【リリース】ウェルビー、昨年好評いただいた「就労フォーラム」第2弾を12月2日に開催

障害のある方の就職をサポートするウェルビー、
昨年好評いただいた「就労フォーラム」第2弾を12月2日に開催
全国15都道府県の障害者と企業と地域・社会資源をつなぐ

 

 障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大田誠)は、就労移行支援事業「ウェルビー」主催で、昨年ご好評いただいた『障害のある方のための就労フォーラム』を12月2日に東京都千代田区の秋葉原UDXで開催いたします。「地域と繋がり、就労する事の大切さを知る機会の提供」、「企業との連携、障害者雇用の普及啓発」、「障害者の交流の機会と働くことのモチベーションの向上」を趣旨に、「働きたい障害者」と「サポートする社会資源」と「障害者雇用を推進する企業」を結び付けることを目的としています。障害のある当事者の方はもちろん、ご家族、支援機関、医療機関、教育機関、行政機関、企業担当者の方などに、採用担当者や支援者、学識者の視点から、働くことの意味を考えていただく内容となっております。

詳細は下記のとおりです。

 

 「障害のある方のための就労フォーラム2017 -あなたのときめく未来へ向かって-」概要 
開催日時      平成29年12月2日(土)10:00~17:00 (受付開始 9:30~)
開催場所      秋葉原UDX
東京都千代田区外神田4丁目14 4階 (各線「秋葉原」駅(電気街口)徒歩4分)
料  金      無料
当日プログラム(第1会場)
10:00~ 研究発表
「職場定着について就労移行支援事業所の行う企業支援の試み・調査発表」
「精神障害者の訓練継続に向けた取組み」
11:00~ 企業交流会  法改正に向けて障害者雇用に関する講義を実施
12:00~ 休憩   ケータリング(軽食)を用意しております
13:00~ パネルディスカッション  医療、福祉、企業が「障害者が働くこと」について各視点から話し合う
15:00~ 基調講演  「ときめく恋愛について」―就労定着の原動力として―
埼玉県立大学社会福祉子ども学科 朝日雅也教授
当日プログラム(第2会場)
10:00~
「ウェルビープログラム体験・相談会」
「地域の関係機関のパネル展示・相談会」
「プレゼンテーション動画上映(全国15都道府県の利用者主体によるセンター紹介コンペ)」
12:00~  休憩  ケータリング(軽食)を用意しております
14:45~  プレゼンテーション動画表彰
お問い合わせ  0120-655-773(フリーダイヤル 受付時間:9時~18時
URL      http://www.welbe.co.jp/info/seminar-2/7431.html

 

◆事業概要◆
ウェルビー株式会社では、一般企業などへの就職を目指す18歳以上の障害者を対象にした就労移行支援事業「ウェルビー」を2012年から運営。企業から求められる実践的技能・知識、ビジネスマナー、コミュニケーション能力などの向上を目的とした訓練を実施。また、応募書類の作成や模擬面接、職場実習など就職活動の支援、就職後も定期的に就職者や就職先企業と面談を実施するなど、長く職場で働くための定着支援にも力を入れております。会社設立以来首都圏を中心に展開しながら、2014年には児童発達支援と埼玉県委託の発達障害者就労支援センターを開設し、2015年には特定相談支援、2016年には放課後等デイサービス、2017年には自立訓練と事業を展開。全国15都道府県に就労移行支援事業55拠点、特定相談支援事業2拠点、埼玉県委託の発達支援事業2拠点、自立訓練(生活訓練)事業1拠点、児童発達支援事業16拠点、放課後等デイサービス事業3拠点を開設(2017年11月現在、仮オープン含む)。ウェルビーでは、今後も蓄積したノウハウを活かしながら各地の行政・支援機関の方々と連携して、障害のある方に対して幅広い選択肢の中から自立の機会を創造することができる社会づくりの一役を担うことを目指し、さらなる事業拡大を推進してまいります。

 

事業所推移1101
■ウェルビー株式会社事業所数推移■

 

ウェルビー株式会社『障害のある方のための就労フォーラム2017』を12月2日に開催PDF

 

