生地や縫製(ミシン、手縫い)の違いが大きい。今後のスーツの使い道(数回だけ着用か着用回数が多いか)を考えて購入を考えると良い。無地のスーツが無難であるが、ダーク系のシャドウストライプなら無地に見える。

【利用者様からの感想】
・就活に役立つ着こなしやビジネスマナーを学べてとても良かった。
・第一印象はとても大事なことがわかり、努力次第で変えられることが学べました。
・フラップなど、スーツについて知らなかった事柄を多く知ることができて良かったです。
・笑顔になれる言葉「ミッキー」など、いろいろな場面で使いたい。
・挨拶の練習や座り方が参考になりました。
・第一印象(挨拶、お辞儀)の重要性がわかりました。
・配布いただいたマナー講座資料は、就活時の参考になります。
・2時間があっという間で楽しい時間を過ごせました。
溝の口駅前センターでは、企業様をお招きしてのオリジナルプログラムを企画しておりますので、
「プログラムに興味がある」「見学してみたい」と、ご興味をお持ちいただけましたら、
お気軽にお問い合わせください。
溝の口駅前センターでは、センター見学、個別プログラム体験のご予約・ご質問も受け付けております。