【掲載情報】『世界メンタルヘルスデー2020』(web版)に、代表の大田のひとことメッセージが掲載されました

厚生労働省が主催する『世界メンタルヘルスデー2020 ~つながる、どこでも、だれにでも~』(Web版)の「対談メッセージ」に、代表の大田がひとことメッセージを寄せましたのでご報告いたします。

http://www.jmar-llg.jp/world-mental-health-day-japan2020/message.html

 

世界メンタルヘルスデーとは
世界精神衛生連盟(WFMH)が、1992年より、メンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、偏見をなくし、正しい知識を普及することを目的として、10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定めました。
その後、世界保健機関(WHO)も協賛し、正式な国際デー(国際記念日)とされています。http://www.jmar-llg.jp/world-mental-health-day-japan2020/index.html

 

【リリース】「越谷市障害者就労支援センター」の受託のお知らせ

当社は、越谷市が実施する「越谷市障害者就労支援センター」の運営を受託いたしましたのでお知らせいたします。

「越谷市障害者就労支援センター」は、市内在住の障害者に対して、就労に関する総合的な支援の窓口としての役割を担っております。

障害者本人やそのご家族に対しては、求職相談、会社見学や面接への同行、就職後の職場定着支援などを行っております。また、企業に対しては、障害者の雇用促進と就労の安定を図るための雇用相談を行っております。

さらに、障害者就労を支援する様々な機関のつなぎ役として連携・調整を行っております。例えば、行政やハローワーク、特別支援学校から相談を受ける役割や、当社の運営する就労移行支援事業所などの障害者事業所に紹介する役割を担います。

受託した業務の概要等は、下記の通りです。

 

<受託した業務の概要>
 (1)主な業務内容
・障害者やその家族に対する就労相談、就労支援、定着支援
・企業に対する障害者雇用の相談
関連機関との連携・調整

(2)所在地
埼玉県越谷市東越谷1―5-6 越谷市産業雇用支援センター3階

(3)契約期間
2020年10月1日から2023年9月30日まで

以上

 

 

【IR】「越谷市障害者就労支援センター」の受託のお知らせ 

 

■会社概要■
会社名  : ウェルビー株式会社
証券コード : 6556
本部所在地  : 東京都中央区銀座二丁目3番地6号
代表者  : 代表取締役社長 大田 誠
設立年月日  : 2011年12月1日
電話番号  : 03-6268-9542(代表)
URL  : https://www.welbe.co.jp/
基本理念  :
ウェルビー株式会社は世の中で支援を求めている方に対して、「社会福祉」を通じ
「希望」を提供します。
経営理念  :
全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会
の実現に向けて

 

 

【リリース】新規事業として幼児・学習教室「ハビーアカデミー」の開始のお知らせ

当社グループは、新規事業として、公費サービスではない幼児・学習教室「ハビーアカデミー」を開始しましたので、下記のとおり知らせいたします。8月には仙台教室(宮城県)を、9月には大和教室(神奈川県)をオープンします。

1.目的及び内容
当社グループは、児童発達支援事業所、放課後等デイサービス事業所を首都圏、近畿圏を中心に運営してきておりますが、これらは法律に基づく公費サービスとなります。そのため、利用にあたっては行政からサービス受給者証を発行してもらう必要があり、また、受給者証に定められた日数の範囲内でサービス提供をおこなう必要があります。

たくさんの利用相談を受けるなかで、「サービス受給者証を持っていないけれども利用したい」、「上限日数を超えて利用したい」といった声を多く耳にしてきており、そのようなご利用者様の希望を叶えることは事業上の課題のひとつでした。

幼児・学習教室「ハビーアカデミー」は、公費サービスではないため、ご利用者様のニーズに応じたサービスを提供することが可能です。療育スキルの高い専門スタッフによるオーダーメイドの個別指導によって、お子様の成長と発達を支援していきます。

2.事業所の概要
【事業所名】
幼児・学習教室 ハビーアカデミー仙台教室
【所在地】
宮城県仙台市青葉区国分町3丁目9-1 庄子ビル3階
【開設日】
2020年8月1日