■ ウェルビー株式会社 概要 ■

会 社 名    : ウェルビー株式会社
証券コード    : 6556
本部所在地    : 東京都千代田区三崎町2-4-1 TUG-Iビル2階
代表者      : 代表取締役社長 大田 誠
設立年月日    : 2011年12月1日
電話番号     : 0120-655-773(代表)
URL       : http://www.welbe.co.jp
基 本 理 念       : ウェルビー株式会社は世の中で支援を求めている方に対して、「社会福祉」を通じ「希望」を提供します。
経 営 理 念       : 全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて

 U R L             :http://www.welbe.co.jp/ (ウェルビー) 

 

コーポレートロゴおよびサービスブランドロゴを変更いたしました

ウェルビー株式会社は、コーポレートロゴおよびサービスブランドロゴを変更いたしますので、下記のとおりお知らせいたします。

 

1.変更の背景
当社は、今後の更なる事業拡大と成長を見据え、経営理念である「全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が『希望』を持てる社会の実現に向けて」をもとにブランドビジョンを制定したことに伴い、今回、ロゴを刷新することにいたしました。

 

.新コーポレートロゴおよびサービスブランドロゴlogo_new2

 

詳しくは、下記の「11月7日配信のリリース」または、「ロゴ変更についてのページ」をご覧ください。

【リリース】コーポレートロゴおよびサービスブランドロゴ変更のお知らせ(11月7日)

新しいロゴについて

 

これからもウェルビー株式会社をよろしくお願いいたします。

 

【リリース】ウェルビー株式会社、就労移行支援事業で千葉県と愛知県に11月開設

障害者の就職支援や自立支援、障害児の発達支援を行うウェルビー
就労移行支援事業で千葉県と愛知県に11月開設
~児童発達支援事業でも同時開所~

 

障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大田誠)は、就労移行支援事業で愛知県に2カ所目となる「ウェルビー千種センター」と、千葉県に「ウェルビー千葉駅前第2センター」を11月に開設。また、当社の未就学を対象とした児童発達事業でも11月に大阪府と兵庫県に事業所を同時開設いたします。ウェルビーではお子さまから大人の方まですべての年代の障害のある方や社会的な困難を抱える方への支援を、支援機関や医療機関などと連携しながら積極的に行い、さまざまな場面でのサポートを提供してまいります。

 

◆11月開所 事業所一覧◆

「ウェルビー千種センター」 電話:052-784-7010
住所:愛知県名古屋市千種区内山3-10-22 YAMATOビル 3階
(各線「今池」駅(1番出口) 徒歩2分)

ウェルビー千種

 

ウェルビー千葉駅前第2センター」 電話:043-307-3167
住所:千葉県千葉市中央区弁天1-1-5 中村ビル3階
(各線「千葉」駅(北口) 徒歩2分)大宮・北千住

 

◆事業概要◆
 ウェルビー株式会社では、一般企業などへの就職を目指す18歳以上の障害者を対象にした就労移行支援事業「ウェルビー」を2012年から運営。企業から求められる実践的技能・知識、ビジネスマナー、コミュニケーション能力などの向上を目的とした訓練を実施。また、応募書類の作成や模擬面接、職場実習など就職活動の支援、就職後も定期的に就職者や就職先企業と面談を実施するなど、長く職場で働くための定着支援にも力を入れております。会社設立以来首都圏を中心に展開しながら、2014年には児童発達支援と埼玉県委託の発達障害者就労支援センターを開設し、2015年には特定相談支援、2016年には放課後等デイサービス、2017年には自立訓練と事業を展開。全国15都道府県に就労移行支援事業55拠点、特定相談支援事業2拠点、埼玉県委託の発達支援事業2拠点、自立訓練(生活訓練)事業1拠点、児童発達支援事業16拠点、放課後等デイサービス事業3拠点を開設(2017年11月現在、仮オープン含む)。ウェルビーでは、今後も蓄積したノウハウを活かしながら各地の行政・支援機関の方々と連携して、障害のある方に対して幅広い選択肢の中から自立の機会を創造することができる社会づくりの一役を担うことを目指し、さらなる事業拡大を推進してまいります。

事業所推移1101

 

■ ウェルビー株式会社 概要 ■

会社名    : ウェルビー株式会社 
本部所在地  : 東京都千代田区三崎町2-4-1 TUG-Iビル2階
代表者    : 代表取締役社長 大田 誠           
設立年月日  : 2011年12月1日
電話番号   : 0120-655-773(代表)    
URL     :   http://www.welbe.co.jp/(ウェルビー)
基本理念   : ウェルビー株式会社は世の中で支援を求めている方に対して、
                               「社会福祉」を通じ「希望」を提供します。
経営理念          : 全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、
すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて子供の怒り顔

