相談支援とは

相談支援事業について

ウェルビーの提供する相談支援事業では、障害のある方の個々のニーズや課題や目標に合わせて、一人ひとりに適した障害福祉サービス等の利用についてのご案内をしております。
例えばこんな悩みごとはありませんか

それぞれのサービスの内容・種類も多岐にわたり、おひとりで適切な利用を検討することは複雑で難しい福祉サービス。そんな時にはぜひ、ウェルビーの相談支援事業所にお任せください。効果的なサービスやその利用計画を親身に検討いたします。
ご利用は無料ですので、お気軽にご相談ください。

対象となる方

障害福祉サービス等の支援が必要な18歳から64歳までの精神障害、発達障害、知的障害、身体障害、難病などのある方

特定相談支援事業とは

特定相談支援事業とは、障害福祉に関する様々な情報提供や、そのサービスを利用するための計画の作成などをおこなうサービスです。基本相談支援、計画相談支援(サービス利用支援/継続サービス利用支援)からなります。支援が必要な障害のある方やご家族がご利用できます。
まずは面談やアセスメントを通じ、個々のニーズや状況に合わせた「サービス等利用計画」を作成します。その後は定期的にサービスの利用状況などをヒアリングし、見直しが必要な場合には「サービス等利用計画」の改善を実施します。

基本相談支援 計画相談支援
サービス利用支援 継続サービス利用支援
障害のある方やご家族からの相談に応じて、障害福祉に関する様々な内容に関し、情報提供や助言を行うとともに、市区町村や、福祉・就労・保健・医療等の各種サービスとの連絡調整などを行います。 障害のある方の将来のご希望などのご意向を伺いながら、障害福祉サービスの利用申請時の「サービス等利用計画案」の作成を行います。サービス支給決定後は、各福祉サービス事業者と会議、連絡調整を行い、「サービス等利用計画」を作成します。 作成された「サービス等利用計画」が適切かどうか、定期的な利用状況の検証、効果の分析や評価を行います。(モニタリング)
その際、必要に応じて計画の見直しや、福祉サービス事業所等と連絡調整を行います。

相談支援サービスご利用の流れ

面談/アセスメント

障害のある方ご本人の意向、お悩みや課題などをお聞きしながら必要なサービスや状況を整理します。

プランニング

アセスメントをもとにウェルビーの相談支援事業所がサービス等利用計画案を作成します。

支給決定

福祉サービス受給者証をお持ちでない場合、管轄の自治体の部署に申請をする必要がございます。
手続きについてもスタッフがサポート致します。
当社が作成したサービス利用計画案などをもとに、自治体がサービス内容の支給決定を行います。

ケース会議

ご本人やウェルビーのサービス担当者、自治体スタッフなど関係者で計画について話し合います。

サービス利用開始

ケース会議で確定したサービス等利用計画を市区町村に提出し、サービスの利用を開始します。

モニタリング

定期的に、ご本人のご意向や、事業所から利用状況の聞き取りを行い、必要に応じて計画の改善をします。

相談支援に関するお問い合わせ

相談支援に関する不明点や質問、相談の予約はメール( info@welbe.co.jp )または各相談支援事業所までお気軽にご連絡ください。
※ご本人だけでなく、ご家族や医療機関の方々、福祉施設の支援者からのご相談も受け付けています

相談支援事業所のご案内

特定相談支援事業所ウェルビー北千住駅前センター

住所 〒120-0034
東京都足立区千住3-1 藤田ビル2階
(ビル1階・ファミリーマート)
アクセス 各線「北千住」駅(西口) 徒歩5分
電話番号 03-5284-6331
FAX番号 03-5284-6332

特定相談支援事業所ウェルビー熊本水前寺センター

住所 〒862-0950
東京都足立区千住3-1 藤田ビル2階
(ビル1階・ファミリーマート)
アクセス 熊本市交通局「新水前寺」駅停留所 徒歩3分
JR豊肥本線「新水前寺」駅 徒歩4分
電話番号 096-273-8280
FAX番号 096-273-8281