【事業所名】
幼児・学習教室 ハビーアカデミー大和教室
【所在地】
神奈川県大和市中央2丁目2-1 Yフロントビル4階
【開設日】
2020年9月1日

3.今後の見通し
現時点において、本件が当社グループの連結業績に与える影響は軽微であると考えておりますが、改めて開示の必要が生じた場合は速やかに開示いたします。

 

以上

 

【IR】新規事業として幼児・学習教室「ハビーアカデミー」の開始のお知らせ

 

■会社概要■
会社名  : ウェルビー株式会社
証券コード : 6556
本部所在地  : 東京都中央区銀座二丁目3番地6号
代表者  : 代表取締役社長 大田 誠
設立年月日  : 2011年12月1日
電話番号  : 03-6268-9542(代表)
URL  : https://www.welbe.co.jp/
基本理念  :
ウェルビー株式会社は世の中で支援を求めている方に対して、「社会福祉」を通じ
「希望」を提供します。
経営理念  :
全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会
の実現に向けて

感染拡大する中での従業員の尽力に敬意を表し、決算賞与を支給を決定

障害福祉サービス事業を行うウェルビー、感染拡大する中での従業員の尽力に敬意を表し、決算賞与を支給を決定

障害者の就職支援や発達の遅れがある子供の支援などを全国で展開するウェルビー株
式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大田誠)は、当社グループの全従業
員に対して、決算賞与を支給することにいたしましたので、下記のとおりお知らせい
たします。

1.      決算賞与の支給の理由
当社グループは、「全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が
「希望」を持てる社会の実現に向けて」という理念を掲げており、人財は宝であると
いう認識が、1人でも多くの障害児、障害者の方に、成長と活躍の場を提供すること
に寄与してきたものと考えております。
新型コロナウィルスの感染が拡大する中、当社グループの従業員は、感染拡大に最大
限の注意を払いながら、職業的使命感を高くもち、利用者やそのご家族の支えとなる
よう、高品質のサービス提供の維持につとめてまいりました。
そうした従業員の尽力に敬意を表するべく、通常の賞与に加えて、決算賞与を支給す
ることにいたしました。これにより、一人ひとりの愛社精神が高まり、提供するサー
ビス品質が向上し、延いては、競争力が強まり、持続的な企業価値の拡大が期待でき
るものと確信しております。

2.      決算賞与の内容について
2020年3月末に在籍していた当社グループの全従業員を対象に、通常の賞与に加え
て、正社員には一律15万円を、パート社員には15万円を基準に勤務日数に応じた金額
を支給いたします。

 

【IR】決算賞与の支給に関するお知らせ

■会社概要■
会社名  : ウェルビー株式会社
証券コード : 6556
本部所在地  : 東京都中央区銀座二丁目3番地6号
代表者  : 代表取締役社長 大田 誠
設立年月日  : 2011年12月1日
電話番号  : 03-6268-9542(代表)
URL  : https://www.welbe.co.jp/
基本理念  :
ウェルビー株式会社は世の中で支援を求めている方に対して、「社会福祉」を通じ
「希望」を提供します。
経営理念  :
全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会
の実現に向けて

就労移行支援事業 ウェルビーで「四日市センター」「松本駅前センター」を3月同時開所予定

障害者の就職支援や自立支援、障害児の発達支援を行うウェルビー
就労移行支援事業 ウェルビーで3月に
三重県四日市と長野県松本市にセンター開設
~児童発達支援事業、放課後等デイサービス事業でも同時開所~

 

障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:大田誠)は、就労移行支援事業所 ウェルビーで三重県に「四日市センター」、長野県に「松本駅前センター」を2020年3月に同時開設。三重県と長野県でそれぞれ第1拠点目となります。

また、当社の未就学(0歳から6歳まで)のお子さまを支援する児童発達支援事業「ハビー」と、学齢期(小学校・中学校・高等学校)のお子さまを支援する放課後等デイサービス事業「ハビープラス」でも3月に事業所を同時開設する予定です。

<児童発達支援事業所 ハビー>
ハビー本厚木教室(神奈川県)

<放課後等デイサービス事業所 ハビープラス>
ハビープラス西船橋教室(千葉県)
ハビープラス西川口教室(埼玉県)
ハビープラスふじみ野教室(埼玉県)