【リリース】ウェルビー株式会社、児童発達支援事業で「神戸三宮」と「心斎橋」に11月開設

障害者の就職支援や自立支援、障害児の発達支援を行うウェルビー
児童発達支援事業で「神戸三宮」と「心斎橋」に11月開設
~関西地方での進出強化、就労移行支援事業でも同時開所~

 

障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大田誠)は、児童発達支援事業で兵庫県に第1拠点目の「ハビー神戸三宮教室」と、大阪府に2カ 所目となる「ハビー心斎橋教室」を11月に開設。今回のオープンでハビー教室は全16拠点となり、今後は関西地方での事業展開も一層強化してまいります。また、当社の主力事業である障害者就労移行支援事業でも11月に千葉県と愛知県に事業所を同時開設いたします。ウェルビーではお子さまから大人の方まですべての年代の障害のある方や社会的な困難を抱える方への支援を、支援機関や医療機関などと連携しながら積極的に行い、さまざまな場面でのサポートを提供してまいります。

 

◆11月開所 事業所一覧◆

「ハビー神戸三宮教室」 電話:078-855-2600
住所:兵庫県神戸市中央区磯上通6-1-3 神戸新井ビル 4階
(各線「三ノ宮」駅 徒歩8分)

ハビー神戸三宮

 

ハビー心斎橋教室」 電話:06-4708-6717
住所:大阪府大阪市中央区南船場3-6-27 第五芦池ビルディング 2階
(各線「心斎橋」駅 徒歩4分)
ハビー心斎橋

 

◆事業概要◆
 ウェルビー株式会社では、一般企業などへの就職を目指す18歳以上の障害者を対象にした就労移行支援事業「ウェルビー」を2012年から運営。企業から求められる実践的技能・知識、ビジネスマナー、コミュニケーション能力などの向上を目的とした訓練を実施。また、応募書類の作成や模擬面接、職場実習など就職活動の支援、就職後も定期的に就職者や就職先企業と面談を実施するなど、長く職場で働くための定着支援にも力を入れております。会社設立以来首都圏を中心に展開しながら、2014年には児童発達支援と埼玉県委託の発達障害者就労支援センターを開設し、2015年には特定相談支援、2016年には放課後等デイサービス、2017年には自立訓練と事業を展開。全国15都道府県に就労移行支援事業55拠点、特定相談支援事業2拠点、埼玉県委託の発達支援事業2拠点、自立訓練(生活訓練)事業1拠点、児童発達支援事業16拠点、放課後等デイサービス事業3拠点を開設(2017年11月現在、仮オープン含む)。ウェルビーでは、今後も蓄積したノウハウを活かしながら各地の行政・支援機関の方々と連携して、障害のある方に対して幅広い選択肢の中から自立の機会を創造することができる社会づくりの一役を担うことを目指し、さらなる事業拡大を推進してまいります。

事業所推移1101

 

■ ウェルビー株式会社 概要 ■

会社名    : ウェルビー株式会社 
本部所在地  : 東京都千代田区三崎町2-4-1 TUG-Iビル2階
代表者    : 代表取締役社長 大田 誠           
設立年月日  : 2011年12月1日
電話番号   : 0120-655-773(代表)    
URL     :   http://www.welbe.co.jp/(ウェルビー)
                                http://www.habii.jp/(ハビー)
基本理念   : ウェルビー株式会社は世の中で支援を求めている方に対して、
                               「社会福祉」を通じ「希望」を提供します。
経営理念          : 全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、
すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて子供の怒り顔

フジサンケイビジネスアイに「障害者の就労支援、出店加速し成長維持」の記事で、当社社長のインタビュー記事が取り上げられました。

フジサンケイビジネスアイに「障害者の就労支援、出店加速し成長維持」の記事で、当社社長のインタビュー記事が取り上げられました。

●掲載日:2017年10月25日(水曜日)
●掲載媒体:フジサンケイビジネスアイ(起業・経営面)
●掲載内容:障害者の就労支援、出店加速し成長維持

【ウェルビー】フジサンケイビジネスアイにウェルビー株式会社社長のインタビュー記事が掲載

東京証券取引所マザーズ市場への上場のお知らせ

ウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大田誠、以下「当社」)は、本日平成29年10月5日に東京証券取引所マザーズに上場いたしました。ここに謹んでご報告させていただくとともに、これもひとえに皆様方のご支援の賜物と心より感謝申し上げます。

