ウェルビーフォーラム2016

本気で就職を目指す障害者のための就職活動支援センター「ウェルビー」

ウェルビーでは障害のある方々の就職支援を日本全国で行っています

ウェルビーは『 障害を生かし自分らしく働く 』ことを追及するプロフェッショナルです。

『 障害は”隠す”ものではなく”生かす”ものである』
そんな思いのもと、ご利用いただく全ての方と真摯に向き合い続けてきた私たちは、障害者就職支援のプロフェッショナルです。
「障害を生かし自分らしく働きたい」その気持ちを私たちが全力で応援します!

障害者の就職支援

おすすめコンテンツ

ウェルビーの就職までのステップ

あなたのペースではじめよう!

就職した方の実例

新横浜駅前センター利用
30代男性・精神障害(双極性障害)・事務職
通院している病院の心療内科の受付にパンフレットが置いてあるのを見つけました。自分が住んでいる神奈川県にあるセンターを探してすぐに見学。実際に同じような躁うつ病や統合失調症、不安障害など、さまざまな障害のある方が訓練を受けている姿を拝見し、ここで頑張って就職につなげたいと思いました。 ウェルビーでは数か月単位で支援計画書を作ってくれるので、「自分がこれまで達成できたこと」「今後課題とすべきこと」がわかりやすく、頭の中で整理できたことがありがたかったです。 自分自身はコミュニケーション能力の向上が一番の課題だととらえていたので、「グループワーク」や「ソーシャルスキルトレーニング(SST)」や「ウォーキング」などを活用して経験を積み重ね、会話や人と接する機会を増やしていったことが成果につながったと思います。パソコンスキルも向上し、電卓の扱いや帳票整理など事務職に必要な業務内容の経験が積めてよかったです。 生活リズムを整えることができたこと、大切な友人が何人もできたこと、自分に自信が持てたことがウェルビーに通ってよかったことです。ウェルビーには信頼できるスタッフさん(自分の場合は、特に担当していたスタッフ)がいます。色々な障害や悩みを抱えている方たちと話ができる貴重な経験が得られます。最初は苦労することもあるかもしれませんが、周囲を信じて頑張ってください。

【ご家族の声】
新しいお友達との出会いによりはりのある毎日になったこと、またきちんと通うことで生活のリズムが徐々に規則正しくなっていきました。おかげさまで就職も決まりました。親子ともども心から感謝いたしております。お世話になり。本当にありがとうございました。
町田駅前センター利用
30代女性・精神障害(不安抑うつ障害)・事務職
初めは一人でハローワークに行って求人情報を探したり、転職サイトに登録したり、合同面接会に行ったりと転職活動をしていましたがうまくいきませんでした。そんな時に通っていたメンタルクリニックで「就労移行支援サービス」という制度があることを初めて知りました。インターネットで検索し、ウェルビーが一番印象深かったため、見学に行きました。カリキュラムの見学をしたのですが、「パソコン訓練」だけでなく「グループワーク」や「ビジネスマナー」や「ディスカッション」など、多様なプログラムが用意されていることを知り、ぜひそのような環境で訓練をしたいと思いました。また、スタッフの方の心強い言葉でここで就職活動を頑張っていけると思い、利用を決めました。
前職は事務職で働いていたので、また事務の仕事がしたいと思っていました。企業実践のプログラムでは、事務作業だけでなく、「上司への報告、連絡、相談(ホウレンソウ)」「仲間との連携相談」「時間配分について」など考えながら動かなければならなかったので、とても勉強になりました。就職がうまく決まって、働いている今でも訓練で学んだ感覚が身についているので、訓練を受けてよかったと思っています。就職活動のプログラムでは、自分の障害や疾病と向き合い、どう働いていきたいか気づくことができ、面接でも自分の言葉で伝えられることができました。4ヶ月の訓練で内定をいただきましたが、得るものが非常に大きかったと思います。
ウェルビーに通うことによって生活リズムを整えることができました。何より同じ「就職」という目的を持った仲間たちと訓練することでよい刺激を受けることができました。自分ひとりでは弱気になってしまうことも多かったのですが、スタッフや仲間と過ごすうちに前向きになることができました。転職活動や求人情報を探している障害者の方で、興味を持った方は是非一度体験してみてはいかがでしょうか。就職への第一歩になるかもしれません。
松戸センター利用 
20代男性・知的障害・軽作業
職業訓練センター地域若者サポートステーションの支援員の方からウェルビーを紹介していただきました。その後センターを見学した際に、色々な職業訓練の中でもプラグやボールペンの組み立て・分解を中心とした訓練(ベーシックトレーニング)に興味をもって、自分の希望する職種に必要なことが学べると思い体験利用を申し込みました。体験する中で、久しぶりに大勢の人と話しあったり、スタッフの方に悩みや将来の働き方についてやさしく相談に乗ってくれたりと、ここなら就職活動を安心してできると思い、利用を決めました。
パソコンはあまり触ったことがなかったのですが、タイピングやOffice(Word、Excel、PowerPointなど)の訓練を通して少しずつできるようになり、データ入力の仕事に就きたいと思うようになりました。また、グループディスカッションやグループワークでは周りの人たちとのコミュニケーションの取り方など学ぶことが多くありました。就職活動は苦戦しましたが、模擬面接やウェルビーで勉強したことが役に立ちました。
利用開始から1年、採用が決まった時は家族やサポステの担当者、ウェルビーのスタッフがすごく喜んでくれてうれしかったです。
ウェルビーの利用を通して、悩みを相談できる仲間やスタッフの方や支えてくれる家族など、様々な話ができる場が増えました。障害福祉サービスや就職支援に興味がある方は、自分の障害や希望などを踏まえて、まずは見学や体験をして自分に合うかどうか試してみるといいと思います。家で一人で悩んでいる時よりも、スタッフが一緒に考えてくれるほうが前向きな就職活動ができました。
スタッフの皆さんが厳しかったけど、でもとても優しく悩みごとを相談に乗ってくれてうれしかったです。仕事に就いても学んだことを活かして頑張りたいと思います。