ウェルビーではお子さまから大人の方まですべての年代の障害のある方や社会的な困難を抱える方への支援を、支援機関や医療機関などと連携しながら積極的に行い、さまざまな場面でのサポートを提供してまいります。

<関連記事>
児童発達支援事業で「ハビー本厚木教室」を3月開所予定

放課後等デイサービス事業 ハビープラスで「西船橋教室」「西川口教室」「ふじみ野教室」を3月同時開所予定

 

ウェルビー四日市センター
三重県四日市市三栄町3-15 小林ビル 1階
最寄り駅:各線「近鉄四日市」駅(東出口) 徒歩5分/JR「四日市」駅 徒歩8分
四日市1216

 

ウェルビー松本駅前センター
長野県松本市深志1-2-2 野田ビル3階
最寄り駅:JR各線「松本」駅(東口) 徒歩3分
松本駅前

 

放課後等デイサービス事業 ハビープラスで「西船橋教室」「西川口教室」「ふじみ野教室」を3月同時開所予定

障害者の就職支援や自立支援、障害児の発達支援を行うウェルビー
放課後等デイサービス事業 ハビープラスで
「西船橋教室」「西川口教室」「ふじみ野教室」を3月同時開設
~児童発達支援事業、就労移行支援事業でも同時開所~

 

障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:大田誠)は、放課後等デイサービス事業 ハビープラスで千葉県に「西船橋教室」、埼玉県に「西川口教室」「ふじみ野教室」を2020年3月に同時開設。

また、当社の主力事業である18歳以上65歳未満の障害のある方を対象とした就労移行支援事業「ウェルビー」と、未就学(0歳から6歳まで)のお子さまを支援する児童発達支援事業「ハビー」でも3月に事業所を同時開設する予定です。

<就労移行支援事業所 ウェルビー>
ウェルビー松本駅前センター(長野県初)
ウェルビー四日市センター(三重県初)

<児童発達支援事業所 ハビー>
ハビー本厚木教室(神奈川県)

ウェルビーではお子さまから大人の方まですべての年代の障害のある方や社会的な困難を抱える方への支援を、支援機関や医療機関などと連携しながら積極的に行い、さまざまな場面でのサポートを提供してまいります。

<関連記事>
児童発達支援事業で「ハビー本厚木教室」を3月開所予定

就労移行支援事業 ウェルビーで「四日市センター」「松本駅前センター」を3月同時開所予定

 

ハビープラス西船橋教室
千葉県船橋市葛飾町2丁目343 中沢ビル2階
最寄り駅:各線「西船橋」駅(南口) 徒歩2分
ハビープラス西船橋1217

 

ハビープラス西川口教室
埼玉県川口市並木3-1-1 第二福原ビル 2階
最寄り駅:JR京浜東北線「川口」駅(西口) 徒歩3分ハビープラス西川口1217

 

ハビープラスふじみ野教室
埼玉県ふじみ野市うれし野2-1-20
最寄り駅:J東武東上線「ふじみ野」駅(西口) 徒歩8分
ハビープラスふじみ野1213

 

 

児童発達支援事業で「ハビー本厚木教室」を3月開所予定

障害者の就職支援や自立支援、障害児の発達支援を行うウェルビー
児童発達支援事業で「ハビー本厚木教室」を3月開設
~放課後等デイサービス事業、就労移行支援事業でも同時開所~

 

障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:大田誠)は、神奈川県厚木市に児童発達支援事業で、「ハビー本厚木教室」を2020年3月に開設。

また、当社の主力事業である18歳以上65歳未満の障害のある方を対象とした就労移行支援事業「ウェルビー」と、学齢期(小学校・中学校・高等学校)のお子さまを支援する放課後等デイサービス事業「ハビープラス」でも3月に事業所を同時開設する予定です。

<就労移行支援事業所 ウェルビー>
ウェルビー松本駅前センター(長野県初)
ウェルビー四日市センター(三重県初)

<放課後等デイサービス事業所 ハビープラス>
ハビープラス西船橋教室(千葉県)
ハビープラス西川口教室(埼玉県)
ハビープラスふじみ野教室(埼玉県)