当社は「全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて」という経営理念を掲げ、障害福祉サービス事業に取り組んでまいりました。今後も、ひとりでも多くの障害者の方に、成長と活躍の場を提供すべく、これまで以上にサービスの向上と事業の発展に努めてまいります。

引き続き変わらぬご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

なお、IRに関する詳細につきましては、弊社IRサイトをご覧ください。(http://www.welbe.co.jp/ir/

<本件に関するお問い合わせ先>
ウェルビー株式会社 IR担当
E-mail : ir@welbe.co.jp

【リリース】7月、8月に「就労移行」「児童発達支援」で3 事業所を開設予定

障害者の就職支援や自立支援、障害児の発達支援を行うウェルビー
7月、8月に「就労移行」「児童発達支援」で3 事業所を開設予定
~7月には神奈川県で初の障害者ワークフェスタを開催~

 

 障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大田誠)は、7月に児童発達支援事業 ハビー「関内教室」を開設いたします。8月には、ハビー「浦安教室」、就労移行支援事業所 ウェルビー「松戸第2センター」を同時開所する予定です。今回の開設で、就労移行支援事業52拠点、埼玉県委託事業所 2 拠点、特定相談支援事業所 2 拠点、自立訓練(生活 訓練)事業所 1 拠点、児童発達支援事業所 12 拠点、放課後等デイサービス事業 3 拠点に拡大(2017 年 7月時点)。7月25日(火)には障害者と企業と地域資源をつなげる「神奈川県障害者ワークフェスタ2017」を神奈川県で初めて開催いたします。ウェルビーでは、引き続き支援機関や医療機関など地域の社会資源との連携と、障害や社会的な困難を抱える方への支援に対する事業展開を積極的に行い、多方面からの支援を拡大してまいります。
◆7月開所 事業所一覧◆
「ハビー関内教室」 電話:045-341-3920
住所:神奈川県横浜市中区羽衣町3-76-3 アクセラ21ビル3階
(各線「関内」駅(南口)徒歩6分)
ハビー関内教室

◆8月開所 事業所一覧◆
ハビー浦安教室」 電話:0120-655-244
住所:千葉県浦安市猫実4-18-27  レドンド・ビルⅡ 3階
(各線「浦安」駅(南口) 徒歩2 分)ハビー浦安0620

 

「ウェルビー松戸第2センター」電話:0120-655-773
住所:千葉県松戸市本町 14-1 松戸本町センタービル2階
(各線「松戸」駅(西口) 徒歩5 分)
松戸第2

 

◆事業概要◆
ウェルビー株式会社では、一般企業などへの就職を目指す18歳以上の障害者を対象にした就労移行支援事業「ウェルビー」を2012年から運営。企業から求められる実践的技能・知識、ビジネスマナー、コミュニケーション能力などの向上を目的とした訓練を実施。また、応募書類の作成や模擬面接、職場実習など就職活動の支援、就職後も定期的に就職者や就職先企業と面談を実施するなど、長く職場で働くための定着支援にも力を入れております。これまでウェルビーを利用した就職者数は1193名、就職後半年以上の定着率は83%(2016年度)と、業界トップクラスの実績をあげております(2017年6月時点)。会社設立以来首都圏を中心に展開しながら、2014年には児童発達支援と埼玉県委託の発達障害者就労支援センターを開設し、2015年には特定相談支援、2016年には放課後等デイサービス、2017年には自立訓練と事業を展開してまいりました。ウェルビーでは今後も障害のある方に対して幅広い選択肢の中から自立の機会を創造することができる社会づくりの一役を担うことを目指し、蓄積したノウハウを活かしながら各地の行政・支援機関の方々と連携して子どもから大人へ成長していくすべての過程におけるサポート体制の拡充や、「早期支援・適切な支援」の実現を目標に、さらなる事業拡大を目指してまいります。

事業所推移0630

 

■ ウェルビー株式会社 概要 ■

会社名:ウェルビー株式会社
代表者:大田 誠
設立年月日:2011年12月1日
住所:東京都千代田区神田佐久間町2-15
電話番号:0120-655-773(代表)
経営理念:全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて
URL:http://www.welbe.co.jp/ (ウェルビー) 