【ご家族の声】
息子がハローワークからサポステにたどり着き、支援員の方と出会いたくさんの助言をいただき、今まで止まっていた時計が一気に動き出しました。障害認定を受け障害者手帳を取得し、希望としていた就職に向けて訓練する場所として数か所ご紹介いただいた就労移行支援施設の中で一番適しているであろうとの判断のもと、ウェルビーを紹介されました。
ウェルビーに通うようになってから、これまで以上にしんぼう強くなり、物事に対して積極的に取り組めるようになりました。それまで初めてのことには自分から行動できず家族や人を頼りにすることが多かったのが、自分で乗り越えることができました。自信を持つことによって、それまで苦手であった人間関係にも変化がでて明るくなっていきました。
親としてできることには限界があり、まして成人した子どもに対してはどうしていいかわからないと感じることが現実でした。今となっては息子が自分で世界を広げ、その先にしっかりとした専門の方がいらっしゃり、それぞれの支援を受けて、本当に助けていただいたと思います。
就職指導を受け、自信をつけさせていただき、見事に就職をいたしました。会社の皆さま、これまでご指導いただいたサポステ、ウェルビーの皆さまに支えていただきながら、充実した毎日を過ごしています。
本当にありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いいたします。
草加駅前センター利用 
30代男性・発達障害(自閉症スペクトラム)・事務職
前職で働いていた時に体調を崩した私は、退職して自宅で静養した後、精神科デイケアに通って生活習慣の改善とコミュニケーション能力の向上に努めました。デイケアの中で徐々にステップアップし、就職するためにはどうすればよいか父親と話し合い、インターネットで調べた結果ウェルビーにたどりつきました。その後、見学と体験をし、ここでなら就職する力(パソコンの操作やビジネスマナーなど)を身に付けることができると思い、通い始めました。
私の場合、最初はパソコンの技術向上と報連相の行い方、ビジネスマナーなど、働きううえで必要不可欠となるこれらのスキルを取得するよう努めました。その後、担当のスタッフとともに履歴書などの応募書類の添削やハローワークに通うなどして就職活動を始めました。
ウェルビーのカリキュラムは内定をいただくうえで役に立ちました。企業実践ではウェルビーを会社に見立てた訓練で、人との仕事の仕方やコミュニケーションの取り方、電話応対を行いながら業務をこなすなど、様々な作業を行いました。グループワークやディスカッションでは、複数のメンバーとグループを組み、その中から司会と書記を決め、一つのテーマについて話し合いました。ソーシャルスキルトレーニング(SST)やジョブスキルトレーニング(JST)は、対人技能を身に付ける練習(ロールプレイ)を行い、良い点悪い点をお互い出し合うという内容で、学ぶことが多くありました。こういった様々なカリキュラムを受けることによって働く力が身についていきました。特にジョブトレーニングでは、業務の実践を行うことができ、様々な作業をこなすことで就労するうえで必要なスキルを得ることができました。また、スタッフが懇切丁寧に指導して下さったことも大変ありがたかったです。
「就職したいけどどうすればよいかわからない」と思う方は、ぜひウェルビーにきてください。ウェルビーには就職するために必要な支援と訓練と環境があります。スタッフも時に厳しいこともありますが、最後まで利用者のことを考えて寄り添って行動してくれます。ぜひ担当スタッフと二人三脚で就職を目指して頑張ってください。

各センターの就職実績

平成28年度

平成28年度就職実績

セミナー情報

    メディア情報