ウェルビーではお子さまから大人の方まですべての年代の障害のある方や社会的な困難を抱える方への支援を、支援機関や医療機関などと連携しながら積極的に行い、さまざまな場面でのサポートを提供してまいります。

 

<関連記事>
放課後等デイサービス事業 ハビープラスで「西船橋教室」「西川口教室」「ふじみ野教室」を3月同時開所予定

就労移行支援事業 ウェルビーで「四日市センター」「松本駅前センター」を3月同時開所予定

 

ハビー本厚木教室
神奈川県厚木市旭町2-8-21 YSビル 2-A号
最寄り駅:小田急線「本厚木」駅(南口) 徒歩5分
ハビー本厚木

 

 

 

【ニュースリリース】株式会社アイリスの株式取得(子会社化)に関するお知らせ

障害者の就職支援や発達の遅れがある子どもの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:大田誠)は、本日付で、大阪府において「ILIS CLUB」「ILIS PLAN」というブランド名で事業所を運営している株式会社アイリスの株式譲渡契約を締結しましたので、お知らせいたします。

<株式取得の理由>
当社は「全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて」という経営理念のもと、大人向けの就労移行支援事業と子ども向けの療育事業を中心に、全国で障害福祉サービス事業所を営業しております。
療育事業は、未就学児を対象とする「ハビー」と小中高生を対象とする「ハビープラス」について、関東圏と近畿圏で開所をしておりますが、全28事業所のうち近畿圏での開所は3つ(大阪府に2つ、兵庫県に1つ)に過ぎず、いずれも未就学児を対象とする「ハビー」としての営業であり、近畿圏の事業拡大の機会を模索しておりました。
株式会社アイリスは、大阪府において児童福祉法に基づく8つの事業所「ILIS CLUB」(児童発達支援及び放課後等デイサービスの多機能事業所)と1つの相談支援事業所「ILIS PLAN」を営業しており、幼児から高校生まで幅広い年齢層の利用者にサービスを提供しております。
当社が株式会社アイリスを子会社化することにより、近畿圏における療育事業への本格的な進出を図るとともに、当社の就労移行支援事業とのシナジー効果により、一貫した障害福祉サービスを提供する環境が整備されることになります。
詳細は下記をご参照ください。

【リンク】ウェルビーIR「株式会社アイリスの株式取得(子会社化)に関するお知らせ」

 

「臨床精神医学」への論文掲載のお知らせ

当社研究プロジェクトメンバーよる論文が、「精神臨床医学」(2019年11月号)に掲載されましたので、下記の通りご報告いたします。
「精神科臨床と就労支援」と題した今号の特集では、近年の就労支援制度やその精神科医療における位置付けを概括した上で、患者の障害特性・ストレングス(強み)や希望などの個別性に基づいた就労支援、また精神科病院、診療所や精神保健福祉センターなど各々の視点からの就労支援の取り組みなどを紹介し、今後の精神科医療が就労支援の進展に果たすべき役割を考える内容となっております。

題名:民間企業における精神障害者の就労支援―組織づくりと人財育成の観点から―
著者:浜地裕樹、石垣小百合、小田和子

障害者雇用率の上昇や働き方改革の推進に伴い、障害者の就労の機会が増えている。特に近年の大きな変化としては、精神障害者の就職者数が他の障害種別よりも多くなっている状況である。精神障害者への就労支援事業を展開する民間企業として、これまでさまざまなケースに携わり効果的なプログラムの提供や職場定着支援の在り方について模索してきた。利用者満足度の高い支援を提供するためには、個別のニーズや場面に合わせて臨機応変に対応できる就労支援員のプロフェッショナルを育成することが事業運営の根幹となっている。民間企業における福祉事業の組織づくりと就労支援員の育成に関する取り組みについて紹介する。

ウェルビーでは今後とも障害のある方の活躍の場を創出するために、さまざまな研究・実践活動を継続していきます。

 

 

「技能 と 技術 」への論文掲載のお知らせ

当社研究プロジェクトメンバーよる実践研究論文が、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構の発行する「技能と技術」2019年3号、9月刊に掲載されました。

■掲載号:2019年3号、9月刊

■掲載誌:技能と技術

■タイトル:田中庸介「精神障害者が長く働き続けるために自信をつけ、自己理解を深める就労支援の取り組み」