 

このリリースに関するお問い合わせ先
ウェルビー株式会社 管理本部 担当:渡邊・與川
TEL:0120-655-773(代表)
MAIL:welbe-pr@welbe.co.jp

【リリース】ウェルビー、神奈川県初の「障害者ワークフェスタ2017」を7/25に開催

障害のある方の就職をサポートするウェルビー、
神奈川県初の「障害者ワークフェスタ2017」を7月25日(火)に開催
障害者と企業と地域・社会資源の関係者200名をつなぐ

 

障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大田誠)は、障害のある方の就労移行支援事業「ウェルビー」主催で、「働きたい障害者」と「障害者雇用に積極的な企業」と「神奈川県内の福祉施設」を結びつけることをテーマにした【障害者ワークフェスタ2017】を7月25日(火)13時から、横浜市の「富士ゼロックス株式会社 お客様価値創造センター」にて神奈川県で初めて開催いたします。当日は静岡福祉大学教授による基調講演や、障害者雇用を推進している企業5社による企業説明会、医療機関や支援機関など関係機関によるパネル展示及び個別説明会などを行います。障害のある当事者の方はもちろん、ご家族、支援機関、医療機関、教育機関、行政関係者、企業担当者など200名の方に、地域資源とつながることの意味、就労の本当の意味、コミュニケーションの取り方、職場が求める人材など、採用担当者や支援者、学識者の視点から、働くことの意味を考える内容となっております。

 神奈川県障害者ワークフェスタ2017~地域と繋がる、就労を拓く~  開催概要 

開催日時      平成29年7月25日(火)13:00~16:30 (受付開始 12:30~)
開催場所      富士ゼロックス株式会社 お客様価値創造センター
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-6-1 みなとみらいセンタービル4階

      (みなとみらい線「みなとみらい」駅 渋谷寄りエスカレータ4番出口直結)
料  金      無料          定 員   200名
基調講演      静岡福祉大学 社会福学部 健康福祉学科 教授 西尾敦史先生
       「地域と繋がることの意味」
講師プロフィール  西尾 敦史 静岡福祉大学 社会福祉学部教授
富山県生まれ。1979年横浜YMCA、1983年から横浜市社会福祉協議会に勤務、地域福祉、地域ケアプラザ(地域包括支援センター)、市民活動・ボランティアなどを担当。2004年から大学で福祉関係の教育・研究活動に従事。福祉思想・福祉政策、コミュニティワークなどを研究領域としている。2007年から6年間沖縄大学で沖縄各地の地域に関わり、ゼミ学生と地域との共同研究を行ってきた。現在、静岡や他の地域で、地域包括ケア、いきいきサロン、権利擁護、ボランティアなどに関する研修や講座、フォーラムに関わっている。
参加企業※順不同       株式会社DTSパレット 株式会社山王 株式会社はせがわ まいばすけっと株式会社 グリービジネスオペレーションズ株式会社
出展・協力※順不同    ハローワーク港北 よこすか障害者・生活支援センター 横浜戸塚就労支援センター 緑区生活支援センター 横浜市港南区社会福祉協議会 港南区基幹相談支援センター 神奈川県立精神医療センターデイケア 神奈川診療所デイケア 堀口クリニックデイケア みなとみらい内科クリニック 横浜若者サポートステーション 港南・横浜若者サポートステーション
お問い合わせ  0120-655-773(フリーダイヤル 受付時間:9時~18時)
URL      http://www.welbe.co.jp/info/seminar-2/5590.html

 

 

◆事業概要◆
ウェルビー株式会社では、一般企業などへの就職を目指す18歳以上の障害者を対象にした就労移行支援事業「ウェルビー」を2012年から運営。企業から求められる実践的技能・知識、ビジネスマナー、コミュニケーション能力などの向上を目的とした訓練を実施。また、応募書類の作成や模擬面接、職場実習など就職活動の支援、就職後も定期的に就職者や就職先企業と面談を実施するなど、長く職場で働くための定着支援にも力を入れております。これまでウェルビーを利用した就職者数は1172名、就職後半年以上の定着率は83%(2016年度)と、業界トップクラスの実績をあげております(2017年5月時点)。会社設立以来首都圏を中心に展開しながら、2014年には児童発達支援と埼玉県委託の発達障害者就労支援センターを開設し、2015年には特定相談支援、2016年には放課後等デイサービス、2017年には自立訓練と事業を展開。全国15都道府県に就労移行支援事業51拠点、特定相談支援事業2拠点、埼玉県委託の発達支援事業2拠点、自立訓練(生活訓練)事業1拠点、児童発達支援事業11拠点、放課後等デイサービス事業3拠点を開設(2017年6月現在)。ウェルビーでは、今後も蓄積したノウハウを活かしながら各地の行政・支援機関の方々と連携して、障害のある方に対して幅広い選択肢の中から自立の機会を創造することができる社会づくりの一役を担うことを目指し、さらなる事業拡大を推進してまいります。

 

事業所推移0626
■ウェルビー株式会社事業所数推移■

 

ウェルビー株式会社リリース『神奈川障害者ワークフェスタ2017』PDFプレス用ウェルビー株式会社 『神奈川障害者ワークフェスタ2017』-001 プレス用ウェルビー株式会社 『神奈川障害者ワークフェスタ2017』-002

 

 

■ ウェルビー株式会社 概要 ■

会社名:ウェルビー株式会社
代表者:大田 誠
設立年月日:2011年12月1日
住所:東京都千代田区神田佐久間町2-15
電話番号:0120-655-773(代表)
経営理念:全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて
URL:http://www.welbe.co.jp/ (ウェルビー) 

 

このリリースに関するお問い合わせ先
ウェルビー株式会社 管理本部 担当:渡邊・與川
TEL:0120-655-773(代表)
MAIL:welbe-pr@welbe.co.jp

【リリース】5月、6月に新規事業を含む5事業所を開設予定~主力事業「就労移行支援」は、首都圏で業界最多の 33 事業所へ拡大~

障害者の就職支援や自立支援、障害児の発達支援を行うウェルビー
5月、6月に新規事業を含む5事業所を開設予定
~主力事業「就労移行支援」は、首都圏で業界最多の 33 事業所へ拡大~

 

障害者の就職支援、発達の遅れが気になるお子さまの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大田誠)は、5月に児童発達支援事業 ハビー「松戸教室」「藤沢教室」、新規事業として自立訓練(生活訓練)事業 ウェルビーチャレンジ「小倉センター」を開設いたします。6月には、放課後等デイサービス事業 ハビープラス「川口教室」、就労移行支援事業 ウェルビー「新横浜第2センター」を開設する予定です。

今回の開設で、就労移行支援事業所51拠点、埼玉県委託事業所2拠点、特定相談支援事業所2拠点、自立訓練(生活訓練)事業所1拠点、児童発達支援事業所10拠点、放課後等デイサービス事業3拠点に拡大(2017年5月時点)。ウェルビーでは、引き続き支援機関や医療機関など地域の社会資源との連携と、障害や社会的な困難を抱える方への支援に対する事業展開を積極的に行い、多方面からの支援を拡大してまいります。

 

◆5月開所 事業所一覧◆
「ハビー松戸教室」  電話:047-703-8381
住所:千葉県松戸市本町19-14 平野第2ビル2階
(各線「松戸」駅(西口) 徒歩4分)

ハビー藤沢教室」  電話:0466-47-6381
住所:神奈川県藤沢市藤沢1015-14 リブレ藤沢6階
(江ノ島電鉄「藤沢」駅(北口) 徒歩9分)

■ハビー教室施設・訓練風景(イメージ)
■ハビー教室施設・訓練風景(イメージ)

ウェルビーチャレンジ小倉センター」 電話:093-482-3731
住所:福岡県北九州市小倉北区片野3-4-18 はたけやまビル3階
(北九州モノレール「片野」駅 徒歩6分)

ウェルビーチャレンジ 訓練室(システムキッチン:自炊プログラム)
■ウェルビーチャレンジ 訓練室(システムキッチン:自炊プログラム)

ウェルビーチャレンジ バルコニー(園芸作業) ■ウェルビーチャレンジ バルコニー(園芸作業)

 

◆6月開所 事業所一覧◆
「ハビープラス川口教室」  電話:0120-655-244
住所:埼玉県川口市川口3-2-1 リプレ川口一番街1号棟201-C号室
(JR京浜東北線「川口」駅(西口) 徒歩4分)

■ハビープラス教室 施設・支援風景(イメージ)
■ハビープラス教室 施設・支援風景(イメージ)

■ハビープラスカリキュラム内容
■ハビープラスカリキュラム内容

 

ウェルビー新横浜第2センター」 電話:0120-655-773
住所:神奈川県横浜市港北区新横浜2-12-3 新横浜成田ビル3階
(各線「新横浜」駅 徒歩6分)

■ウェルビー 施設・支援風景(イメージ)
■ウェルビー 施設・支援風景(イメージ)

■就労移行支援の流れ
■就労移行支援の流れ

 

◆事業概要◆
ウェルビー株式会社では、一般企業などへの就職を目指す18歳以上の障害者を対象にした就労移行支援事業「ウェルビー」を2012年から開始。企業から求められる実践的技能・知識、ビジネスマナー、コミュニケーション能力などの向上を目的とした訓練を実施。また、応募書類の作成や模擬面接、職場実習など就職活動の支援、就職後も定期的に就職者や就職先企業と面談を実施するなど、長く職場で働くための定着支援にも力を入れております。これまでウェルビーを利用した就職者数は1123名、就職後半年以上の定着率は83%(2015年度)と、業界トップクラスの実績をあげております(2017年4月時点)。2015年からは18歳以上の障害者を対象とした特定相談支援事業、2017年からは自立した地域生活を営むために生活能力の維持・向上などの訓練や支援が必要な障害のある方を対象とした自立訓練(生活訓練)事業をスタート。障害のある方に対して幅広い選択肢の中から自立の機会を創造することができる社会づくりの一役を担うことを目指し、蓄積したノウハウを活かしながら全国展開を進めてまいりました。
2014年からは発達の遅れが気になる未就学児を対象とした児童発達支援事業「ハビー」を開始。保育士や児童指導員といった幼児・児童教育における専門家が、一人ひとりの特性に合った指導方法、専門的な学習、コミュニケーション指導など様々なプログラムを提供するほか、2015年には臨床心理士による発達検査も交えながら発育のサポートを行っています。2016年からは、小学校から高校までの学齢期の児童を対象にした放課後等デイサービス事業「ハビープラス」を開始。子どもから大人へ成長していくすべての過程におけるサポート体制の拡充や、「早期支援・適切な支援」の実現を目標に、事業拡大を目指してまいります。

 

■ウェルビー事業拠点数推移 2017年5月現在ウェルビー事業拠点数推移2017年5月現在

 

 

 

■ ウェルビー株式会社 概要 ■

会社名:ウェルビー株式会社
代表者:大田 誠
設立年月日:2011年12月1日
住所:東京都千代田区神田佐久間町2-15
電話番号:0120-655-773(代表)
経営理念:全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて
URL:
http://www.welbe.co.jp/ (ウェルビー) 
http://www.habii.jp/ (ハビー)
http://www.habii-plus.jp/ (ハビープラス)

 

このリリースに関するお問い合わせ先
ウェルビー株式会社 管理本部 担当:渡邊・與川
TEL:0120-655-773(代表)
MAIL:welbe-pr@welbe.co.jp

 

 

【リリース】新規事業「自立訓練(生活訓練)をスタート・第1弾として福岡県に「ウェルビーチャレンジ小倉センター」を開所

障害者就職支援、児童発達支援等を行うウェルビー
新規事業「自立訓練(生活訓練)」をスタート
第1弾として福岡県に「ウェルビーチャレンジ小倉センター」を開所

 

 障害者の就職支援、発達の遅れが気になる子どもの支援などを全国で展開するウェルビー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大田誠)は、障害福祉分野において新たに自立訓練(生活訓練)事業を立ち上げ、「ウェルビーチャレンジ小倉センター」(福岡県北九州市小倉北区)を5月に開設(4月10日仮オープン)。開所を記念して、センターの見学・体験会を4月18日(火)、22日(土)、24日(月)に開催いたします。

ウェルビーはこれまでメインとなる就労移行支援事業で、設立から約5年の間に全国15都道府県・50センターを開設。1080名以上の障害者の就職活動・職場定着支援を行い、業界トップクラスの支援を提供してまいりました。各地の医療機関や支援機関、行政と密接な連携をとる中で、「就職には早いが将来的な自立を目指すための訓練が必要な障害者への支援をしてほしい」との要望を多くいただいており、このたび新規事業を立ち上げました。新たに周辺領域である自立訓練(生活訓練)へ事業を拡大することで、これまで行ってきた幼児期から成人期までの一貫した福祉サービスと合わせて、より多方面から幅広い支援を実現することが可能になります。今後は各事業の「一人ひとりの特性を生かした療育支援」や「希望や特性に応じた就職支援」を結び付け、さらに「地域生活での自立」も含めた包括的に支援体制の整備も目指してまいります。

 

◆ 事業所概要 ◆
「自立訓練(生活訓練)事業所 ウェルビーチャレンジ小倉センター」
4月10日仮オープン・5月開所予定
住所:福岡県北九州市小倉北区片野3-4-18 はたけやまビル3階
(北九州モノレール「片野」駅 徒歩6分)
電話:0120-655-773(月~土 9:00~18:00)
ウェルビーチャレンジ小倉センター

ウェルビーチャレンジロゴ高解像度
事業ロゴ

 

【リリース】訓練室(システムキッチン:自炊プログラム)

訓練室(キッチン:自炊プログラム)

 

【リリース】バルコニー(園芸作業用)

バルコニー(園芸作業)

相談・面談室

相談・面談室

 

◆ センター見学・体験会 概要 ◆
開催日時
4月18日(火)・22日(土)・24日(月)
各回 10:00~16:00(途中参加・出入り自由)
開催場所
ウェルビーチャレンジ小倉センター
お問い合わせ
電話:0120-655-773 (月~土 9:00~18:00)
詳細ページ
http://www.welbe.co.jp/info/seminar-2/4821.html

 

◆ ウェルビーチャレンジ 事業内容 ◆
 自立訓練(生活訓練)とは、障害者総合支援法で定められた障害福祉サービスのひとつ。精神障害、発達障害、知的障害などの障害のある方に対して、自立した地域生活を営むために必要な生活能力の維持・向上のための訓練、生活などに関する相談及び助言、その他必要な支援を行う。主に病院を退院した方、施設を退所した方、特別支援学校を卒業した方、継続した通院により症状が安定している方で、地域生活への移行を図るうえで支援が必要な方が対象。
ウェルビーチャレンジではこれまで就労移行支援で蓄積したノウハウを活かし、基本的な日常生活スキル訓練(食事や清掃や金銭管理などの日常生活能力の向上)や、こころの健康講座、健康づくり講座、コミュニケーションプログラム、お仕事準備講座、園芸/ものづくり、体力づくりなど様々なカリキュラムを提供する。

ウェルビーでは2011年の会社設立から一貫して、障害のある方への支援を積極的に展開。0歳から6歳までの障害や発達の遅れなどが気になる未就学児を支援する「児童発達支援事業所 ハビー」、6歳から18歳までの障害のある児童・生徒を支援する「放課後等デイサービス事業所 ハビープラス」、18歳から64歳までの働きたい障害者を支援する「就労移行支援事業所 ウェルビー」など、幅広い年代における障害者支援を隙間なく展開してまいりました。また、18歳以上の障害のある方の相談支援を行う「相談支援事業所 ウェルビー」、埼玉県委託事業「発達障害者就労支援センター ジョブセンター」なども運営しております。2017年4月現在で、就労移行支援事業50拠点、児童発達支援事業10拠点、放課後等デイサービス事業2拠点、特定相談支援事業2拠点、埼玉県委託支援事業2拠点、自立訓練(生活訓練)事業1拠点を展開(仮オープン含む)。ウェルビーでは、今後も幅広い選択肢の中から自立の機会を創造することができる社会づくりの一役を担うことを目指し、蓄積したノウハウを活かしながら全国展開を進めてまいります。

 

■ ウェルビー株式会社 概要 ■

会社名:ウェルビー株式会社
代表者:大田 誠
設立年月日:2011年12月1日
住所:東京都千代田区神田佐久間町2-15
電話番号:0120-655-773(代表)
経営理念:全従業員の自己実現と幸福を追求するとともに、すべての人が「希望」を持てる社会の実現に向けて
URL:
http://www.welbe.co.jp/ (ウェルビー) 
http://www.habii.jp/ (ハビー)
http://www.habii-plus.jp/ (ハビープラス)

 

このリリースに関するお問い合わせ先
ウェルビー株式会社 管理本部 担当:渡邊・與川(よかわ)
TEL:0120-655-773(代表)
MAIL:welbe-pr@welbe.co.jp